2018年12月02日

マダムのおかしな晩餐会(原題:Madame) 

madame.jpg


監督:アマンダ・ステール
原作:アマンダ・ステール
脚本:アマンダ・ステール、マシュー・ロビンス
撮影:レジス・ブロンド
編集:ニコラ・ショドールジュ
音楽:マチュー・ゴネ
出演:トニ・コレット、ハーヴェイ・カイテル、ロッシ・デ・パルマ

エレガントなパリの都に越してきた、裕福なアメリカ人夫婦のアン(トニ・コレット)とボブ(ハーヴェイ・カイテル)。セレブな友人たちを招いてとびきり豪華なディナーを開こうとするが、手違いで出席者が不吉な13人に!
大慌てでスペイン人メイドのマリア(ロッシ・デ・パルマ)を“ミステリアスなレディ”に仕立て上げ、晩餐会の席に座らせる。ところが、緊張のあまりワインを飲みすぎたマリアはお下品な“ジョーク”を連発、逆にこれが大ウケしてダンディーな英国紳士から求愛されてしまう。今更正体を明かせないアンとマリアたちのから騒ぎの行方は・・・?

セレブな生活を堪能するアン。それは全て、歳の離れた夫の経済力があるからこそ。しかし、勝気な主人公は高齢の夫を労わることはない。他人事ながら「そんなことで大丈夫?」と心配になる。案の定、夫婦の関係は微妙な模様。数合わせでテーブルにつかせたマリアがいい思いをするのを許せないのは、自分が満たされていないからではないか。しかも、略奪婚をしたアンには「次は略奪されるかもしれない」不安もあるだろう。一度手に入れた立場を手放すのは受け入れがたい。人間の弱さを見た気がする。
一方、マリアは初めこそ裕福な男性のアプローチに戸惑っていたが、デートのときにマダムと呼ばれて気持ちが大きくなり、次第に振る舞いも大胆に。自信は人を魅力的にする。マリアが自分で考え、行動する姿はなんと凛々しいことか。しかし、これはかつてのアンの姿でもある。マリアはこれからどうなっていくのか。興味深い。(堀)


2016年/フランス/英語・フランス語・スペイン語/カラー/スコープ/5.1ch/91分
配給:キノフィルムズ
(C) 2016 / LGM CINEMA ? STUDIOCANAL ? PM - Tous Droits Reserves
http://www.madame-bansankai.jp/
★2018年11月30日(金)よりロードショー
posted by shiraishi at 20:53| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

へレディタリー 継承 (原題:Hereditary)

here.jpg

監督・脚本:アリ・アスター
撮影:パベウ・ポゴジェルスキ
美術:グレイス・ユン
音楽:コリン・ステットソン
出演:トニ・コレット、ガブリエル・バーン、アレックス・ウォルフ、ミリー・シャピロ、アン・ダウド

グラハム家の祖母・エレンが亡くなった。娘のアニー(トニ・コレット)は夫・スティーブン(ガブリエル・バーン)、高校生の息子・ピーター(アレックス・ウォルフ)、そして人付き合いが苦手な娘・チャーリー(ミリー・シャピロ)と共に家族を亡くした哀しみを乗り越えようとするが、奇妙な出来事がグラハム家に頻発。不思議な光が部屋を走る、誰かの話し声がする、暗闇に誰かの気配がする。そして最悪な出来事が起こり、一家は修復不能なまでに崩壊。そして想像を絶する恐怖が一家を襲う。

恐怖で顔が引き攣るとはこのことかもしれない。もう少し美しいトニ・コレットの写真はなかったのかと思ってしまう。こんな顔になるくらい怖い場面があるのかと見る前に覚悟を決めた。しかし、実際には目を覆うようなショッキングな場面はほとんどない。むしろ、直接的に描かず、状況をイメージさせる。ところが、これがかえって恐ろしい。目を閉じたところで、その場面から逃げることはできないのだ。
主人公の母が亡くなって以来、何かわからない違和感が不安とともに家族の心を侵食してくる。リアルすぎるドールハウス、作り物のような自宅のリビング。現実と妄想の境界が曖昧になり、見ている者の混乱を誘う。
全ての伏線が回収された先にあるのは希望か。それとも恐怖か。考え始めると止まらなくなり、作品の余韻が続く。(堀)


2018年/アメリカ/ビスタサイズ/127分
配給:ファントム・フィルム
(C) 2018 Hereditary Film Productions, LLC
http://hereditary-movie.jp/
★2018年11月30日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードジョー
posted by shiraishi at 20:51| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅するダンボール

tabisuru.jpg

監督:岡島龍介
製作:汐巻裕子
撮影・編集:岡島龍介
L.A.撮影:サム・K・ヤノ
音楽:吉田大致
ナレーション:マイケル・キダ
出演:島津冬樹

段ボールアーティスト島津冬樹さんの活動に密着したドキュメンタリー。大学生のころから、ただただ純粋に段ボールに魅せられている島津さんは、国内外で道端やゴミ捨て場にうち捨てられている段ボールを拾い集める。ゴミだった段ボールからたった一つの財布を作り出したことから、島津さんの活動が始まった。ガラクタから価値あるものを生み出す「アップサイクル」は世間の目を集め、展示やワークショップを通じて広がっていく。ある日、市場で可愛いキャラクターの描かれた「徳之島産のジャガイモの段ボール箱」に目が止まる。島津さんはその作り手を捜し出すことになり、カメラはその旅を追ってどこまでも行く。

試写を観て「こんなにユニークな人がいるとは!」と驚きました。大手の広告会社に勤めたときのエピソードも型破りで、本人はガチガチの芸術家ではなく、いたって飄々としています。段ボール愛に突き動かされて、地球のどこまででも段ボール拾いに出かけ、見つけたお宝をリュックやケースにいっぱい詰めて意気揚々と帰ってきます。小さいころから好きだったモノ集めが、今に繋がっています。段ボールのお財布から始まった「Carton」の活動が、海を渡って海外にも広がりリサイクルよりさらに進んだ「アップサイクル」となり、多くの人の目を開かせています。段ボールから始まった人と人との繋がりは、やはり「あったかい」ものでした。
かくいう私も段ボール熱に感染、島津さんにインタビューしましたのでご覧下さいね。最近は近所の酒屋さんに「収集前の段ボールの中から欲しいものがあったらもらえる」許可をいただきました。その前にうちにある段ボールでワークショップのおさらいをしなくては。(白)


2018年/日本/カラー/91分
配給・宣伝:ピクチャーズデプト 特別協賛:サクラパックス株式会社
(c)2018 pictures dept. All Rights Reserved.
http://carton-movie.com/
Facebook https://www.facebook.com/fromallcornersthemovie/
Instagram https://www.instagram.com/from_all_corners/?hl=ja
★2018年12月7日(金)YEBISU GARDEN CINEMA/新宿ピカデリーほか全国順次公開

「段ボールはたからもの 偶然のアップサイクル」
映画公開と同じ12月7日に、島津冬樹さん初のエッセイ本が発売されます。
これまでの旅の記録や語り尽くせない段ボール愛、段ボールクラフトの作り方までたっぷりつまっています。
ぜひ映画とあわせてごらんください。

danboru.jpg

著者 : 島津冬樹(文と絵)
発行 : 柏書房
出版年月日 : 2018/12/7
ISBN : 9784760150731
判型・ページ数 : 4-6・208ページ
定価 : 本体1,400円+税
posted by shiraishi at 16:38| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キックス(原題:KICKS)

kicks.jpg

監督:ジャスティン・ティッピング
脚本:ジャスティン・ティッピング、ジョシュア・ベアーン=ゴールデン
撮影:マイケル・ラーゲン
美術:エリン・マギル
編集:ドミニク・ラペリエール、トマス・ベングリス
音楽:ブライアン・レイツェル
出演:ジャキング・ギロリー、クリストファー・ジョーダン・ウォーレス、クリストファー・マイヤー、コフィ・シリボエ、マハーシャラ・アリほか

カリフォルニア、リッチモンド。15歳の少年ブランドン(ジャキング・ギロリー)はクールなスニーカーさえあれば、貧乏やイジメ、女子からモテない現実から逃れられると思っていた。必死に貯めたお小遣いで最強のスニーカー“エア ジョーダン1”を手に入れるが、地元チンピラのフラコ(コフィ・シリボエ)に襲われ、スニーカーを奪われてしまう。ブランドンは悔しさのあまり、友だちのリコ(クリストファー・マイヤー)とアルバート(クリストファー・ジョーダン・ウォーレス)を巻き込み、命よりも大切なスニーカーを奪い返しに行くことを決心する。

イケてるスニーカーがあれば、すべての問題がクリアするという発想に「そんなもの?」と思ったが、エルメスのケリーを欲しがる女性と根本的には変わらないのかもしれない。
欲しいものは力づくで取る。奪われたら奪い返す。被害者だったブランドンが加害者になる。貧しさが心を荒ませるのか。まともにケンカをして一人前の男になる価値観は理解しづらいが、危険を承知で助けてくれる友に希望は残っていると感じた。(堀)


2016年/アメリカ/英語/シネマスコープ/87分
配給:SPACE SHOWER FILMS=パルコ
(C) 2016 FIGHT FOR FLIGHT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
http://kicksthemovie.jp/
★2018年12月1日(土)より渋谷シネクイントでロードショー、ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 16:35| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アース:アメイジング・デイ(原題:Earth:One Amazing Day)

earth.jpg

監督:リチャード・デイル、ピーター・ウェーバー、ファン・リーシン
脚本:フランク・コットレル・ボイス、ゲリン・ヤン
監修:新宅広二
音楽:アレックス・ヘッフェス
ナレーター:佐々木蔵之介

日の出から日の入りまで1日の太陽の流れを軸に、動物たちに限りなく近づき、同じ目線で見ているかのような迫力の映像で生き物の姿を捉えたネイチャー・ドキュメンタリー。
全世界で120億円以上の興行収入を叩き出した『アース』を制作したBBCアース・フィルムズが最新の4K技術や超軽量カメラ、1秒に1,000コマ以上の撮影を可能にしたハイスピード4Kカメラ、200台のドローンを駆使して、世界22カ国でロケを行い、生き物たちの貴重な姿を撮影した。

ウミイグアナの赤ちゃんはヘビの大群からの脱出に挑み、シマウマの親子はサバイバルな移動を続ける。ペンギンの親は過酷な通勤を耐え、ヒナに餌を与える。穏やかそうに見えるキリンの世界にも縄張り争いはある。ヒグマは季節の変わり目に冬毛を落とそうと、体を木に擦り付けて腰を揺らす。その様はちょっとセクシーで笑ってしまう。ナマケモノが求愛相手のもとに必死に出掛けるが、そこで知る状況に同情したくなる。マッコウクジラは大きな体を垂直に立て、家族みんなで眠りにつく。技術の進歩が見せてくれる動物の世界にワクワクする。
私たちが住む地球では多くの生命が生き延びていくためにさまざまな活動をしている。いま、ここに生きていることは奇跡の積み重ねかもしれない。(堀)


亡くなった父が動物好きで、子どものころからよく一緒にテレビの番組を見ていた。父も私も自然豊かな(というより、それしかない)島で育ったので、自然に生きている姿をこそっと見られる映像が嬉しい。以前『WATARIDORI』(2003年)で鳥と一緒に空を飛んでいるようで、ニルスもこうだったかもと想像しました。前作の『アース』(2007年)よりもさらに進んだカメラや技術が、どうやって撮ったのだろうと驚くほどの映像を見せてくれる。いのちはただ生きることに向かうのに、金銭欲にまみれて他者を省みない人間は自滅していくだろうな、と思う。(白)

2017年/イギリス・中国/5.1ch/アメリカン・ビスタ/94分
配給:KADOKAWA
(C) Earth Films Productions Limited 2017
https://earthamazingday.jp/
★2018年11月30日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開
posted by shiraishi at 15:56| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする