2018年04月01日

ラブレス(原題:Nelyubov)

loveless.jpg

監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ
脚本:オレグ・ネギン、アンドレイ・ズビャギンツェフ
撮影:ミハイル・クリチマン
音楽:エフゲニー・ガルペリン
出演:マリヤーナ・スピヴァク(ジェーニャ)、アレクセイ・ロズィン(ボリス)、マトヴェイ・ノヴィコフ(アレクセイ)、マリーナ・バシリエバ(マーシャ)、アンドリス・ケイシス(アントン)

一流企業で働くボリスと美容サロンを経営するジェーニャは離婚協議中の夫婦。12歳の息子アレクセイがいるが、2人には新しいパートナーがすでにいて早く新生活を始めたい。その前にどちらが息子を引き取るかでもめている。2人の言い争いを毎日聞いているアレクセイは、自分が両親には必要のない子どもだとわかってしまう。いつもの時間に学校へと向かったアレクセイは、そのまま戻らなかった。

おざなりな食事を出して、息子の顔を見もせず、いつもいつも手元の携帯に眼を落としている母親。父親の若い恋人は妊娠していて、父親はそちらに入りびたり、めったに家に帰りません。目下の心配は厳格な原理主義者の上司のこと。離婚がばれるとクビになるので戦々恐々としています。2人とも自分の都合ばかりで、目の前のアレクセイの幸せなどツメの先ほども考えていません。アレクセイが可哀想で、行方不明になる前から泣けてしまいました。
失踪した子どもを捜す市民ボランティアチームがいるということは、それだけ多いということなのでしょうか? 寒々しい風景にアレクセイを呼ぶ声が響いても、応える声は期待できずさらに冷え冷えとします。
アンドレイ・ズビャギンツェフ監督の作品はこれまでも『父、帰る』(2004)『ヴェラの祈り』『エレナの惑い』(2014)『裁かれるは善人のみ』(20015)を観てきました。心にぐっさりと刺さり、観終わって身体が重くなるのですが、観ずにいられません。どの作品も世界的に高く評価されています。この作品は昨年の第70回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞しました。
日本の行方不明者は年間8万人という数字(平成21年度)をネットで見つけましたが、98%が1年以内に見つかっているようです。見つからない人はどこに?(白)


行方不明になった息子を探す過程で、ジェ―ニャが身籠ったとき母親から中絶するよう言われたけれど、その母親から離れたいために妊娠を口実に結婚したことが明かされます。愛のない結婚。そして、我が子にも愛をそそがず、自分の幸せだけを求める身勝手さ。
ウクライナ侵攻のニュ―スが流れる中、高級マンションのバルコニーで自転車を漕ぐジェ―ニャ。戦争や災害でつらい思いをしている人たちがいても、自分に関係がなければ無関心な社会の風潮。いえ、自分さえよければいいという私自身の姿を見せつけられた思いがしました。(咲)


2017年/ロシア、フランス、ドイツ、ベルギー/カラー/シネスコ/127分
配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム、STAR CHANNEL MOVIES
(c)2017 NON-STOP PRODUCTIONS - WHY NOT PRODUCTIONS
http://loveless-movie.jp/
★2018年4月7日(土)新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA他全国ロードショー
posted by shiraishi at 20:03| Comment(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダンガル きっと、つよくなる(原題:Dangal)

dangal.jpg

監督・脚本:ニテーシュ・ティワーリー
撮影:サタジット・パンデ
音楽:プリータム・チャクラボルティー
出演:アーミル・カーン(マハヴィル)、サークシー・タンワル(ダーヤ)、ファーティマー・サナー(ギータ青年期)、サニヤー・マルホートラバ(バビータ青年期)、ザイラー・ワシーム(ギータ幼少期)、スハーニー・バトナーガルバ(バビータ幼少期)、アパルシャクティ・クラーナー(オムカル)

レスリングを愛するマハヴィルは、生活のため選手の道を諦めなければならなかった。彼の夢は息子を金メダリストにすること。しかし生まれてきたのは、4人連続で女の子だった。夢を叶えられずがっかりしたマハヴィルだったが、ある日、上の娘2人が男の子とケンカして負かしたことを知る。格闘技のセンスはちゃんと受け継がれていた。女の子でもレスリングができると、マハヴィルは長女のギータと次女のバビータをコーチとして鍛え始める。娘2人はスパルタ指導をする父に逆らえず、女の子らしいお洒落も遊びもできないことに抵抗するが・・・。オリンピック出場を目指す父には全く通じなかった。

実際にオリンピックに出場した父と娘のストーリーを元にした作品。『きっと、うまくいく』(2013)『PK ピーケイ』(2016)のアーミル・カーンが、娘達を熱血指導する父親を演じています。『きっと、うまくいく』の大学生を演じたのは40代でそれにも驚きましたが、今回も引き締まった身体の若いときから、充分に中年体型となったときまで実際に体重を増減させたそうで(70kg-97kg-70kg)、役者魂に脱帽。あのぜい肉は自前です。また娘役の女の子たちも実際に細心の注意を払ってウエイトトレーニング+試合のためのトレーニングをしていて、試合もガチです。
ギータが友だちに愚痴る場面がありますが、その友だちは親の決めた相手と結婚しなければなりません。それが女の子には普通のことでした。友だちはギータに素晴らしいお父さんだと言います。
マハヴィルは娘たちに夢を託しましたが、それは自分のためだけではありません。才能を認めて男子と同様に機会を作ってくれたのです。実話に上手くユーモアをまぶしてあり気持ち良く泣かせてもらいました。見終わった後に「ダンガル♪ダンガル♪」が頭の中でヘビロテすること必至。(白)


2016年/インド/カラー/シネスコ/140分
配給:ディズニー、ギャガ
(C)Aamir Khan Productions Private Limited and UTV Software Communications Limited 2016
★2018年4月6日(金)TOHOシネマズシャンテ他全国公開
posted by shiraishi at 18:41| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル(原題:Jumanji:Welcome to the Jungle)

jumanji.jpg

監督:ジェイク・カスダン
脚本:クリス・マッケーナ、エリック・ソマーズほか
撮影:ギュラ・パドス
音楽:ヘンリー・ジャックマン
出演:ドウェイン・ジョンソン(スペンサー/スモルダー・ブレイブストーン博士)
ケビン・ハート(フリッジ/ムース・フィンバー)
ジャック・ブラック(ベサニー/シェリー・オベロン教授)
カレン・ギラン(マーサ/ルビー・ラウンドハウス)
リス・ダービー(ナイジェル)
ボビー・カナベイル(ヴァン・ベルト)
ニック・ジョナス(アレックス/シープレーン)
アレックス・ウルフ(高校生スペンサー)
サーダリウス・ブレイン(高校生フリッジ)
マディソン・アイスマン(高校生ベサニー)
モーガン・ターナー(高校生マーサ)

1996年。父が見つけてきたボードゲーム「ジュマンジ」をほったらかしていた高校生の息子。ある夜、太鼓の音に誘われて箱をあけ、中にあったカセットテープをセットしてみた・・・。

現代。居残りの高校生が校長の命令で倉庫の片づけをさせられていた。ゲームオタクのひ弱なスペンサー、アメフト選手だけれど頭はいまいちのフリッジ、美人をはなにかけるべサニー、ガリ勉で暗いマーサの4人。飽きてしまって棚にあった古いテレビゲーム「ジュマンジ」で遊ぶことにした。それぞれがプレイヤーを選んでスタートすると、なんとゲームの中に吸い込まれてしまった!
気づけば周りはジャングル、自分の身体ではなく選んだゲームのアバターになっていた!中味はそのまま、真逆のキャラに動転、とまどう4人の前に案内役のナイジェルが現われる。ジュマンジの世界に呪いがかけられ、それを解くには悪人に奪われた宝石を奪い返し、聖なるジャガー像の眼に戻さなければならない。4人はゲームキャラの持つスキルを駆使して、ゴールまでたどり着かねばここから出られない。現実世界に戻るにはとにかくゲームをクリアするのだ!

ロビン・ウィリアムズ主演の『ジュマンジ』(1995/ジョー・ジョンストン監督)はもう20年以上前になりました。元気なロビン・ウィリアムズの姿に胸を痛めつつ、懐かしく観直しました。少年のときにジュマンジに吸い込まれたアランが、26年後にたまたまボードゲームを見つけた姉弟に発見されます。その姉役がキルスティン・ダンスト。大人になったアランがロビン・ウィリアムズでした。たくさんのCGの動物たちが出現して話題になったようです。
それから20年後と設定された続編の本作はボードゲームでなく、時代に合わせてビデオゲームに変更。昨年12月に全米公開され、ロングランの上に2月になって全米トップを獲得。こんな快挙は『タイタニック』以来だとか。ゲームに巻き込まれた高校生たちが似ても似つかぬゲームキャラに変身する意外さに加え、敵キャラが強く目的が明確にあります。それもリセットし放題の甘いものではなく「ライフは3つ限り。なくなったら永久に戻れない」という縛りもきいています。何も共通項のなかった4人が、自分と全く違うキャラに変わり、その能力を使い、力を合わせて難題に挑みます。年齢問わずRPGのキャラになったつもりで楽しめる作品。ラストも良いです。
ソニーの最先端テクノロジー「ハプティックベスト」を装着して楽しむ「超体感シネマ『マジジュマンジ』」は3月29日〜4月5日限定、TOHOシネマズ日比谷で通常料金で上映されます。ちょっとやってみたい。(白)


2017年/アメリカ/カラー/シネスコ/119分
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
http://www.jumanji.jp/
★2018年4月6日(金)ロードショー 生きて帰れ!
posted by shiraishi at 16:40| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

honey

honey.jpg

監督:神徳幸治
原作:目黒あむ
脚本:山岡潤平
撮影:清久素延
音楽:深澤恵梨香
出演:平野紫耀(鬼瀬大雅)、平祐奈(小暮奈緒)、横浜流星(三咲渉)、水谷果穂(矢代かよ)、浅川梨奈(西垣雅)、佐野岳(権瓦郁巳)、臼田あさ美(南野葵)、中山忍(鬼瀬香緒里)、高橋優(小暮宗介)、坂田聡(田崎和彦)

木暮奈緒はヘタレでビビりと自認している女子高生。カフェを営む叔父の宗介と暮らしている。入学早々、校門前でケンカに遭遇。上級生と殴り合っている真っ赤な髪の新入生鬼瀬大雅は札付きの不良だった。
なぜかその鬼瀬から体育館裏に呼び出され、「結婚を前提に付き合ってください」と思いがけない申し込み!ビビッた奈緒は断ることもできず、しぶしぶ受け入れるしかなかった。翌日鬼瀬は家の前まで迎えに来たばかりか、奈緒の分のお弁当まで作ってきた。何で気に入られたのかさっぱりわからない奈緒…。

意外な面を持つ不良の鬼瀬を演じるのは、2018年春メジャーデビューのジャニーズグループ「King & Prince」のメンバー平野紫耀(ひらのしょう)。ハスキーな声のイケメンです。奈緒役の平祐奈は、昨年から青春映画に出ずっぱりの印象があり、調べてみたら2017年は『サクラダリセット』前後篇をはじめ8本の映画に出演していました。小柄ながら目力が強いせいか、はっきりした性格の役柄が多かったです。珍しく本作は同居する叔父に憧れる気弱な女の子(その理由は後で明らかに)。同年齢の男子とは話すこともできず、最初は鬼瀬に逆らえずについてまわるだけですが、次第に彼の優しさに気づいていきます。そんな2人に障害というかスパイスというか、次々と小さな事件が起こり・・・胸キュンの青春王道ストーリー。(白)

2018年/日本/カラー/ビスタ/105分
配給:東映、ショウゲート
(C)目黒あむ/集英社 (C)2018「honey」製作委員会
http://honey-movie.jp/
★2018年3月31日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 15:43| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男(原題:Darkest Hour)

winston.jpg

監督:ジョー・ライト
脚本:アンソニー・マクカーテン
撮影:ブリュノ・デルボネル
音楽:ダリオ・マリアネッリ
出演:ゲイリー・オールドマン(ウィンストン・チャーチル)、クリスティン・スコット・トーマス(クレメンティーン・チャーチル)、リリー・ジェームズ(エリザベス・レイトン)、スティーヴン・ディレイン(ハリファックス子爵)、ロナルド・ピックアップ(ネヴィル・チェンバレン)、ベン・メンデルソーン(国王ジョージ6世)

1940年5月、第二次世界大戦初期。戦局はナチス・ドイツが圧倒的な勢力でフランスに侵攻、イギリスにも脅威が迫っていた。そんな国難の時期に内閣不信任案が出されたチェンバレン首相の後任として、前海軍大臣のウィンストン・チャーチルが就任した。ドイツとの和平交渉を主張する元首相と外相ハリファックスに陰口を叩かれながらも、徹底抗戦を誓う新首相のチャーチル。そんなときドイツ軍に追い込まれた英国軍が、フランス・ダンケルクの海岸まで撤退し孤立状態となった。30万人もの兵士を救出する術はあるか?

国民に愛されながら、度重なる失策で政党内では“嫌われ者”であったというチャーチル。英国王ジョージ6世も当初はチャーチルに懐疑的だったそうです。この作品では、朝からウィスキーを片手にウィットとユーモアに富んだセリフを吐くチャーチル、妻クレメンティーンに叱咤激励されながら難局に挑むチャーチルの姿を描きだします。
さきごろのアカデミー賞ではチャーチルを演じたゲイリー・オールドマンが主演男優賞を受賞しました。そのゲイリー・オールドマンの指名を受けて復帰した特殊メーキャップ・アーティスト辻一弘も、みごとアカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞。一躍話題になりました。
メイクアップのできばえは、大きな画面にアップになってもなんの違和感もなく、驚嘆するばかりでした。顔の幅や目と目の間の差など動かせないものの上にどうやってメーキャップを施していくのか、動画を探せばいくつか見つかります。
また昨年公開の『ダンケルク』、そのエピソードを映画化する映画『人生はシネマティック』もあわせてご覧下さい。(白)


2017年/イギリス/カラー/ビスタ/125分
配給:ビターズ・エンド、パルコ
(c)2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.
http://www.churchill-movie.jp/
★2018年3月30日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 23:40| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする