2018年12月15日

私は、マリア・カラス(原題:Maria by Callas) 

watasiha.jpg

監督:トム・ボルフ
朗読:ファニー・アルダン
出演:マリア・カラス、グレース・ケリー、イブ・サン=ローラン、アリストテレス・オナシス

世界的な歌姫として知られるマリア・カラス(1923-1977)。トム・ボルフ監督は3年をかけてマリアの友人を訪ね、これまで目に触れることのなかった多くの手紙や映像の存在を知る。殊にマリア自身による言葉の力強さに感銘を受け、マリアの映像と未完の自叙伝、手紙を中心にこの作品をまとめあげた。浮かび上がるのは率直で自制心に富んだ努力家、歌と人を愛した一人の女性の姿。

マリアの手紙などを朗読しているのは『永遠のマリア・カラス』 (2002)で、晩年のマリアを演じたファニー・アルダン。それまでアーカイブで観・聞きしていたマリアの声とそっくり(2002年の作品を観ていなかった)なので、観ながら「これは誰〜?」と思っていました。さすがにベテランの女優さん、感情もこもっていて本人かと思うほどでした。
マリアは子どものころは強圧的な母、若くして結婚してからは年上の夫のマネージメントで働きづめでした。ようやく心から愛する人に出会ったかと思えば、手ひどく裏切られ、バッシングやスキャンダルにもさらされます。「間違っていた」と戻ってきたオナシスを看取り、復帰を目指していたはずなのに、急死とは残念でなりません。オペラの知識がなくとも、その人生に心を寄せることができるとても濃密な1本です。(白)


過去の公演やインタビュー映像、プライベート映像には自叙伝や友への手紙の朗読を被せて、マリア・カラスを紐解く。若い頃の弾けるような美しさが歳を重ねて豊かさを身につけていくのが一目瞭然。それに伴い、声に艶も感じられるようになる。
オナシスとの出会いと別れ、許しが彼女を支え、成長させた。亡くなる前にオナシスが伝えた言葉は何よりの愛情表現。
バッシングを受けることが多かったが、反論はせず。自らを高めることに意識を向けた生き方は誰にでもできることではない。舞台に立つために最後まで努力を続けた生き様に後悔はなかっただろう。(堀)


私は歌や音楽は好きだけど、オペラやミュージカルはどうも苦手。でも、さすがにマリア・カラスの名前だけは知っていました。でも、スキャンダルばかりが有名で、彼女の歌声を聴いたことはほとんどなかった。この作品で彼女の歌っているところや、歌声を聴き、やはりすごい歌手だったのだと思いました。そして、これまではわがままで、高慢な人なのかと誤解していたのかもしれないとも思いました。やはりこういう芸術家は繊細なのだなと感じ、この作品で遅ればせながら、彼女が生きた時代と人生に思いを馳せることができました(暁)。

2018年/フランス/カラー、白黒/114分
配給:ギャガ
(C)2017 - Elephant Doc - Petit Dragon - Unbeldi Productions - France 3 Cinema
https://gaga.ne.jp/maria-callas/
★2018年12月21日(金)TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマ他全国ロードショー
posted by shiraishi at 15:05| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

宵闇真珠    原題:白色女孩   英題:The White Girl

yoiyami sinju.jpg

監督:クリフトファー・ドイル、ジェニー・シュン
出演:アンジェラ・ユン、オダギリジョー

香港の片隅にたたずむ漁村、珠明村。
透き通るような白い肌の16歳の少女は、太陽を浴びるとやせ細って死んでしまう奇病だとして、父親から昼間は外に出ることを禁じられている。村人たちからは幽霊のようだと疎んじられている。
ある日、幼い頃に亡くなったと聞かされている母親のドレスと、歌声が入ったカセットテープを見つける。村を出ることを夢見て、ミスコンテストのオーディションの時のものだったと知る。母に思いを馳せ、歌をくちずさむ少女。
一方、村を見下ろす丘の上の廃屋に、どこからかともなくやってきた異邦人の男が住みつく。屋上に取り付けた望遠鏡のような特殊カメラで、村の様子を部屋にいながらにして眺めていた男は、神秘的な美少女の存在に気づく。ある月夜、彼は海辺の洞窟にたたずんでいた少女に声をかける。初めて自分の存在を認めてくれた彼に、次第に心を開く少女。
二人が心を通わせるようになった頃、村では大企業と村長の間で開発計画が密かに進められていた。男が住みついた廃屋も目を付けられ、開発計画の渦中に巻き込まれる。そんな折、少女は母親の秘密を知る・・・

『欲望の翼』(91)『恋する惑星』(94)などウォン・カーウァイ監督作品をはじめ、ジム・ジャームッシュ、アレハンドロ・ホドロフスキーといった世界の名匠と組んで、独特の映像を楽しませてくれる撮影監督クリフトファー・ドイルが、公私共にパートナーのジェニー・シュンと組んで放った物語。環境問題を盛り込みながらも、映像はあくまで幻想的。
ロケ地の大澳(たいおう)は、ランタオ島の西に位置する小さな漁村。ランタオ島の東側には香港国際空港やディズニーランドが出来て、橋で九龍半島とも繋がり便利になったけれど、山にはばまれて、大澳は今も辺鄙なところ。
まだ空港の出来る前、1990年代半ばに訪れたことがあります。村の中央を流れる水路の両側に水上家屋が並ぶ独特の光景。当時は、狭い水路を綱で引っ張る渡し船で行き来していたのですが、橋が出来て渡し船はなくなったと聞いていました。『宵闇真珠』に映し出される大澳には、確かに水路を渡る橋が出来ていましたが、水上家屋の並ぶさまはかつてのまま。香港の原点のような風情がいつまでも壊されないことを願うばかりです。(咲)


2017年/香港・マレーシア・日本/広東語・北京語・英語・日本語/97分/カラー/ビスタ
配給:キノフィルムズ/木下グループ
公式サイト:https://yoiyami-shinju.com/
★2018年12月15日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次公開




posted by sakiko at 22:25| Comment(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

葡萄畑に帰ろう  英題:The Chair

budoubatake.jpg

監督:エルダル・シェンゲラヤ
出演:ニカ・タヴァゼ、ニネリ・チェンクヴェタゼ、ナタリア・ジュゲリ

ジョージア、国内避難民追い出し省の大臣ギオルギ。肘掛についたボタン一つで操作ができる夢のような椅子を手に入れ、要職の座り心地にご満悦だ。そんな折、首相から避難民対策の思い切った手を打つよう命じられる。力づくで避難民を追い出そうとするが大混乱に陥る。逃げ惑う女性ドナラの美しさに一目惚れし、妻を亡くして独り身のギオルギは彼女を家に連れ帰り、息子ニカの家庭教師にする。同居する義姉マグダは不満げだ。
選挙で、ギオルギの与党が野党連合に大敗。ギオルギは大臣をクビになる。大臣の要職を失ったギオルギだが、ドナラと結婚。ジョージア伝統の結婚式が繰り広げられる。幸福の絶頂にいるギオルギのもとに、財務局から家の明け渡し命令がくる。首相の口利きで不法に入手した家だったのだ。久しぶりに故郷に帰ったギオルギは、母から「あんたの居場所はここ。葡萄畑で働けばいい」と優しく声をかけられる。そうだ、葡萄畑に帰ろう。そんなギオルギのあとを、椅子はどこまでもついてくる・・・

エルダル・シェンゲラヤ監督が、自身の政治家としての経験をもとに描いたユーモアたっぷりの風刺劇。

2017年/ジョージア(グルジア)/ジョージア語/99分/カラー
配給:クレストインターナショナル、ムヴィオラ
後援:在日ジョージア大使館
公式サイト:http://www.moviola.jp/budoubatake/
★2018年12月15日(土)〜岩波ホールほか全国順次ロードショー




posted by sakiko at 11:03| Comment(0) | ジョージア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

メアリーの総て  原題:Mary Shelley

mary.jpg

監督:ハイファ・アル=マンスール(『少女は自転車にのって』)
出演:エル・ファニング、ダグラス・ブース、スティーブン・ディレイン、ジョアンヌ・フロガット、

200年前、フランケンシュタインを生み出したのは、わずか18歳のメアリー・シェリーだった!

1800年代初頭のイギリス。作家を夢見る16歳の少女メアリー。有名な思想家の母は自分を生んで亡くなり、貧しく誇り高い作家の父と暮らしていた。継母と折り合いが悪いのを案じて、父はメアリーをスコットランドの友人のもとに送る。そこで開かれた読書会で、メアリーは異端の天才詩人と評判のパーシー・シェリーと出会い、恋に落ちる。義妹クレアが病に倒れたという嘘でメアリーはロンドンに呼び戻される。そんなメアリーを追いかけてくるほど、パーシーはメアリーにぞっこんだったが、彼には妻子がいた。反対を押し切り駆け落ちし、メアリーは女の子を産むが、借金の取り立てから逃げる途中で娘は亡くなってしまう。失意のメアリーは、義妹クレアに誘われてスイスの詩人・バイロン卿の別荘に赴く。そこで、「皆で一つずつ怪奇談を書いて披露しよう」と持ちかけられる・・・

孤独な怪物フランケンシュタインの物語には、メアリーの人生経験が深く投影されているとのこと。わずか18歳で、それほど波乱に満ちた経験をしていることに驚かされます。
プロデューサーのエイミー・ベアーが、数多くの脚本からこの物語を選び、さらに監督をサウジアラビア出身のハイファ・アル=マンスールを選んだことに興味津々。女性の権利が著しく奪われているサウジアラビアで育ったハイファ・アル=マンスールは、「自分を取り巻く慣習からなんとか解放されるために、自身を見つけようとしながら成長する若い女性の物語」に強く惹かれたといいます。エイミー・ベアーの思惑通り、素晴らしい作品に仕上がっているのですが、いつかまた、自身の経験を生かして、サウジアラビアを舞台に映画を紡いでほしいものです。(咲)



2017年/イギリス・ルクセンブルク・アメリカ/ 121分/ギャガ/DCP
配給: ギャガ
公式サイト:https://gaga.ne.jp/maryshelley/
★2018年12 月15日(土) シネスイッチ銀座、シネマカリテ 他全国順次ロードショー.





posted by sakiko at 19:22| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ときめき プリンセス婚活記(原題:The Princess and the Matchmaker)

tokimeki.jpg

監督:ホン・チャンピョ
脚本:イ・ソミ
撮影:イ・ヒョンドク
音楽:キム・ドンキ
出演:イ・スンギ、シム・ウンギョン、ヨン・ウジン、カン・ミンヒョク(CNBLUE)、チェ・ウシク、ミンホ(SHINee)他

英祖 29年(1753年)、王(キム・サンギョン)は深刻な大干ばつから民を救うために、あらゆる策を尽くしていた。だが雨は一向に降らない。困り果てた王は占術に頼り、陰陽の均衡の崩れを元通りにするため、婚期を迎えた娘・ソンファ姫(シム・ウンギョン)と、最高の相性を持つ男性を婿として迎え入れ、婚礼を執り行うことを決断する。姫に相応しい婿を見つけるため、朝鮮最高の監察官(占い師)ソ・ドユン(イ・スンギ)を抜擢。一大婚活プロジェクトが始動した。国中から選りすぐりの花婿候補が集い、占いによって最終的に4人に絞られる。しかしソンファは見ず知らずの男性と結婚する事はできないと、4人の素顔を知るべく、宮中を抜け出して町へ出るのだが、ソ・ドユンに見つかり…

結婚する前に相手の顔を見てみたい。主人公ソンファ姫の気持ちはよくわかる。しかし、文字通り、お姫様育ちで世間を知らないソンファ姫が臆することなく出掛けていくので、見ている方はハラハラが止まらない。そんな姫のピンチに遭遇するのが監察官のソ・ドユン。姫の身分を知らずに助け、2人が反発しあいながらも気になってしまうのは、ラブコメ、お決まりの展開である。『怪しい彼女』『サニー 永遠の仲間たち』で人気を博したシム・ウンギョンがはつらつとした明るさでソンファ姫を好演。イ・スンギも朝鮮最高の占い師を知的に演じた上に、アクションまで披露する。年末の忙しさに疲れたときに、頭を空っぽにして楽しめる作品に仕上がった。(堀)

2018年/韓国/シネスコ/110分
配給:ツイン
(C) 2018 CJ E&M CORPORATION, JUPITER FILM, ALL RIGHTS RESERVED
http://tokipuri.jp/
★2018年12月8日(土)シネマート新宿他にて全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 16:35| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする