2018年01月14日

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(原題:Mein Blind Date mit dem Leben)

5%.jpg

監督:マルク・ローテムント
原作:サリヤ・カハヴァッテ
脚本:ルート・トマ
出演:コスティア・ウルマン(サリヤ)、ヤコブ・マッチェンツ(マックス)、アンナ・マリア・ミューエ(ラウラ)、ヨハン・フォン・ビューロー(クラインシュミット)

サリヤは真面目で成績優秀な青年だったが、先天性の目の病気で視力の95%を失ってしまった。それまで描いていた将来への希望も打ち砕かれたかと思ったが、一流のホテルマンになりたいという夢を諦めることはできなかった。サリヤは5%しか見えないのを隠して、ミュンヘンの5つ星ホテルでの面接に臨んだ。面接に遅れて来たマックスの窮状を救ったことから、彼はサリヤの心強い味方となる。見習いの第一関門を通過したが、今後の研修には多くの課題が待っている。マックスや事情を知ったホテルのスタッフの助けを得て、人一倍の努力を続け研修課題を次々とクリアしていった。

自分の視野が突然狭まっていき、ぼんやりとしか見えなくなってしまったらどうするでしょう。私を含め、殆どの人が目からの膨大な情報を当たり前のこととして受け取っているはずです。こんな風に夢をあきらめずにいられるでしょうか??この映画が実話を基にしているというのに驚きました。ほんとにこんなことができてしまうとは!!
5%しか見えないのに動くということは、周りの状況が全て頭に入っていなければなりません。慣れ親しんだところならともかく、たくさんの人が出入りするホテルで、どうやって?という心配や疑問は是非映画でお確かめください。
悩んだり、苦しんだり、少しも思い通りにならず人生は楽ではありません。それでも諦めないで生きていこうよ、とそっと肩を叩いてもらえる作品です。(白)


2017年/ドイツ/カラー/シネスコ/111分
配給:キノフィルムズ
(C)ZIEGLER FILM GMBH & CO. KG, SEVENPICTURES FILM GMBH, STUDIOCANAL FILM GMBH
http://eiga.com/jump/ks5mm/
★2018年1月13日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 17:00| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめてのおもてなし  原題:Willkommen bei den Hartmanns   英題:Welcome to Germany

hajimete omotenasi.jpg

監督:サイモン・バーホーベン
出演:センタ・バーガー、ハイナー・ラウターバッハ、フロリアン・ダーヴィト・フィッツ、パリーナ・ロジンスキ、エリヤス・エンバレク

ミュンヘンの瀟洒な一軒家。教師を定年退職したアンゲリカは、子どもたちも成人して家を出て、大病院の医長を務める夫リヒャルトと二人暮らし。時間を持て余したアンゲリカは、難民を受け入れることを思いつく。子どもたちも帰ってきた日曜日のディナーの場で唐突に発表すると、夫も子どもたちも大反対。アンゲリカは夫を説き伏せ、一緒に難民センターへ面接に行く。二人はディアロというナイジェリアからやって来た亡命申請中の青年を受け入れることを決める。
アンゲリカはディアロにドイツ語を教えたり、一緒に庭仕事したりと、水を得た魚のように生き生きとした毎日を取り戻す。一方、リヒャルトはストレスがたまって、病院で部下にあたりちらし、そろそろ引退をとほのめかされていたのに拍車がかかる。
そんなある日、誤解からディアロが警察沙汰を引き起こしてしまう。家の前には、難民排斥のプラカードを持った者たちまで現われる・・・

今、ヨーロッパ各地で押し寄せる難民を排斥する動きがありますが、本作はそのことに対して声高に物申すものではなく、ディアロという難民を受け入れた家族の一人一人が抱えている問題をコメディータッチで浮き彫りにしていく物語。定年退職後の過ごし方を模索する妻、忍び寄る老いに悩む夫、仕事優先で妻に逃げられ子育てするシングルファーザーの息子、30過ぎても大学を卒業できないでいる娘。観る人によって、誰かしらに共感できる物語。もちろん、難民問題にも目を向けさせてくれます。2016年度ドイツ映画興行収入NO.1を記録したお薦めの一作。(咲)

配給:セテラ・インターナショナル
2016年/ドイツ/ドイツ語/116分
公式サイト:http://www.cetera.co.jp/welcome/
★2018年1月 13日(土) シネスイッチ銀座ほか全国順次公開




posted by sakiko at 09:25| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

スキャンダル デジタルりマスター版  原題:朝鮮男女相悦之詞  英題: Untold Scandal

scandal.jpg

監督:イ・ジェヨン(『情事』『純愛譜-じゅんあいふ-』)
原案:ピエール・ショデルロ・ド・ラクロ著「危険な関係」(フランス)
出演:ペ・ヨンジュン、イ・ミスク、チョン・ドヨン、チョ・ヒョンジェ、イ・ソヨン

18世紀末、李朝末期の朝鮮。
政府高官のチョ氏夫人(イ・ミスク)は子宝には恵まれなかったが、若い男との恋愛ゲームを生き甲斐にしている。夫が16歳のソオク(イ・ソヨン)を側室に迎えることになり、遊び相手である従弟のチョ・ウォン(ペ・ヨンジュン)に、婚姻前にソオクを妊娠させてほしいと持ちかける。チョ・ウォンはそんな簡単なことよりも、未亡人となって9年間貞節を守っているスク夫人(チョン・ドヨン)を落とせたら褒美をくれと賭けに出る・・・

ドラマ「冬のソナタ」で一世風靡したヨン様ことペ・ヨンジュンの映画デビュー作。ヨン様人気沸騰する中、眼鏡に金髪という冬ソナでのイメージを封印して、髭をはやし韓服の遊び人の貴族に挑戦。日本では、2004年5月22日に封切りされ、9億円の興行収入を記録しました。
貞節を守ってきた純情なスク夫人をあの手この手でモノにしたと思ったら、冷たく捨てる実に失礼な男・・・というのが、2004年に観たときの印象でした。今回、十数年ぶりに観てみたら、それだけではない、複雑な思いを抱えた男でした。エンド・ロールの最後の最後に、その思いをぐっと感じさせてくれる映像がありますので、最後まで席をたたないでご覧ください。

私にとっては、暗い中、塀を越えて屋敷に忍び込もうとしたヨン様が、塀の上ですれ違う若き貴公子のほうに目が釘付けになった映画でした。側室となるソオクに恋して、石垣に恋文を残す貴公子ですが、チョ氏夫人は彼に毒牙をのばします。あ〜 あの可愛い貴公子役は誰?と調べてみたら、チョ・ヒョンジェでした。『スキャンダル』と同じ2003年に主演したドラマ「ラブレター」の神父アンドレア役で日本でも注目されるようになりました。
この度、デジタルリマスター版が公開されると知り、いそいそと試写に出かけました。もちろん、一番の目的は初々しいチョ・ヒョンジェ君でしたが、それにも増して、鮮やかに蘇った李氏朝鮮時代の美しい調度品や衣装と共に繰り広げられる恋の駆け引きを楽しみました。その後、2007年に『シークレット・サンシャイン』でカンヌ国際映画祭女優賞に輝いたチョン・ドヨンの控えめながら確かな演技にも、あらためて注目です。(咲)


フランスの古典恋愛小説『危険な関係』を、18世紀の李氏朝鮮を舞台に映画化した華麗な恋愛ドラマ。華やかな朝鮮王朝を舞台に、優雅に繰り広げられる恋愛ゲームを描き、時代劇ならではの鮮やかな衣装や装飾品の評価も高い本作。
この度、本作でヒロインのスク婦人を演じ、2007年に『シークレット・サンシャイン』での演技により第60回カンヌ国際映画祭女優賞を受賞し今や世界的な実力派人気女優となったチョン・ドヨンとイ・ジェヨン監督からのメッセージを宣伝のポイントセットさまよりいただきました。

■チョン・ドヨン
JEON Do-yeon.jpg
「スキャンダル」が1月20日から日本でリバイバル上映されるというニュースを聞き、改めて感慨深く、嬉しい限りです。是非たくさんの観客にご覧いただけることを願います。」

■イ・ジェヨン監督
Dir. E J-Yong (1).jpg
「スキャンダル」がこの世に出てから早いもので15年が経ちました。今回日本でリバイバル上映が決定したというニュースを聞き感無量でした。今回「スキャンダル」を大きなスクリーンで観ることができる日本の観客の皆さまが羨ましく思います。15年前、映像に収めた美しい3人の役者たちをご堪能ください。」

★初日 古家正亨さんトークイベント開催!
公開を記念して、初日1/20(土)13:00の回上映終了後にトークイベントが開かれます!  
日時:1/20(土) 13:00の回上映終了後  
場所:Bunkamuraル・シネマ  
ゲスト:古家正亨さん(韓国大衆文化ジャーナリスト)

2003年/韓国/124分/カラー/5.1ch デジタル/R-18
配給:ハーク
公式サイト:http://hark3.com/scandal/
★2018年1月20日(土)よりBunkamuraル・シネマほか全国順次公開




posted by sakiko at 21:13| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

戦狼/ウルフ・オブ・ウォー 原題 戦狼2 Wolf Warrior II

2018/1/12 FRI TOHOシネマズ六本木ほかにて ロードショー

戦狼.jpg
(C)Beijing Dengfeng International Culture Communication Co., Ltd. All Rights Reserved.
監督/製作総指揮/ウー・ジン
脚本ウー・ジン、クン・ドン
撮影ピーター・ゴウ
キャスト
ウー・ジン:レン・フォン
フランク・グリロ:ビッグダディ
セリーナ・ジェイド:レイチェル
ウー・ガン:ホー
チャン・ハン:イーファン

中国で大ヒットしたミリタリー・アクションが日本に上陸。監督&主演は『SPL/狼よ静かに死ね』『新少林寺』『ドラゴン×マッハ!』など、第2の李連杰(リー・リンチエ)と言われるアクションスター呉京(ウー・ジン)。アフリカの地で、単独で反乱軍に立ち向かう特殊部隊・戦狼の精鋭レンを熱演する。
アフリカ、マダガスカルの海。一人の男が海賊に襲われた貨物船を救出するところから始まる。男の名はレン。元特殊部隊「戦狼」の精鋭。ある事件から軍籍を剥奪されたレンは、反政府勢力に殺害された恋人ロンの仇を討つべくこの地に渡っていた。しかし、その最中、内戦が勃発。命からがら中国の駆逐艦に避難したレンだが、戦闘地域に自分のアフリカの息子(仲の良い男の子)の母親がいることを知り、また中国の民間人が取り残されているという話を耳にし、単独、戦地に舞い戻る。内地に取り残された人たちを救い出すため反乱軍に雇われた傭兵たちと戦う。傭兵相手に孤軍奮闘する呉京の姿がこれでもか、これでもかと描かれるが、内地の中国資本の工場で戦う仲間を得て、最後は3人で死闘を繰り広げる。
さらに、なぞの病原菌との闘いまで加わり、まさにたたかい満載の作品になっている。
640_R.jpg
(C)Beijing Dengfeng International Culture Communication Co., Ltd. All Rights Reserved.

昨年行われた、2017東京・中国映画週間のゴールド・クレイン賞(金鶴賞)で、作品賞、監督賞、主演男優賞を受賞した。
主演男優賞.JPG

監督賞.jpg

『SPL 狼よ静かに死ね』で初めて呉京のことを見た時、アクションのあまりのすばやさ、クリアさ、派手さに驚き、「この人、誰?」と思った。並のアクション俳優ではないオーラが出ていた。そうしたら李連杰と同じ武術学校の後輩とのことだった。その後の活躍はあれよあれよという感じだったけど、監督までしていたとは知らなかった。
これまでの彼の作品は、武器は使わず、自身のアクションが見せ場という感じだったけど、この作品では銃や戦車、戦闘機まで出てきて、戦いのシーンの連続でめまぐるしかった。最近の映画は、この作品に限らず、こういう戦闘シーンが多いなと感じる。そして、中国映画でアフリカを舞台にした作品というのは初めて観た。アフリカに進出している中国を実感した。
最後に「中国は国民を救うために全世界に出かけて行く」というような言葉が出てきて、プロパガンダ映画かと引いてしまった。でも、考え方を変えれば、「危険な地域に行くのは自己責任で」という、どこかの政府よりましかもとも思う。(暁)


2017年 中国 配給 KADOKAWA
公式HP
posted by akemi at 20:57| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

わたしたちの家

チラシ.jpg


監督:清原惟
出演:河西和香 安野由記子 大沢まりを 藤原芽生 菊沢将憲 古屋利雄 吉田明花音 北村海歩 平川玲奈 大石貴也 小田篤 律子 伏見陵 タカラマハヤ
脚本:清原惟 加藤法子 プロデューサー:池本凌太郎 佐野大
撮影:千田瞭太 照明:諸橋和希 美術:加藤瑶子 衣装:青木悠里
サウンドデザイン:伊藤泰信、三好悠介
編集:Kambaraliev Janybek 助監督:廣田耕平 山本英 川上知来
音楽:杉本佳一

1.jpg


父親を失った少女と、記憶を失った女性の、まったく別々の物語が、ひとつの「家」の中で交錯する。
セリはもうすぐ14歳。父親が失踪して以来、母親の桐子と二人暮らし。最近、お母さんに新しい恋人ができて複雑な気持ちになっている。
さなは目覚めるとフェリーに乗っており、自分に関する記憶が無くなっていた。彼女は船内で出会った女性、透子の家に住まわせてもらうことになる。
二つのストーリーは独特な構造を持つ一軒の同じ「家」の中で進行する--

2.jpg


東京藝大大学院で黒沢清、諏訪敦彦両監督に師事し本作は同大学の修了作品として制作、PFFアワード2017でグランプリを受賞。武蔵野美術大学映像学科在学中に制作した作品も他コンペで入選を果たしていて、コツコツと作り続けてきての劇場デビューの様です(おめでとうございます!!) 古くて味わいのあるひとつの家を舞台に、ふたつのストーリーが同時進行するパラレルワールド… この物語展開がこの作品の醍醐味です。共同脚本の加藤法子さんとは、これまでも一緒に映画作りをしてきたそう。ぜひ加藤さんにもお話しを伺ってみたいと思いました。
2018年1月13日から始まるユーロスペースでの公開を目前に、第69回ベルリン国際映画祭フォーラム部門への正式出品も決定。 (千)

3.jpg
(C)東京藝術大学大学院映像研究科

配給:HEADZ
2017年/80分/アメリカンビスタ/5.1ch/カラー/DCP
公式 http://www.faderbyheadz.com/ourhouse.html
★2018年1月13日(土)より渋谷ユーロスペースにてレイトショー


posted by chie at 00:00| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする