2018年08月13日

ゲンボとタシの夢見るブータン(原題:The Next Guardian) 

gembo.jpg

監督:アルム・パッタライ、ドロッチャ・ズルボー
撮影:アルム・バッタライ
音楽:アダム・バラージュ

ブータンの小さな村で1000年の歴史ある古刹を守る家族。16歳の長男ゲンボは、父の希望に沿って僧院の学校に進学するかどうか迷っている。15歳の長女タシは自分を男の子だと感じていて、髪を刈り上げ、サッカーに打ち込んでいる。兄のゲンボはたった一人の理解者なので、遠くの学校に行ってほしくない。
父親は仏教の教えと伝統を守り、子どもたちの幸せを願っている。息子を僧籍に入れたいのも、娘に女らしく育ってほしいのも、彼らにとって一番いいことだと信じているからだ。親と子どもの夢は今ひとつかみ合わない。

なかなかイケメンな仲良し兄弟と思って見ていたら、1人は女の子でした。ブータンにもジェンダーに悩む子がいました。古くからの信仰を集めるお寺を守ってきた父は、そのまま子どもたちに引き継ぎたいと思っています。仏像やお寺の内部の装飾に長く積み重なった歳月を感じます。一方タシはサッカーの代表選手を決める大会に出場しています。世の近代化と共に暮らしや人も変化してきました。
親子が声高に争ったりすることはなく、結論を押し付けたりもせず淡々と進んでいきます。ブータン出身のアルム・パッタライ監督とハンガリー出身のドロッチャ・ズルボー監督によって作られたドキュメンタリー。
東京公開初日にアルム・バッタライ監督 とゲンボくんが「Skypeでの挨拶」予定です。12:20の回上映後、13:40頃より約20分。HPでご確認ください。(白)


2017年/ブータン・ハンガリー合作/カラー/74分
配給:サニーフィルム
(C)ECLIPSEFILM / SOUND PICTURES / KRO-NCRV
https://www.gembototashi.com/
★2018年8月18日(土)よりポレポレ東中野ほか全国劇場ロードショー
posted by shiraishi at 01:12| Comment(0) | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする