2017年08月06日

草原に黄色い花を見つける(原題:Toi Thay Hoa Vang Tren Co Xanh)

sougen.jpg

監督:ヴィクター・ヴー
原作:グエン・ニャット・アイン
脚本:ヴィエト・リン
撮影:グエン・クリン
音楽:クリストファー・ウォン
出演:ティン・ビン(ティエウ)、チョン・カン(トゥオン)、タイン・ミー(ムーン)、グエン・アイン・トゥー(ダンおじさん)、カイン・ヒエン(ヴィン)

1980年代後半のベトナム中南部のフーイエン。ティエウとトゥオンは仲の良い兄弟。両親と4人暮らしだ。ティエウは近所の幼馴染のムーンが気にかかっている。学校でもつい目で追ってしまうけれど、内気で話しかけることもできない。
ある日、不幸な目に遭ったムーンをしばらくティエウの家で預かることになった。ティエウはムーンと一日中一緒にいられるので気もそぞろ。けれどもムーンは無邪気なトゥオンとばかり遊んで、ティエウは面白くない。嫉妬にかられてとんでもないことをしてしまった。

ホラーやアクション作品が多かったというヴィクター・ヴー監督が初めて子どもが主役の映画を手がけました。ベトナムでは知らない人がいないという小説家グエン・ニャット・アインの原作をベースに、緑豊かな農村で育っていく少年の淡い初恋を描いています。
たくさんの登場人物を絞り込んだ脚本は、シネジャでも何度か取り上げたベトナムのヴィエト・リン監督によるもの。思春期にさしかかった少年の視線で語られる家族や学校、農村の暮らしがたっぷりの光と澄んだ空気の中で展開します。ベトナムでの公開ではハリウッドの大作に負けない大ヒットだったそうです。近代化した今では懐かしい風景が広がり、誰もが共感できる少年期の心の成長という要素が入っているからでしょう。

このほど来日したヴィクター・ヴー監督にインタビューさせていただけました。特別記事で大使館でのレポートと一緒にアップしました。ぜひご覧ください。
写真は7月31日会見が行われたベトナム大使館でのヴィクター・ヴー監督とアオザイ姿で花束贈呈の中西美帆さん。下段は落合賢監督とのツーショット。(白)


IMG_3779.JPG

IMG_3798.JPG

2015年/ベトナム/カラー/103分
配給:アルゴ・ピクチャーズ
(C)2015 Galaxy Media and Entertainment. All rights reserved.
http://eiga.com/jump/oCVHT/
★2017年8月19日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 21:15| Comment(0) | ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする