2017年01月21日

エゴン・シーレ 死と乙女  原題:Egon Schiele: Tod und Madchen

egon schiele.jpg

監督:ディーター・ベルナー
出演:ノア・サーベトラ、マレシ・リーグナー、ファレリエ・ペヒナー、ラリッサ・アイミー・ブレイドバッハ

20世紀初頭、ウィーン画壇に彗星のごとく現われ、スキャンダルな逸話の数々と挑発的な名画を残し、28歳の若さで世を去った天才画家エゴン・シーレの半生を描いた物語。

1910年、ウィーン美術アカデミーを退学したエゴン・シーレは画家仲間アントンたちと「新芸術集団」を結成。16歳の妹ゲルティをモデルにした裸体画で頭角を現す。
やがてシーレは、場末の演芸場で知り合った褐色の肌のモアに惹かれ、モアをモデルに裸体画を描くようになる。嫉妬した妹ゲルティは当て付けるようにアントンと契りを結び、それを許せないシーレ。新芸術集団は解散する。
1911年、尊敬するクリムトから、若すぎる少女を描くのは危険だとして、17歳のモデル、ヴァリを紹介される。赤毛のヴァリとたちまち恋に落ちたシーレは同棲生活を始める。半年後、シーレは13歳の少女タチアナを誘拐した罪に問われるが、ヴァリの証言で禁固刑を免れる。が、幼児性愛者の汚名を着せられ、パトロンの多くが去っていく。
やがて、第一次世界大戦が勃発。兵役に就くことになったシーレは、結婚すれば兵舎でなく、ホテルで妻と過ごせることを知り、同棲していたヴァリではなく、近所に住む良家の娘エディットと結婚する。シーレはヴァリに「結婚しても僕たちの関係は変わらない」と言うが、嫉妬深いエディットが二人の関係を許すはずもなく、シーレはヴァリをモデルに最後の絵を描く。後に「死と乙女」と名付けられることになった絵だった・・・

監督がシーレ役に抜擢したノア・サーベトラが、美形でスキャンダラスな天才画家を体現していて、ぐっと惹かれます。
映画俳優志望なれど、演技経験はなく、写真のモデルの経験があるだけだったノア・サーベトラに非凡なエネルギーを感じた監督。彼を1年間演劇学校に通わせます。ついには有名なエルンスト・ブッシュ演劇大学の入学試験にも合格。 さらに、彼は映画の中で自分で絵を描けるようにと、芸術アカデミーの「彩色画と素描」の講義を2学期間受講したとのこと。今後が楽しみな魅力溢れる俳優です。
エゴン・シーレという画家も、この映画で初めて知りました。その人生は、本人の起こしたスキャンダラスな事件よりも、戦争に翻弄されたものだと感じました。戦争が起こってなければ、もっと多くの作品を残したのではないでしょうか。(咲)



2016年/オーストリア・ルクセンブルク/109分/シネマスコープ/デジタル5.1ch
配給:アルバトロス・フィルム
公式サイト:http://egonschiele-movie.com/
★2017年1月28日(土) Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラスト有楽町ほか全国順次ロードショー
posted by sakiko at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする