2018年12月16日

家(うち)へ帰ろう    原題:El ultimo traje 英題:The Last Suit

uchiye kaerou.jpg

監督・脚本:パブロ・ソラルス
出演:ミゲル・アンヘル・ソラ、アンヘラ・モリーナ、ナタリア・ベルベケ、フリア・ベールホルド、オルガ・ボラス

ブエノスアイレスで仕立て屋を営んできたアブラハム。88歳となり右足は不自由だ。娘たちは彼を老人ホームに入れることを決め、家も売ってしまった。明日は老人ホームに入るという夜、アブラハムはそっと抜け出し、故郷ポーランドを目指す。戦争中、ユダヤである自分を匿ってくれた親友に、彼のために仕立てたスーツを届けるという約束を果たしにいくのだ。
知人に切符の手配を頼むが、すぐに飛べるのはスペインのマドリッド行き。そこからはフランスを経由してポーランドに列車で行けるという。ところが、パリからはドイツ経由だとわかり、決してドイツの土は踏みたくないアブラハム。ポーランドで無事、親友に会えるのだろうか・・・

ちょっと頑固なアブラハム爺さんの、人生最後の願いを叶える旅。
孫娘とのユダヤらしい駆け引きや、旅先でのハプニングをユーモアを交えながら描いていて、大いに笑わせていただきました。
アブラハムのモデルになったのは、パブロ・ソラルス監督の父方と母方の双方の祖父。特に、父方の祖父はアルゼンチンに来る前のポーランド時代のことを一切語らなかったそうです。ホロコーストを生き抜いたお祖父さまにとって、口にしたくない、あまりに悲惨な時代。
映画の中では、文化人類学者のドイツ人女性が、イディッシュ語でアブラハムに語りかけ、ドイツの土を踏みたくない彼の願いを叶えます。わだかまりが、少し溶ける瞬間。今を生きる私たちは、忌まわしい歴史を忘れることなく、お互いを敬うことが共存の一歩なのだと思います。(咲)


DSCF4596 last s.JPG

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018で、『ザ・ラスト・ス―ツ(仮題)』のタイトルで上映され、監督賞を受賞。その折に来日したパブロ・ソラルス監督にお話を伺う機会をいただきました。
パブロ・ソラルスインタビュー

スタッフ日記
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018 Q&A 


2017年/アルゼンチン・スペイン/スペイン語他/カラー/スコープサイズ/5.1ch/93分
配給:彩プロ
公式サイト:http://uchi-kaero.ayapro.ne.jp/
★2018年12月22日(土)シネスイッチ銀座ほかにて全国順次公開







posted by sakiko at 18:36| Comment(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

ピアソラ 永遠のリベルタンゴ   原題:Piazzolla, los anos del tiburon

piasora.jpg

監督:ダニエル・ローゼンフェルド
出演:アストル・ピアソラほか

踊るためのタンゴから、聴くためのタンゴへ。
アルゼンチン・タンゴに革命を起こしたアストル・ピアソラ(1921年〜1992年)。
71歳で亡くなり、没後25周年にあたる2017年、母国アルゼンチンで開催された回顧展にあわせ、ピアソラの功績と家族の絆を紡いだドキュメンタリー。

4歳の時、音楽愛好家だった父の独断で、アルゼンチンからニューヨークへ一家3人で移住。貧困と暴力が渦巻く環境の中で、父は幼いピアソラに中古のバンドネオンを買い与え、息子の奏でる音に聞き惚れていたという。アルゼンチンに帰国し、本場のタンゴを聞きまくり、当時大人気だったトロイロ楽団に入団。妻となるデデと出会い、娘ディアナと息子ダニエルに恵まれる。自身の楽団を立ち上げるが、革新的なタンゴは非難をあび、古巣のニューヨークに舞い戻る。そして、故国から届いた愛する父の訃報。30分で書き上げた父に捧げた曲「アディオス・ノニーノ」は、後にピアソラの代表曲となる。アルゼンチンに帰国し、五重奏団を結成。ようやく耳の肥えた音楽ファンに注目されるようになる・・・

ピアソラというと、私が思い浮かべるのは、ウォン・カーウァイ監督の『ブエノスアイレス』で流れた2曲。なんともけだるいムーディな曲。あの音色は、バンドネオンの奏でるものだったのだと知りました。
息子ダニエルが語る父の姿。ダニエルが幼い頃の8mmフィルムの映像も多用されていて、郷愁をそそられます。ですが、1966年2月に、ピアソラは家族を残して家を出てしまいます。息子の目から見た父親の歴史なので、その後の女性遍歴などは、さすがに語られていません。
世に数々の名曲を遺したピアソラにも不遇の時代があったこと、それを支えた家族がいたこと、彼の生きた時代のことなどが、憂いあるメロディーとともに語られ、なんとも切ない思いにかられました。(咲)

2017年/アルゼンチン・フランス/英語・フランス語・スペイン語/94分/カラー(一部モノクロ)
配給:東北新社 クラシカ・ジャパン
後援:アルゼンチン共和国大使館、インスティトゥト・セルバンテス東京
公式サイト:http://piazzolla-movie.jp/
★2018年12月1日(土)Bunkamuraル・シネマ ほか全国順次ロードショー.






posted by sakiko at 21:11| Comment(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

笑う故郷(原題:El ciudadano ilustre)

warau.jpg

監督・撮影:マリアノ・コーン、ガストン・ドゥプラット
脚本:アンドレス・ドゥプラット
音楽:トニ・M・ミル
出演:オスカル・マルティネス(ダニエル・マントバーニ)、ダディ・ブリエバ(アントニオ)、アンドレア・フリヘリオ(イレーネ)、ノラ・ナバス(ヌリア)

アルゼンチン出身の作家ダニエルは、長くスペインで暮らしている。ノーベル賞文学賞を受賞後、故郷の田舎町サラスから「名誉市民」の称号を授与したいと招待状が届く。40年ぶりに帰郷し、懐かしい友人知人の温かい歓迎を受けるダニエル。公園には胸像が設置され、絵画コンクールの審査員になり、講演会を依頼され、と充実した毎日となる。しかし、いつしか感傷気分を覆す事態に陥っていく。

ノーベル賞作家が故郷に戻ったばかりに巻き込まれる悲喜劇。第29回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門では『名誉市民』の邦題で上映。主演のオスカル・マルティネスは、ヴェネチア国際映画祭主演男優賞に輝いています。
作家が散々ネタにして書いた故郷にしっぺ返しをくらうのですが、もとはといえば自分が蒔いた種。誰にも文句は言えません。スネに傷持つ人はうっかり帰郷などしないほうが身のため?! ワッハッハーと笑いつつ、故郷は遠きにありて思うもの…と思わず口ずさんだのでありました。オスカル・マルティネスは『人生スイッチ』(2014)にも出演。そちらも濃くて熱い作品でした。(白)


2016年/アルゼンチン、スペイン/カラー/スペイン語/117分
配給:パンドラ
http://www.waraukokyo.com/
★2017年9月16日(土)より岩波ホールにて公開予定
posted by shiraishi at 14:38| Comment(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

ラスト・タンゴ(原題:Un tango mas)

last.jpg

監督・脚本:ヘルマン・クラル
撮影:ヨー・ハイム、フェリックス・モンティ
音楽:ルイス・ボルダ、セステート・マジョール
出演:マリア・ニエベス、フアン・カルロス・コペス、パブロ・ベロン
アレハンドラ・グッティ(マリア・ニエベスの壮年時代)
アジェレン・アルバレス・ミニョ(マリア・ニエベスの青年時代)
パブロ・ベロン(フアン・カルロス・コペスの壮年時代)
フアン・マリシア(フアン・カルロス・コペスの青年時代)

アルゼンチンタンゴの魅力を世界的に広めたマリア・ニエベス(80歳)とフアン・カルロス・コペス(83歳)。14歳と17歳で出会い、時には愛しあい、時には憎しみをもち、50年近くも一緒にタンゴを踊ってきた彼らが歩んだ愛と葛藤の歴史。何度も別れを繰り返しながらも、また手を取り合って踊ってきた二人だったが、今は一緒には踊っていない。
現在の2人の証言や、若いダンサーによる再現ドラマとダンスシーン、時にはディスカッションを通して、官能的で情熱に満ちたタンゴの魅力が映像に描かれる。監督の師であるヴィム・ヴェンダース監督を製作総指揮に迎えて製作された。

昨年(2015年)、山形国際ドキュメンタリー映画祭の折に来日したヘルマン・クラル監督にインタビューさせていただきました。シネジャHP特別記事にアップいたしました。(暁)

2015年/アルゼンチン、ドイツ合作/カラー//85分
配給:アルバトロス・フィルム
(C)WDR / Lailaps Pictures / Schubert International Film / German Kral Filmproduktion
http://last-tango-movie.com/
★2016年7月9日(土)より)Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

人生スイッチ(原題:Relatos salvajes)

jinsei.jpg

監督・脚本:ダミアン・ジフロン
製作:ペドロ・アルモドバル
出演:リカルド・ダリン
オスカル・マルティネス、レオナルド・スバラーリャ、エリカ・リバス、リタ・コルテセ、フリエタ・シルベルベルグ、ダリオ・グランディネッティ

人生には決して押してはならない「スイッチ」がある。それを押してしまったために、悪夢の連鎖に巻き込まれた男女6人のエピソード。

『アナと雪の女王』にダブルスコアの大差でアルゼンチン歴代興行収入ナンバー1の座を勝ち取ったブラックコメディ。ラテンの血がそうさせたのか、わびさびの国に育った我々には想像できないオチに口がポカーンと開いてしまいました。すごく濃い作品。(白)

2014年/アルゼンチン・スペイン合作/カラー/シネスコ/122分
配給:ギャガ
(C)2014Kramer & Sigman Films / El Deseo
http://jinseiswitch.gaga.ne.jp/

★2014年7月25日(土)ヒューマントラスト有楽町、シネマライズ 他 全国順次公開
☆ミッキーさんの詳しい紹介はこちら
posted by shiraishi at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする