2018年09月29日

運命は踊る  原題:Foxtrot

unnmei odoru.jpg

監督・脚本:サミュエル・マオズ
出演:リオル・アシュケナージ、サラ・アドラー、ヨナタン・シライ

イスラエル、テルアビブ。瀟洒なアパートで暮らすフェルドマン家に、軍の役人が息子ヨナタンの戦死を知らせにくる。卒倒する母ダフナ。葬儀は軍で仕切るので心配いりませんという役人に、父ミハエルは、ただ黙っている。やがて、従軍ラビ(ユダヤ教の聖職者)が葬儀の打ち合わせにやって来るが、遺体は見せられないという。そうこうするうち、再び軍の役人がやって来て、戦死したのは同姓同名の別人だったという。ミハエルは怒りを抑えきれず、「ヨナタンを即刻帰宅させろ!」と怒鳴る。
当のヨナタンは、イスラエル北部国境付近の殺風景な検問所の基地であるコンテナの中で、スケッチしながら同僚たちと退屈な任務についていた。夜中に若者たちが車で通りかかり、事件が起こる。車から投げ捨てた缶を手榴弾と勘違いしてヨナタンが発砲してしまったのだ。死者が出るが、車ごと砂に埋め、上官は「戦争で起こったこと。何もなかったことにする」と皆に伝える。そこへ、ヨナタンを即刻帰宅させよとの連絡が来る・・・

男女共に徴兵義務のあるイスラエル。たいした実戦はなくても戦死はありえるのだと思い知りました。本作では、戦死を知らされた時の両親の気持ち、誤報だったと知らされた時の安堵の気持ち、折々の夫婦の間の感情の動きも丁寧に描かれています。徴兵され無為な日々を過ごす若者たちの思いも、ずっしり伝わってきます。
そして、誤報がもたらす思わぬ運命! 
チラシに描かれている駱駝が運命を握っています。  

原題Foxtrotは、1910年代はじめにアメリカで流行した、4分の4拍子、2分の2拍子の社交ダンス。「前へ、前へ、右へ、ストップ。後ろ、後ろ、左へ、ストップ」と、元の場所に戻って来るステップ。どうあがいても、運命は変えられない? (咲)


第74回ヴェネチア国際映画祭審査員グランプリ受賞

2017年/イスラエル,ドイツ,フランス,スイス/113分/ビターズ・エンド/DCP
配給:ビターズ・エンド
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/foxtrot/
★2018年9月29日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー





posted by sakiko at 13:27| Comment(0) | イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

ハッピーエンドの選び方 英題:The Farewell Party  原題:Mita Tova(良い死)

happyend chirasi.jpg

監督・脚本:シャロン・マイモン、タル・グラニット
出演:ゼーブ・リバシュ、レバーナ・フィンケルシュタイン、アリサ・ローゼン、イラン・ダール、ラファエル・タボール

エルサレムの老人ホームで妻レパーナと暮らす発明好きのヨヘスケル。今日も音声の変わる器具を使って神様になりすまし、寝たきりの友人の老婦人を電話で励ましている。ある日、末期の病で入院している親友マックスの見舞いにいき、望まぬ延命治療に「もう楽になりたい」という言葉を耳にする。彼のため、自らスイッチを押して、苦しまずに人生の最期を迎えることのできる装置を発明する。
安楽死に猛反対の妻レパーナの目を盗み、同じホームに暮らす仲間たちの協力を得て、マックスを静かに旅立たせることに成功する。秘密裏に進めたはずだったのに、苦しまずに最期を迎えることができる装置の評判は瞬く間に広まってしまう。
そんな折、妻レパーナに認知症の症状が現われ始める。発明に夢中になって妻の認知症の進行に気がつかなかったことに自分を責めるヨヘスケル。一方、自分らしく生きられる時間が短いと悟ったレパーナは、自分のため、夫のため、残された時間をどう過ごすかを考え始める・・・

いつしか誰にも訪れる死・・・ 
映画を観ていて、4年前に亡くなった母を思い出し、涙、涙でした。母も亡くなる前の2年ほど、認知症でワケがわからなくなっていました。その後、首筋に癌が見つかり、急に悪化し、「なんとかして〜」と苦しんでいました。入院した病院は、延命措置をしない方針でした。かねてから母が希望していた通り、自然に最期を迎えることができたのは幸いでした。
その母は、よく父に「葬儀はどうしてほしい?」と聞いていたのですが、先に自分が逝ってしまいました。お花いっぱいがいいと、よく母が口にしていたので、我が家は本来神道でしたが、花が飾れないので無宗教の音楽葬にしました。喜んでくれたかなぁ・・・ 

happy end kantoku.jpg
シャロン・マイモン監督(左) タル・グラニット監督(右)

公開を前に来日された監督のお二人、シャロン・マイモンさんとタル・グラニットさんにインタビューの機会をいただきました。母の話をしたら、イスラエルでは、自分がどう死を迎えるかとか、葬儀のことはほとんど話題にしないのだそうです。誰しもが迎える死について、もっと皆で話してほしいという思いもあって、この映画を作ったそうです。
また、イスラエルでは、無宗教で葬儀をしたい場合は、キブツ(生活共同体)でするしかないそうです。キブツといえば、シオニズムの思想のもとに出来たものと思っていたので、意外でした。そして、キブツでの無宗教の葬儀は、ほかの宗教的な葬儀よりも費用が高いのだそうです。それも意外でした。(咲)


インタビューの詳細は、Web版シネマジャーナル特別記事でどうぞ!
http://www.cinemajournal.net/special/2015/happy/index.html

後援:イスラエル大使館
配給:アスミック・エース
2014年/イスラエル/カラー/93分/ビスタ/5.1ch サラウンド/ヘブライ語
公式サイト:http://happyend.asmik-ace.co.jp/
★2015年11月28日(土)シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー
posted by sakiko at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

私の恋活ダイアリー  英題:Sixty and the City

koikatsu.jpg

監督・出演:ニリ・タル

60歳を迎えたニリ・タル監督。
同じ男性と結婚・離婚を計3回繰り返し、2児をもうけ孫8人。かつて新聞記者やテレビ局のレポーター兼ディレクターとして活躍し、現在は映像作家として何不自由ない日々をおくっている。
でも、ふっと、このまま独りで年を取り続けるのは寂しい、連れ合いを見つけようと思い立つ。さっそく自己紹介文と写真をあちこちの恋活サイトに登録するも、一向に反応がない。写真が決め手かもと、ミニスカートに胸元を開けたブラウスで色っぽい写真を撮ってアップする。結果、20代から80代までの男性1320人からメールが届く。
本作は、監督が1年8ヶ月の間に実際にデートした男性のうち、撮影許可をくれた人たちとの顛末を綴ったもの。果たして、監督はこれからの伴侶を得ることができるのか・・・

なんといっても私と同年代の女性の恋活とあって、興味津々。しかも、イスラエル。「安息日には映画を観ない」と、デートを断った男性が、ほかの女性と映画館に来ていたとか、ユダヤの新年にニューヨークにいる息子に会いにいったりするくらいで、宗教的にどうのといった特別な要素はほとんどなかったのはちょっと残念だった。でも、時に真剣に、時におもしろおかしく自身の経験をあからさまに語った本作、世の中、こんなにも人生を分かち合える人を探している人が多いのだと、なんだか勇気付けられた。その気になれば、私にも良きパートナーが見つかる?!
お正月に公開される『トレヴィの泉で二度目の恋を』でも、シャーリー・マクレーンとクリストファー・プラマー演じる黄昏を迎えた二人が恋に落ちるように、恋に年は関係ない! 出会いを楽しみにしなくっちゃ! (咲)


配給:パンドラ
後援:イスラエル大使館
協力:あいち国際女性映画祭/シニア女性映画祭
*あいち国際女性映画祭2014では『私は都会派、60歳』のタイトルで上映
2010年/イスラエル/カラー/70分
公式サイト:http://www.koikatsu-diary.com
★2014年12月20日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町他にて、 全国順次ロードショー
posted by sakiko at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする