2015年12月19日

ひつじ村の兄弟  原題RAMS

hitsujimura.jpg

監督:グリームル・ハゥコーナルソン
出演:シグルヅル・シグルヨンソン、テオドル・ユーリウソン

アイスランドの人里離れた村で牧羊を営むグミーとキディーの老兄弟。二人は隣に住んでいるのに仲が悪く、もう40年以上口をきいていない。
年に一度の羊の品評会。兄弟の飼う羊は先祖代々から受け継がれて来た優良種。その中でもとびきりの羊を出品するが、僅差で1位2位となり、負けた方は悔しがることしきり。
数日後、キディーの羊が伝染病に冒されていることが判明し、村のすべての羊が殺処分されることなる。先祖から受け継いだ種が絶えてしまうことになる一大事に、グミーもキディーもそれぞれに策をたてる。あることからお互いに助け合わなければいけない事態になる・・・

アイスランドの映画といえば、『馬々と人間たち』を思い出します。北極圏に近い島国で、馬?と驚いたものですが、今度は、羊。北極圏に近くて、馬や羊には寒すぎないのかとちょっと心配になりますが、実は馬も羊もたくさん飼われている国。凍えそうな時には、人肌で温めるのが一番という場面が、どちらの映画にも出てきました。やはり寒い国ならではの常套手段なのでしょう。
よけいなものがない大自然に包まれたアイスランドの景色の中で繰り広げられる仲の悪い兄弟の物語には、ユーモアさえ漂います。それもそのはず、兄役のシグルヅル・シグルヨンソンさんは、俳優・コメディアン・監督・脚本家とありました。弟役のテオドル・ユーリウソンさん共々、映画やテレビシリーズで活躍している方たちですが、ほんとに孤高の頑固者の羊飼いのようでした。(咲)


2015年/アイスランド・デンマーク/93分
配給エスパーズ・サロウ
第68回カンヌ国際映画祭「ある視点部門」グランプリ受賞
公式サイト:http://ramram.espace-sarou.com
★2015年12月19日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開
posted by sakiko at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アイスランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

馬々と人間たち(原題:Of Horses and Men)

umauma.jpg

監督・脚本:ベネディクト・エルリングソン
製作:フリズリク・ソール・フリズリクソン
出演:イングヴァール・E・シーグルソン(コルペイン)、シャーロッテ・ボーヴィング(ソルヴェーイグ)、ステイン・アルマン・マグヌソン(ヴェルンハルズル)、キャルタン・ラグナルソン(グリームル)、ヘルギ・ビョルンソン(エーギットール)

アイスランドの小さな村。独身のコルベインは美しい白馬グラウーナが自慢。子持ちの未亡人ソルヴェーイグを憎からず思っているが、なんと愛馬たちの恋のほうが先に進展してしまった。コルベインがグラウーナと散歩中にソルヴェーイグの馬ブラウンが、いきなり行為に及んでしまったのだ。愛馬をキズモノにされたコルベインは怒り心頭。村中が見守る恋は大波乱の様相を見せる。
酒飲みのヴェルンハルズルはウオッカほしさに海に飛び込み、グリームルはエーギットールが張り巡らしたばかりの有刺鉄線を切ってまわる。旅行者のフアンはスウェーデン娘のヨハンナを見初めて、乗馬観光に参加するが…。

まだ春浅いころから秋までのアイスランドの広大な風景をバックに、個性豊かな村人たちが引き起こす騒動。エピソードが変わるたびに、綺麗な馬の眼がアップになります。馬の眼から見たおかしな人間たちのドラマに引き込む装置のようです。昨年の東京国際映画祭で監督賞を受賞しましたが、ベネディクト・エルリングソン監督は舞台の演出家・俳優であり、長編映画はこれが初めての作品。脚本も書かれた、これまでにないスタイルの映画で、強く印象に残りました。
アイスランドの生活にはごく普通に馬がいて、監督も俳優さんたちもみな馬好きとのこと。よく知っているからこそ狙えたシーン、演出できたシーンの連続です。写真は昨年の映画祭での舞台挨拶のようす。ベネディクト・エルリングソン監督(右)とプロデューサーのフリズリク・ソール・フリズリクソン氏です。(白)


IMG_7293.jpg


2013年/アイスランド/カラー/81分
配給:マジックアワー)
(C)Hrossabrestur2013
http://www.magichour.co.jp/umauma/
★2014年11月上旬、シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アイスランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする