2017年07月23日

ダイ・ビューティフル(原題:Die Beautiful)

die.jpg

監督:ジュン・ロブレス・ラナ
脚本:ロディ・ベラ
撮影:カルロ・メンドーサ
音楽:リカルド・ゴンサレス
出演:パオロ・バレステロス(トリシャ)、ジョエル・トーレ(トリシャの父)、グラディス・レイエス(トリシャの姉)、クリスチャン・バブレス(バーブ)

ミス・ゲイ・フィリピーナで念願のミスコン女王に輝いた直後、急死してしまったトランスジェンダーのトリシャ。彼女の遺言は「ゴージャスなセレブメイクで、美しい姿で逝きたい」というもの。それも日替わりで7日間。トリシャの父親は元の男性の姿に戻そうと反対するが、友人達は彼女の遺言どおりにして送るべく、病院から遺体を盗み出す。そして腕によりをかけてトリシャに美しいメイクを施すのだった。
IMG_1787s.jpg

昨年10月の東京国際映画祭で主演男優賞と観客賞に輝いた作品。フィリピンでトランスジェンダーのトリーシャを妖艶かつ可愛らしく演じたパオロ・バレステロス、ご覧のとおりのイケメンです。メイクは全部彼自身がしているので、監督は「メーキャップ担当を雇わなくて済んで助かった」そうです。「男優賞・女優賞どちらでしょうか」という記者の質問にパオロは「どっちも!」と回答。場内大ウケでした。「日本の観客にこんなに喜んでもらえて嬉しい」と声を詰まらせていたロブレス監督。フィリピンでトランスジェンダーの殺害事件があり、心無い中傷をした人たちにもっと理解してほしいと思って企画した作品だそうです。ありのままの自分に誇りを持ち、最後まで自分らしく美しく生きたトリシャの波乱の物語をご覧ください。(白)

2016年/フィリピン/カラー/ビスタ/120分
配給:ココロヲ・動かす・映画社○
(C)The IdeaFirst Company Octobertrain Films
https://www.cocomaru.net/diebeautiful
★2017年7月22日(土)より新宿シネマカリテにてロードショー
posted by shiraishi at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

ローサは密告された (原題 Ma'Rosa)

320.jpg

監督:ブリランテ・メンドーサ 製作:ロレート・ラリー・カスティーリョ
製作総指揮:ブリランテ・メンドーサ 脚本:トロイ・エスピリトゥ
出演:ジャクリン・ホセ,フリオ・ディアス 他

640.jpg


ローサはマニラのスラム街の片隅で小さな雑貨店を家族で経営している。家計のため、少量の麻薬を扱っていたが、ある夜、密告からローサ夫婦は逮捕される。警察による麻薬売人の密告要求、高額な保釈金… ローサの子どもたちは、両親の自由を取り戻すため奔走する。

640.jpg


◆主役ローサを演じるジャクリン・ホセは本作で第69回カンヌ国際映画祭で主演女優賞を獲得。 監督は第3黄金期と呼ばれるフィリピン映画界の鬼才ブリランテ・メンドーサ。私的にはラヴ・ディアス監督よりは好きかもです、ハイ。現在、同国第16代大統領ロドリゴ・ドゥテルテ氏は「麻薬を完全に撲滅する。逆らう者が望むなら、与えるのは死だ」の発言どおり「麻薬撲滅」のもと警察、自警団による超法規的な処分をおこなっている… しかし一般市民は貧困のせいで麻薬密売に手を出さざるをえない… そんなフィリピンの現在が垣間見れる作品に仕上がってました。なんとなく終始、画面がスモークしているのもマニラって、きっと日々湿度が高そうです… フィリピンは訪れたい国のひとつだったけど色んな意味で当分ムリそう…。 (千)

640.jpg


(c)sari-sari store2016
2016/フィリピン/配給ビターズ・エンド
公式サイト  http://www.bitters.co.jp/rosa/
★7月29日(土)より渋谷イメージフォーラムほか全国順次公開



posted by chie at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

SHIFT 恋よりも強いミカタ(原題:Shift)

shift.jpg

監督・脚本:シージ・レデスマ
撮影:サシャ・パロマレス
出演:イェン・コンスタンティーノ、フェリックス・ローコー、マット・バレナ、アレックス・メディーナ

エステラは、シンガーソングライターか写真家になるのを夢見ている。まだまだ実現には程遠く今はコールセンターの夜勤として働いているが遅刻ばかり。先輩で仕事もできるイケメンのトレバーが教育係としてつき、エステラはたちまち仲良くなる。優しくて頼りになるトレバーにエステラは次第に恋心を抱くのだが…。

親元を離れ、夢を叶えたいと思うエステラ。真っ赤な髪は勝負服のような気合の形なのかも。コールセンターの仲間は多様で、とても開放的な職場なのが見て取れ、エステラのトレバーへの思いが届かないのはなぜかもすぐわかります。夢に届かない口惜しさ、自分への苛立ちと共に、この一番近くにいるのに叶えられない切なさを細やかに描いて、初お目見えの大阪アジアン映画祭2014ではグランプリを受賞しました。キャストの一人ひとりがとても魅力的でした。(白)

2013年/フィリピン/カラー/81分/
配給:ピクチャーズデプト
(C)2013 Cinema One Originals
http://picturesdept.com/jp/titles/shift/
★2014年10月25日(土)より新宿シネマカリテにてレイトショー、ほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする