2017年04月09日

午後8時の訪問者(原題:La fille inconnue)

gogo8ji.jpg

監督・脚本:ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ
出演:アデル・エネル(ジェニー)、オリビエ・ボノー(ジュリアン)、ジェレミー・レニエ(ブリアンの父)、ルカ・ミネラ(ブリアン)

将来を嘱望されている女医のジェニーは、今勤めている小さな診療所を近々出て、大きな病院へ移る予定だった。高待遇が約束され、歓迎会も知らされたばかり。診療時間を大幅に過ぎた午後8時、帰リ支度をしていると誰かがベルを鳴らす。研修医のジュリアンが応対しようとしたが、ジェニーは「出なくていい」と彼を制止する。翌日、近くで身元不明の少女の遺体が発見された。警察が少女の足取りを調べ、診療所のカメラに残った画像から、ベルを押していた少女だとわかる。ジェニーは{あのときドアを開けていたら死なせずに済んだのではないか」と自分を責める。名前も知らない少女の顔写真を携帯に保存し、ジェニーは彼女を知る人を探し始めた。

「あのときああすれば」という経験は、誰もが大なり小なりしているはずです。この作品では見知らぬ少女が死んでしまったことで、自責の念にかられる若い女医が主人公です。医師は常に沈着冷静な判断を期待され、感情に流されないことも大切な職業。しかし、ジェニーはこの事件後、少女の身元を知りたいと捜し歩き、危険な目にあってもやめません。次第に真実に近づくまでサスペンスタッチで進みます。ジェニーの患者から思わぬ手がかりを得、話が広がり収束しラストにもっていくストーリーがうまいです。そういえばヒロインが人を訪ね回る『サンドラの週末』も同じダルデンヌ監督作品でした。
ジェニー役のアデル・エネルは『水の中のつぼみ』(2007)から見ていますが、今も高校生役ができそうなほど若々しいです。昨年のTIFF“東京グランプリ”受賞作品『ブルーム・オヴ・イエスタディ』(クリス・クラウス監督)にも主演していましたが、そっちはいつ公開になるのかな。(白)


2016年/ベルギー・フランス合作/カラー/ビスタ/106分
配給:ビターズ・エンド
(C)Christine Plenus
http://www.bitters.co.jp/pm8/
★2017年4月8日(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

神様メール(原題:Le tout nouveau testament)

kamisama.jpg

監督:ジャコ・ヴァン・ドルマル
脚本:トマ・グンジグ、ジャコ・ヴァン・ドルマル
出演:ブノワ・ポールヴールド(父・神様)、カトリーヌ・ドヌーヴ(マルティーヌ)、フランソワ・ダミアン(フランソワ)、ヨランド・モロー(母・女神)、ピリ・グロワーヌ(娘・エア)

この世界を作った神様はブリュッセルのアパートに妻と娘とともに住んでいる。神様は酒飲みで乱暴、おとなしい妻にどなりちらし、娘のエアを生まれてから10年間アパートから出さずにいる。毎日何をしているかというと、パソコンで気まぐれに人間世界に災厄を起こし、人の運命を弄んで楽しんでいる。エアはいじわるで横暴な父が大嫌い。兄のJC(イエス・キリスト)の協力を得て、たった一つ外界へ通じる出口を知った。家出の前にすきを見て父のパソコンから全人類へ余命を知らせるメールを送信し、神様がすぐ使えないように細工をする。脱出したエアは兄の助言にしたがい、6人の使徒を探し始める。

なんとも奇想天外で面白い設定!神様がアパートに住んでいてパソコン一つで世の中を支配しているなんて。不条理のあれもこれもこの神様のしわざだったのか!?
これは宗教の映画ではなく、支配する人される人の関わり、余命を知った人間がどう生きるのか、という物語です。余命を知ってパニックが起きている人間世界で、エアが出会うのは何かを失った人ばかり。そんな人たちへ神様の娘のエアが小さな奇跡を届けていきます。
パソコンが使えなくなって慌てて後を追ってきた神様が陥る危機には、今までの仕打ちを思うと当然!と大いに溜飲が下がります。
ドルマル監督の公開作品は『トト・ザ・ヒーロー』(1991)、『八日目』(1996)、『ミスター・ノーバディ』(2009)、どれも独創的な作品でしたね。ほかに未公開の短編やドキュメンタリー作品が何本もあるようです。見る機会がないかな、と思っていたら朗報!「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2016」では、ドルマル監督のショートプログラム『乗り出し危険』(1985)の上映があります。『ミスター・ノーバディ』の元になった作品だそうですよ。(白)


2015年/ベルギー.フランス,ルクセンブルク/カラー/スコープサイズ/115分
配給:アスミック・エース
http://kamisama.asmik-ace.co.jp/
(C)2015 - Terra Incognita Films/Climax Films/Apres le deluge/Jul iette Films Caviar/ORANGE STUDIO/VOO et Be tv/RTBF/Wallimage
★2016年5月27日(金)TOHOシネマズシャンテほかロードショー
posted by shiraishi at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

聖者たちの食卓 (原題:Himself He Cooks)

seija.jpg

監督:フィリップ・ウィチュス、ヴァレリー・ベルト

黙々と野菜の皮をむく人たち。じゃがいも、人参、ニンニク・・・
チャパティを何枚も何枚も焼き続ける人たち。
そして大勢で一斉に食事をする姿。
裏方では、食器を洗う人々。 時に、ステンレスの皿が飛び交う。
大きなお鍋に入って、鍋を洗う男・・・

シク教の総本山、インド北西部アムリツァルにある黄金寺院(ハリマンディル・サーヒブ)。ここでは、毎日10万食の豆カレーが無料で提供されている。
映画は、ナレーションなしに、人々の姿を映し出す。
食器の触れあう音や、水の音が響いてくる・・・

監督のフィリップ・ウィチュスとヴァレリー・ベルト夫妻は、ベルギー出身。『Sarega』(2010年)というインドの伝統音楽についてのドキュメンタリー製作の過程で、2004年にパキスタンのラホールに行くことになり、国境近くのアムリツァルに滞在する。その折に、黄金寺院で途方もなく大勢の人たちが無料で食事の提供を受けている姿を目の当たりにし驚く。写真や映像を撮り、帰国後、すぐに『黄金寺院』という5つの短編にまとめる。この素晴らしい光景を世界に見せなければならないと、黄金寺院を再訪して許可を取り、1ヵ月かけて撮影したのが本作。

1回で10万食?と驚いたら、1日24時間体制で、1回5千人分が20回。
それにしても半端な量じゃない。それも毎日!
シク教の巡礼者だけでなく、人種や身分や宗教に関係なく、誰しもがお腹を満たすことのできる聖なる場所。
公開を前に、監督の一人フィリップ・ウィチュス氏が来日。
フィリップ・ウィチュス監督-1.jpg

撮影:宮崎暁美

監督を囲む会で、日本在住のシク教徒の方にお話を伺ったら、振る舞われる料理は、辛くないし、塩も控え目、ギー(バターオイル)もあまり使わない、そして、お肉も使わないと教えてくれました。どんな宗教の人でも食べられるし、子どもにもOKという次第。
こんな場所が世界の隅々にあれば、飢える人を救えるのになぁ〜 (咲)


特別記事 『聖者たちの食卓』フィリップ・ウィチュス監督来日レポート 
http://www.cinemajournal.net/special/2014/seija/index.html

配給: アップリンク
2011年/ベルギー/65分/カラー/16:9
公式サイト:http://www.uplink.co.jp/seijya/
★2014年9月27日(土)より渋谷アップリンク他、全国順次公開
posted by sakiko at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする