2016年06月19日

フランス映画祭2016

2015年6月24日(金)〜27日(月)
会場:有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ 日劇

【上映作品】
『太陽のめざめ』
『ミモザの島に消えた母』
『The Final Lesson(仮題)』
『愛と死の谷』★日本公開 未決定
『モン・ロワ(原題)』
『アスファルト』
『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(プレリュード)』
『ショコラ(仮題)』
『めぐりあう日』
『パレス・ダウン』
『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』
『エヴォリューション(仮)』
『パリはわれらのもの』★クラシック作品

今年のフランス映画際では、新作12作品に加え、今年1月29日に87歳で逝去したジャック・リヴェット監督を追悼し、1960年の長編デビュー作『パリはわれらのもの』がデジタルリマスター版で上映されます。

13作品のうち、女性監督の作品は、マイウェン監督の『モン・ロワ(原題)』(エマニュエル・ベルコがカンヌ国際映画祭で女優賞を受賞)、『冬の小鳥』のウニー・ルコント監督の新作『めぐりあう日』、エマニュエル・ベルコ監督の『太陽のめざめ』(カトリーヌ・ドヌーヴが少年事件担当の判事を熱演)の3作品。

団長は、10年ぶりの来日となるイザベル・ユペール。(今回上映される『アスファルト』『愛と死の谷』の2作品に出演)
その他、『ショコラ』で、1900年代初頭にフランス史上初の黒人芸人として活躍した人物を演じたオマール・シィなど、多彩なゲストが来日します。

12本の新作のうち、『愛と死の谷』以外は、日本での公開が決まっていますが、いち早く観られるチャンスです。ゲストから直接映画の話も聴けます。
ゲスト情報もチェックして、ぜひフランス映画際に!
http://unifrance.jp/festival/2016/schedule
http://unifrance.jp/festival/2016/news/guest


☆今回インドを舞台にした映画が2本あります。

◆『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(プレリュード)』
http://unifrance.jp/festival/2016/films/un-une
annna antowanu.jpg
クロード・ルルーシュ監督が全編インドで撮影。
冒頭の町の雑踏から、ガンジスやケララの風景、そして女性聖者アンマなど、インドの風景・風物をたっぷり楽しめます。
見終わってみれば、インドを背景にしていたのに、やっぱり、フランス流の男と女の世界でした!
2016年9月3日(土)〜 Bunkamuraル・シネマ他で一般公開されます。


◆『パレス・ダウン』 原題:Taj Mahal
http://unifrance.jp/festival/2016/films/taj-mahal
palace down.jpg
ムンバイで同時多発テロが勃発。父の転勤でインドに到着したばかりの少女が、両親の外出中、一人でタージマハルホテルの部屋に閉じ込められます。テロリストの手から、少女を救うことはできるのか・・・  実話に基づいている凄味があります。
こちらも、ムンバイの雑踏や、海辺の風景が楽しめます。
★フランス映画祭のあと、「カリコレ2016」にて上映
7月29日(金) 16:00/8月2日(火) 13:00/8月13日(土) 10:00
posted by sakiko at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア Short Shorts Film Festival & Asia

6月2日より始まったショートショート フィルムフェスティバル & アジア。
一部のイベントを除き、会期中の上映プログラムは今年も引き続き、無料上映という嬉しい映画祭です。 多彩な上映作品やイベントの中から、お気に入りを見つけて、ぜひ参加してみてください。

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア (略称:SSFF & ASIA)
公式サイト top :http://www.shortshorts.org/2016/

【期間】2016年6月2日(木)〜6月26日(日)

【会場】
◆東京: 表参道ヒルズ スペース オー、アンダーズ 東京、ラフォーレミュージアム 原宿、シダックス・カルチャーホール、iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ
◆横浜:ブリリア ショートショート シアター

多彩な映画祭 各プログラムの詳細はこちらで〜!
http://www.shortshorts.org/2016/ja/program/

チケット予約についてはこちらをどうぞ!(無料・有料とも)
http://www.shortshorts.org/2016/ja/about/ticket.php

事前予約:
無料上映プログラムの事前申込は上映日の前日23時59分まで受付。
ただし、予定枚数に達した際はその時点で受付終了です。
当日、5分前までに整理券と引き換えです。 

当日券: 
当日の初回上映20分前から受付を開始、先着順に当日整理券を配布し、
予定枚数が終了した時点で受付終了。
posted by sakiko at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

アニメアワードフェスティバル2016

press_taaf2016_010106.jpg

期日:3月18日(金)〜21日(月)
会場:TOHOシネマズ日本橋

 〒103-0022東京都中央区日本橋室町2-3-1 コレド室町2・3F
 (上映会・コンペティション本審査・イベント等)

主催:東京アニメアワードフェスティバル実行委員会、一般社団法人日本動画協会
共催:東京都
入場料:作品によって異なります。
チケット:TOHOシネマズ インターネットチケット“vitR”で発売中。

 リンクはこちら 
 空席があれば、当日会場(TOHOシネマズ 日本橋内)でもチケットを購入することが可能です。
プログラム
★詳細は公式サイトまで http://animefestival.jp/ja/
●長編コンペ(4作品)
『西遊記 ヒーロー・イズ・バック(3D)』田暁鵬(中国/2015年/1:23)
『CAFARD』Jan Bultheel(ベルギー・フランス・オランダ/2015年/1:26)
『TOUT EN HAUT DU MONDE LONG WAY NORTH』Rémy Chayé(フランス・デンマーク/2015年/1:21)
『ADAMA』Simon ROUBY(フランス/2015年/1:22)

●短編コンペ(33作品)
『きつね憑き』佐藤 美代 ほか
●ANIME OF THE YEAR作品
『心が叫びたがってるんだ。』The Anthem of the Heart 監督:長井龍雪
 (日本/2015年/01:59)
『SHIROBAKO』監督:水島努
 (日本/2015年/全24話)
『バケモノの子』The Boy and the Beast 監督・脚本・原作:細田守
 (日本/2015年/1:59)

●特別招待作品
『シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島』『シンドバッド 魔法のランプと動く島』『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』ほか
●TAAF2016 アニメ功労部門
2016年映画祭キービジュアル cTAAFEC. All Rights Reserved.
posted by shiraishi at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

第3回 グリーンイメージ国際環境映像祭 The 3rd Green Image Film Festival

環境をキーワードに、アニメーションからドキュメンタリーまで、ジャンルを越えた世界の優れた映像作品を上映する、年に1度のフェスティバル。

日程:2016年3月23日(水)〜 25日(金)
会場:日比谷図書文化館コンベンションホール
(東京都千代田区日比谷公園1-4 地下1階)
http://hibiyal.jp/hibiya/access.html

◆3月23日(水)
15:30  『太陽が落ちた日』The Day the Sun Fell
(スイス・フィンランド / 監督 : Aya DOMENIG)
赤十字病院に勤め、広島の原爆後の被害者を診てきた祖父。祖父は体験を語ることはなかった・・・ 

17:00 『波伝谷に生きる人びと』The People Living in HADENYA
(日本 / 監督:我妻和樹/ 135分)
津波で壊滅した宮城県南三陸町の漁村、波伝谷(はでんや)。2008年3月から2011年3月11日にかけての日常を追ったドキュメンタリー。

19:25 『新地町の漁師たち』Fukushima Fishermen
(日本 / 監督:山田徹 / 95分)
東日本大震災で被災した福島県新地町の漁師たちを、2011年6月から2014年11月3日の安波祭までの3年半記録したドキュメンタリー。
【上映後トーク】我妻和樹さん『波伝谷に生きる人びと』監督 ×山田徹さん『新地町の漁師たち』監督 21:40終了予定

◆3月24日(木)
12:30特別プログラム
いのちと食・農を考える特集上映
ヤーミー監督 追悼上映

14:55 『最後のハンダハン』The Last Moose of Ao Lu Gu Ya
(中国 / 監督:GU Tao / 100分)
狩猟を生業としてきた先住民のWeijia。土地を奪われ、銃を没収された彼は酒に溺れ、かつての良き日々の記憶を絵にしていた。そんな彼に転機が訪れる。山形国際ドキュメンタリー映画祭2013アジア千波万波作品。

16:45 『BALAZHER ― 現実の修正』 BALAZHER. The Corrections of Reality
(スイス・ウクライナ / 監督:Lesia KORDONETS / 30分)
05_BALAZHER1 small.jpg
ソ連時代からいまも使われているウクライナの古びたバスはEU境界線のすぐ外側を走り続けている。バス停で人々は忍耐強くバスを待ち、夢見る。バスがよりよい未来へ連れていってくれることを。

17:15 『ロンリーレイク』 Lonely Lake
(イラン / 監督:Mohammad EHSANI / 46分)
06_ロンリーレイク1 small.jpg
イラン北西部のオルーミーイェ湖は、死海に次いで世界で2番目に大きい塩湖。かつては渡り鳥が数多く飛来し、人々の暮らしを支えた豊かな湖は、いまや消滅の危機に直面している。

18:30 『魚道―長良川河口堰運用から20年』
(日本 / 監督:吉田 修、鎌倉 英也 / 43分)
長良川「世界農業遺産」登録申請の対象地域から外された下流域。豊富な鮎の漁場だった下流域漁師は次々廃業。その中で漁を続ける唯一最後の兄弟漁師の「魚道」と言うべき人生。建設反対から賛成に転じた自治体の思惑・・・ 変貌した長良川下流で今を生きる人々の思いを描く。
【上映後トーク】 吉田 修監督、鎌倉 英也監督

19:45 『テラキスの帰郷』 Millets Back Home
(台湾 / 監督:SAYUN Simug / 72分)
台湾山岳地域の原住民族の村。伝統的な文化と生活が失われていく中、村に生きる3家族が織り成す物語。
【上映後トーク】 SAYUN Simug監督


◆3月25日(金)
11:15 『100万回のステップ』 One Million Steps
(ドイツ・トルコ / 監督:Eva STOTZ / 20分)
10_100回のステップ1 small.jpg
イスタンブールの街に飛び込んだタップダンサーは踊り目撃する。生きる場所と自由を求める大規模デモと警察の催涙ガスに逃げ惑う大勢の人々。

11:40 『スティックス & ストーンズ』 Sticks and Stones
(カナダ / 監督:Isaac KING / 4分)
技術とソーシャルメディアを手に世界へ踏み出していく少年のアニメーション。

11:45 『縄文号とパクール号の航海』 Passage of Jomon and Pakur
(日本 / 監督:水本 博之 / 122分)
「グレートジャーニー」の探検家、関野吉晴の企画した途方もない旅。自然から集めた素材で作った鉄器で舟を作り、エンジンを使わず島影と星を頼りにインドネシアから日本へ。
【上映後トーク】水本 博之さん『縄文号とパクール号の航海』監督 ×関野 吉晴さん『縄文号とパクール号の航海』プロデューサー×竹山 史朗さん(モンベル広報部本部長)

15:15特別上映 『映像で伝える森を活かす古くて新しい技術・馬搬』
(日本 / 60分)
馬搬は「馬方」と呼ばれる専門職が馬を使って山から木を搬出する作業。今では岩手県遠野を中心に数名の技術保持者が残るのみである。

16:15シンポジウム「馬と暮らす里山」(仮題)
[パネリスト]
岩間 敬さん(遠野馬搬振興会・馬力舎)
加藤 大吾さん(NPO法人都留環境フォーラム理事長・はたらく馬協会代表)
中川 剛さん(木曽馬保存会事務局)
尾立 愛子(グリーンイメージ国際環境映像祭実行委員会事務局長)

18:00表彰式
【審査委員】
佐藤 忠男さん(審査委員長 / 映画評論家)
鵜飼 哲さん(一橋大学大学院 言語社会研究科教授)
田中 加奈子さん(科学技術振興機構 低炭素社会戦略センター主任研究員)
千田 良仁さん(一般社団法人村楽 代表理事) 19:00終了予定

公式サイト: http://green-image.jp/
posted by sakiko at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

第11回大阪アジアン映画祭

第11回大阪アジアン映画祭 作品ラインナップ!
2016年3月4日(金)〜3月13日(日)の10日間開催。

「大阪発。日本全国、そしてアジアへ!」をテーマにお届けする大阪アジアン映画祭。今年で11 回目となる同映画祭の作品ラインナップが決定しました。
作品本数は、過去最多の計55本(うち、世界初上映9本、海外初上映10本、アジア初上映1本、日本初上映22本)、上映作品の製作国・地域は、中国、香港、台湾、韓国、モンゴル、ベトナム、タイ、カンボジア、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、イラン、ドイツ、フランス、アメリカ、日本の 17の国と地域。
梅田ブルク7、ABC ホール、シネ・リーブル梅田、第七藝術劇場などを会場に開催される第11回大阪アジアン映画祭。コンペティション部門、特別招待作品部門、特集企画、インディ・フォーラム部門を柱に、アジア映画最新作の上映や、多彩なゲストを迎えてのトークイベントなどを実施。シンポジウムや、ゲストを迎えてのウエルカム・パーティも開催されます。

【オープニング作品】
『湾生回家』(WANSEI BACK HOME/湾生回家)海外初上映/台湾/監督:ホァン・ミンチェン(黄銘正)/提供:マクザム、ワコー、太秦/配給:太秦
OP_wansei_R.jpg
c Tanazawa Publish Co., Ltd.

【クロージング作品】
『モヒカン故郷に帰る』(THE MOHICAN COMES HOME) /日本/監督:沖田修一/配給:東京テアトル
CL_mohican_R.jpg
c2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会

【コンペティション部門】
1.『3688』(3688/想入飛飛) 日本初上映/シンガポール/監督:ロイストン・タン(陳子謙)
2.『香港はもう明日』(ALREADY TOMORROW IN HONG KONG) 日本初上映/香港・アメリカ/監督:エミリー・ティン
3.『そんな風に私を見ないで』(DON'T LOOK AT ME THAT WAY) アジア初上映/ドイツ・モンゴル/監督:ウィゼマ・ボルヒュ
4.『師父』(THE MASTER/師父) 日本初上映/中国/監督:シュー・ハオフェン(徐浩峰)
5.『フリーランス』 (HEART ATTACK (FREELANCE)) 日本初上映/タイ/監督:ナワポン・タムロンラタナリット
6.『ご飯だ!』(LET'S EAT!/開飯啦) 海外初上映/マレーシア・シンガポール/監督:チャップマン・トー(杜汶澤)
7.『欠けてる一族』(THE MISSING PIECE/缺角一族) 日本初上映/台湾/監督:ジャン・フォンホ(江豐宏)
8.『豚のような女』(MY SISTER, THE PIG LADY) 日本初上映/韓国/監督:チャン・ムニル
9.『眠らない』(SLEEPLESS) 海外初上映/フィリピン/監督:プライム・クルズ
10.『つむぐもの』(TSUMUGU) 世界初上映/日本/監督:犬童一利/配給:マジックアワー
11.『王家欣 ウォン・カーヤン』(WONG KA YAN/王家欣) 日本初上映/香港/監督:ベニー・ラウ(劉偉恒)
12.『ないでしょ、永遠』(# WALANG FOREVER) 海外初上映/フィリピン/監督:ダン・ヴィリエガス

【特別招待作品部門】
1.『断食芸人』(ARTIST OF FASTING) 日本・韓国/監督:足立正生/配給:太秦
2.『暗殺(原題)』(ASSASSINATION) 日本初上映/韓国/監督:チェ・ドンフン/配給:ハーク
3.『アトミック・ハート』(ATOMIC HEART) 日本初上映/イラン/監督:アリ・アフマドザデ
5.『モヒカン故郷に帰る』(THE MOHICAN COMES HOME) ※クロージング作品として上映
6.『私の少女時代 -Our Times-』(OUR TIMES/我的少女時代) 日本初上映/台湾/監督:フランキー・チェン(陳玉珊)/配給:ココロヲ・動かす・映画社 ◯
7.『私たちが飛べる日』(SHE REMEMBERS, HE FORGETS/哪一天我們會飛) 日本初上映/香港/監督:アダム・ウォン(黃修平)
8.『花、香る歌』(THE SOUND OF A FLOWER) 日本初上映/韓国/監督:イ・ジョンピル/配給:CJEntertainmentJapan
9.『いばらきの夏』(THE SUMMER IN IBARAKI) 海外初上映/韓国/監督:チョン・ソンホ

【特集企画】 25本(うち、5本はコンペティション部門または特別招待作品部門と重複)

≪ニューアクション! サウスイースト≫ 13本
「アクション」をキーワードに、主に東南アジアで製作された新作を一挙に紹介します。〈小特集:刷新と乱れ咲き ベトナム・シネマのここ数年〉、〈サウスイースト・クラシック〉にもご注目ください。
1.『3 TIGA(原題)』(3 (TIGA))海外初上映/インドネシア/監督:アンギ・ウンバラ/配給:キュリオスコープ
2.『心からの複製』(A COPY OF MY MIND)日本初上映/インドネシア・韓国/監督:ジョコ・アンワール
3.『汝の父を敬え』(HONOR THY FATHER)日本初上映/フィリピン/監督:エリック・マッティ
4.『部屋のなかで』(IN THE ROOM/無限春光 27)日本初上映/香港・シンガポール/監督:エリック・クー(邱金海)
5.『わたし、ニューヨーク育ち』(THE KID FROM THE BIG APPLE/我來自紐約)日本初上映/マレーシア/監督:ジェス・チョン(張爵西)
6.『あの店長』(THE MASTER)日本初上映/タイ/監督:ナワポン・タムロンラタナリット

〈小特集:刷新と乱れ咲き ベトナム・シネマのここ数年〉
7.『大親父と、小親父と、その他の話』(BIG FATHER, SMALL FATHER AND OTHER STORIES)日本初上映/ベトナム・フランス/監督:ファン・ダン・ジー
8.『どこでもない空中で羽ばたく』(FLAPPING IN THE MIDDLE OF NOWHERE)/ベトナム/監督:グエン・ホアン・ディップ/協力:あいち国際女性映画祭
9.『レディ・アサシン 美人計』(THE LADY ASSASSIN)日本初上映/ベトナム/監督:グエン・クアン・ユン/配給:キュリオスコープ
10.『超人X.』(SUPER X.)/ベトナム/監督:グエン・クアン・ユン/
配給:キュリオスコープ/協力:アジアフォーカス・福岡国際映画祭
11.『草原に黄色い花を見つける』(YELLOW FLOWERS ON THE GREEN GRASS)日本初上映/ベトナム/監督:ビクター・ブー
12.『ベトナムの怪しい彼女』(SWEET 20)海外初上映/ベトナム/監督:ファン・ザー・ニャット・リン〈サウスイースト・クラシック〉
13.『12 人姉妹』(12 SISTERS)カンボジア/監督:リー・ブン・イム/
協力:株式会社東京光音、恵比寿映像祭、Berlinale Forum、PassoPasso

≪台湾:電影ルネッサンス 2016≫
6本(うち、2本はコンペまたは特別招待作品部門と重複)
台湾文化部、台北駐日經濟文化代表處 台湾文化センターにご協力いただき、活況を呈する台湾映画の“今”を感じることのできる作品をラインアップです。
1.『雲の国』(CLOUD NATION/雲之國)海外初上映/台湾/監督:ホアン・シンヤオ(黃信堯)
2.『The Kids(仮)』(THE KIDS/小孩)/台湾/監督:サニー・ユイ(于瑋珊)/配給:ココロヲ・動かす・映画社 ◯
3.『欠けてる一族』(THE MISSING PIECE/缺角一族) ※コンペティション部門でも上映。
4.『あの頃、この時』(THE MOMENT/那時.此刻)/台湾/監督:ヤン・リーチョウ(楊力州)/協力:山形国際ドキュメンタリー映画祭
5.『私の少女時代 -Our Times-』(OUR TIMES/我的少女時代) ※特別招待作品部門でも上映。
6.『湾生回家』(WANSEI BACK HOME/湾生回家) ※オープニング作品として上映 TAIWAN NIGHT作品

≪Special Focus on Hong Kong 2016≫ 5本 香港特別行政区政府駐東京経済貿易代表部(香港経済貿易代表部)にご協力いただき、香港の話題作や人気作をピックアップしました。
1.『レイジー・ヘイジー・クレイジー』(LAZY HAZY CRAZY/同班同學)/香港/監督:ジョディ・ロック(陸以心)/配給:ココロヲ・動かす・映画社 ◯
3.『荒らし』(ROBBERY/老笠)日本初上映/香港/監督:ファイヤー・リー(火火)
4.『私たちが飛べる日』(SHE REMEMBERS, HE FORGETS/哪一天我們會飛)
※特別招待作品部門でも上映。
HONG KONG NIGHT作品
5.『十年』(TEN YEARS [十年])海外初上映/香港/監督:クォック・ジョン(郭臻)、ウォン・フェイパン(黃飛鵬)、ジェヴォンズ・アウ(歐文傑)、キウィ・チョウ(周冠威)、ン・ガーリョン(伍嘉良)
6.『王家欣 ウォン・カーヤン』(WONG KA YAN/王家欣) ※コンペティション部門でも上映。

【インディ・フォーラム部門】 14本
斬新で挑戦的な作品を紹介するインディ・フォーラム部門。CO2(シネアスト・オーガニゼーション大阪)助成作品3 本に加え、新鋭監督による11 作品を上映します。新しい才能の出現にご注目ください。
1.『5時から 9時まで ファイブ トゥ ナイン』(5 TO 9)日本初上映/シンガポール・日本・中国・タイ/監督:テイ・ビーピン(鄭彌彬)、宮崎大祐、ヴィンセント・トゥ(杜海)、ラーシケート・スックカーン
2.『函館珈琲』(HAKODATE COFFEE)日本/監督:西尾孔志/配給:太秦
3.『けんじ君の春』(KENJI-KUN NO HARU)日本/監督:森田亜紀
4.『KISARAZU』 世界初上映/日本/監督:齋藤俊道
5.『あの電燈』(A LIGHT IN THE DISTANCE)日本/監督:鶴岡慧子
6.『マッド・タイガー』(MAD TIGER)海外初上映/日本・アメリカ/監督:ジョナサン・イー、マイケル・ヘルトライン
7.『ルマ』(RUMAH)日本/監督:ヨセプ・アンギ・ノエン/配給:OCVB 沖縄フィルムオフィス
8.『想い出の中で』(SOMEWHERE IN MY MEMORY)日本/監督:完山京洪
9.『ともに担げば』(TOMO NI KATSUGEBA: ON OUR SHOULDERS)世界初上映/日本/監督:鶴岡慧子
10.『椿、母に会いに』(TO SEE MOTHER)世界初上映/日本/監督:木駿一
11.『夢の女 ユメノヒト』(YUME・NO・HITO)世界初上映/日本/監督:坂本礼/配給:インターフィルム
[第12回CO2助成作品]
CO2選考委員によって選ばれた3人のシネアストが、60万円の助成金を受け完成させた長編作品をワールド・プレミア上映!
12.『見栄を張る』(ERIKO, PRETENDED)世界初上映/日本/監督:藤村明世
13.『私は兵器』(I AM A WEAPON)世界初上映/日本/監督:三間旭浩
14.『食べられる男』(THE MAN WHO WAS EATEN)世界初上映/日本/監督:近藤啓介
【スペシャル・プレゼンテーション】 1本
1.『時代劇は死なず ちゃんばら美学考』(CHAMBARA: THE ART OF JAPANESE SWORDPLAY)/日本/監督:中島貞夫

大阪アジアン映画祭HP
http://www.oaff.jp/2016/ja/index.html
posted by akemi at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。