2016年12月25日

イスラーム映画祭2

昨年12月、初めて開かれた『イスラーム映画祭』。イスラーム文化圏を扱った映画の数々に、連日、多くの観客が詰めかけました。映画を通じて、多様なイスラーム世界に触れたいという多くの人の願いに応えて、2回目のイスラーム映画祭が2017年1月14日(土)より渋谷ユーロスペースを皮切りに全国3都市で開催されます。

【東 京】※全9作品
会期 : 2016年1月14日(土)〜20日(金)
会場 : 渋谷ユーロスペース( http://www.eurospace.co.jp/ )
【名古屋】※全9作品
会期 : 2016年1月21日(土)〜27日(金)
会場 : 名古屋シネマテーク( http://cineaste.jp/ )
【神 戸】※全8作品
会期 : 2016年3月25日(土)〜31日(金)
会場 : 神戸・元町映画館( http://www.motoei.com/ )

主催 : イスラーム映画祭実行委員会

オフィシャルWEBサイト http://islamicff.com/
Facebook : http://www.facebook.com/islamicff
Twitter : http://twitter.com/islamicff

上映作品
◆『私たちはどこに行くの?』★オープニング作品
原題 : Et maintenant on va où? 英題 : Where do we go now?
監督 : ナディーン・ラバキ(『キャラメル』)
2011年/フランス=レバノン=エジプト=イタリア/102分 / ブルーレイ

戦争で荒廃した、ムスリムとクリスチャンが半数ずつ暮らすレバノンの小村。
争いの絶えない男たちの間に入って、女性たちが宗教を越えて共闘して争いを止めようとする悲喜劇。
中東=イスラーム一色というイメージと異なるレバノンならではの作品で、アラブ各国でヒットし、トロント国際映画祭では観客賞を受賞。
女優でもあるナディーン・ラバキ監督の作品。

◆『敷物と掛布』
原題 : Farsh w Ghata 英題 : Rags & Tatters
監督 : アフマド・アブダッラー
2013年/エジプト/87分 / ブルーレイ

2011年1月25日のエジプト革命。その中心地だったタハリール広場ではなく、周辺の貧困地域を舞台にしたドラマ。台詞を極力排して音楽が効果的に使われ、“敷物と掛布”とは一つの音楽ジャンルを表す。

2016年2月11日に、中東映画研究会主催の上映会(@東大)で拝見した映画。
エジプト革命の時に、刑務所から大勢の服役囚が脱走したが、主人公はその一人。イスラーム教徒の主人公が、デモに参加して投獄された青年と一緒に逃げるが、その青年の家を訪ねてコプト教徒(キリスト教徒)だとわかる。エジプトにおけるコプト教とイスラームの関係など映画の背景について、ニューズウィーク日本版のコラムに、川上泰徳氏が解説を書かれています。ぜひお読みください。
http://www.newsweekjapan.jp/kawakami/2016/12/post-27.php

主な舞台は死者の町(お墓)。ゴミ収集人たちなど底辺の人たちが登場するのですが、とてもスタイリッシュな映像。台詞や説明があまりないので、よくわからなかった部分もあり、もう一度観るのが楽しみな作品。
11月末にアフマド・アブダッラー監督が来日し、『マイクロフォン』(2010年)が上映されましたが、こちらも洗練された映画で、これまでのエジプト映画のイメージを覆されました。(咲)


◆『泥の鳥』
原題 : Matir moina 英題 : The Clay Bird
監督 : タレク・マスゥド
2002年/バングラデシュ=フランス/98分 / ブルーレイ

バングラデシュ独立戦争を背景にした、ある家族の物語です。作者の幼少体験を基に、子供たちの姿が叙情味豊かに描かれます。ベンガルに伝わる“バウル音楽”も興味深い、カンヌ国際映画祭・批評家連盟賞受賞作です。

◆『蝶と花』
原題 : Peesua lae dokmai 英題 : Buttefly and Flowers
監督 : ユッタナー・ムクダーサニット
1985年/タイ/127分/ブルーレイ

ムスリムが多いマレーシア国境付近の町を舞台に、貧しい一家を支える主人公が、闇仕事を通じて成長する姿を描く、みずみずしい青春ドラマです。緑豊かな自然や列車からの風景も心に沁みる、タイ映画史上の名作です。

◆『改宗』
原題 : Muallaf 英題 : The Convert
監督 : パーヌ・アーリー、コン・リッディー
2008年/タイ/83分/ブルーレイ

結婚と改宗という二つの決断を果たした女性の、新たな人生を描くロードドキュメンタリーです。結婚とは何かについても考えさせられ、彼女の迷いや歓びから、やがてぎこちなくも素朴な夫婦の愛の物語が見えてきます。


◆『バーバ・アジーズ』
原題 : Bab'Aziz 英題 : Bab'Aziz
監督 : ナーセル・ヘミール / Nacer Khemir
2004年/チュニジア=ドイツ=フランス=イギリス/アラビア語、ペルシャ語/96分/35mm

盲目のイスラーム修道僧とその孫娘が、30年に一度だけ開かれるという集会を目指し、沙漠を歩いていく。
アラブからペルシャ、そして中央アジアへと旅をする、ロード・ムービー。スーフィー音楽や様々な国の民族音楽が物語を彩り、“アラビアンナイト”さながらの世界を堪能させてくれます。

今やフランス映画やハリウッドでも活躍するイランの女優ゴルシーフテ・ファラハーニーさんが、男装の麗人という雰囲気で登場しますので、お見逃しなく!(咲)


◆『十四夜の月』
原題 : Chaudhvin Ka Chand 英題 : The Moon of the Fourteenth
監督 : M.サーディク
1960年/インド/ウルドゥー語、ヒンディー語/170分/35mm

イスラーム文化花咲く北インドのラクナウを舞台にした、古典メロドラマです。女性が顔を隠す習慣ゆえに始まる三角関係の悲恋を、歌や踊りも満載に描いています。ヒロインの美しさを讃える歌が当時大ヒットしました。

◆『マリアの息子』
原題 : Pesar-e Mariam 英題 : The Son of Maryam
監督 : ハミド・ジェベリ
1999年/イラン/ペルシャ語/72分/35mm

第12回東京国際映画祭(1999年)で日本初上映。
2006年2月 イラン大使館で上映

イラン西部オルーミーイェ近郊の村で、イスラーム教徒の男の子が、病気で倒れたキリスト教司祭に代って教会を守るという心温まる話。

オルーミーイェ近郊には、キリスト教だけでもアルメニア教会、アッシリア教会のほか、カトリックやプロテスタントの教会があります。ユダヤ教のシナゴーグもあって、かつては様々な宗教の人たちが共生していたことがわかります。10年程前にアッシリア教会とシナゴーグのそれぞれの長に会いたいと訪ねたのですが、イスラーム革命以降、テヘランや外国に移住してしまったと聞きました。(咲)

◆『ミスター&ミセス・アイヤル』
原題・英題: Mr.and Mrs. Iyer
2002年/インド/英語、ヒンディー語、タミル語、ベンガル語/118分/ブルーレイ
監督 : アパルナ・セン

宗教対立に巻き込まれた、ヒンドゥー女性とムスリム男性のドラマです。
緊迫した状況下で惹かれあう2人の姿に、融和への祈りが込められていま
す。深刻な題材を描きつつも胸をしめつける、珠玉のラブストーリーです。


◆『神に誓って』 ★名古屋と神戸のみ特別上映
原題 : Khuda Kay Liye 英題 : In the name of god
監督 : ショエーブ・マンスール
2007年/パキスタン/ウルドゥー語、英語、パンジャブ語、アラビア語、パシュトウ語/168分/ブルーレイ

パキスタン国内における過激な原理主義とリベラルなムスリムの軋轢や、欧米のイスラーム嫌悪など、様々なテーマを重厚に描いた社会派ドラマです。

posted by sakiko at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

映画美学校映画祭2016

映画美学校はインディペンデントな映画制作をサポートする実験工房として1997年にスタート。そのサポート体制の一環として、2002年より毎年「映画美学校映画祭」を開催。この映画祭では、初等科、高等科を問わず、映画美学校各コース修了生が監督、演出した作品は全て上映いたします。事前の審査は行いません。応募の条件は「公開に値する」と作り手本人が判断した作品であることです。フィクション・コース、ドキュメンタリー・コースだけでなく2011年より開設されたアクターズ・コース、脚本コースも参加し、現在は映画だけではなく上演も行うなど、より多様化しております。本年は20作品の映画、演劇作品が集まりました!!

Ponpoko-Mountain-1-300x168.jpg

上映作品より『ぽんぽこマウンテン』
2016/10min/ドキュメンタリー
※上映後監督によるティーチインあり
監督:吉田孝行(ドキュメンタリー・コース研究科2012年修了生)
白い色のエア遊具の上で、ぽんぽこ飛び跳ねて遊んでいる子ども達。
世界10カ国以上の映画祭・ヴィデオアート祭で上映。

★12月23日(金)、24日(土)、25日(日)開催
【料金】
一日有効券(入替なし)
前売:500円(映画美学校事務局にて販売)
当日:600円

※12/23(金・祝)のみ整理番号付き前売り券を販売
※ 2016年度映画美学校受講生は入場無料。入場時に映画美学校受講証を必ず提示

【会場、お問い合わせ】
映画美学校
〒150−0044 東京都渋谷区円山町1−5 KINOHAUS B1F
(渋谷・文化村前交差点左折/ユーロスペース下)
TEL:03−5459−1850(受付時間:月-土/12:00〜20:00)
公式サイト



posted by chie at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

第17回東京フィルメックス

chirasi.jpg
期間:11月19日(土)から11月27日(日)まで
有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇にて開催
公式サイト:http://filmex.net/2016/

◆上映作品
【コンペティション】
『オリーブの山』(ヤエレ・カヤム監督/イスラエル、デンマーク)
『バーニング・バード』(サンジーワ・プシュパクマーラ監督/フランス、スリランカ)
『普通の家族』(エドゥアルド・ロイJr.監督/フィリピン)
『マンダレーへの道』(ミディ・ジー監督/台湾、ミャンマー、フランス、ドイツ)
『神水の中のナイフ』(ワン・シュエポー監督/中国)
『よみがえりの樹』(チャン・ハンイ監督/中国)
『恋物語』(イ・ヒョンジュ監督/韓国)
『私たち』(ユン・ガウン監督/韓国)
『ぼくらの亡命』(内田伸輝監督/日本)
『仁光の受難』(庭月野議啓監督/日本)

【特別招待作品】
『THE NET 網に囚われた男』(キム・ギドク監督/韓国)
『大樹は風を招く』(フランク・ホイ、ジェボンズ・アウ、ビッキー・ウォン監督/香港)
『山〈モンテ〉』(アミール・ナデリ監督/イタリア、フランス、アメリカ)
『エグジール』(リティ・パン監督/フランス、カンボジア)
『苦い銭』(ワン・ビン監督/香港、フランス)
『ザーヤンデルードの夜』(モフセン・マフマルバフ監督/イラン)
『タイペイ・ストーリー』(エドワード・ヤン監督/台湾)
『残酷ドラゴン 血斗竜門の宿 デジタル修復版』(キン・フー監督/台湾)
『侠女 デジタル修復版』(キン・フー監督/台湾)
『ざ・鬼太鼓座』デジタルリマスター(加藤泰監督/日本)


◆入場無料のシンポジウム等
東京フィルメックスをさらに楽しめる機会です。

(1)国際シンポジウム  
アジアからの「映画の未来へ」
11/20(日)13:00〜15:00 (開場 12:50)
会場:有楽町朝日スクエア(有楽町マリオン11F)
※入場無料、当日先着順、同時通訳あり

基調講演: アミール・ナデリ(イラン・アメリカ/映画監督)
パネルディスカッション:
アミール・ナデリ(イラン・アメリカ/映画監督)
トニー・レインズ(英国/映画評論家、映画祭プログラマー・審査委員長)
キム・ジソク(韓国/プサン映画祭エグゼクティブ・プログラマー)

(2)トークイベント
「カトリエル・シホリが紐解く イスラエル映画の現在」

11/23(水・祝)18:00〜19:00 (開場 17:50)
会場:有楽町朝日スクエア(有楽町マリオン11F)
※入場無料、当日先着順、逐次通訳あり

ゲスト:カトリエル・シホリ
 (イスラエル・フィルム・ファンド エグゼクティブ・ディレクター)

(3)タレンツ・トーキョー2016<オープン・キャンパス>
「フィルムファンドの役割について」
11/24(木)13:00〜14:00 (開場 12:50)
会場:有楽町朝日スクエア(有楽町マリオン11F)
※入場無料、事前予約制、同時通訳あり
詳細・お申し込みは〈http://talents-tokyo,jp/

講師: カトリエル・シホリ
(イスラエル・フィルム・ファンド エグゼクティブ・ディレクター)

(4)レクチャー 「デジタル時代の映画を未来に残すためには」
11/24(木)19:00〜20:30 (開場 18:50)
会場:有楽町朝日スクエア(有楽町マリオン11F)
入場無料、当日先着順、英語のみ(通訳なし)

登壇者:清野晶宏(株式会社IMAGICAメディア制作事業部)
藤原理子(株式会社IMAGICAアーカイブプロデュースグループ)
posted by sakiko at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

ドイツ映画祭2016 HORIZONTE

doitueigasai.jpg

10月15日から19日まで東京のTOHOシネマズ六本木ヒルズで、“ドイツ映画祭2016 HORIZONTE”が開催されています。
詳細は東京ドイツ文化センターへ
https://www.goethe.de/ins/jp/ja/sta/tok.html

ドリス・デリエ監督、桃井かおり主演の話題作『フクシマ・モナムール』や、日本でも一般公開される『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』をはじめ、若手監督たち(女性監督が多いです!)がドイツ社会の現代の問題に取り組んだ素敵な作品が公開されます。15日には記者会見が開催されました、詳しくは次号のシネマジャーナルでお伝えいたします。(香)
thumbnail_DSCF0746.jpg
posted by shiraishi at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

アッバス・キアロスタミ監督追悼 「キアロスタミ全仕事」 および東京国際映画祭での特別上映

kialosutami zensigoto.jpg

去る7月4日に76歳でご逝去されたアッバス・キアロスタミ監督を偲んで、ご縁の深かったユーロスペースさんで、追悼上映第2弾「キアロスタミ全仕事」が開催されます。
また、10月25日から開催される東京国際映画祭でも、追悼上映が行われます。
イランが世界に誇る巨匠の軌跡を、ぜひこの機会にご覧ください。

◎キアロスタミ全仕事

http://www.eurospace.co.jp/works/detail.php?w_id=000136

期間:10月19日(水)〜27日(木)
主催:ユーロスペース
会場:ユーロスペース
渋谷区円山町1‐5 KINOHAUS 3F
03-3461-0211
http://www.eurospace.co.jp/access/

◆上映作品
◇キアロスタミ監督作品  14本
◇キアロスタミに関するドキュメンタリー作品  3本
◇キアロスタミ脚本作品 2本
◇短編作品 2本
※上映作品のタイトルおよび情報はユーロスペースのサイトで確認ください。

◆写真家としてのキアロスタミ
キアロスタミ監督は写真家としても一流の腕前をもち、写真集を出版し、日本でも3度個展を開催しました。本特集上映期間中、劇場ロビーにてキアロスタミ監督の写真の展示を行います。

◆詩人としてのキアロスタミ 
キアロスタミ監督はまた、多くの詩を残したことでも知られています。本特集上映にご来場のお客様には、選りすぐりの数編を日本語に訳したポストカードをプレゼントいたします。


◎東京国際映画祭2016 での、追悼上映


「アッバス・キアロスタミ監督追悼」として、ワールド・フォーカス部門で、
下記2本が特別上映されます。 (2本同時に上映)
『キアロスタミとの76分15秒』
http://2016.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=147
『Take Me Home』 キアロスタミ最後の短編
http://2016.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=325


ユーロスペースさんが桜坂にあった頃、1993年に観た『友だちのうちはどこ?』がキアロスタミ監督作品との最初の出会いでした。
その後、監督が来日された折に、数回、立ち話をしたことはあるのですが、とうとうインタビューをすることは叶いませんでした。恐れ多くて遠慮していたということもあります。
印象深いのは、東京藝術大学での講演会。藝術を専攻する学生さんたちの対話は、とても嬉しそうでした。
kialosutami.jpg
2010年の東京フィルメックスで、『トスカーナの贋作』上映後、明るくなったらキアロスタミ監督が舞台下に立っていらしたのも懐かしいです。和やかなQ&Aでした。
最後にお会いしたのは、ユーロスペースや映画美学校の入っているビルの1階。カフェの表の席で、ショーレ・ゴルパリアンさんと打合せをされているのに遭遇。日本での撮影準備をされている頃のことです。ほんの少し言葉を交わせたのが思い出です。
手術後は、中国に撮影に行かれる予定だったとのこと、まだまだご活躍していただきたかったと残念です。ご冥福をお祈りするばかりです。(咲)
posted by sakiko at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする