2017年09月16日

山形国際ドキュメンタリー映画祭 2017 

yamadoki.png

会期:10月5日[木]〜12日[木] 8日間
会場:山形市中央公民館(アズ七日町)、山形市民会館、フォーラム山形、山形美術館、とんがりビル KUGURU ほか
公式HP: http://www.yidff.jp/home.html

1989年から隔年で開催されてきた「山形国際ドキュメンタリー映画祭」は、今年で記念すべき15回目となります。連携イベント含め約120作品が上映されます。

◆インターナショナル・コンペティション 15作品
121の国と地域から応募された1,146本より厳選した15作品を上映。
日本からは、『ニッポン国 VS 泉南石綿村』(原一男監督)と『願いと揺らぎ』(我妻和樹監督)の2作品。日本人監督作品が2作品入選したのは、97年開催以来20年ぶりの快挙。

◆アジア千波万波
アジアのドキュメンタリー作家を応援し、発表の場を生み出すことを目的にした部門。
63の国と地域から645本の応募。上映21作品のうち日本の作品は3作品。

◆日本プログラム
日本のいまを独自の視点で捉えたドキュメンタリーを紹介。

◆アフリカを/から観る
今年の目玉はアフリカ特集。様々な角度からアフリカを満喫。
第1部 自画像を描き直すアフリカ
第2部 アフリカの抱える課題 それぞれの視角
第3部 はじけるアフリカルチャー
関連イベントして、アフリカ音楽を味わいつくす「アフリカナイト」も開催。

◆共振する身体 −フレディ・M・ムーラー特集
『山の焚火』で知られている、スイスを代表する映画作家フレディ・M・ムーラーの特集。
初期の実験映画や、芸術家を対象とするドキュメンタリー作品をまとめて上映。1986年にアテネフランセ文化センターが特集上映を組んで以来、30年ぶり。
ムーラーは、山形で集団的映画製作を続けた、日本のドキュメンタリー映画作家・小川紳介とも親交があり、山形県牧野村を来日時に訪問している。

◆ともにある Cinema with Us
2011年3月11日の東日本大震災から生まれた作品を取り上げるプログラムの4回目。

◆政治と映画:パレスティナ・レバノン70s-80s

アラブに関する3回目の特集。
第1部 パレスティナ革命とミリタント映画
「ミリタント映画」 60年代末にはじまる世界的革命運動/闘争の中で、世界の映画人が、イギリス統治下の1930年代にまで遡る「パレスティナ革命」に共鳴して作った映画
第2部 ジョスリーン・サアブのレバノンそしてベイルート

◆やまがたと映画
「世界一の映画館」と言われながらも歴史的な大火の火元となった酒田市の伝説的映画館グリーン・ハウスをめぐる上映と展示。また、脚本家伊藤和典の実家である上山トキワ館にて撮影された押井守監督の実写作品の上映という、今はなき山形の二つの映画館についての企画を通して、我々と映画と地域を繋ぐ場所、映画館のマジックを浮かびあがらせる。

◆特別招待作品
本映画祭とも縁があり、作家として、批評家、研究者としても大きな功績を遺した松本俊夫監督を追悼し『薔薇の葬列』、三面マルチ上映『つぶれかかった右眼のために』ほかドキュメンタリー、実験映画の短中編を上映。
オープニング上映(松本俊夫追悼プログラムより)
『銀輪』『西陣』『つぶれかかった右眼のために』

クロージング上映
『表現に力ありや「水俣」プロデューサー、語る』

松本俊夫追悼プログラム
『薔薇の葬列』『銀輪』『西陣』『つぶれかかった右眼のために』 「松本俊夫短編集」

★山形国際ドキュメンタリー映画祭 東京記者会見の報告は、スタッフ日記をご覧ください。



posted by sakiko at 17:19| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

アジアフォーカス・福岡国際映画祭2017 Focus on Asia International Film Festival Fukuoka

期間:2017年9月15日(金)〜24日(日) 10日間
会場:キャナルシティ博多 ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13など
主催:アジアフォーカス・福岡国際映画祭実行委員会/福岡市
共催:国際交流基金アジアセンター

公式サイト:http://www.focus-on-asia.com/

☆オープニング・セレモニー
9月15日(金)19:15〜.
会場キャナルシティ博多B1Fサンプラザステージ
アジア各国からの監督・俳優ら豪華ゲストがキャナルの水上レッドカーペットに華やかに登場します。
どなたでもご覧いただけます。
登場ゲストはこちらで確認を! 
http://www.focus-on-asia.com/2017/dl/pdf/guest.pdf

◆オープニング上映
日時:9月15日(金)  開演:20時00分
上映作品:『ワンダーボーイ・ストーリー』
(2017年/シンガポール/ディック・リー監督、ダニエル・ヤム監督/96分)

◆クロージング上映 『巫女っちゃけん。』
9月24日(日)18:30〜 舞台挨拶あり

☆『巫女っちゃけん。』福岡国際映画祭上映記念トークイベント
2017年9月24日(日)16:00〜.
開催会場:キャナルシティ博多B1Fサンプラザステージ.
出演グ スーヨン監督、広瀬アリス(主演)
どなたでもご覧いただけます。
http://www.focus-on-asia.com/events/#link04


◆タイ大特集 「映画の美味でタイを釣る〜」
今年の特集は エビでタイを釣る!
8本のタイ映画が上映されるほか、・「タイ映画は幕の内弁当」と称して、7つのショートシンポジウムが開かれます。
http://www.focus-on-asia.com/events/#link03

☆シンポジウム
「パク・ジョンボムとユン・ジョンビンが語るチャン・リュルの世界」

9月16日(土) 『春の夢』上映後
http://www.focus-on-asia.com/events/#link02

その他、多彩な上映作品は、こちらで確認ください。
http://www.focus-on-asia.com/lineup/




posted by sakiko at 09:07| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

国連UNHCR難民映画祭2017

nannminn eigasai 2017.jpg

開催期間:2017年9月30日(土)~-11月.12日(日)
開催都市:東京、札幌、名古屋、大阪、福岡、広島

無料ですが、事前申込みが必要です。
申込みはこちらから (地区ごとに締切日が違います)
http://unhcr.refugeefilm.org/2017/admission/

上映作品 13作品の詳細はこちらで!
http://unhcr.refugeefilm.org/2017/movies/

関連地域ごとにまとめてみました。

◆アフリカ関連
C.私たちが誇るもの 〜アフリカン・レディース歌劇団〜
 アフリカ各地から暴力や性搾取を逃れ、オーストラリアにやってきた4人の女性たち
D.とらわれて 〜閉じ込められたダダーブの難民〜
  世界最大の難民キャンプ、ケニアのダダーブ・キャンプで暮らすソマリア難民
E.ナイス・ピープル
内戦を逃れ、スウェーデンの田舎町ボーレンゲで暮らすソマリア難民
I.ウェルカム トゥ ジャーマニー(仮)
2018年正月第2弾、シネスイッチ銀座にて公開
難民申請中のナイジェリア青年を受け入れたミュンヘンの一家
K.市民
 ハンガリーで市民権を取ろうと奔走するアフリカからやってきた男 (イランの項、参照)
L.カイエ・アフリカン 〜暴力の記録〜
 中央アフリカ共和国の戦乱の中でコンゴの傭兵により暴行を受けた

◆イラン関連
B.神は眠るが、我は歌う
その首に多額の懸賞金が掛かるイラン人のミュージシャン、シャヒン・ナジャフィ。
K.市民
ハンガリーで市民権を取ろうと奔走するアフリカからやってきた男が、婚外子を身籠って逃げてきたイラン女性と出会う。故郷に電話する場面でペルシア語が聴けます。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017で上映された作品。

◆イラク関連

J.ノーウェア・ トゥ・ ハイド 〜あるイラク人看護師の記録〜

◆シリア関連
Aシリアに生まれて
F.シリアからの叫び  
 シリア危機の全貌を検証するドキュメンタリー
G.アレッポ 最後の男たち
 2017年サンダンス映画祭ワールド・シネマ ドキュメンタリー・コンペティション部門審査員大賞グランプリ
H.希望のかなた  *監督:アキ・カウリスマキ  
  2017年 第67回ベルリン国際映画祭最優秀監督賞
  2017年12月ユーロスペースにて公開
M.アフター・スプリング 〜ザータリ難民キャンプの春〜
 シリア難民にとって最大の難民キャンプ、ヨルダンのザータリ・キャンプの生活に密着
posted by sakiko at 16:54| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017 (第14回)

skip city 2017.jpg

期間:2017年07月15日(土) 〜 2017年07月23日(日) 9日間

会 場:SKIPシティ 映像ホール/多目的ホールほか

アクセス:http://skipcity-dcf.jp/access.html
映画祭期間中は、JR川口駅東口より無料直行バスがあって、楽々会場に行けます。(所要約12分)

主催:埼玉県、川口市、SKIPシティ国際映画祭実行委員会、特定非営利活動法人さいたま映像ボランティアの会

公式サイト:http://skipcity-dcf.jp/

デジタルシネマの新しい才能を発掘する目的で2004年にスタートした「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」も14回目を迎えました。発足当時は、まだフィルム主体の時代でした。今やフィルム上映の方が珍しくなりましたが、この映画祭が若手クリエーターを発掘し、育てる役割りを担って、益々発展されることを願っています。

コンペティション部門として、世界85の国と地域から厳選した長編12本と、国内応募作品の中から選ばれた短編12本、アニメーション10本が上映されるほか、選りすぐりの様々な特別上映が展開されます。話題のアニメーション映画『この世界の片隅に』や、『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』、赤ちゃん連れでも楽しめる「ママ・シアター」や、野外で家族で遊べるイベントも盛りだくさんです。

長編部門の事前審査を務める国弘よう子さんのインターネットラジオの番組「国弘よう子の映画ナイト」で、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017 広報 堀切健太さんが、6月30日と7月7日の番組で今年の見所をお話されています。ぜひお聴きください。
https://www.blue-radio.com/program/night/

◆オープニング上映
『ANIMAを撃て!』 監督:堀江貴大

◆長編コンペティション部門(70分以上)  12作品
『三尺魂』
監督:加藤悦生
2017年/日本/93分

『殺し屋狂騒曲』  Bravo Virtuoso
監督:レヴォン・ミナスィアン
2016年/フランス、アルメニア、ベルギー/92分

『中国のゴッホ』  China's Van Gogh
監督:ハイボー・ユウ、キキ・ティエンチー・ユウ
2016年/中国、オランダ/81分

『ひかりのたび』  Dream of Illumination
監督:澤田サンダー
2017年/日本/91分

『愛せない息子』
監督:アーリル・アンドレーセン
2017年/ノルウェー/103分

『ジャン=ピエールとナタリー』  Irreplaceable
監督:トマ・リルティ
2016年/フランス/102分

『リトル・ハーバー』  Little Harbour
監督:イヴェタ・グローフォヴァー
2017年/スロヴァキア、チェコ/85分

『Noise』
監督:松本優作
2017年/日本/124分

『父の足あと』
監督:マルコ・セガート
2016年/イタリア/92分

『喪が明ける日に』  One Week and a Day
監督:アサフ・ポロンスキー
2016年/イスラエル/98分

『市民』  The Citizen
監督:ローランド・ヴラニク
2016年/ハンガリー/109分

『ホワイト・サン』  White Sun
監督:ディーパック・ラウ二ヤール
2016年/ネパール、アメリカ、カタール、オランダ/89分


◆短編コンペティション部門(15〜30分)

◆アニメーションコンペティション部門(30分以下)

◆特集「飛翔する監督たち」
過去に本映画祭にノミネートされ、現在活躍している監督たちの本映画祭での上映作品、長編3本および短編3本を上映。

『ロストパラダイス・イン・トーキョー』
監督:白石和彌
2009年長編部門SKIPシティアワード受賞

『チチを撮りに』
監督:中野量太
2012年長編部門監督賞、SKIPシティアワード受賞

『神奈川芸術大学映像学科研究室』
監督:坂下雄一郎
2013年長編部門審査員特別賞受賞

特集短編(合計65分)

◆Dシネマ−新たなる潮流 /トークイベント/ヨーロッパから見た日本映画

◆長編アニメーション上映
『この世界の片隅に』『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

◆バリアフリー上映 (日本語字幕+音声ガイド付き 上映)
『湯を沸かすほどの熱い愛』

posted by sakiko at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

イスラーム映画祭2

昨年12月、初めて開かれた『イスラーム映画祭』。イスラーム文化圏を扱った映画の数々に、連日、多くの観客が詰めかけました。映画を通じて、多様なイスラーム世界に触れたいという多くの人の願いに応えて、2回目のイスラーム映画祭が2017年1月14日(土)より渋谷ユーロスペースを皮切りに全国3都市で開催されます。

【東 京】※全9作品
会期 : 2016年1月14日(土)〜20日(金)
会場 : 渋谷ユーロスペース( http://www.eurospace.co.jp/ )
【名古屋】※全9作品
会期 : 2016年1月21日(土)〜27日(金)
会場 : 名古屋シネマテーク( http://cineaste.jp/ )
【神 戸】※全8作品
会期 : 2016年3月25日(土)〜31日(金)
会場 : 神戸・元町映画館( http://www.motoei.com/ )

主催 : イスラーム映画祭実行委員会

オフィシャルWEBサイト http://islamicff.com/
Facebook : http://www.facebook.com/islamicff
Twitter : http://twitter.com/islamicff

上映作品
◆『私たちはどこに行くの?』★オープニング作品
原題 : Et maintenant on va où? 英題 : Where do we go now?
監督 : ナディーン・ラバキ(『キャラメル』)
2011年/フランス=レバノン=エジプト=イタリア/102分 / ブルーレイ

戦争で荒廃した、ムスリムとクリスチャンが半数ずつ暮らすレバノンの小村。
争いの絶えない男たちの間に入って、女性たちが宗教を越えて共闘して争いを止めようとする悲喜劇。
中東=イスラーム一色というイメージと異なるレバノンならではの作品で、アラブ各国でヒットし、トロント国際映画祭では観客賞を受賞。
女優でもあるナディーン・ラバキ監督の作品。

◆『敷物と掛布』
原題 : Farsh w Ghata 英題 : Rags & Tatters
監督 : アフマド・アブダッラー
2013年/エジプト/87分 / ブルーレイ

2011年1月25日のエジプト革命。その中心地だったタハリール広場ではなく、周辺の貧困地域を舞台にしたドラマ。台詞を極力排して音楽が効果的に使われ、“敷物と掛布”とは一つの音楽ジャンルを表す。

2016年2月11日に、中東映画研究会主催の上映会(@東大)で拝見した映画。
エジプト革命の時に、刑務所から大勢の服役囚が脱走したが、主人公はその一人。イスラーム教徒の主人公が、デモに参加して投獄された青年と一緒に逃げるが、その青年の家を訪ねてコプト教徒(キリスト教徒)だとわかる。エジプトにおけるコプト教とイスラームの関係など映画の背景について、ニューズウィーク日本版のコラムに、川上泰徳氏が解説を書かれています。ぜひお読みください。
http://www.newsweekjapan.jp/kawakami/2016/12/post-27.php

主な舞台は死者の町(お墓)。ゴミ収集人たちなど底辺の人たちが登場するのですが、とてもスタイリッシュな映像。台詞や説明があまりないので、よくわからなかった部分もあり、もう一度観るのが楽しみな作品。
11月末にアフマド・アブダッラー監督が来日し、『マイクロフォン』(2010年)が上映されましたが、こちらも洗練された映画で、これまでのエジプト映画のイメージを覆されました。(咲)


◆『泥の鳥』
原題 : Matir moina 英題 : The Clay Bird
監督 : タレク・マスゥド
2002年/バングラデシュ=フランス/98分 / ブルーレイ

バングラデシュ独立戦争を背景にした、ある家族の物語です。作者の幼少体験を基に、子供たちの姿が叙情味豊かに描かれます。ベンガルに伝わる“バウル音楽”も興味深い、カンヌ国際映画祭・批評家連盟賞受賞作です。

◆『蝶と花』
原題 : Peesua lae dokmai 英題 : Buttefly and Flowers
監督 : ユッタナー・ムクダーサニット
1985年/タイ/127分/ブルーレイ

ムスリムが多いマレーシア国境付近の町を舞台に、貧しい一家を支える主人公が、闇仕事を通じて成長する姿を描く、みずみずしい青春ドラマです。緑豊かな自然や列車からの風景も心に沁みる、タイ映画史上の名作です。

◆『改宗』
原題 : Muallaf 英題 : The Convert
監督 : パーヌ・アーリー、コン・リッディー
2008年/タイ/83分/ブルーレイ

結婚と改宗という二つの決断を果たした女性の、新たな人生を描くロードドキュメンタリーです。結婚とは何かについても考えさせられ、彼女の迷いや歓びから、やがてぎこちなくも素朴な夫婦の愛の物語が見えてきます。


◆『バーバ・アジーズ』
原題 : Bab'Aziz 英題 : Bab'Aziz
監督 : ナーセル・ヘミール / Nacer Khemir
2004年/チュニジア=ドイツ=フランス=イギリス/アラビア語、ペルシャ語/96分/35mm

盲目のイスラーム修道僧とその孫娘が、30年に一度だけ開かれるという集会を目指し、沙漠を歩いていく。
アラブからペルシャ、そして中央アジアへと旅をする、ロード・ムービー。スーフィー音楽や様々な国の民族音楽が物語を彩り、“アラビアンナイト”さながらの世界を堪能させてくれます。

今やフランス映画やハリウッドでも活躍するイランの女優ゴルシーフテ・ファラハーニーさんが、男装の麗人という雰囲気で登場しますので、お見逃しなく!(咲)


◆『十四夜の月』
原題 : Chaudhvin Ka Chand 英題 : The Moon of the Fourteenth
監督 : M.サーディク
1960年/インド/ウルドゥー語、ヒンディー語/170分/35mm

イスラーム文化花咲く北インドのラクナウを舞台にした、古典メロドラマです。女性が顔を隠す習慣ゆえに始まる三角関係の悲恋を、歌や踊りも満載に描いています。ヒロインの美しさを讃える歌が当時大ヒットしました。

◆『マリアの息子』
原題 : Pesar-e Mariam 英題 : The Son of Maryam
監督 : ハミド・ジェベリ
1999年/イラン/ペルシャ語/72分/35mm

第12回東京国際映画祭(1999年)で日本初上映。
2006年2月 イラン大使館で上映

イラン西部オルーミーイェ近郊の村で、イスラーム教徒の男の子が、病気で倒れたキリスト教司祭に代って教会を守るという心温まる話。

オルーミーイェ近郊には、キリスト教だけでもアルメニア教会、アッシリア教会のほか、カトリックやプロテスタントの教会があります。ユダヤ教のシナゴーグもあって、かつては様々な宗教の人たちが共生していたことがわかります。10年程前にアッシリア教会とシナゴーグのそれぞれの長に会いたいと訪ねたのですが、イスラーム革命以降、テヘランや外国に移住してしまったと聞きました。(咲)

◆『ミスター&ミセス・アイヤル』
原題・英題: Mr.and Mrs. Iyer
2002年/インド/英語、ヒンディー語、タミル語、ベンガル語/118分/ブルーレイ
監督 : アパルナ・セン

宗教対立に巻き込まれた、ヒンドゥー女性とムスリム男性のドラマです。
緊迫した状況下で惹かれあう2人の姿に、融和への祈りが込められていま
す。深刻な題材を描きつつも胸をしめつける、珠玉のラブストーリーです。


◆『神に誓って』 ★名古屋と神戸のみ特別上映
原題 : Khuda Kay Liye 英題 : In the name of god
監督 : ショエーブ・マンスール
2007年/パキスタン/ウルドゥー語、英語、パンジャブ語、アラビア語、パシュトウ語/168分/ブルーレイ

パキスタン国内における過激な原理主義とリベラルなムスリムの軋轢や、欧米のイスラーム嫌悪など、様々なテーマを重厚に描いた社会派ドラマです。

posted by sakiko at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする