2018年03月31日

ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男(原題:Darkest Hour)

winston.jpg

監督:ジョー・ライト
脚本:アンソニー・マクカーテン
撮影:ブリュノ・デルボネル
音楽:ダリオ・マリアネッリ
出演:ゲイリー・オールドマン(ウィンストン・チャーチル)、クリスティン・スコット・トーマス(クレメンティーン・チャーチル)、リリー・ジェームズ(エリザベス・レイトン)、スティーヴン・ディレイン(ハリファックス子爵)、ロナルド・ピックアップ(ネヴィル・チェンバレン)、ベン・メンデルソーン(国王ジョージ6世)

1940年5月、第二次世界大戦初期。戦局はナチス・ドイツが圧倒的な勢力でフランスに侵攻、イギリスにも脅威が迫っていた。そんな国難の時期に内閣不信任案が出されたチェンバレン首相の後任として、前海軍大臣のウィンストン・チャーチルが就任した。ドイツとの和平交渉を主張する元首相と外相ハリファックスに陰口を叩かれながらも、徹底抗戦を誓う新首相のチャーチル。そんなときドイツ軍に追い込まれた英国軍が、フランス・ダンケルクの海岸まで撤退し孤立状態となった。30万人もの兵士を救出する術はあるか?

国民に愛されながら、度重なる失策で政党内では“嫌われ者”であったというチャーチル。英国王ジョージ6世も当初はチャーチルに懐疑的だったそうです。この作品では、朝からウィスキーを片手にウィットとユーモアに富んだセリフを吐くチャーチル、妻クレメンティーンに叱咤激励されながら難局に挑むチャーチルの姿を描きだします。
さきごろのアカデミー賞ではチャーチルを演じたゲイリー・オールドマンが主演男優賞を受賞しました。そのゲイリー・オールドマンの指名を受けて復帰した特殊メーキャップ・アーティスト辻一弘も、みごとアカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞。一躍話題になりました。
メイクアップのできばえは、大きな画面にアップになってもなんの違和感もなく、驚嘆するばかりでした。顔の幅や目と目の間の差など動かせないものの上にどうやってメーキャップを施していくのか、動画を探せばいくつか見つかります。
また昨年公開の『ダンケルク』、そのエピソードを映画化する映画『人生はシネマティック』もあわせてご覧下さい。(白)


2017年/イギリス/カラー/ビスタ/125分
配給:ビターズ・エンド、パルコ
(c)2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.
http://www.churchill-movie.jp/
★2018年3月30日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 23:40| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

大英博物館プレゼンツ 北斎(British Museum Presents: Hokusai)

hokusai.jpg

監督:パトリシア・ウィートリー
ナレーション:アンディ・サーキス
出演:デビッド・ホックニー、ティム・クラーク

2017年5〜8月に大英博物館で開催された展覧会「Hokusai: Beyond the Great Wave」のドキュメンタリー映画。有名な作品を間近で見られるのはもちろん、その展覧会の舞台裏や北斎の研究者、北斎ファンの芸術家たちのコメントも多数。

江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎、真実にせまろうという作品です。一度見たら忘れられない強い印象を残す作品はどう生み出されてきたのでしょう?
特に60代から亡くなる90代まで精力的に書き続けた北斎の肉筆画を中心に紹介します。天才にしてかつ努力の人だった北斎は、東西問わ芸術家たちに多大な影響を与えました。大英博物館の展覧会は大行列だったそうです。行列が苦手なもので、スクリーンで細部まで観られて感激でした。
北斎の絵を観たくなった方は墨田区の“すみだ北斎美術館”、信州小布施の“北斎館”などへ足をのばしてみてはいかがでしょう?
北斎の娘お栄を主人公にした原恵一監督のアニメーション『百日紅〜Miss HOKUSAI〜』(2015年)が、北斎のようすを伝えて面白く、おすすめです。(白)


2017年/イギリス/カラー/シネスコ/87分
配給:東北新社
Documentary film and guide to exhibition film (C)British Museum
BIG COMIC Manga images in documentary (C)Shogakukan
http://hokusai-movie.jp/
★2018年3月24日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 20:23| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

ウイスキーと2人の花嫁(原題:Whisky Galore)

whisky.jpg

監督:ギリーズ・マッキノン
原作:コンプトン・マッケンジー
脚本:ピーター・マクドゥガル
撮影:ナイジェル・ウィロウビー
音楽:パトリック・ドイル
出演:グレゴール・フィッシャー(ジョセフ・マクルーン)、ナオミ・バトリック(ペギー)、エリー・ケンドリック(カトリーナ)、ショーン・ビガースタッフ(オッド軍曹)、ケヴィン・ガスリー(ジョージ・キャンベル)、エディ・イザード(ワゲット大尉)、ジェームズ・コスモ(マカリスター牧師)

第2次大戦中のスコットランドの小さな島。ウイスキーの配給がストップして、島民たちの何よりの楽しみがなくなってしまった。郵便局長ジョセフの2人の娘ペギーとカトリーナには愛する人との結婚が控えている。しかしそのときになくてはならないのがウイスキー。このままでは結婚が遠くなってしまう。
ある晩、濃霧のため島の沖で貨物船が座礁し、脱出した乗組員たちから積荷はアメリカ輸出用のウイスキーと聞いた。それもなんと5万ケース!大喜びの島民たちは、船が沈む前にウイスキーを“救出”しようとする。

下戸の私でもスコットランド名産といえばスコッチウイスキーが浮かぶほどです。暮らしにウイスキーは不可欠、切り離すことはできません。この小さな島でも戦争のため配給がなくなってすっかり暗くなっていたところに、棚ボタのようにふってわいた事件。ウイスキー好きの島民がそれを阻む輩を、知恵を絞って出し抜く様が面白おかしく描かれます。キーパーソンは民兵のワゲット大尉。自分を重要人物だと信じ、大真面目に規律を維持しようとするのですが、ちっとも役に立ちません。
ウイスキー事件にからめて、娘2人を送り出す父と、頑固な母親からやっと自立する息子の親子模様も加えられています。軽快な音楽にのせて繰り広げられる、人情コメディをお楽しみください。
これは史実を元にした同名映画(1949年)をリメイクしたもの。マッキノン監督もプロデューサーも観たことがあるそうです。好きだった映画のリメイクをするのはきっと嬉しいことでしょうね。来日されたマッキノン監督のインタビューはこちらです。(白)


配給:シンカ
(C)WhiskyGaloreMovieLimited2016
http://www.synca.jp/whisky/
★2018年2月17日(土)より全国ロードショー
posted by shiraishi at 22:20| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

アウトサイダーズ(原題:Trespass Against Us)

outsiders.jpg

監督:アダム・スミス
脚本:アラステア・シドンズ
撮影:エドゥアルド・グラウ
音楽:トム・ローランズ
出演:マイケル・ファスベンダー(チャド・カトラー)、ブレンダン・グリーソン(コルビー・カトラー)、リンゼイ・マーシャル(ケリー・カトラー)、キリアン・スコット(ケニー)、ロリー・キニア(ロヴァッジ巡査)

強権的な父コルビーの指揮のもと、犯罪を生業としトレーラーを棲家に各地を点々としているカトラー一家。長男のチャドは子どものころから一家の跡継ぎとして犯罪に手を染めてきた。今は妻と2人の子どももあり、子ども達の教育のためにも足を洗って新しい生活をと望んでいる。しかし、ドライバーとして欠かせない役割のチャドが抜けることを父は決して許さない。父の命令である晩忍び込んだのは、州総督の豪邸。あっというまに警察の車に追われ、ようやく逃げ切ったチャドだったが、国内最大の強盗事件として大々的に発表される。父がわざと仕掛けたと気づいたチャドは、初めて反発をあらわにする。

実際にあった犯罪一家の映画はこれまでにも『エル・クラン』『全員死刑』などいくつかありました。大人ばかりならまだしも、その中に子どもがいるとイヤな感じが残ります。チャドは自分が学校に行かせてもらえず、今小学生の息子や娘の勉強もみてやれません。支配的な父親は孫を可愛がるものの「聖書と違うことを教える学校なんか行かなくていい」といい、自分の盗みは都合よく解釈しています(苦笑)。このままだと子ども達が自分の二の舞になると考えるチャドは、押さえつけられてきた父親の手を初めて外そうとします。
こちらの父親役はブレンダン・グリーソン『アサシン クリード』(2016)に続き、ファスベンダーとは2度目の父子役となりました。上映中の『パディントン2』では刑務所内で皆に怖れられている食事担当のナックルズを演じています。笑顔は優しいですが、睨まれるとやっぱり怖いですわ。(白)


2016年/イギリス/カラー/シネスコ/99分/R15+
配給:トランスフォーマー
(C)BFI, CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION AND TRESPASS AGAINST US LIMITED 2015
http://transformer.co.jp/m/outsiders/
★2018年2月10日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 20:26| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

スリー・ビルボード(原題:Three Billboards Outside Ebbing, Missouri)

3.jpg

監督・脚本:マーティン・マクドナー
撮影:ベン・デイビス
音楽:カーター・バーウェル
出演:フランシス・マクドーマンド(ミルドレッド)、ウディ・ハレルソン(ウィロビー)、サム・ロックウェル(ディクソン)、アビー・コーニッシュ(アン)、ジョン・ホークス(チャーリー)、ピーター・ディンクレイジ(ジェームズ)

ミズーリ州の片田舎の道路沿い。それまで忘れられ古びていた3枚の看板が真っ赤に塗り替えられ、地元警察のウィロビー署長の責任を問う言葉が書かれた。何者かに娘を無残に殺されたシングルマザーのミルドレッドが、7ヶ月前の事件にもかかわらず捜査は進展しないのに業を煮やしたのだった。真っ先に看板を見つけた警官のディクソンが広告会社に掛け合うが、違法ではないと突っぱねられる。
ウィロビー署長はミルドレッドを訪ね、捜査を続けていることを説明するが、ミルドレッドは撤去するつもりなどなく、テレビの取材陣にも怒りと悲しみをぶつける。ウィロビー署長を敬愛するディクソンや街の人々から嫌がらせを受け孤立しても、気持ちは揺るがない。

娘はレイプされたうえ火をつけられて殺されています。母親ならば怒り狂って当然。署長は捜査していると言うけれども、警察署の中はのんびりして暴力警官のディクソンはやりたい放題。署長の病気は気の毒でも、これは抗議されてもしかたがありません。ミルドレッドがさらに過激になるのには、ちょっと待てと思いましたが。
フランシス・マクドーマンドは『スタンドアップ』(2005)でも炭鉱のセクハラに立ち向かう主演のシャーリーズ・セロンを支える主婦役で、多くの賞にノミネートされていました。芯の強い姉御肌の女性が似合いますが、今回はさらに強くなっています。
サム・ロックウェルはほとんど一人で出ずっぱりだった『月に囚われた男』(2009)が忘れられません。差別主義者でマザコンの警官ディクソンは問題ばかり起こすのですが、実は多くの面を持っていて振れ幅が大きい役でした。本年度賞レースの大本命の作品をお見逃しなく。(白)


2017年/イギリス/カラー/シネスコ/116分
配給:20世紀フォックス
(C)2017 Twentieth Century Fox
http://www.foxmovies-jp.com/threebillboards/
★2018年2月1日(土)全国ロードショー
posted by shiraishi at 19:51| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする