2018年12月09日

メアリーの総て  原題:Mary Shelley

mary.jpg

監督:ハイファ・アル=マンスール(『少女は自転車にのって』)
出演:エル・ファニング、ダグラス・ブース、スティーブン・ディレイン、ジョアンヌ・フロガット、

200年前、フランケンシュタインを生み出したのは、わずか18歳のメアリー・シェリーだった!

1800年代初頭のイギリス。作家を夢見る16歳の少女メアリー。有名な思想家の母は自分を生んで亡くなり、貧しく誇り高い作家の父と暮らしていた。継母と折り合いが悪いのを案じて、父はメアリーをスコットランドの友人のもとに送る。そこで開かれた読書会で、メアリーは異端の天才詩人と評判のパーシー・シェリーと出会い、恋に落ちる。義妹クレアが病に倒れたという嘘でメアリーはロンドンに呼び戻される。そんなメアリーを追いかけてくるほど、パーシーはメアリーにぞっこんだったが、彼には妻子がいた。反対を押し切り駆け落ちし、メアリーは女の子を産むが、借金の取り立てから逃げる途中で娘は亡くなってしまう。失意のメアリーは、義妹クレアに誘われてスイスの詩人・バイロン卿の別荘に赴く。そこで、「皆で一つずつ怪奇談を書いて披露しよう」と持ちかけられる・・・

孤独な怪物フランケンシュタインの物語には、メアリーの人生経験が深く投影されているとのこと。わずか18歳で、それほど波乱に満ちた経験をしていることに驚かされます。
プロデューサーのエイミー・ベアーが、数多くの脚本からこの物語を選び、さらに監督をサウジアラビア出身のハイファ・アル=マンスールを選んだことに興味津々。女性の権利が著しく奪われているサウジアラビアで育ったハイファ・アル=マンスールは、「自分を取り巻く慣習からなんとか解放されるために、自身を見つけようとしながら成長する若い女性の物語」に強く惹かれたといいます。エイミー・ベアーの思惑通り、素晴らしい作品に仕上がっているのですが、いつかまた、自身の経験を生かして、サウジアラビアを舞台に映画を紡いでほしいものです。(咲)



2017年/イギリス・ルクセンブルク・アメリカ/ 121分/ギャガ/DCP
配給: ギャガ
公式サイト:https://gaga.ne.jp/maryshelley/
★2018年12 月15日(土) シネスイッチ銀座、シネマカリテ 他全国順次ロードショー.





posted by sakiko at 19:22| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暁に祈れ(原題:A Prayer Before Dawn) 

akatuki.jpg

監督:ジャン=ステファーヌ・ソヴェール
原作:ビリー・ムーア
脚本:ジャン=ステファーヌ・ソヴェール、ニック・ソルトリーズ、ジョナサン・ハーシュベイン
製作:リタ・ダゲール
撮影:ダヴィッド・ウンガロ
音楽:ニコラス・ベッカー
編集:マーク・ブクワ
出演:ジョー・コール、ポンチャノック・マブラン、ビタヤ・パンスリンガム、ソムラック・カムシン

ボクサーのビリー・ムーア(ジョー・コール)は、タイで自堕落な生活を過ごすうちに麻薬中毒者になってしまう。ある日、警察から家宅捜索を受けたビリーは逮捕され、タイで最も悪名高い刑務所に収容される。そこは殺人、レイプ、汚職が横行する、この世の地獄のような場所だった。死と隣り合わせの日々を過ごすビリーだったが、所内に設立されたムエタイ・クラブとの出会いが彼を変えていく。

危ない雰囲気が充満する路地裏。喧騒が溢れる。タイ語には字幕がつかないので、何を言っているのか、さっぱりわからず、見ていていらついた気分になる。これこそ、主人公ビリーの気持ちであろう。
イギリス人ボクサーのビリー・ムーアが再スタートを切ろうとしたタイで刑務所に服役し、汚職・レイプ・殺人が蔓延する中、ムエタイでのし上がっていったことを描いた自伝ベストセラー小説をベースにした作品である。ビリーを演じたのは、ポスト“トム・ハーディ”の呼び声高いジョー・コール。『きみへの距離、1万キロ』で演じた中東の女性に恋をするドローン・オペレーターから一転、ボクサー役を務めるため何か月も肉体改造に励み、鋼の肉体を手に入れ、過酷な30日間の撮影に挑んだ。
ビリーが服役する刑務所はまるで、映画でよく見る捕虜収容所。広めのスペースだが、収容人数を超えると思われる囚人がうごめき合う。不衛生極まりない状況だ。しかも、囚人役の大半に元囚人たちを起用。体験に基づいた迫真の演技に、思わず身の毛がよだつ。
しかし、最初こそ言葉が通じず、孤立していたビリーも次第に囚人仲間と絆を育んでいき、その絆が苦難を乗り越える力となっていく。どんな状況でも希望は捨ててはいけないのだと作品は伝えてくれる。
カンヌ国際映画祭の2017年ミッドナイト・スクリーニング部門にて大きな話題となり、批評家サイト、ロッテン・トマトでも96%という高評価を獲得した。(堀)


2017年/イギリス・フランス/英語、タイ語/シネスコ/117分
配給:トランスフォーマー  
(C) 2017 - Meridian Entertainment - Senorita Films SAS
http://www.transformer.co.jp/m/APBD/
★2018年12月8日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷&有楽町、シネマート新宿ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 16:31| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

アース:アメイジング・デイ(原題:Earth:One Amazing Day)

earth.jpg

監督:リチャード・デイル、ピーター・ウェーバー、ファン・リーシン
脚本:フランク・コットレル・ボイス、ゲリン・ヤン
監修:新宅広二
音楽:アレックス・ヘッフェス
ナレーター:佐々木蔵之介

日の出から日の入りまで1日の太陽の流れを軸に、動物たちに限りなく近づき、同じ目線で見ているかのような迫力の映像で生き物の姿を捉えたネイチャー・ドキュメンタリー。
全世界で120億円以上の興行収入を叩き出した『アース』を制作したBBCアース・フィルムズが最新の4K技術や超軽量カメラ、1秒に1,000コマ以上の撮影を可能にしたハイスピード4Kカメラ、200台のドローンを駆使して、世界22カ国でロケを行い、生き物たちの貴重な姿を撮影した。

ウミイグアナの赤ちゃんはヘビの大群からの脱出に挑み、シマウマの親子はサバイバルな移動を続ける。ペンギンの親は過酷な通勤を耐え、ヒナに餌を与える。穏やかそうに見えるキリンの世界にも縄張り争いはある。ヒグマは季節の変わり目に冬毛を落とそうと、体を木に擦り付けて腰を揺らす。その様はちょっとセクシーで笑ってしまう。ナマケモノが求愛相手のもとに必死に出掛けるが、そこで知る状況に同情したくなる。マッコウクジラは大きな体を垂直に立て、家族みんなで眠りにつく。技術の進歩が見せてくれる動物の世界にワクワクする。
私たちが住む地球では多くの生命が生き延びていくためにさまざまな活動をしている。いま、ここに生きていることは奇跡の積み重ねかもしれない。(堀)


亡くなった父が動物好きで、子どものころからよく一緒にテレビの番組を見ていた。父も私も自然豊かな(というより、それしかない)島で育ったので、自然に生きている姿をこそっと見られる映像が嬉しい。以前『WATARIDORI』(2003年)で鳥と一緒に空を飛んでいるようで、ニルスもこうだったかもと想像しました。前作の『アース』(2007年)よりもさらに進んだカメラや技術が、どうやって撮ったのだろうと驚くほどの映像を見せてくれる。いのちはただ生きることに向かうのに、金銭欲にまみれて他者を省みない人間は自滅していくだろうな、と思う。(白)

2017年/イギリス・中国/5.1ch/アメリカン・ビスタ/94分
配給:KADOKAWA
(C) Earth Films Productions Limited 2017
https://earthamazingday.jp/
★2018年11月30日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開
posted by shiraishi at 15:56| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲(原題:Johnny English Strikes Again)

johnny.jpg

監督:デビッド・カー
脚本:ウィリアム・デイビス
撮影:フロリアン・ホーフマイスター
音楽:ハワード・グッドオール
出演:ローワン・アトキンソン(ジョニー・イングリッシュ)、ベン・ミラー(ボフ)、オルガ・キュリレンコ(オフィーリア)、ジェイク・レイシー(ヴォルタ)、エマ・トンプソン(首相)

イギリスの諜報機関「MI7」が大規模なサイバー攻撃を受け、現役スパイたちの情報が漏洩してしまった。動けるのはすでに隠居している元スパイのみ。子どもたちにあやしげなスパイ術を教えていたジョニー・イングリッシュも召集された。相棒のボブとともに、ハッカーを探し出そうと意気込むジョニー、アナログ人間の二人には荷が重過ぎる捜査だった・・・。

『ジョニー・イングリッシュ』(2003)、『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』(2011)に続く第3弾。おなじみのスパイ映画のパロディを全力で脱力してやっています(?)。あいかわらず、とんちんかんなジョニー・イングリッシュは、何かやらかすだろうという期待にたがわないはちゃめちゃぶり。首相も美女も怖くない。アナログなおっさんのやることなすこと、最先端のスキルを持つ敵には想定外のことばかり。CG満載の新作映画を見慣れた目には、なんだかなつかしい秘密兵器の数々や、カーチェイスのシーンが出てきました。女優陣もなかなか楽しませてくれました。あははと笑えて元気になれるこういう映画もたまにはいいですよ。(白)

2018年/イギリス/カラー/シネスコ/89分
配給:東宝東和
(C)2018 Universal Studios and Studiocanal SAS
https://johnnyenglish.jp/
★2018年11月9日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 01:26| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

スカイライン 奪還(原題:Beyond Skyline)

skyline.jpg

監督・脚本:リアム・オドネル
撮影:クリストファー・プロブスト
出演:フランク・グリロ(マーク)、ボヤナ・ノヴァコヴィッチ(オードリー)、ジョニー・ウェストン(トレント)、カラン・マルヴェイ(ハーパー)、アントニオ・ファーガス(サージ)、イコ・ウワイス(スア)、ヤヤン・ルヒアン(チーフ)

突如未確認飛行物体が世界各地に現われた。上空に留まったまま人々が次々と吸い込まれ、たった3日間で謎の生命体に征服されたかと思われた。ロサンゼルスの刑事マークは息子を追って自らも吸い込まれていき、宇宙船内部を破壊していく。人類の反撃が始まった。迷走した宇宙船はラオスに不時着し、脱出したマークは内乱に巻き込まれる。反政府組織のスアに出会ったマークは、彼らのアジトでエイリアンを倒すヒントを掴む。わずかな武器とこの肉体だけで侵略者から地球を取り戻すことができるのか?

『スカイライン-征服-』(2010)の続編。このとき監督だったグレッグ・ストラウス&コリン・ストラウスのストラウス兄弟は製作に。この二人が設立したVFXスタジオ「ハイドラックス」が高い技術力でバックアップしています。
前作で製作と脚本を務めたリアム・オドネルが監督デビュー。2011年6月に公開されているのですが、観なかったのか紹介しそびれたのか、記憶がありません。今回は前回のSF巨編(エイリアン侵略)に加えて、なんと『ザ・レイド』(2011/インドネシア)のふたり、アクションファンを熱狂させたイコ・ウワイスとヤヤン・ルヒアンが登場しているのです。このコンビは『スター・ウォーズ フォースの覚醒』(2015)にも出演しています。これで格闘技アクションがぐっと前面に出てきました。エイリアンに有効かどうかは、その目でお確かめ下さい。副題が「奪還」ですからね。
主演は『パージ:アナーキー』(2014)『パージ:大統領令』 (2016)で頼れる男レオを演じたフランク・グリロ。シラット(東南アジアの伝統武術)に負けじと、新たな武器を装着してエイリアンと戦います。人間が次々吸い込まれていく内部がグロい×えぐいので、苦手な人はご用心。シラット好きなら大丈夫ですね。
昨年2月に『ザ・レイド』のハリウッドリメイク版を、フランク・グリロとジョー・カーナハン監督がタッグするというニュースを見ましたがその後進んでいるのかな?(白)


2017年/英・中・カナダ・インドネシア・シンガポール・米/カラー/シネスコ/106分
配給:REGENTS=ハピネット
(c)2016 DON'T LOOK UP SINGAPORE, PTE. LTD
https://skyline-dakkan.jp/
★2018年10月13日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 14:43| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする