2018年08月05日

英国総督 最後の家   原題:Viceroy's House

eikokusoutoku.jpg

監督・脚本:グリンダ・チャ―ダ(『ベッカムに恋して』)
出演:ヒュー・ボネヴィル、ジリアン・アンダーソン、マニシュ・ダヤル、フマー・クレイシー、マイケル・ガンボン

英領インドがインドとパキスタンに分離独立するまでの激動の6ヶ月を、総督官邸を舞台に描いた物語。

1947年2月、インドからの撤退を決めた大英帝国の最後の総督マウントバッテン卿が主権譲渡の任務を帯びてデリーに着任する。
パンジャーブ出身のヒンドゥー教徒のジートは、友人のツテでマウントバッテン卿の秘書官となる。ラホールの刑務所で勤務していたが、国の将来を思う政治犯を監禁していることに嫌気がさしての転職だった。総督官邸で、ジートはラホールの刑務所に父親が収監されていたアーリアというイスラーム教徒の女性とすれ違う。父親との面会を許されない彼女の手紙や差し入れを預るうち、恋心を抱くようになった女性だ。アーリアは、マウントバッテン卿の娘パメラの世話係として官邸に着任したのだった。
マウントバッテン卿は最良の主権譲渡をしたいと願い、独立後について、統一インドを望む国民議会派のネルーやガンディー、分離してパキスタン建国を望むムスリム連盟のジンナーと話し合いを続けるが、ついに印パ分離独立を決意する。主権譲渡の時期も予定より10ヶ月も早め、1947年8月と決める。それまでに人々は、自分の国をどちらにするか決めなければならない。人々の大移動が始まり、各地で暴動が起こる。
アーリアはジートを愛していたが、実はアースィフという親の決めた婚約者がいて、父親と共に彼の実家のあるパキスタンとなるラホールへ行くことを決める。アーリアを見送ったジートは、彼女が乗った夜行列車で大虐殺が起きたと報じる新聞を目にする。ジートはアーリアの安否を確認しに国境に向かう・・・

印パ分離独立にいたるまでの各派の動きや、民族大移動の大混乱の様子が当時のモノクロ映像で挟み込まれます。国民会議派のネルーやガンディー、ムスリム連盟のジンナーを演じている役者さんが、まるでアーカイヴ映像からそのまま出てきたようにそっくりで驚かされます。
統一インドの初代首相をジンナーにと進言したガンディーの思いにもかかわらず、分離独立という形になり、今なお両国の関係はぎくしゃくしています。故郷を離れなければならなかった多くの人々、そして移動中の混乱の中で命を落とした人々・・・ 
シク教徒の家庭に生まれたグリンダ・チャ―ダ監督自身の祖父母や親戚も、今はパキスタンとなった地から移住を余儀なくされた当事者でした。政治家の決めた分離独立が、どれだけ多くの人たちの人生を翻弄させたのか・・・ 本作は、分離独立にいたるプロセスを背景に、宗教の違う二人の恋の行方を劇的に見せて、庶民の受けた痛みをみごとに描き出しています。

実は、マウントバッテン卿が国境線の詳細について、両国指導者に明かしたのは、独立宣言直後の8月18日でした。大混乱を恐れてのことだったそうです。そんなマウントバッテン卿ですが、分離独立を決めた時、すでに2年前にチャーチル首相が分離独立を予測して国境線を考えていたことを知ります。天然資源の積出港としてカラチをパキスタンの領土とすることで、独立後の英国に有利になるよう画策していたのです。
パキスタンの独立式典に赴いたマウントバッテン卿に、ジンナーが「チャーチルが来るべきだった。パキスタンの助産婦だから」と語る場面が映画に出てきます。ジンナーは「私も騙された。もっと領土がほしかった」とも語ります。パンジャーブやベンガルなど、宗教の比率が五分五分の州は、インドとパキスタンに分割されてしまったことにも恨みがあるでしょう。住民の大半がムスリムで、マハラジャがヒンドゥーだったカシミールにいたっては、いまだに帰属が確定していません。

さて、この総督官邸ですが、数百人の使用人が必要なほど大きな邸宅。着任したマウントバッテンの夫人が、「バッキンガム宮殿より立派ね」とつぶやきます。
大英帝国の威光を感じさせる総督官邸が完成したのは、1929年。20年も経たないうちに、インドの国家元首の官邸になると、誰が予想したでしょう。
本作の邸宅の撮影の大部分は、ジョードプルのマハラジャの館ウメイド・バワン・パレスで行われましたが、本物の元総督官邸の外観の撮影許可が出て、その威光を見ることができます。 
余談ですが、一部がホテルとなっているウメイド・バワン・パレスに泊まったことがあって、懐かしく拝見! 大理石の床の広々とした部屋!(咲)


★印パ分離独立の際の大混乱については、イスラーム映画祭3 『熱風』上映後の麻田豊氏トークを是非参照してください。

イスラーム映画祭3 『熱風』  印パ分離独立に翻弄されたムスリム一家を描いた名作 
http://cineja3filmfestival.seesaa.net/article/459740338.html

2017年/イギリス/カラー(一部モノクロ)/2.39 : 1/106分/5.1ch/英語、パンジャービー語・ヒンディー語
配給:キノフィルムズ/木下グループ   後援:日印協会
公式サイト:http://eikokusotoku.jp/
★2018年8月11日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー





posted by sakiko at 03:33| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

バンクシーを盗んだ男   原題:The Man Who Stole Banksy

banksy.jpg

監督:マルコ・プロゼルピオ
ナレーション:イギー・ポップ
出演:
ロン・イングリッシュ(現代アーティスト)
スティーブ・ラザリデス(バンクシーの元マネージャー)
ステファン・ケスラー(収集家)
クリスチャン・オモデオ(芸術史家)
ベラ・バブウン(ベツレヘム市長 *撮影当時)
パオロ・ブッジャーニ(芸術家/パフォーマー/収集家)
フィリップ・トイヒトラー(収集家/芸術家)
カミッロ・タロッツイ(修復家)
ワリド・“ザ・ビースト”・ザワラー(タクシー運転手)
アブ・ヤメン(BANKSY’S SHOP店主)
マイケル・カナワッティ(壁の元持ち主)

2007年、パレスチナ・ヨルダン川西岸地区ベツレヘムの巨大な分離壁に、姿を見せないことで有名なグラフィティアーティスト、バンクシーが集めた14人のアーティストによって6つの壁画が描かれた。その内の1枚「ロバと兵士」は、パレスチナ人をロバに見立てたとして怒った地元住民たちによって切り出され、オークションサイト「eBay」に出品される。コンクリートの塊のまま! 
5年後、ベツレヘムに取材に行った監督のマルコ・プロゼルピオが最初に出会ったのが、「ロバと兵士」を売りとばす一旦を担ったタクシー運転手ワリド・“ザ・ビースト”だった。それを機に、様々な人に話を聞き、切り出された絵を追って、デンマーク、ロンドン、ロサンゼルスへと飛ぶ・・・

バンクシーといえば、分離壁に描いた絵が『オマールの壁』に登場したり、昨年2017年には、3方を分離壁に囲まれてしまったベツレヘム地区の家を世界一眺めの悪いホテル“The Walled off Hotel”として開業したりと、イスラエルの横暴な政策に一石を投じているアーティストという印象が強い。
本作の中でも、取材当時のベツレヘム市長のベラ・バブウンさん(女性です!)が、「バンクシーは私にとっては哲学者。誰よりも正確に気持ちを表わしてくれたことに感謝」と語っている。『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』(2014年)で、壁などにゲリラ的に描かれた絵がオリジナルのまま見られるのは時間の問題ということが描かれていたけれど、パレスチナの分離壁の絵は、警察も価値を認め、汚す者がいないか見張っているそうだ。
一方で、タクシー運転手のワリド・“ザ・ビースト”は、「壁に絵を描いて偽善者ぶってやがる。バンクシーはクソ野郎だ」と言い放つ。彼は、壁の絵の売り主カナワッティに「壁を切り取って売れば」と進言したのに、1銭も貰ってないとも言う。実は、この壁画、いまだに売れてないそうだ。
バンクシー自身、この騒動をどんな思いで見ているのだろう。 アーティストとしてのバンクシーには、高さ8メートル、そして、長さはまだまだ伸びる分離壁は、大きなキャンパス。でも、パレスチナの地に描く場所がなくなることを願っているに違いない。(咲)


2018年/イギリス・イタリア/カラー/デジタル/英語/93分
配給:シンカ
公式サイト:http://banksy-movie.jp/
★2018年8月4日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次公開





posted by sakiko at 18:48| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

ビューティフル・デイ(原題:You Were Never Really Here) 

beautifulday.jpg

監督・脚本:リン・ラムジー
原作:ジョナサン・エイムズ「ビューティフル・デイ」(早川書房)
撮影:トム・タウネンド
音楽:ジョニー・グリーンウッド
出演:ホアキン・フェニックス(ジョー)、ジュディス・ロバーツ(ジョーの母)、エカテリーナ・サムソノフ(ニーナ)、ジョン・ドーマン(ジョン・マクリアリー)、アレックス・マネット(ヴォット議員)

元兵士のジョーは、行方不明者を捜索するスペシャリストとして、手段を選ばずに解決していく。子どものころ父に虐待され、一緒に耐え忍んだ母と暮らしている。頭の中ではいつも爆音とあらゆる苦痛が渦巻き、それから逃れられる死を渇望していた。ある日の依頼は州上院議員からだった。彼の10代の娘ニーナが売春組織に囚われているので、取り戻してほしいという。奪還を約束し、ハンマーを片手に娼館に向かい、感情が欠落し無表情で横たわっていたニーナを救い出す。しかし、まもなくニーナはまた何者かに拉致されてしまった。

リン・ラムジー監督の前作は『少年は残酷な弓を射る』(2012)。母親と望まぬ妊娠で生まれた長男との愛憎を描いて、エズラ・ミラーの美しさと共に忘れられない作品です。6年ぶりの新作は、トラウマを抱えた中年男が美しい少女を娼館から救い出す話。せっかくのハンサムな顔の半分がヒゲに覆われて、むさ苦しいことこの上ないホアキン・フェニックス、おまけにおなかも出ているし、と『ウォーク・ザ・ライン 君につづく道』(2008)のスマートなホアキンが好きなので、最初ちょっと残念でしたが、これは全く爽快さとは無縁なストーリー。思い切り暗くて不穏な、しかしスタイリッシュな画面にジョニー・グリーンウッド(レディオ・ヘッド)の音楽がガンガン被さって、ひきずりまわされた感覚でした。残酷な場面は始まりと結果だけ、アクションもセリフもできるだけ省いています。ヒゲも体型も全て役のため。寡黙なジョーはその肉体に語らせているということ。ホアキンはラムジー監督に会う前に出演を決め、早くから役作りのために監督と話し合ったとか。宣伝のためにこんなに露出することも珍しいそうで、お気に入り作品なのですね。ホアキンファンは必見。カンヌ国際映画祭で脚本賞と男優賞の2冠を獲得しました。(白)

2017年/イギリス/カラー/シネスコ/90分
配給:クロックワークス
Copyright (C) Why Not Productions, Channel Four Television Corporation, and The British Film Institute 2017. All Rights Reserved. (C) Alison Cohen Rosa / Why Not Productions
http://beautifulday-movie.com/
★2018年6月1日(金)新宿バルト9 ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 14:01| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

ピーターラビット(原題:Peter Rabbit)

peter.jpg

監督:ウィル・グラック『ANNIE/アニー』
原作:ビアトリクス・ポター
脚本:ロブ・ライバー、ウィル・グラック
撮影:ピーター・メンジース・Jr.
音楽:ドミニク・ルイス
出演:ローズ・バーン(ビア、声:あひるのジマイマ、パドルダック)
ドーナル・グリーソン(トーマス・マクレガー、声:かえるのジェレミー・フィッシャーどん)
サム・ニール(マクレガーおじさん)
デイジー・リドリー(カトンテール声)
エリザベス・デビッキ(モブシー声)
マーゴット・ロビー(フロプシー声)
ジェームズ・コーデン(ピーターラビット声)

ウサギのピーターはたくさんの仲間と楽しく暮らしている。両親はなくなってしまったけれど、大親友の画家ビアがいる。けれどもマグレガーおじさんの後にロンドンからやってきた若いマクレガーは、動物嫌いで潔癖症。畑に入ったピーターはさっそく追い掛け回された。おまけにマクレガーはピーターの大事なビアが気になるらしい。あんなヤツにビアを取られたくないっ!これまでの幸せを守るために、ピーターは立ち上がった。小さくても動物でもできることはある!ってね。

ビアトリクス・ポターが子どものために描いた小さな絵本「ピーターラビット」シリーズは日本でも福音館書店から発行されて、我が家にも5,6冊あります。本作は実写と3DCGアニメの融合作品で、ふわふわモフモフの動物の毛も再現されています。どうやって作っているのでしょう。メイキングが見たいものです。舞台は原作者のポターが愛してやまなかった湖水地方。目の前に広がる絵本の世界にひたり、ビアの住居の可愛らしい調度品や描きあげられた絵にもご注目ください。
レニー・ゼルウィガーがポターを演じた伝記映画『ミス・ポター』(2006年)も未見の方はぜひどうぞ。(白)


2018年/オーストラリア、アメリカ、イギリス合作/カラー/シネスコ/95分
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
http://www.peterrabbit-movie.jp/

★2018年5月18日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 16:36| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

アンロック 陰謀のコード(Unlocked)

          unlock.jpg
監督:マイケル・アプテッド
脚本:ピーター・オブライエン
撮影:ジョージ・リッチモンド
音楽:スティーヴン・バートン
出演:ノオミ・ラパス(アリス・ラシーン)、オーランド・ブルーム(ジャック・オルコット)、マイケル・ダグラス(エリック・ラッシュ)、トニ・コレット(エミリー・ノウルズ)、ジョン・マルコビッチ(ボブ・ハンター)

ロンドンの地区センターの職員として働くアリス・ラシーン、実はCIAのエージェント。有能な女性審問官だったが、パリのテロ事件を阻止できず犠牲者を出してしまった。このことに責任を感じ、第一線から身を引いていたが、バイオテロ計画の容疑者の審問のために復帰せよと命じられる。重要な供述を得る寸前に、この任務が罠だったことが判明する。容疑者は殺され、アリスは英国とアメリカ両政府から犯人として追われるはめになってしまった。

『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』(2009)のリスベット・サランデル役が強烈な印象を残したノオミ・ラパス。その後もアクション、サスペンスと姿を見てきましたが、本作は両方が楽しめるアクション&ミステリー。CIAの内部の裏切り者に陥れられ、自分の身を守りつつ、真犯人を探していきます。芸達者な俳優達が揃って、誰もがあやしく見えてしまいます。
オーランド・ブルームが妙な出会いから相棒となるジャック。『ロード・オブ・ザ・リング』三部作(2001〜2003)からはや15年、いつまでも金髪のレゴラスではないのでした。98分という短い時間で刻々と変わる状況をスピーディに混乱なく伝えて、緊張感を失わせずラストへなだれ込みます。え、もう終わったの?!ですよ。(白)


2017年/イギリス/カラー/シネスコ/98分
配給:キノフィルムズ
(c)2017 UNLOCKED DISTRIBUTION LIMITED
http://unlock-movie.jp/
★2018年4月20日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 20:04| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする