2014年01月09日

『7BOX ‐セブン・ボックス‐』 原題 : 7CAJAS

監督&脚本:フアン・カルロス・マネグリア


市場で運び屋をしている17歳のビクトル。7つの箱を運べば100ドルと言われ、携帯電話が欲しい彼は中身不明のまま引き受ける。彼が箱を運び始めたとたん何者かが襲ってくる・・・

パラグアイの首都アスンシオンのメルカード・クアトロ(第4市場)で撮影したスリルあふれる物語。様々な民族が交錯して興味深い。

映画産業が発達していないパラグアイでは、これまでに20本位しか製作されていない。映画館もほとんどない中で大ヒットした作品。

 IMG_9686skiip.JPG

20137月に開催された「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」で脚本賞を受賞。映画祭にフアン・カルロス・マネグリア監督が登壇。ハンサムな監督は48歳。同行されたお母様、50歳前後にしか見えない! アスンシオンに住む元会社の先輩に「パラグアイの人って、年をとってもスマートで若く見える人が多い?」と尋ねたら、「それは、少数派ですな」との返事。さらに人種についても聞いてみた。「スペイン出身が多いのは当然として、伊、独、仏、英、北欧、東欧、旧ソ連、アラブ諸国、ユダヤ、アジア(日本、韓国、台湾、中国)とまことに様々。映画は大ヒット。観るのに半端な行列ではなかったからこれが驚き。パラグアイでも高いレベルの映画が作れる様になったかと感慨に浸りました」と返事をいただいた。ほんとに面白くて、日本での公開を望んでいたもの。新宿シネマカリテで、ポスターを見てびっくり。劇場公開を経ずにDVD発売された秀作を上映する「オト カリテ」シリーズ第3弾と判明。画面で観る迫力を味わえる貴重な機会は嬉しい。(咲)


シネマカリテ新宿 ―オト カリテ Vol.3 ―

1月18日(土)〜24日(金)1週間限定レイトショー (連日20:40より)

ワンコイン(500) 

http://qualite.musashino-k.jp/coming.php#1385114748

 

2012 / パラグアイ / スリラー・アクション / 105

 

DVD発売元URL

http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_282.html



posted by sakiko at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | パラグアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。