2018年09月30日

イコライザー2(原題:The Equalizer 2)

equa.jpg

監督:アントワン・フークア
脚本:リチャード・ウェンク
撮影:オリバー・ウッド
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
出演:デンゼル・ワシントン(ロバート・マッコール)、ペドロ・パスカル(デイブ・ヨーク)、アシュトン・サンダース(マイルズ・ウィタカー)、ビル・プルマン(ブライアン・プラマー)、メリッサ・レオ(スーザン・プラマー)

CIAを退き、今は一介の運転手として暮らしているマッコール。ホテル前で乗せた女性客の姿に異変を感じ、乗り込ませた若い男の部屋を訪ねていく。数人の男たちはたちまちマッコールに叩き伏せられてしまう。彼は誰に命じられたわけでもなく、見過ごせない悪人を1人成敗しているのだった。そんな彼を心配するのはかつてCIA時代上官だったスーザン。唯一の理解者で友人の彼女が、ある日何者かに殺されてしまう。
もう2度とCIAに関わるまいと思っていたマッコールだったが、真犯人を探すため何年ぶりかで元の同僚の前に姿を現す。

『イコライザー』は2014年10月に日本公開されています。元はテレビドラマのシリーズ「ザ・シークレット・ハンター」。equalizerを訳せば「等しくする人」で、普通に使っている「イコール(=)」から?目には目をで、ひどい目に合わせた人に仕返す、ってことなんでしょうか。それもストップウォッチを使って「ほんの数十秒のうちに」です。
デンゼル・ワシントンは正義の人というイメージがありますが、アントン・フークア監督との初タッグの『トレーニングデイ』でそれまでのイメージを覆し、主演男優賞を獲得しました。今回は製作にも名を連ね、倍返しくらい思い切りやっちゃっているマッコールです。血なまぐさいだけでなく、運転手として縁があった人のいいエピソードも盛り込んでいます。(白)


一瞬で状況判断し、そこにあるものを使って悪を抹消する主人公。表の姿が前作のホームセンター店員からタクシー運転手へ変わったが、か弱き存在の無念を晴らすのは同じ。友人の死の謎を解き、まさかの敵と対峙する。嵐の中の死闘は見応えたっぷり。デンゼル・ワシントンがキャリア初の続編出演とのこと。3作目も期待したい。(堀)

2018年/アメリカ/カラー/シネスコ/121分
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
http://www.equalizer2.jp/
★2018年10月5日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 17:32| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

クレイジー・リッチ!  原題:Crazy Rich Asians

grazy rich.jpg

監督:ジョン・M・チュウ
原作:ケヴィン・クワン著「クレイジー・リッチ・アジアンズ」(竹書房)
出演:コンスタンス・ウー、ヘンリー・ゴールディング、ジェンマ・チャン、リサ・ルー、オークワフィーナ、ケン・チョン、ミシェル・ヨー、ソノヤ・ミズノ、クリス・パン、ジミー・O・ヤン、ロニー・チャン、レミー・ハイ、ニコ・サントス

ニューヨーク大学の経済学の教授レイチェル・チュウは生粋のニューヨーカー。労働者階級のシングルマザーに育てられた才媛だ。恋人ニック・ヤンから、故郷のシンガポールでの親友の結婚式に一緒に参列しようと誘われる。空港で案内されたのはファースト・クラス。レイチェルはニックがとてつもない大金持ちの御曹司だと知る。豪華な彼の実家でのセレブが集まるパーティで気後れするレイチェル。元カノや社交界のお嬢様たちはニックが連れてきた恋人への嫉妬をあらわにする。ニックの母エレノアや祖母はじめ家族たちに紹介されるが、財産目当ての交際ではと疑われてしまう。レイチェルは幸せをつかむことができるのだろうか・・・

ミシェル・ヨーの演じる母エレノアが、実にエレガントでゴージャス。堂々としているエレノアも、セレブ一族を率いる真の女帝アー・マー(祖母)の前では一歩引いています。そのアー・マーも結婚当初はすぐには馴染めなかったことでしょう。たとえ経済的環境が同じレベルの者どうしが結婚したとしても、育った家庭環境は違うはず。財閥の御曹司との結婚を、玉の輿と周りの目は厳しいけれど、愛という絆があれば乗り越えられる!? コンスタンス・ウー演じるチャーミングなレイチェルを、きっと応援したくなるでしょう。
本作は、ハリウッドで全員がアジア系キャストで製作された映画として、『ジョイ・ラック・クラブ』(1993年)以来、実に25年ぶり。
レイチェルの友人ペク・リンを演じているオークワフィーナは、ラッパーで脚本家でもある女優。普段はとんでもない格好をしているのに、パーティにはお洒落なドレスを着こなして登場する女性を演じて異彩を放っています。
シンガポールのニュートンサーカスやラッフルズホテルなど昔懐かしい場所から、世界最大の屋上プール“インフィニティプール”まで、新旧のシンガポールもたっぷり楽しめます。(咲)



里帰りに同行し、彼の一族と初めて対面。恋した彼は王族に並ぶ超セレブ一族だった! 主人公は格式の違いを見せつけられる。
お金のある幸せと不自由。彼の従姉妹の健気な努力はかえって夫を傷つけた。夫婦の機微を理解するのは難しい。
厳しい姑も祖母の前ではたじたじ。嫁姑の確執は国や時代を超えて同じなのだ。若い2人の苦悩は繰り返す。姑の主人公への厳しい言葉は、経験からアドバイスだった。それを乗り越えるのは2人の強い愛情が大切。下手な小細工は無用だ。
主人公は姑を麻雀に誘う。ゲーム理論を専門とする教授として、完璧な振る舞いをした。姑との関係に悩む人には参考になるだろう。牌の意味がわかると嫁姑の決着がより理解できるかもしれない。
また、アジアのイケメンが勢ぞろいしているところも見どころ。ゴージャズな舞台に輝く彼らをたっぷり堪能したい。(堀)


2018年/アメリカ/カラー/シネマスコープ/英語/121分
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/crazyrich/?_ga=2.55993647.560651244.1538053049-530050996.1536622550
★2018年9月28日(金)、新宿ピカデリー他 ロードショー!






posted by sakiko at 09:55| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

スカイスクレイパー(原題:Skyscraper)

sky.jpg
監督・脚本:ローソン・マーシャル・サーバー。
撮影:ロバート・エルスウィット
音楽:スティーヴ・ジャブロンスキー 
出演:ドウェイン・ジョンソン(ウィル・ソーヤー)、ネーブ・キャンベル(サラ・ソーヤー)、チン・ハン(ジャオ)

高層ビルが立ち並ぶ香港に、世界最大240階の超高層ビル「ザ・パール」が完成した。オフィス、ホテルだけではなく、住居、公園、ショッピングモール、娯楽施設などあらゆるものが揃った一つの街となっている。
元FBIだったウィル・ソーヤーは、ある事件で負傷し義足となった。現在はパール・ビルのセキュリティシステム調査のため、妻と2人の子どもとザ・パールに住んでいる。オーナーは大富豪のジャオ、最上階に豪華なオフィスと住居がある。セキュリティは万全・超安全な街だったはずのザ・パールで事件が起き、火災が発生した。ウィルは家族の元へと走るが、何者かに追われ、警察からは事件の容疑者とされてしまう。

チラシ画像を見ただけで、高所恐怖症の人は震えますね。建物自体は美しいですが、これはミッション・インポッシブル×タワーリング・インフェルノお父さん版。頼れる仲間はなく孤軍奮闘します。ドウェイン・ジョンソン無敵、とみな思うせいか、今回は片脚が義足とのハンデあり。これもちゃんと生かされます。
香港は、エンピツのような細長いビルがひしめき合い、美しい夜景で有名ですが、ここまで高い建物はありません。地震はないものの、台風が頻繁に訪れてしかもものすごく強力です。1999年8月香港に旅したとき、台風10号の強風にあおられ飛行機が仰向けに。3人が亡くなり、重軽傷者が出ましたが出火はせず。空港が閉鎖されて帰国が延期になったことがありました。
先日の台風22号もシグナル10で、建築中のビルのクレーンや外壁、窓ガラスが吹き飛ぶ映像がありましたね。高さ1000mの超高層ビルは、実際建築可能なんでしょうか?無理な気がしますが。ともあれ、ドウェイン様の大ジャンプと妻子救出が成功するのか?手に汗握ってご注目を。(白)


超高層ビルで火災発生。取り残された妻子を炎と悪の手から救い出す。不可能を可能にするのはイーサン・ハントだけじゃない! ロック様らしい作品だ。家族もそれに応えて大奮闘。最後まで諦めない。妻の機転が夫を救う。
何度も「愛している」と言葉で確認し合う父子に、一目瞭然の強い愛でも言葉にすることが大事と伝わってくる。気持ちを察して生きてきた日本人にはちょっと難しいかな。(堀)


2018年/アメリカ/カラー/シネスコ/102分
配給:東宝東和
(C)Universal Pictures
http://skyscraper-movie.jp/
★2018年9月21日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 00:55| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

ダウンレンジ(原題:Downrange) 

down.jpg

監督:北村龍平
脚本:ジョーイ・オブライアン
撮影:マティアス・シューバート
音楽:アルド・シュラク
出演:ケリー・コンネア(ジョディ)、ステファニー・ピアソン(カレン)、ロッド・ヘルナンデス=ファレラ(トッド)、アンソニー・カーリュー(エリック)、アレクサ・イェイムズ(サラ)

1台の車が荒野を走っている。突然タイヤがパンクして、何もないところで立ち往生してしまった。乗っていたのは6人の男女。結婚して引越し途中の若い夫婦と相乗りした大学生たちだ。携帯も繋がらず、一人が慣れない手つきでタイヤ交換をする羽目になった。タイヤを外したときにコトリと落ちたのは銃弾。パンクではなく、撃たれたのだった。車の陰で休んでいたものはタイヤがころがっていくのを見る。反対側に回ると夥しい血が流れ、仲間が倒れていた。なんの理由か、誰かが、どこからか自分たちを狙っていると気づく。

いや、怖かった。北村流容赦のない映画なので、こころして観に行ってください。同じころに試写で観た映画の悪霊や呪いよりも、真に恐ろしいのは人間の悪意でした。理不尽に狙われる無防備な大学生たちが、もし自分だったら?
『ザ・ウォール』(2017)は凄腕スナイパーに狙われ、壁に隠れつつ戦う兵士の話でした。しかし、それは戦闘中の兵士の話。こちらはただの大学生。武器もスキルも持ちません。ただ一人軍人の娘が、サバイバル術をいくらか心得ていますが、焼け石に水。じわじわと襲ってくる恐怖で絶望のどん底に突き落とされます。猛暑の季節にぞっとするにはぴったり。涼しくなってしまいましたがどうぞ。ゲームじゃないのでリセット不可。あなたならどう戦いますか。(白)


2018年/アメリカ/カラー/シネスコ/90分R15+
配給:ジェンコ、エレファント・ハウス
(C)Genco. All Rights Reserved.http://downrangethemovie.com/
★2018年9月15日(土)新宿武蔵野館2週間限定レイトショー、9月22日(土)大阪第七藝術劇場にて
posted by shiraishi at 15:01| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザ・プレデター(原題:The Predator)

the predetor.jpg

監督:シェーン・ブラック
脚本:フレッド・デッカー、シェーン・ブラック
撮影:ラリー・フォン?
音楽:ヘンリー・ジャックマン
出演:ボイド・ホルブルック(クイン)、トレヴァンテ・ローズ(ネブラスカ)、ジェイコブ・トレンブレイ(ローリー)、キーガン=マイケル・キー(コイル)、オリヴィア・マン(ケイシー)

元特殊部隊員の傭兵クインは、メキシコのジャングルで墜落した宇宙船に出くわす。傭兵仲間はみな正体不明のエイリアンに殺されてしまい、クインは宇宙船から回収したものをアメリカの離婚した妻の家に送る。クインの息子ローリーは父から届いた荷物をあけてしまう。クインは宇宙船や地球外生命体の存在を隠したい政府に拘束される。クインが出会ったエイリアンは征服でなく「狩り」を目的とした「プレデター」と呼ばれる獰猛な戦闘種族だった。
天才的な頭脳を持つローリーは、好奇心のままにエイリアンの装置を作動させ、それと知らずにプレデターを呼び寄せるシグナルを放ってしまう。クインは一緒に拘束された戦闘スペシャリストたち“ルーニーズ”と脱走する。息子の元へと駆けつけプレデターに立ち向かうのだが。

“プレデター”初登場は1987年。アーノルド・シュワルツェネッガーの戦った最強の人気キャラクターです。ドレッドヘアー(風)に黒尽くめのクールな外見、ハイテク装備、女子どもや武器を持たないものは相手にせず、強い相手のみと戦い、狩ることを楽しむハンター。記念に首を持ち帰るのにゲッと思いましたが、地球の動物ハンターたちもそうやって首を剥製にして飾っているんでした。
シェーン・ブラック監督はその1作目に俳優として出演していたのだそうです。その後、アクション映画の脚本を手がけ『アイアンマン3』(2013)『ナイスガイズ!』(2016)の監督を経て、この映画を監督・共同脚本。
プレデターは30年経ってさらに進化。クインとはみだし者たちが壮絶な戦いを繰り広げます。意外に笑ったり、ほろりとしたりとても楽しめました。女性学者の活躍場所もありますが、なんといってもキーパーソンはクインの息子ローリー。主演のボイド・ホルブルックほか大人の俳優たちに引けをとらないジェイコブ・トレンブレイくん今回もすごい!初めて彼を観る方は『ルーム』『ワンダー 君は太陽』も追ってご覧下さい。(白)


2018年/アメリカ/カラー/シネスコ/107分
配給:FOX
(c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
http://www.foxmovies-jp.com/the-predator/
★2018年9月14日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 14:05| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする