2017年05月26日

ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー(原題:Harold and Lillian: A Hollywood Love Story)

harold.jpg

監督・脚本:ダニエル・レイム
製作総指揮:ダニー・デビート
撮影:バティスト・フェンウィック、ダニエル・レイム
出演:ハロルド・マイケルソン、リリアン・マイケルソン、メル・ブルックス、フランシス・フォード・コッポラ、ダニー・デビート

ハロルド・マイケルソン(1920〜2007年)、リリアン・マイケルソン(1928〜)は、ハリウッド全盛期に絵コンテ作家とリサーチャーとして活躍した。弾2次大戦で爆撃機搭乗員だったハロルドは帰還してハリウッドに移る。ハロルドの母親の反対を押し切ってリリアンと結婚し、イラストレーターを経て映画制作スタジオに入り、絵コンテ作家として頭角を表す。リリアンは主婦として子育てと家事のかたわら、ハロルドと同じスタジオでリサーチャー(映画の資料集め)を始め、のちにリリアン・マイケルソン・リサーチ図書館を設立。数々の名作・大作を手掛け、ハリウッド映画を支えてきた二人をインタビューや映像資料とともに振り返る。

ダニエル・レイム監督はアメリカン・フィルム・インスティチュートの学生だった1997年、講師だったハロルドに出会い親交を深めていったそうです。2000年ころから二人の映画を作ろうと準備を始め、多くの映画関係者にインタビューをし、ハロルドの絵コンテを探しました。まだ若かったころの二人の映像やハロルドの絵コンテと実際の映像の比較などとても興味深いシーンばかりでした。
黒澤明監督の絵コンテを見たことがあります。画家を目指したこともあったという監督の絵コンテは、骨太の力強い線に色もしっかりつけられていました。監督の思いがその中に凝縮されているようでした。
速い線描きのものが多いハロルドの絵コンテは、当時の制作本数が多かったのと時間がかけられなかったせいかもしれません。絵コンテは脚本から映像を起こすので、監督のようなものです。ハロルドの絵は的確でセンスがよく、そのまま名場面の元にもなっています。それなのに職人仕事のひとつでクレジットされることもなかったというのは不思議です。同じく映画を見えないところで支えてきたリリアンの仕事も。
思い出を語るリリアンが表情豊かで、とっても可愛らしいです。あらゆる知識と人とのネットワークを駆使して資料や情報を集めたというのも、この人好きのするリリアンの魅力が大いに役立ったはず。舞台裏を観るのが好きな方は必見。(白)


2015年/アメリカ/カラー・モノクロ/16:9/94分
配給:ココロヲ・動かす・映画社○
(C)2015 ADAMA FILMS All Rights Reserved.
http://www.harold-lillian.com/
★2017年5月27日(土)YEBISU GARDEN CINEMAほかで公開
posted by shiraishi at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

夜に生きる  原題:Live by Night

yoruni ikiru.jpg

監督:ベン・アフレック(『アルゴ』)
原作:デニス・ルヘイン(「ミスティック・リバー」)
出演:ベン・アフレック、エル・ファニング、ブレンダン・グリーソン、クリス・メッシーナ、シエナ・ミラー、ゾーイ・サルダナ、クリス・クーパー

1920〜30年代、禁酒法時代のアメリカ。ジョーは、ボストン警察幹部の父に反発するかのように、幼馴染の仲間3人で強盗を繰り返していた。アイルランド系とイタリア系のギャングが敵対する中で、組織に属することなく無法者を貫いていたが、エマという女性と恋に落ちたことから状況は一変する。エマはアイルランド系ギャングのボスのホワイトの愛人だった。ボスの知るところとなり、ジョーは強盗事件の犯人として刑務所に入ることになる。3年後、出所したジョーは、イタリア系ギャングのボス、ペスカトーレに雇ってもらう。復讐するには敵対する組織に入ってのしあがるしかないと考えたのだ。フロリダでラム酒の闇取引で力をつけていくジョー。ラム酒の原料の糖蜜を仕切る女性グラシエラに心を癒されたジョーは、彼女との間に息子を授かるが・・・

冒頭、ジョーが政府の命で英仏戦争に参戦し、無駄死にしていく兵士たちを目の当たりにしたことから、もう誰の命令も聞かないと決めたことが語られます。無法者となった所以。物心ついた息子を連れて映画館にいったジョーが、この子はもう戦争に巻き込まれるようなことはないだろうとつぶやくのですが、スクリーンにはヒトラーの姿が・・・。映画本編の前のニュース映像でしょうか。ギャングの抗争が描かれているのに、反戦のメッセージをずっしり感じた映画でした。夜に生きると決めた男の信念もしっとりと心に染み入りました。(咲)

2016年/アメリカ/129分/スコープサイズ/5.1chリニアPCM+ドルビーサラウンド7.1(一部劇場にて)
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:http://yoruni-ikiru.jp/
★2017年5月20日(土)丸の内ピカデリー 新宿ピカデリー、大阪 ステーションシティシネマほか、全国ロードショー
posted by sakiko at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(原題:Guardians of the Galaxy Vol. 2)

guardian2.jpg

監督・脚本:ジェームズ・ガン
撮影:ヘンリー・ブラハム
音楽:タイラー・ベイツ
出演:クリス・プラット(ピーター・ジェイソン・クイル/スター・ロード)、ブラッドリー・クーパー(ロケットの声)、ヴィン・ディーゼル(ベビー・グルートの声)、ゾーイ・サルダナ(ガモーラ)、デイヴ・バウティスタ(ドラックス)、マイケル・ルーカー(ヨンドゥ)、カレン・ギラン(ネビュラ)、ポム・クレメンティエフ(マンティス)、カート・ラッセル(エゴ)
日本語吹替版キャスト:山寺宏一(ピーター・クイル)、加藤浩次(ロケット)、遠藤憲一(ベビー・グルート)、秋元才加(マンティス)

刑務所で出会ったはみ出し者のチーム「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」は“黄金の惑星”ソブリンの依頼で引き受けた仕事を終了させた。しかしアライグマのロケットが欲を出したばかりに、ソブリンの指導者アイーシャの怒りをかってしまう。ソブリンの無敵艦隊から総攻撃を受け、逃げまくるもガーディアンズの宇宙船ミラノ号はひん死の状態となる。これが最後かと思った瞬間、敵機が全て消滅。命拾いしたガーディアンズの前に現れたのは、エゴという男性と、彼に付き従うマンティスだった。しかもエゴは行方不明だったピーターの父親だという。

2014年9月公開の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の続編。邦題にリミックスとあるのでどういうこと?と思いましたが、原題はVol.2とあります。
寄せ集めチームがだんだんと結束固く家族のように変わってきています。前編では不明だったピーターの父親が明らかになりました!なんとカート・ラッセルです。『ヘイトフル・エイト』(2015)で顔を見て、お久しぶり〜と思いましたが、今公開中の『バーニング・オーシャン』『ワイルド・スピードICE BREAK』にも出演しています。ガモーラの妹ネビュラも登場して、おや、家族もののいい話になるのか?と思えば、やっぱり妙に外すドラックスのギャグ(本人は正直に言ってるだけ)や、強大な敵と戦うという見せ場がちゃんとあるのでした。
前作で巨木のグルートが倒れましたが、挿し木をして小さな「ベビー・グルート」となって蘇っています。成長途中なので愛らしく、みんなに庇われ可愛がられています。「僕はグルート」という一つの言葉にいろいろな意味を込めているのをロケットが通訳。マンティスの可憐さもいいですが、ベビー・グルートが一番目立っていました。ベビーになっても声はヴィン・ディーゼルと遠藤憲一さん。(白)


2016年/アメリカ/カラー/シネスコ/136分/2D・3D
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(C)Marvel Studios 2017
★2017年5月12日(金)より全国公開
posted by shiraishi at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

マンチェスター・バイ・ザ・シー    原題:Manchester by the Sea

manchester.jpg

監督・脚本: ケネス・ロナーガン
出演: ケイシー・アフレック、ミシェル・ウィリアムズ、カイル・チャンドラー、ルーカス・ヘッジズ、グレッチェン・モル、カーラ・ヘイワード、C.J.ウィルソン

アメリカ・ボストン郊外でアパートの便利屋として働くリー・チャンドラー。ある日、兄のジョーが倒れたとの連絡を受け、故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーに車を飛ばす。心臓が悪く、余命長くても10年と言われていた兄。大急ぎで駆け付けたが、1時間前に息を引き取ってしまっていた。
兄の息子で16歳のパトリックと共に弁護士のもとを訪れたリーは、兄が遺言で自分をパトリックの後見人に指名していたことを知る。弁護士から、学業途中のパトリックのために、この町に移り住むよう告げられる。だが、リーには、故郷のこの町に、帰ってきたくないつらい過去があった・・・

集合住宅で、水まわりの修理やペンキ塗りなど、手際よくこなすリーですが、無愛想で、バーで女性に声をかけられても素っ気無く、どこか世を捨てたような投げやりな男。兄の危篤で、久しぶりに帰った故郷。この町で何があったのかが、少しずつ明かされていきます。
一方、甥のパトリックも、両親は離婚、父親は急逝と、試練のときを迎えますが、精一杯、高校生活を楽しもうとする姿が痛々しいです。
幸せに暮らしていたのに、思わぬ出来事が人生を一変させてしまう・・・  誰しもに起こりえること。それをどうしたら乗り越えることができるのか?  心の痛みを分かち合い、寄り添える人がいることがなによりの解決策でしょうか。 観終わって、しみじみとした余韻の残る物語でした。(咲)


☆アカデミー賞主演男優賞、脚本賞受賞。

2016年/アメリカ/137分/カラー/シネスコ
配給:ビターズ・エンド/パルコ
公式サイト:http://manchesterbythesea.jp/
★2017年5月13日(土)シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
posted by sakiko at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

メットガラ ドレスをまとった美術館(原題:The First Monday in May)

metto gara.jpg

監督:アンドリュー・ロッシ
出演:アナ・ウィンター、アンドリュー・ボルトン、ジョン・ガリアーノ、カール・ラガーフェルド、ジャン=ポール・ゴルチエほか

ニューヨークのメトロポリンタン美術館(MET)では、毎年服飾部門主催のファッションとアートの展覧会が開催される。2015年のテーマは「鏡の中の中国」。一般公開の前にお披露目される“メットガラ”のレッドカーペットは、テーマに沿ったゴージャスな衣装に身を包んだセレブたちで賑わう。年々豪華になり、ファッション業界最大のイベントとなっている。アナ・ウィンター、MET服飾部門キュレーターのアンドリュー・ボルトンを中心に、8ヶ月にわたってスタッフは奔走。準備に忙殺される日々と当日の舞台裏を追ったドキュメンタリー。

『プラダを着た悪魔』のモデルと言われるファッション誌「ヴォーグ」のアナ・ウィンター、キュレーターのアンドリュー・ボルトン、ファッション界の重鎮たちが登場。展覧会の芸術監督として香港のウォン・カーウァイ監督も顔を見せていました。『グランド・マスター』(2013年)以降新作が発表されないと思っていたら、こんな仕事もされていたんですね。
アナ・ウィンターは『ファッションが教えてくれること』(2009年)『ビル・カニンガム&ニューヨーク』(2010年)でも観ていますが、ボブカットに黒いサングラス、最新ファッションは変わりません。辣腕の起業家であり、ぶれないポリシーと頭の良さに感嘆します。
メットガラの席料はなんと25000ドル(約285万円)!600席があっというまに満席になるのはアナの人脈と情熱の賜物とか。この収益金はMET服飾部門の活動費にあてられるそうです。これだけのセレブが集まるなら高くないのかも。展覧会の準備からガラの当日まで映像で見られるのは嬉しいですね。ちなみに2017年は「川久保玲/コムデギャルソン」(5月4日〜9月4日)、メットガラは5月1日の開催です。(白)


2016年/アメリカ/カラー//91分
配給:アルバトロス・フィルム
(C)2016 MB Productions, LLC
http://metgala-movie.com/
★2017年4月15日(土)Bunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国公開
posted by shiraishi at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする