2017年09月17日

僕のワンダフル・ライフ(原題:A Dog's Purpose)

bokuno.jpg

監督:ラッセ・ハルストレム
原作、脚本:W・ブルース・キャメロン「野良犬トビーの愛すべき転生」(新潮文庫)
撮影:テリー・ステイシー、ASC
音楽:レイチェル・ポートマン
出演:ブリット・ロバートソン(若き日のハンナ)、K・J・アパ(若き日のイーサン)、ジョン・オーティス、デニス・クエイド(イーサン)、ペギー・リプトン(ハンナ)、ジョシュ・ギャッドベイリー(ベイリーの声)

僕の名前はベイリー。ゴールデンレトリーバーの子犬だ。暑い日に車に閉じ込められて弱っていたところをイーサンに助けられた。それからずっと僕たちは一緒だ。イーサンが幸せになるように僕は頑張るんだと心に決めている。イーサンがハンナと恋人になれるよう応援、二人は同じ大学に進学が決まった。イーサンを嫉んだ友達のイタズラが大変な事態になってしまい、イーサンはアメフト選手の夢をあきらめ別の道へ進んだ。僕が元気づけてあげたいけど、遠くの大学に行ってしまった。犬は人間より早く年を取るので、とうとうイーサンとお別れの時がきてしまった。今のイーサンは幸せじゃない、それが心残りだった。
ところが僕はまた犬に生まれ変わった。今度はジャーマンシェパードの女の子だけどね。警察犬になって事件を解決し、殉職して…今度はコーギー犬に生まれてティナと名付けられ、飼い主の幸せを見届けてまた生まれ変わった。まだイーサンには会えない。

愛する飼い主に再会するために何度も生まれ変わるベイリーの人生、いや犬生。犬と過ごした経験のある方には号泣必至の作品です。愛犬と別れた日を思い出し、うちの●●もこうやって会いに来てくれないかしら、と思うはず。ハンカチ&ティッシュをお忘れなく。
少年→青年→壮年(老年?)と変わっていくイーサンと一緒に自分の人生も振り返ってしまいました。ここまで何匹の犬や猫たちになぐさめてもらったことか。自分は何をしてやったかしらと反省もしきりです。
ラッセ・ハルストレム監督のほかの作品に、やはり犬が登場する『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』(1985年)『HACHI 約束の犬』(2009年)がありますのでもう一度見直したくなりました。(白)


2016年/アメリカ/カラー/シネスコ/100分
配給:東宝東和
(C)2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC
http://boku-wonderful.jp/
★2017年9月29日(金)よりTOHOシネマズ 日劇他、全国ロードショー
posted by shiraishi at 19:57| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドリーム(原題:Hidden Figures)

『ドリーム』ポスター図s.jpg

監督:セオドア・メルフィ
原作:マーゴット・リー・シェッタリー
脚本:アリソン・シュローダー、セオドア・メルフィ
撮影:マンディ・ウォーカー
音楽:ハンス・ジマーほか
出演:タラジ・P・ヘンソン(キャサリン・G・ジョンソン)、オクタビア・スペンサー(ドロシー・ボ―ン)、ジャネール・モネイ(メアリー・ジャクソン)、ケビン・コスナー(アル・ハリソン)、キルステン・ダンスト(ビビアン・ミッチェル)

米ソが熾烈な宇宙開発競争をしていた1961年、ソ連が有人ロケットの打ち上げに成功し、出遅れたアメリカはマーキュリー計画を推進した。NASAの研究所には優秀な人材が集められ、多くの女性が計算係≠ニして働いていた。最先端のこの施設にも外界と同じく根強い人種差別が残っており、白人と黒人の場所は分かれ、黒人は管理職になれず、俸給にも差があった。
黒人女性ばかりの“西計算グループ”の仲の良い3人。ドロシーは職場の実質的なリーダーだったが、昇格も昇給もない。かけあうと白人上司ミッチェルは「仕事があるだけいいでしょ」とにべもない。この2人のやりとりに後も注目を。
キャサリンは、西グループから初めて東の宇宙特別研究本部に移動になる。山のような書類を目の前に積まれ、着々とこなしていくが、白人男性ばかりの職場には黒人用・女性用トイレもなく、仲間のいる西の端まで走らねばならない。少女のころから数学の天分を見せていた彼女は、上司のハリソンに認められ、難題を解き明かしてゆく。計算係の彼女が出した結果は全て白人男性の成果となるのだったが…。メアリーは技術部に配属され、エンジニアを目指すも、必要な学歴を身につけられるのは白人ばかり。黒人で、しかも女性には門戸が開かれていなかった。そしてある日、地球周回軌道を初めて飛ぶ予定の宇宙飛行士ジョン・グレンがNASAを訪れた。
dream main.jpg

この3人の素敵な女性たちは、実在した人たち。宇宙開発競争の時代、人種差別と男性優位の壁に阻まれながらも、卓抜な才能とスキルでNASAにおおいに貢献していきます。エンジニアを目指すメアリーが白人限定の学校に行くために、どうアプローチしたのか? 大型コンピューター(IBM)がNASAに入ってから、ドロシーが計算グループの存続を図るために何をしたのか?素晴らしい才能のある特別な人たちではありますが、ひたむきに仕事にうちこむだけでなく、それぞれが子育ても家事もする家庭人でもありました。つくづく「カッコイイ!!」。それなのに、ご当地のアメリカでさえ、あまり知られていなかったそうです。宇宙飛行士の後ろには技術と理論を支えた科学者や技術者が、その陰にはこうした女性たちがいました。原題は『Hidden Figures』(隠された人たち)。Figuresには人物、数字、など多くの意味があります。白人社会の背後にいて知られなかった彼女たちのことでもあり、彼女たちが見つけ出す数字のことでもあるのでしょう。
演じる女優3人が個性的でしかも可愛い! ジャネール・モネイはミュージシャンですが、『ムーンライト』ではシャロンを大切にするテレサ役。オクタヴィア・スペンサーは『ヘルプ 心がつなぐストーリー』(2011)のメイド役がすぐに浮かびます。タラジ・P・ヘンソンはテレビが多いようでしたが、 ジャッキー・チェン版『ベスト・キッド』(2010)のジェイデン・スミスの母役です。
リサーチした実話をドラマとして仕上げていく構成、セリフの数々も巧みです(脚色賞ノミネート)。セオドア・メルフィ監督は『ヴィンセントが教えてくれたこと』の監督・脚本、『ジーサンズ はじめての強盗』の脚本を担当しています。今後が気になる監督さん。
同じような思いをしてきた働く女性たちは、自分を重ねて涙したはず。観終わったこちらも「やった!」とガッツポーズがしたくなる元気の出る映画です。久々にスカッとさせてもらいました。(白)


2016年/アメリカ/カラー/シネスコ/127分
配給:20世紀フォックス映画
(C)2016 Twentieth Century Fox
http://www.foxmovies-jp.com/dreammovie/
★2017年9月29日(金)全国ロードショー
posted by shiraishi at 19:11| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

スイス・アーミー・マン(原題:Swiss Army Man)

swiss.jpg

監督・脚本:ダニエルズ(ダニエル・シュナイナート、ダニエル・クワン)
撮影:ラーキン・サイプル
音楽:アンディ・ハル、ロバート・マクダウェル
出演:ポール・ダノ(ハンク)、ダニエル・ラドクリフ(メニー)、メアリー・エリザベス・ウィンステッド(サラ)

海で遭難、無人島で孤独な生活を送っていたハンクは、全く助けのないのに絶望してついに自殺を試みる。縄に首をかけたとき、海岸に横たわる人間に気がついた。駆け寄ってみればスーツ姿の男で、すでに死んでいる。しか〜し彼の身体にはガスがたまっていて、海に浮かぶ上、ジェットスキーのような推進力があった(つまりはおならの力)。これで島を抜け出せる!と大喜び。死体とわかっても話しかけてしまうハンクに、なんと返事がかえってきた。おまけにスイス・アーミー・ナイフ(十徳ナイフ)のようにたくさんの役立つ機能があることがわかった。死ぬ前の記憶がない彼を“メニー”と名付け、ハンクは不思議な友情をはぐくむことになった。二人は故郷に帰ることができるのか??

あのハリー・ポッターのダニエル・ラドクリフが死体の役、それも演技派ポール・ダノと二人出ずっぱりの奇想天外な話です。死体のメニーは動くのは目と口だけ。身体は動かせないので、ハンクが人形遣いのように引きずったり動かしたり。林の中のシーンはさぞ大変だったことでしょう。ハンクが独りぼっちのときに作ったらしい小物がちょこちょこと出てきますが、とても可愛いです。よーく見たかった。男の子二人(?)だけの無人島生活につき下ネタもたくさんで試写室は爆笑でした。よもやこの話で泣けるとはっ。前代未聞のサバイバル×青春×冒険物語、ぜひ劇場へ足をお運びください。音楽も面白いです!(白)

2016年/スウェーデン、アメリカ/カラー/シネスコ/97分
配給:ポニーキャニオン
(C)2016 Ironworks Productions, LLC.
http://sam-movie.jp/
★2017年9月22日(金)TOHOシネマズシャンテほか公開
posted by shiraishi at 18:00| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

エイリアン コヴェナント(原題:Alien: Covenant)

alien.jpg

監督:リドリー・スコット
脚本:ジョン・ローガン 、ダンテ・ハーパー
撮影:ダリウス・ウォルスキー
出演:マイケル・ファスベンダー(デヴィッド/ウォルター)、キャサリン・ウォーターストン(ダニエルズ)、ビリー・クラダップ(オラム)、ダニー・マクブライド(テネシー)、デミアン・ビチル(ロープ)、カーメン・イジョゴ(カリン)、エイミー・サイメッツ(ファリス)、ジャシー・スモレット(リックス)、キャリー・ヘルナンデス(アップワース)、ナサニエル・ディーン(ハレット)

宇宙船コヴェナントは2000人の入植者を乗せ地球を離れ、新しく移住する惑星を目指していた。長い旅路を管理するのは最新型のアンドロイド“ウォルター”、乗組員たちはみなカップルで冷凍睡眠中だった。しかし、アクシデントで冷凍睡眠装置の中の船長を含む乗員たち数十人が死亡してしまう。急きょ目覚めた他の乗員の中から船長代理としてオラムが選出される。謎の信号をキャッチしたコヴェナントは、亡くなった船長の妻ダニエルズの強い反対にも関わらず、入植地として適合するかどうかを確認するため、その発信元の惑星へ向かう。その惑星は地球の環境と酷似しており、穀物が育っていた。目指していた惑星より適切、と喜んだのもつかの間、調査隊は窮地に立たされることになった。

1979年公開のリドリー・スコット監督のCFホラー映画『エイリアン』の前日譚、2012年『プロメテウス』の続編、新シリーズの2作目となります。最初の作品で人間の肉体を食い破って生まれてくるエイリアン出現の衝撃が大きく、「エイリアン」ということばは、この作品で世界的に認知されたはず。最新作も前作に引き続きリドリー・スコット監督の手によるとはなんとも喜ばしいです。
『プロメテウス』で登場したアンドロイド“デイビッド”の最新型“ウォルター”と乗組員とが、エイリアンに遭遇してしまいます。この難局をどう乗り切るかが見どころ。
出演作が続いているマイケル・ファスベンダーは本作で、新旧のアンドロイドの二役。同じ場面に二人現れても昔の合成シーンと違って視線があらぬ方向を見ることもなく、全く違和感ありません。ダニエルズ役のキャサリン・ウォーターストンは『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(2016)のティナ役が記憶に新しいです。それにしても闘う女性が[ランニング姿]になるのはお約束なんでしょうか。男優がしっかりした装備で身体を守っていても、女優は必ずどこか肌を見せているんですよね。(白)


2017年/アメリカ/カラー/シネスコ/122分
配給:20世紀フォックス映画
(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
http://www.foxmovies-jp.com/alien/
★2017年9月15日(金)全国ロードショー
posted by shiraishi at 11:46| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

ザ・ウォール(原題:The Wall)

the wall.jpg

監督:ダグ・リーマン
脚本:ドウェイン・ウォーレル
撮影:ロマン・バシャノフ
出演:アーロン・テイラー=ジョンソン(アイザック)、ジョン・シナ(マシューズ)

2007年イラク戦争中。アメリカ兵のアイザックとマシューズが遺体の点在する砂漠を偵察していると、突然銃弾がマシューズを襲う。アイザックは倒れているマシューズを助けようと、一つ残っていた瓦礫の壁の後ろに駆け込む。敵兵がどこにいるのか見当もつかない。無線で救援を呼ぶと、かすかに訛りが聞き取れた。相手はアメリカ軍ではなく、敵のスナイパーで、アメリカ兵が“死神”と怖れているジューパ。アメリカ兵に偽装してこちらの位置を確定していたのだった。

砂漠に登場するのは死体と二人のアメリカ兵。それに姿を見せずに二人を狙い撃ちするジューパと呼ばれる男の声だけ。そのやりとりと銃撃戦だけで、90分間緊張が途切れずに続きました。アイザックは壁を頼りに孤独な闘いを続けるのですが、レンガを積んだだけで隙間だらけの心もとないもの。自分もその場で狙われていたかのようで、観終わってどっと疲れが出ました。
世界中で戦争がなくならないのは「させたい(自分は出ない)」人がいるんでしょうね。もっとも今や遠く離れた安全な地で、パソコンゲームのようにピンポイントで狙い撃ちする方に変わっているのですが。その後、身体でなく、心に傷を負う兵士たちも生まれています。闘いたいトップの人だけ「ガチンコ勝負」したらどうなんでしょう。誰も出てこないはず。
アーロン・テイラー=ジョンソンはいつも目を引く美形ですが、孤軍奮闘する今回は最後まで軍装で汗と砂まみれ。相棒の屈強なマシューズ役のジョン・シナは、WWEに所属する現役のプロレスラーだそうです。相手が飛び道具で組み討ちはできず。(白)


2017年/アメリカ/カラー/シネスコ/90分
配給:プレシディオ
(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
http://thewall-movie.jp/
★2017年9月1日(金)より新宿バルト9ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 17:23| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする