2018年01月21日

デトロイト(原題:Detroit)

detroit.jpg

監督:キャスリン・ビグロー
脚本:マーク・ボール
撮影:バリー・アクロイド
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演:ジョン・ボイエガ(ディスミュークス)、ウィル・ポールター(クラウス)、ジャック・レイナー(デメンズ)、ベン・オトゥール(フリン)、オースティン・エベール(ロバーツ)、ジョン・クラシンスキー(弁護士)、アルジー・スミス(ラリー)、ジェイソン・ミッチェル(カール)、アンソニー・マッキー(グリーン)、ジェイコブ・ラティモア(フレッド)、ハンナ・マリー(ジュリー)、ケイトリン・デヴァー(カレン)

1967年7月23日、アメリカ デトロイト。ベトナムから帰還した黒人兵のパーティに警官が押し入り、有無を言わさず解散させた。これがきっかけで、普段から警察の横暴に不満を持つ黒人が暴徒化した。暴動は激化するばかりで、ミシガン州は鎮圧のため警察に加えて陸軍州兵を出動させた。
暴動発生から3日目、せっかくの晴れ舞台が中止になってしまった黒人ボーカルグループのメンバーがアルジェモーテルにチェックインする。大勢の若い黒人客で賑わい、シンガーのラリーはプールサイドで白人の女性客と親しくなる。暴動から離れた静かな地区でだったのが、泊り客の一人カールがふざけて鳴らした競技用の空砲で一変。周辺にいた警官たちが銃撃の音と誤認、またたくまにモーテルは警官と軍隊に囲まれてしまう。真っ先に突入してきたデトロイト市警の白人警官クラウスは、逃げようとしたカールを背後から射殺。さらにモーテルの客たちを一堂に集めて、執拗な尋問を始めた。

実際に起きたデトロイト暴動では5日間で43人が死亡、1189人が負傷したそうです。映画は記録に残っている中からモーテルでの一夜にスポットをあて、息詰まるような濃密な時間に観客を閉じ込めます。キャスリン・ビグロー監督は事件の生存者をアドバザーとして撮影現場に招き、映画に生々しく再現しました。
人種差別警官クラウス役のウィル・ポールターは『リトル・ランボーズ』(2007)のやんちゃな男の子です。『なんちゃって家族』(2013)『メイズ・ランナー』(2014)などではそのまま大きくなった感じでしたが、こんなに鬼気迫る演技を見せるとは!同じような役ばかりが今後続くのではとちょっと心配。冷静な民間警備員ディスミュークスは『スター・ウォーズ フォースの覚醒』(2015)でフィン役に抜擢されたジョン・ボイエガ。アクション映画で活躍する若手俳優も出演していますが、ひたすら拷問に耐えることになるのが史実とはいえ、歯がゆくて辛いです。それだけリアルということで、観終わってやっと緊張が解けました。人を分断・排除しようという空気が見え隠れするこのごろ、この作品は必見。(白)


2017年/アメリカ/カラー/ビスタ/142分
配給:ロングライド
(C)2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
http://www.longride.jp/detroit/
★2018年1月26日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 17:57| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

レディ・ガイ (原題:The Assignment)

チラシ.jpg

監督:ウォルター・ヒル
製作:サイード・ベン・サイード 他 原案:デニス・ハミル
出演:ミシェル・ロドリゲス,トニー・シャルーブ,アンソニー・ラパリア,ケイトリン・ジェラード,シガニー・ウィーバー 他

1.jpg


男から女へ、暗殺者から復讐者へ。凄腕の殺し屋フランク・キッチンは銃撃戦のあと見知らぬホテルで目覚める…全身が包帯で巻かれ、その包帯を取って鏡の前に立った瞬間、彼は驚愕…そこに居たのは女、フランクは意識不明の間に性転換手術を施されていたのだ。女となった殺し屋は銃と色気を武器に、復讐に向う--

2.jpg


『48時間』など、男の世界を描き続けてきた名匠ウォルター・ヒル監督が初めて選んだ女性主人公は、なんと性転換手術で女にされた殺し屋。この主人公フランクを演じたのはファンから「兄貴」の愛称で呼ばれているハリウッド随一の男前女優ミシェル・ロドリゲス。男時代のフランクも彼女が演じてるのだけど、ほんとイケメンで惚れそうです。フランクを女に変えた外科医にシガニー・ウィーバー、久しぶりにスクリーンで観たけど相変わらずお綺麗。新旧の最強女優バトルです!! (千)

3.jpg
(C)2016 SBS FILMS All Rights Reserved

2016/アメリカ/配給:ギャガ・プラス/96min/映倫R15+
公式: http://gaga.ne.jp/lady-guy/
★2018年1月6(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開






posted by chie at 00:00| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

オレの獲物はビンラディン(原題:Army of One)

oreno.jpg

監督:ラリー・チャールズ
原作:クリス・ヒース
脚本:ラジーブ・ジョセフ、スコット・ロスマン
撮影:アンソニー・ハードウィック
音楽:デビッド・ニューマン
出演:ニコラス・ケイジ(ゲイリー・フォークナー)、ラッセル・ブランド(神)、ウェンディ・マクレンドン=コービー(マーシ・ミッチェル)、レイン・ウィルソン(CIA職員シモンズ)、デニス・オヘア(CIA職員ドス)

アメリカ コロラド州の田舎町に住むゲイリーは信仰心×愛国心の塊のような男。同時多発テロの首謀者と目されるビンラディンがいまだ見つからないのに業を煮やしている。病院での人工透析中、突如“神”からの啓示を受けたゲイリー、政府は頼りにならない、俺が行っちゃる!と決心する。まずパキスタンまでの足を確保、武器を揃え、と準備する熱血オヤジなゲイリー。たった一人でも気持ちは軍隊なのだ。ところが土地の人の温かさに触れてどうも勝手が違ってしまった。それでも初志貫徹と何度もパキスタンを訪れる不思議なオヤジの行動はCIAの知るところとなる。

2010年、実際にビンラディン誘拐を企てた容疑でパキスタン当局に拘束されたアメリカ人ゲイリー・フォークナーの実話。『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』のラリー・チャールズ監督が、「正気じゃないけど、とことん本気」な男の熱い日々を、これまたとことん熱く役作りをするニコラス・ケイジとタッグを組んで作り上げた作品。本人映像がエンドロールで観られますが、ほんとにそっくりに役作りしています。あんな物騒な人がパキスタンまで行ってしまうところが凄い。こんな人がいるなんてアメリカは不思議な大国です。秋のしたまちコメディ映画祭でいち早く上映されました。これは大きな劇場でみんなしてワッハッハ〜と観るのがお勧め。まるで現代のドン・キホーテのようで、その一途な思いにちょっとほだされます。真似はしないけどね。(白)

2017年/アメリカ/カラー/シネスコ/92分
配給:トランスフォーマー
(c)2016 AOO Distribution, LLC. All rights Reserved
http://www.transformer.co.jp/m/finding-binladen/
★2017年12月16日(土)シネマート新宿ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 17:52| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命   英題:THE ZOOKEEPER’S WIFE

yudayajin doobutuen.jpg

監督:ニキ・カーロ(『スタンドアップ』) 
脚本:アンジェラ・ワークマン 
原作:ユダヤ人を救った動物園 ヤンとアントニーナの物語(亜紀書房)
出演:ジェシカ・チャステイン、ダニエル・ブリュール、ヨハン・ヘルデンベルグ、マイケル・マケルハットン 

1939年、ポーランド、ワルシャワ。ヤンとアントニーナの夫妻は、当時ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。
1939年秋、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発する。動物園の存続が危うくなる中、アントニーナはヒトラー直属の動物学者・ヘックから、動物を救うため希少動物を預かりたいと申し出を受ける。しかし、数日後、ヘックは態度を一変。「上官の命令だ」と、園内の動物たちを撃ち殺し始める。
この頃、ユダヤ人が次々とゲットー(ユダヤ人強制居住区)に連行されていた。その様子に、ヤンは妻のアントニーナに動物園をユダヤ人の隠れ家にすることを提案する。すでに動物園としては成り立たなくなっていて、ヤンは、動物園をドイツ兵の食料となる豚を飼育する「養豚場」として機能させていた。その餌となる生ごみをゲットーからトラックで運ぶ際に、ユダヤ人たちを紛れ込ませて運び出すという作戦を実行する。連れ出したユダヤ人たちを、自分たちの住む管理棟の地下に広がる動物のための檻が置かれた場所に匿う。園内にはドイツ兵が常駐していたが、夜になり彼らが寝静まった頃には、上の部屋に呼び出して温かい食事を提供し、くつろぎのひと時を過ごせるよう配慮した。上にあがっていい安全な時と、音をたてないで身を潜める時の区別は、アントニーナの弾くピアノの曲が合図だった。
ヤンは地下活動で留守がちで、アントニーナは一人でドイツ兵からユダヤ人たちを守る日々が続く・・・

ナチスの迫害からユダヤ人をいろいろな形で救った人たちがいることは、これまでにも映画で描かれてきましたが、動物園を隠れ蓑に匿ったことは初めて知りました。二人が匿ったユダヤ人は、数日の人から長期に亘った人まで総勢約300人にのぼるそうです。映画の最後に、ヤンとアントニーナの夫妻が、戦後およそ20年後、イスラエル政府から「諸国民の中の正義の人」に認定されたと記されていました。多くの非ユダヤの善意の人のお陰で命が救われたことを忘れないためのユダヤ人国家としての感謝の気持ちを表わすもの。そのユダヤ国家のパレスチナへの仕打ちを思うととても複雑な思いになります。そして、いま、世界全体に広まっている不寛容の空気。そんな時だからこそ、本作を鏡に、人種で他者を排除することの悲劇を繰り返さないようにしてほしいものです。(咲)
  
2017年/チェコ・イギリス・アメリカ/127分/スコープサイズ/5.1ch
配給:ファントム・フィルム
後援:ポーランド広報文化センター 公益社団法人日本動物園水族館協会 
協力:赤十字国際委員会(ICRC)
公式サイト:http://zookeepers-wife.jp/
★2017年 12月15日(金)より、TOHOシネマズみゆき座他にて全国公開




posted by sakiko at 09:29| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

ラ・ベア マッチョに恋して(原題:La Bare)

rabea.jpg

監督:ジョー・マンガニエロ
撮影:アンドリュー・ホイーラー
音楽:Z-Trip
出演:マスターブラスター、チャニング、チェイス、トレント、DJニック・アダムス、シーザー、コール、ジョー・ミラー、アレックス、JD、オースティン

アメリカ・テキサス州ダラスにある男性ストリップクラブ「ラ・ベア」。そこで働く人気のダンサーたちの本音やショーの内側に迫ったドキュメンタリー。『マジック・マイク』(2013〜)シリーズで知られる俳優ジョー・マンガニエロの初監督作品。今も現役、大ベテランのランディをはじめ、映画を観てストリッパーに憧れて入った可愛い若手チャニング(映画にちなんだステージネーム)たちの舞台裏を見せます。

ハリウッドの人気スター、チャニング・テイタムが10代の頃にストリッパーとして働いたことがあり、その体験談を元にした『マジック・マイク』がヒットしました。へ〜〜と思いながらこのシリーズを楽しみましたが、そちらはフィクション。こちらは俳優として出演したジョー・マンガニエロがメガホンをとったドキュメンタリー。たぶん嫉妬も相まって男性の評価は低いかもしれませんが、熱狂する女性たちのコメントをよく聞いていただきたいもの。仕事とはいえ、女性にこよなく優しいイケメン&マッチョな男性ストリッパーをたっぷり観られますので、特に女性たちよ劇場へGO!それにしてもアンジェロは惜しいです…。(白)

2014年/アメリカ/カラー/ビスタ/91分
配給:パルコ
(C)2014 La Bare/3:59 Incorporated. All rights reserved
http://www.labare-movie.jp/
★2017年12月9日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 16:32| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする