2018年11月15日

MAKI マキ   原題:MAKI

MAKI_poster(1).jpg

監督・脚本:ナグメ・シルハン
出演:
マキ(エヴァ): サンドバーグ直美
トミー:.ジュリアン
ユミコ:.おおのゆりか
ヴァイオレット: ブランカ・ヴィヴァンコス
ミカ:原田美枝子

Maki_09.jpg
ニューヨークの日本人高級クラブでエヴァという名のホステスとして働くマキ。クラブ内は恋愛禁止だが、マキはボーイのトミーと暮らしていて、お腹には彼の子を宿している。そのことに気づいたクラブ経営者のミカは、子どもを産むまで郊外のヴァイオレットの家で暮らし、生まれた子は養子に出してはどうかとマキをいたわる・・・

Maki_making02.jpg
左から、サンドバーグ直美、ナグメ・シルハン監督、ジュリアン

ナグメ・シルハン監督は、イラン生まれで、イラン革命の前年1978年に家族とアメリカに移住。父親はテヘランに戻るが、イラン・イラク戦争の影響で母親と共にアメリカに残る。この別離や移住、新たな場所での葛藤がシルハン監督の映画の主なテーマになっている。
22010年の初長編作品『The Neighbor(Hamsayeh)』が映画祭で話題となり、『MAKI マキ』が長編第二作。ボストン大学放送映画学学士。
長年の師匠であるアミール・ナデリ監督のアドバイスで、ニューヨークの日本人コミュニティを舞台にした物語を紡ぐ。
日本側のプロデューサーは、長年、日本でイラン映画の紹介に尽力してきたショーレ:ゴルパリアンさん。

台詞のほとんどが日本語ですが、冒頭と最後にMarjan Farsadによるペルシア語の歌「Khooneye Ma」(私たちの家)が効果的に使われています。
心地よく素敵な歌は、YouTubeで聴けます。
https://www.youtube.com/watch?v=f0-fPwuPpAk

冒頭の歌には、歌詞の日本語訳がないのですが、映画の最後に流れるときには訳がついています。
この映画のために作った歌ではなく、既存の歌を見つけてきたそうですが、物語にぴったりの歌!
いつまでも心に残る素敵な歌です。(咲)



【初日舞台挨拶&トークショーのお知らせ】
  会場:ユーロスペース

★11月17日(土) 12:30の回上映前 初日舞台挨拶舞台挨拶
登壇者:サンドバーグ直美、ジュリアン、原田美枝子、ナグメ・シルハン監督

★11月18日(日)16:30の回上映後 スペシャルトークショー
登壇者:アミール・ナデリ(映画監督『CUT』『山<モンテ>』)、ナグメ・シルハン監督


2017年/アメリカ・日本合作/89分
配給:ユーロスペース
公式サイト:http://maki-movie.com/
★2018年11月17日(土)ユーロスペースほか全国順次ロードショー




posted by sakiko at 08:53| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

アンクル・ドリュー(原題:Uncle Drew)

uncle.jpg

監督:チャールズ・ストーン3世
脚本:ジェイ・ロンジーノ
撮影:クラッシュ
音楽:クリストファー・レナーツ
出演:カイリー・アービング、リルレル・ハウリー、ティファニー・ハディッシュ、シャキール・オニール、クリス・ウェバー、レジー・ミラー、ネイト・ロビンソン、リサ・レスリー

マイケル・ジョーダンに憧れバスケットボールを始めた青年ダックス(リルレル・ハウリー)は、あるトラウマから選手の夢を諦め、現在はストリートバスケチームのコーチをし、大会での優勝を目指していた。しかし、ある日突然、チームの主力選手をライバルチームに引き抜かれてしまう。失意の中ダックスは、伝説の選手だったお爺さん・アンクル・ドリュー(カイリー・アービング)と出会う。二人はかつての仲間を集め、伝説のチームを復活させ、バスケの聖地“ラッカー・パーク”で開催される大会に挑むことに…。果たしてダックスの夢はかなうのか?そして、ドリューたちはかつての輝きを取り戻すことができるのか!?

よぼよぼのおじいちゃんがバスケットボールを持った途端、華麗な足捌きで神業プレーを連発!「このおじいちゃん、凄すぎる」と思っていたら、NBAスター選手、カイリー・アービングが特殊メイクで老人に変身していた。
ペプシがカイリーと組んで作ったプロモーション用CMがYouTubeで爆発的な人気を博し、この映画になったのだ。
カイリーのチームメンバーにはシャキール・オニール、レジー・ミラー、ネイト・ロビンソン、クリス・ウェバー。そしてリサ・レスリーが助っ人に入る。
もちろん見どころはバスケットボールの試合シーン。ゴールがガンガン決まる様は見ていて気持ちがいい。加齢はやめる理由ではなく、やめるから歳を取るのだと作品は伝える。まっ本当はみんな、そこまでの高齢ではないのだけれど。背中を屈め、腰を落とし、すっかり高齢者の姿勢。
また、バスケットボールの試合の合間に出掛けたクラブでのダンス対決。演じる彼らの年齢はおじいちゃんではないものの、よくまあ、あれだけ踊れるものだと感心。日本のプロスポーツ選手があれだけキレッキレのダンスを披露できるだろうか。
試合だけでなく、過去に起こしたことへの後悔から立ち直る姿も描く。逃げずに向き合うことが人を成長させる。それは歳を取っても同じ。そして力を合わせて困難を乗り越えたとき、絆が生まれるのだ。(堀)


2018年/アメリカ/英語/カラー/アメリカンビスタ/103分
配給:REGENTS
Motion Picture Artwork (c) 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
http://uncledrew.jp/
★2018年11月9日(金) 全国ロードショー
posted by shiraishi at 01:45| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

ステータス・アップデート(原題:Status Update)

ステータス・アップデート.jpg

監督:スコット・スピアー
出演:ロス・リンチ、オリヴィア・ホルト、ハーベイ・ギーン、コートニー・イートン

カリフォルニア出身のカイルは両親の別居によって、母、妹と3人で祖父が住むコネチカット州に引っ越しをする。自分に自信のないカイルは高校に馴染めず、恋人がいないのが悩み。ある日、同級生にスマホを壊され、学校帰りにスマホショップに寄ったところ、ソーシャルアプリ「ユニバース」がダウンロードされた新しいスマホを渡される。「ユニバース」はプロフィール欄になりたい自分を書き込むとその通りになる魔法のアプリだった。カイルは「ユニバース」を駆使して、高校でのステータスを上げていくが…。

カイルは踊って歌ってスポーツ万能となり、学内でのステータスが急上昇。努力もせずに手に入れた能力をちやほやされて舞い上がる。美人から口説かれて、友だちとの約束を忘れてしまう。高校生でなくてもありがちかも。あれもこれもと手を出し、本当にやりたかったことが蔑ろに。自分を見失い、大切なものも失ってしまう。にっちもさっちもいかなくなる。そんなカイルに母は地道にやり直すしかないとアドバイス。そう、失敗してもいい。人生は地道がいちばん!(堀)

2018年/アメリカ/英語/106分/カラー/DCP
配給:AMGエンタテインメント
(C) 2017 STATUS UPDATE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. http://status-update.jp/
★2018年11月3日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 20:30| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボヘミアン・ラプソディ(原題:Bohemian Rhapsody) 

qween.jpg
 
監督:ブライアン・シンガー
脚本:アンソニー・マッカーテン
撮影:ニュートン・トーマス・サイジェル
音楽プロデューサー:ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー
出演:ラミ・マレック(フレディ・マーキュリー)、ルーシー・ボイントン(メアリー・オースティン)、グウィリム・リー(ブライアン・メイ)、ベン・ハーディ(ロジャー・テイラー)、ジョセフ・マッゼロ(ジョン・ディーコン)

メンバーが抜けたばかりのブライアン・メイとロジャー・テイラーのバンドに自分を売り込んだフレディ、これまでのインド風の名前を捨て、フレディ・マーキュリーと改名する。フレディは恋人メアリーを得て、公私共に充実していた。メンバーで作る個性的な曲は、当初業界で評価されなかったがライブを重ねるごとにファンが増え、アルバムも発売された。数々のヒット曲を放ち、世界的なバンドとなっていくクイーン、フレディは輝かしいライトを浴びながら、孤独にさいなまれていた。
破格の契約金でソロとなったフレディはメンバーと仲たがいしてしまう。メアリーとも疎遠となって、ようやく自分が大切にしなければならないものに気づく。そんなとき、20世紀最大の音楽イベント「ライブ・エイド」に出演の話が持ち上がった。フレディは自分の非を認めてメンバーに許しを請う。崩壊寸前だったクイーンは再び結集した。

queen1.jpg

作品中披露されるのは28曲。フレディの独特なマイク・パフォーマンスの始まり、「ボヘミアン・ラプソディ」、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」が生まれるときのエピソードも織り込まれ、名曲誕生の瞬間に立ち会ったような気がします。一旦仲間のもとを離れたフレディが参加を決意する1985年のチャリティー・ライブ「ライブ・エイド」は、クイーンが完全復活を果たす最高のパフォーマンスで、映画では冒頭がそのシーンで始まり、ラストをまるごと再現した圧倒的な映像でしめくくります。みんなで一斉に何かするのが苦手な私でも、思わず胸が熱くなりました。試写室で涙を拭いていたのは私だけではありません。
フレディを演じるラミ・マレックは少し細身ですが、堂々のパフォーマンス。撮影で使った”付け歯”と別れがたくて、金加工をして大切に持っているようです。メンバーも楽器演奏を特訓しての熱演。キャスト4人が来日するそうなので、芸能ニュースチェックをお忘れなく。
日本でもクイーン人気は高く、1975年には初来日、日本びいきでプライベート来日もあったそうです。ドラマの主題歌になったり、日本独自のベストアルバムも発売(2004年)チャート入りしています。フレディは日本の着物や陶磁器、日本庭園が好きで映画の中にも散見されます。ガウン代わりに着ているのは赤い襦袢でした。
歌舞伎町に新宿コマ劇場が健在だった2004年、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」のミュージカル興行があり、大きな看板が掲げられ曲が鳴り響いていたのを思い出します。これはより大きな画面で、良い音響の劇場で体感するのがおすすめです。手拍子と足踏みが出そうですね。(白)


2018年/アメリカ/カラー/シネスコ/135分
配給:20世紀フォックス映画
(C)2018 Twentieth Century Fox
http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/
★2018年11月9日(金)ロードショー

<前夜祭上映>
大迫力の音響システムで一足早く体感
11月8日(木)、IMAXR/ドルビーアトモス上映劇場にて
<胸アツ応援上映>
11月9日(金)、TOHOシネマズ日比谷(東京)・梅田(大阪)にて
詳細はHPまで
posted by shiraishi at 16:41| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

華氏119 (原題:Fahrenheit119)

kasi.jpg

監督:マイケル・ムーア
出演:マイケル・ムーア

2016年11月9日にトランプが米国大統領選を勝利をしたことを受け、なぜヒラリー・クリントンが負けたのかを丁寧に解説する。さらに、マイケル・ムーア監督の故郷であるミシガン州で起こっている事実に目を向け、トランプ政権に導かれて、アメリカが向かおうとしている先を危惧し、警告を鳴らす。

多くのアメリカ人が確信していたアメリカ初の女性大統領の誕生。ところが蓋を開けてみれば、当選したのは、まさかのドナルド・トランプだった。ひとり1票ではない“選挙人制度”と無投票数が絡み合い、トランプを支持する少数派がアメリカ全土の意志へと変わってしまった恐ろしい“からくり”をマイケル・ムーア監督が明かしていく。その見せ方がうまい。ヒラリー支持者が開票前から当選を確信して祝杯を挙げるシーンを見せた後、お通夜かと思うような沈痛なトランプ陣営を映し出す。そして、トランプ当選直後の相反する反応も。エンタテインメントがよくわかっている。
ムーア監督はミシガン州フリントの水道問題にも切り込む。トランプの古くからの友人スナイダーがミシガン州知事になり、金儲けのために、黒人が多く住むフリントという街に民営の水道を開設したが、安い管を使用したことで水道水に鉛が溶け込んだのだ。知事の家にアポなし突撃をして見せたパフォーマンスはムーアならでは。
情報量が多く、一度で全てを理解するのは難しい。しかし、アメリカがナチス化する可能性を示唆するラストには不安が募る。(堀)


2018年/アメリカ/128分
配給:GAGA
(C)2018 Midwestern Films LLC 2018 cPaul Morigi / gettyimages
https://gaga.ne.jp/kashi119/
★2018年11月2日(金)より全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 11:32| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする