2017年03月19日

ムーンライト  原題:MOONLIGHT

monn light.jpg

監督・脚本:バリー・ジェンキンス 
エグゼクティブプロデューサー:ブラッド・ピット
出演:トレバヴァンテ・ローズ、アンドレ・ホーランド、ジャネール・モネイ、アッシュトン・サンダース、アレックス・ヒバート、マハーシャラ・アリ、ナオミ・ハリス、 

マイアミの黒人コミュニティで暮らすシャロンの成長物語。

少年期: 母ポーラと暮らすシャロン。内気で、学校ではリトルと呼ばれている。ある日、いじめられているところを麻薬ディーラーのファンに助けられる。泳ぎを教わりながら「自分の道は自分で決めろ」とファンに諭される。ファンを父のように感じて慕うシャロン。学校では、同級生のケヴィンだけが心を許せるただ一人の友達だった。

青年期: 高校生になったシャロンは、相変わらずいじめられている。母ポーラは麻薬におぼれる日々。家に居場所はなく、ファンの家を訪ねるが、ファンは亡くなっていた。ファンの妻テレサが優しく接してくれる。学校で同級生に罵られ、落ち込んだシャロンが夜の浜辺に佇んでいると、ケヴィンがやってくる。月の光の下で、二人は寄り添う。翌日、学校で怒りを爆発させたシャロンは事件を起こす・・・

成人期: あの事件のあと、マイアミから姿を消したシャロン。成長し、体格もよくなったシャロンは、アトランタで麻薬ディーラーとして幅をきかせている。ある夜、突然ケヴィンから電話がかかる。ダイナーで料理人として働くケヴィンは、シャロンに似た客を見かけて事件のことを思い出し、謝りたいという。声を聞き、急に会いたくなったシャロンは高級車をケヴィンのもとへと走らせる。

月明かりのもと、お互いの気持ちを確認しあうシャロンとケヴィンの姿が愛おしい。そういうことだったの・・・と、その場面になるまで気付かなかった私。思えば、オカマとからかわれていたのでした。
ケヴィンがシャロンのために特別メニューを作るといってキッチンに消えたあと、シャロンの取る行動をお見逃しなく!
これまたケヴィンを思う気持ちが、じ〜んと伝わってくる場面です。
アカデミー賞作品賞に輝いた本作。まさに心に染みこむような映画。

いじめられても刃向かうことなく下を向いていたシャロン。ファンという男と知り合うことで、シャロンの中でなにかが変わる。運命的な出会いが、誰しもにもあることを感じさせてくれます。そうやって人は大人になっていくのだつくづく思います。(咲)


☆第89回アカデミー賞  作品賞、脚色賞、助演男優賞 計3部門受賞

シャロンに大きな影響を与えたファンを演じたマハーシャラ・アリが、アカデミー賞助演男優賞を受賞。少年期の部分のみで、出番は多くはないけれど、存在感が光ります。

提供:ファントム・フィルム/カルチュア・パブリッシャーズ/朝日新聞社 
配給:ファントム・フィルム
2016/アメリカ/111分/シネマスコープ/5.1ch/R15+
公式サイト:http://moonlight-movie.jp
★2017年3月31日(金)、TOHOシネマズシャンテ他にて全国公開

アカデミー賞作品賞ほか受賞で、公開が前倒しになりました。
posted by sakiko at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッセンジャー(原題:Passengers)

passengers.jpg

監督:モルテン・ティルドゥム(『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』)
脚本:ジョン・スパイツ
撮影:ロドリゴ・プリエト
美術:ガイ・ヘンドリックス・ディアス
音楽:トーマス・ニューマン
出演:ジェニファー・ローレンス(オーロラ・レーン)、クリス・プラット(ジム・プレストン)、マイケル・シーン(アーサー)、ローレンス・フィッシュバーン(ガス・マンキューゾ)、アンディ・ガルシア

20XX年、新たな移住地を目指して、乗客5000人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が地球を旅立った。目的地ははるかに遠く、到着予定は120年後。乗客は冬眠状態にあり、目的地の数ヶ月前にならないと目覚めない。アヴァロン号は自動操縦で快適な旅を続けていたが、その途中で予定外に早く目覚めてしまった男女がいた。一人はロウアーデッキ(エコノミークラス)にいたエンジニアのジム、もう一人は美貌の作家でゴールドクラス(ファーストクラス)にいたオーロラだった。普通の生活では会うはずもない二人が、宇宙という究極の空間でなんとか生きる道を探す。旅はまだ90年も残っている・・・。

宇宙に取り残されるという作品はこれまでもありました。『ゼロ・グラビティ』『オデッセイ』など。それぞれに助かるかどうかハラハラさせられましたが、今度は宇宙空間の旅の途中で早く目覚めてしまい、残りの年数は客船の中だけという悲劇的状況です。5000人もの乗客がいるのに、乗務員がこれだけ?なのには驚き。何もかも機械化されていて、ミスや故障や事故などありえないというのです。「想定外」という語句がぴったりの早い目覚めに、地球の会社にヘルプと連絡をとっても返事が来るのが何年も後、ってどんだけ遠くへ行くんでしょうか。
特別の状況下どうするのが一番いいのか思わず考えさせられます。観ているうちにあまりに杜撰では、と突っ込みどころが出てくるものの、ほとんど出ずっぱりの2人の魅力+乗員のアーサーの良い味に2時間近く見入ってしまいました。宇宙船の造形や内部の美術、宇宙、プール(観てのお楽しみ)など美しい場面がたくさんあります。(白)


2016/アメリカ/カラー/シネスコ/116分
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
http://www.passenger-movie.jp/
★2017年3月24日(金)より全国ロードショー
posted by shiraishi at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

モアナと伝説の海(原題:MOANA)

moana.jpg

監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ
アニメーション監修:エリック・ゴールドバーグ
製作:オスナット・シューラー
製作総指揮:ジョン・ラセター
脚本:ジャレド・ブッシュ
音楽:マーク・マンシーナ
オリジナルソングス:リン=マヌエル・ミランダ 他
声の出演:アウリイ・クラヴァーリョ(モアナ)、ドウェイン・ジョンソン(マウイ)、レイチェル・ハウス(タラおばあちゃん)、ジェマイン・クレメント(タマトア)
声の出演(日本語吹替版):屋比久知奈(モアナ)、尾上松也(マウイ)、夏木マリ(タラおばあちゃん)、ROLLY(タマトア)

モアナは南国の楽園の島で生まれ、幼いころ海に選ばれた特別な女の子。サンゴ礁の外に出ることは固く禁じられていたが、モアナはいつか外海へ出ることを夢見て16歳になった。父の後を継いで族長として島を守ることが決まっていたが、外海への憧れがなくなることはなかった。タラおばあちゃんだけがモアナを理解し、心の声に従いなさいと励ましてくれるのだった。
自然の恵み豊かだった島に次々と異変が起こり、島に伝えられた伝説が蘇る。英雄マウイが命の女神テ・フィティから“心”を盗み出したことで生まれた闇がこの島にもせまってきたのだった。モアナは愛する島と人々を守るため、マウイを探し出し女神テ・フィティの“心”を返そうと、祖先の遺した舟で外海へと旅立っていく。

太平洋の島々に残る伝説をちりばめて生まれた心躍るストーリー。賢くて勇敢なヒロイン、モアナ(海という意味)が、初めて外海に乗り出します。相棒はたまたま荷物に混じってしまった鶏のヘイヘイ。何も考えていない和ませキャラで航海の役には立ちそうもありません。それでもいつ活躍するのかとつい注目してしまいます。風と海の守り神マウイは、かつての小錦関を思い出させるような巨漢。傲慢さも残っているけれど愛すべきキャラで、これまでの物語を表したタトゥーが体にびっしりと刻まれています。タトゥーのミニ・マウイがモアナの後押しをしてくれます。
ほとんどが海のシーンなので、海を表現するための特別チームが組まれたそうです。動きも色も透明度もこれまでのアニメの中で一番!島の緑や砂浜の美しさ、衣装や髪や肌の質感に「ここまでできるのか〜」とほれぼれしました。厳しい両親に従い王子様を待つだけでなく、自ら決めて行動できるヒロインが登場したのはいつからだったでしょう?女の子も男の子も大人もぜひご覧ください。

ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ監督は『リトル・マーメイド』(89)や『アラジン』(92)、『プリンセスと魔法のキス』(09)などを生み出した黄金コンビ。今回は初のCGアニメーションです。日系ブラジル人のレオナルド・マツダ監督・脚本の短編『インナー・ワーキング』も同時上映。(白)


2016年/アメリカ/カラー/シネスコ/107分
配給:ディズニー
(C)2016 Disney. All Rights Reserved
http://www.disney.co.jp/movie/moana.html
★2017年3月10日(金)全国ロードショー
posted by shiraishi at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

ラビング 愛という名前のふたり(原題:Loving)

loving.jpg

監督・脚本:ジェフ・ニコルズ
出演:ジョエル・エドガートン(リチャード)、ルース・ネッガ(ミルドレッド)、マートン・ソーカス(ブルックス保安官)、ニック・クロール(バーナード・コーエン)、テリー・アブニー(ガーネット)、アラーノ・ミラー(レイモンド)、ジョン・ベース(フィリップ・ハーシュコプ)、マイケル・シャノン(グレイ・ビレット)

1958年バージニア州では異人種間の結婚が禁じられていた。大工のリチャード・ラビングは恋人のミルドレッドが妊娠したのを大喜びする。結婚が認められない地元ではなく、、ワシントンDCまで出かけて結婚届を出した。しかし、真夜中に保安官が押し掛け「この結婚は違法」と二人を逮捕する。白人のリチャードは翌日釈放されるが、黒人のミルドレッドはしばらく留め置かれてしまう。弁護士に相談し法廷に臨むが、二人への判決は1年間服役するか、州から25年間追放されるかというものだった。
やむを得ず二人は親類を頼ってワシントンに移り住む。子どもが安心して遊ぶ場所もなく、ミルドレッドは自然豊かな故郷が恋しい。1963年ミルドレッドは時のケネディ司法長官にそれまでの事情と「故郷で暮らしたい」という望みを打ち明けた手紙を書いた。 アメリカ自由人権協会にこのケースが委ねられ、二人を担当する弁護士が現れる。

ただ互いを愛し、故郷で暮らすことを願った夫婦が、法律をも変えることになった真実の物語。先に発表されたドキュメンタリーを作った監督がプロデューサーとして長編映画の企画を立て、コリン・ファースも制作に加わります。『テイク・シェルター』(2012/マイケル・シャノン主演)のジェフ・ニコルズが監督・脚本です。
夫妻役にぴったりの俳優を得たうえ、実在の場所でのロケはリアリティを深めました。ジョエル・エドガートンは監督・主演の『ギフト』(2015)で主人公に接近してくる不気味な旧友を演じています。昨年観たばかりですが、こちらの『ラビング〜』では実直で家族思いの職人役。髪はもちろん顔立ちも違って見えてすぐに気づきませんでした。妻役のルース・ネッガも共にアカデミー賞にノミネートされています。
これまでにもほかの映画で、白人と黒人の結婚を反対されて苦労した話を観ましたが、州ごとに法律が違っていることや罰則がこんなに厳しいものであったことをこの作品で初めて知りました。ご夫婦の姓が「Loving 」だなんて偶然なのでしょうが、なんとも素敵です。
1967年6月12日、米国連邦最高裁判所で「異人種間結婚禁止法は違憲」とする全員一致の判決が下されました。この日は「Loving Day」と呼ばれる記念日になっています。(白)


2016年/イギリス・アメリカ合作/カラー/シネスコ/122分
配給:ギャガ
http://gaga.ne.jp/loving/
(C)2016 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.
★2017年3月3日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラ・ラ・ランド  原題:LA LA LAND

lala.jpg

監督・脚本:デイミアン・チャゼル (『セッション』)
出演:ライアン・ゴズリング(『ドライヴ』)、エマ・ストーン(『バードマン』)、J.K.シモンズ(『セッション』)

女優をめざし、映画スタジオのカフェで働くミアと、いつか自分の店を持って、好きなだけ演奏したいと願っている売れないジャズピアニストのセブ。出会いのきっかけは最悪だったけど、恋に落ちる二人。お互いの夢を叶えるべく励ましあう二人だったが、セブが資金作りの為に入ったバンドが成功したことから、いつしか心がすれ違い始める・・・・

米アカデミー賞過去史上最多14ノミネートとあって、とにかく試写の混みようは異常でした。
2度目には2時間前に行って、お陰でお気に入りの隅っこの席で観ることができました。
二人は夢を叶えることができるのか、そして恋の行方は?と、甘く切ない音楽と共に楽しみました。
ライアン・ゴズリングを観たくて、来日記者会見にも参加。
DSCF9178 la la land.JPG
おぉ〜なんと、デイミアン・チャゼル監督のほうが、グッと甘くて素敵でした。
「叶う夢もあれば、叶わない夢もある!」という監督の言葉が印象に残りました。
叶わなくてもいい、人生、夢に向かって前に進むのみ! (咲)



『ラ・ラ・ランド』来日記者会見 
DSCF9266 la la land.JPG
デイミアン・チャゼル監督と主演ライアン・ゴズリング 二人の絶妙なトークに会場が湧きました。 

2016年/アメリカ/128分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル
配給:ギャガ/ポニーキャニオン
公式サイト:http://gaga.ne.jp/lalaland/
★2017年2月24日 (金) TOHOシネマズ みゆき座ほか全国ロードショー!
posted by sakiko at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする