2017年01月15日

ショコラ 君がいて、僕がいる 原題 Chocolat

2017年1月21日 シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー
ショコラ.jpg
(C) 2016 Gaumont / Mandarin Cinema / Korokoro / M6 Films

監督ロシュディ・ゼム
製作エリック・アルトメイヤーニコラ・アルトメイヤー
原案ジェラール・ノワリエル脚本シリル・ジェリー
出演 
オマール・シー ショコラ(ラファエル・パディーヤ)
ジェームス・ティエレ ジョルジュ・フティット
クロチルド・エム マリー・グリマルディ
オリビエ・グルメ ジョゼフ・オレール
フレデリック・ピエロ デルヴォー

20世紀初頭のサーカスで人気を得たフランス史上初の黒人芸人ショコラを描いた作品。人種偏見の激しい時代、白人の芸人フティットがショコラを見出し、コンビを組み、芸で身を立て大活躍していく姿を描く。小さなサーカスから始まり、パリの有名なサーカスからお声がかかり、次第に有名になっていく二人。そんな中、ショコラは厳しい人種差別にあいながらもひたむきに芸を磨きながら生きていく。しかし、その現実から逃れるように、ショコラはギャンブルに溺れていく。身分証を持っていないため不法滞在の罪で収監もされ、拷問も受ける。そんなショコラをフティットは支えるが、次第に溝も深まっていく。
ショコラを演じたのは『最強のふたり』のオマール・シー。相方フティットを演じるのはチャールズ・チャップリンの孫であるジェームス・ティエレ。

アメリカでの人種差別というのは、今まで映画でずいぶん描かれてきたが、フランス映画で、そういうテーマを描いた作品は日本ではほとんど公開されてきてはいないのでは。それにしても、これはやはりオマール・シーという俳優が出てきたからこそできた作品かなと思った。(暁)

2015年 フランス 119分
配給 東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
オフィシャルサイト http://chocolat-movie.jp/
posted by akemi at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

TOMORROW パーマンネントライフを探して   原題:DEMAIN

tomorrow.jpg

監督:シリル・ディオン、メラニー・ロラン(『イングロリアス・バスターズ』『オーケストラ!』)
出演:シリル・ディオン、メラニー・ロラン、ロブ・ホプキンス、ヴァンダナ・シヴァ、ヤン・ゲールほか

地球にやさしく、心を豊かにしてくれるライフスタイルを模索する提案型ドキュメンタリー

2012年、権威ある学術雑誌「ネイチャー」に21人の科学者たちにより、今のライフスタイルを続ければ人類は滅亡するという論文が発表された。この内容に衝撃を受けた、女優メラニー・ロランと活動家・ジャーナリストのシリル・ディオン。「この先の未来、人類が滅亡しないよう、地球にやさしく、みんなが幸せでいられるライフタイルはどこにあるのか?」を探る旅に出る。
アメリカ、イギリス、フランス、デンマーク、アイスランド、アイスランド、スイス、インドの8ヶ国で、農業、エネルギー、食、経済、民主主義、教育など様々な分野で環境対策のために“新しい暮らしや取り組みを始めている人々”に会いに行き、インタビュー。下記の6つのパートで構成。

Story 1 そもそもの、はじまり Beginning
「ネイチャー」誌に発表された論文の執筆者に会う。

Story2 まずは、新しい食のあり方から Agriculture
自動車工場の相次ぐ閉鎖で人口が激減したデトロイト。都心で農業。
マンチェスター近郊トッドモーデンの“インクレディブル・エディブル(みんなの菜園)”。花壇や公共の土地に植えた果物や野菜を共有するシステム。
インドの有機農法を農民に広める環境保護活動家。
石油も除草剤も機械も動力も使用しないフランス、ル・ベック・エルアンの農場。

Story3 石油がなくても? Energy
2025年までに二酸化炭素排出ゼロを目指すデンマークの首都コペンハーゲンの取り組み。
エネルギー政策先進国として注目を浴びる国アイスランド。水力発電、地熱エネルギーなど再生可能エネルギーで利益を得ている首都レイキャビク。
フランス:レユニオン島。ソーラーパネル設置と引換えに農民に温室を無料で提供。
2020年までにすべてのゴミをリサイクル活用させる「ゼロ・ウェイスト」プロジェクトを推進中のサンフランシスコ。
注:再生可能エネルギー:化石燃料とは違い、太陽光、風力、地熱、水力といった自然の力で常に補充されるエネルギーのこと。

Story4 消費を増やしながら、同時に減らすことはできない Economy
フランス・リール/ポシェコ社。徹底した環境配慮型の生産体制で封筒づくりしている現場。
イギリス・トットネス&ブリストル。地域通貨の成功例。
スイス・バーゼル/ヴィール銀行。1934年設立。使用範囲の限られた無利子のWIR通貨で相互貸付システムを提供。
アメリカ:オーランド/バリー。アメリカに於ける地元起業家の最大ネットワーク。持続可能な経済のための運動。

Story5 私たちが持っている力 Democracy
疲弊した民主主義症候群を覆すには、古代ギリシャで行われていた「くじ引き制度」の復活をと主張するベルギーの歴史家。
アイスランド:レイキャビク。2008年の金融危機後、2010年、政治家・銀行家・大企業を監視する組織が生まれ、無作為に選ばれた市民1000人が政策提言し、新憲法を作成する25名を選出。2011年新憲法草案を国民の67%が賛成するが、保守党は拒む。
インド:コタム・バカム。革命的な民主主義の村。カースト制度最下層不可触民出身の村長が、村の集会「グラムサバ」を開設。。5年間で廃棄物の削減、下水道の建設、スラム街の再開発、子どもの就学奨励などを成し遂げる。

Story6 人として必要なものは? Education
フィンランド:教育システム改革に取り組んで40年。学校を支える哲学は、子どもたちに将来に備えて学び方を教えること。教え方はひとつではなく、いくつもあり、生徒によっても違う。

2時間に、様々なことがたっぷり詰め込まれていて、ちょっとめまぐるしい感はありますが、どの事例も、これが世界の各地で実現できれば、未来は明るいと思わせてくれるものばかりでした。
私にとって印象深かったのは、「農業で単一栽培はしないこと」という原則。ソ連時代に、ウズベキスタンに綿だけを植えるように中央が指示したことが頭をよぎりました。単一共和国内で自給自足させず、ソ連内のほかの共和国との連携で経済が成り立つようにした弊害。
また、いいなと思ったのは、フィンランドの教育者の「子どもたちに教えたいのは、思いやりと寛容」という言葉。これは、子どもたちだけでなく、頑なになってしまった大人にも肝に銘じてほしいことですね。
火力・原子力発電のないアイスランドや、サンフランシスコの「無駄使いゼロ運動」で、スーパーのレジ袋禁止、ポリ袋包装の禁止などを市の条例にしたことなども印象に残りました。(咲)


◆2016年12月9日に開催された公開前試写会&ワークショップの模様は、スタッフ日記で!
ofiicial1.jpg
公式写真

2015年/フランス/120分/シネスコ/カラー
配給:セテラ・インターナショナル
公式サイト:http://www.cetera.co.jp/tomorrow/
★2016年12月23日(金・祝) 渋谷シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー
posted by sakiko at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

皆さま、ごきげんよう  原題:Chant d‘Hiver / Winter Song

minasann.jpg

監督:オタール・イオセリアーニ
出演:リュファス、アミラン・アミナラシヴィリ、ピエール・エテックス、マチュー・アマルリック、トニー・ガトリフ

フランス革命の時代。ギロチンに賭けられる罪人を、楽しそうに編み物しながら見物する女たち。刑が執行され、パイプをくわえたままの首を大事そうに受け取る女性。

とある戦場。金品を奪い、女を強姦する兵士たち。陣地に戻り、洗礼を受ける兵士たち。テントに入り軍服に着替える牧師の身体には入れ墨が。

現代のパリ。ローラースケートで路上強盗をする少女たち。
酔っ払いがロードローラーに轢かれてしまう。のされてぺしゃんこになった男を自宅に届けると、「ドアの下から入れて」という奥さん。
アパートの庭で編み物を楽しむ女性たち。
貴族で博学のアパートの管理人は、怪しげな男たちと武器取引をしているらしい。
骸骨集めが趣味の人類学者・・・

フランス革命の時代、戦争の時代、そして現代のパリと、人々の営みがユーモアを交えながらも辛辣に描かれます。
上記に紹介したほかにも、現代のパリでは、警察署長とその娘、男爵、貴婦人、ローラースケート強盗団の青年などなど、様々な人が登場して、観終わってみると、なんだったのかよくわからない不思議な感じ。

グルジア(現ジョージア)出身でパリ在住のオタール・イオセリアーニ監督が、半自伝映画『汽車はふたたび故郷へ』の日本公開から5年ぶりに来日。芸術として誕生した映画が商売人の手に落ちてしまったと嘆く一方、東京は町で煙草も吸えない冷たい町になったとも。映画同様、監督に煙に巻かれたような記者会見でした。(咲)


DSCF8807.JPG
煙に巻かれた記者会見の模様は、こちらで!
http://cinemajournal.seesaa.net/article/444128506.html

2015年/フランス=ジョージア(グルジア)/121分 
配給:ビターズ・エンド
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/gokigenyou/
★2016年12月17日より岩波ホールほか全国順次公開
posted by sakiko at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

メン・イン・キャット(原題:Nine Lives)

mic.jpg

監督:バリー・ソネンフェルド
出演:ケヴィン・スペイシー(トム・ブランド)、ジェニファー・ガーナー(ララ・ブランド)、ロビー・アメル(デヴィッド・ブランド)、シェリル・ハインズ(マディソン・カムデン)、クリストファー・ウォーケン(フェリックス・パーキンス)

仕事一筋のゴーマン社長トム・ブランドは愛する一人娘の誕生日プレゼントをまだ用意していないのに気がついた。娘の希望どおり猫を手に入れようとペットショップを訪ねる。実は猫が苦手のトムはしぶしぶやってきたのだが、不思議な老店主が薦めるままに大きな猫を買うことになった。猫を連れて帰る途中、ビルから転落してしまい、そのとたんトムの意識が猫に移ってしまった。トムの身体は入院中。猫になったトムの言葉は誰にも理解してもらえず、しかも社長が留守中の会社は不穏な空気に包まれていた。いったいどうなっちゃうの??

普段はわりあい暗〜い役が多いケヴィン・スペイシー、彼が猫になるコメディとは!興味津々で試写に行きました。主人公の猫はサイベリアンフォレストキャットというロシア原産の長毛種。モフモフでかわいいです(でも中身はゴーマン社長)。猫になって初めて知る家族の気持ち…これまでのゴーマンぶりも反省するトムですが、どうやったら元に戻れるのか?
ペット店主役のクリストファー・ウォーケンは猫好きだそうで、たくさんの猫に囲まれて楽しそうです。注:予告動画は日本語ですが、本編は英語・日本語字幕です。(白)


2016年/フランス・中国/カラー/ビスタ/87分
配給:アスミック・エース
(C)2016 - EUROPACORP - All rights reserved
http://mic.asmik-ace.co.jp/
★2016年11月25日(土) ほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

フランコフォニア ルーヴルの記憶  原題:Francofonia

francofonia.jpg

監督:アレクサンドル・ソクーロフ( 『エルミタージュ幻想』)
出演:ルイ=ド・ドゥ・ランクザン ベンヤミン・ウッツェラート

第二次世界大戦中の1939年、ルーヴル美術館長のジャック・ジョジャールは、館内の美術品をナチス・ドイツから守るため、パリ郊外の城へ密かに運びだすよう指示する。その翌年5月、ナチス・ドイツがパリに侵攻。
将校ヴォルフ・メッテルニヒが、芸術品の管理のためジョジャールの元を度々訪れるようになる。ふたりは敵同士のため心を開いて語り合うことなかったが、美術品を守る使命で繋がってゆく・・・

ナチス・ドイツの侵攻から、いかに美術品を守ったのかのドキュメンタリーかと思ったら、それだけではありませんでした。見物人のいないがらんとした美術館で、ナポレオン1世が、「これも自分が集めてきたもの」と感慨深く美術品を眺めている。そばには、フランス共和国のシンボルの女性マリアンヌがいる。まるで亡霊のように。もちろん、当時のアーカイヴ映像も出てくるのだけど、なんとも不思議な構成。
一方で、監督の祖国ロシアのエルミタージュ美術館が、ルーヴルのように保護されず、ドイツの攻撃目標となった事も当時の映像と共に語られます。
ルーヴルに収蔵されているイラクやエジプトの遺跡も映し出され、あんなに根こそぎ現地から持ってきてしまったのかと、あらためて憤慨。持ってきたからこそ、戦争から守られたともいえるので複雑な思い。(咲)


2015年/フランス・ドイツ・オランダ/88分/5.1ch/ビスタサイズ
配給:キノフィルムズ
公式サイト:http://www.francofonia.jp
★2016年10月29日 (土)ユーロスペースほかで公開
posted by sakiko at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする