2017年10月31日

永遠のジャンゴ (原題:django)

320.jpg


監督:エチエンヌ・コマール 製作:オリビエ・デルボスマルク・ミソニエ
製作総指揮:クリスティーヌ・ドゥ・ジェケル 脚本:エチエンヌ・コマール
出演:レダ・カティブ,セシル・ドゥ・フランス,ベアタ・パーリャ,アレックス・ブレンデミュール,グザビエ・ボーボワ 他

640.jpg


1943年、ドイツ占領下のフランスでジプシー出身のギタリスト:ジャンゴ・ラインハルトはパリで最も華やかなミュージックホールで毎晩のように観客を沸かせていた。その一方で、ナチスによるジプシー迫害は酷くなり 各地でジプシー狩りが起きた。多くの仲間が殺され、ジャンゴ自身にも危険が迫り、絶望に打ちのめされる… そんな時にナチス官僚が集う晩餐会での演奏をジャンゴは引き受けることになるが…。

640.jpg


「マイナー・スイング」など数々の名曲を残し、ジミヘン、クラプトンなど世界中のミュージシャンが影響を受けたジャンゴ・ラインハルトの知られざる物語が初めて描かれる。私もジャンゴの音楽を少しは知っていたが、まさか指3本であんな素晴らしいギター演奏をしていたなんて頭が下がります(学生時代、ギタリストになりたくてカラオケboxで練習していたが挫折した私…)。そしてジプシー出身とゆうことも初めて知った。戦争に翻弄され、虐殺されたジプシーの人々…音楽、芸術を生きる灯として暮らしていることが私には強く印象に残った。音楽を武器にナチスに立ち向かった伝説的ギタリスト:ジャンゴの、この映画は『チャップリンからの贈りもの』『大統領の料理人』などの脚本を手掛けてきたエチエンヌ・コマールの初監督作品。第67回ベルリン国際映画祭オープニング上映。 (千)

640.jpg
(C)2017 ARCHES FILMS – CURIOSA FILMS – MOANA FILMS – PATHE PRODUCTION - FRANCE 2 CINEMA - AUVERGNE-RHONE-ALPES CINEMA
2017/フランス/117分
配給 ブロードメディア・スタジオ
http://www.eien-django.com/
★11月25日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開




posted by chie at 00:00| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

エンドレス・ポエトリー   原題:Poesia Sin Fin

endoress poetry.jpg

監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
撮影: クリストファー・ドイル
出演:アダン・ホドロフスキー、パメラ・フローレス、ブロンティス・ホドロフスキー、レアンドロ・ターブ、イェレミアス・ハースコヴィッツ

ホドロフスキー一家は、チリ北部の故郷トコピージャから、船で首都サンティアゴへ向かう。娼婦や怪しい薬を売る男たちがうずめく労働者の街マトゥカナ通りに店を構えたアレハンドロの父ハイメ。万引き客に容赦なく暴行を加える父に怯える中、アレハンドロはスペインの詩人ガルシア・ロルカの詩集に出会う。父は生物学の本を読んで医者になれと罵倒するが、集まる親族の前で医学の道には進まず詩人になると宣言する。そんなアレハンドロを従兄弟のリカルドは芸術家姉妹の家に案内する。ダンサー、画家、ピアニストなどが共に暮らしていて、アレハンドロも詩を披露しながら充実の時を過ごす。
ニカノール・バラの詩集に惹かれたアレハンドロは、詩に出てくる「毒蛇女」のような女との出会いを期待して、詩人が集う店「カフェ・イリス」に向かう。そこで、まさに毒蛇女のモデルである詩人ステラと出会い、彼女と結ばれるが、徐々に詩作に割く時間が減っていく。そんな矢先、従兄弟のリカルドが首吊り自殺した場面をみてしまう。親の思う人生を命を絶ってまで拒否したリカルドを見て、自分の人生を考え直すアレハンドロ・・・

アレハンドロが少年時代と決別し、詩人として生きる決意をして、パリに旅立つまでを描いた物語。ホドロフスキー監督自身が体験したことを、映画という芸術作品として再現。サンチャゴでは実際に住んでいたマトゥカナ通りで撮影しています。

1929年、ロシア系ユダヤ人の子どもとして生まれたアレハンドロ・ホドロフスキー監督。
前作『リアリティのダンス』では、生まれ育ったチリ北部ボリビア国境近くのトコビージャでの日々が綴られています。
本作は、その続編。ホドロフスキー監督は、今後も、パリ時代、メキシコ時代、そしてパリに戻って、45歳年下の妻パスカルとの出会いを描きたいと意欲的に語っています。

『リアリティのダンス』の続きが観たい!という多くのファンの願いを実現しようと立ち上がった一人が、アップリンク代表の浅井隆氏。
めくるめくホドロフスキーの世界を、また世に送り出してくださったことに感謝です。(咲)



<アレハンドロ・ホドロフスキー監督からのメッセージ>

私はもう88歳で、死にかけている。
間もなく肉体は滅びる。

私は映画で、多くの観客を惑わせるのではなく、自覚させたい。
芸術は人に向かって扉を開き、その中に人は自己を見出す。

私たちは檻にとらわれて多くの物に惑わされる。
だが、意識には名前も、年齢も、国籍も、性別もない。
自由を望めば自由になれるんだ。

映画館のスクリーンの前で意識を覚醒してほしい。
芸術の言葉を受け取ってほしい。
――アレハンドロ・ホドロフスキー

下記、アツコバルーの会場で監督のメッセージ動画の完全版を観ることができます。

◆映画『エンドレス・ポエトリー』公開記念 特別企画
ホドロフスキーと妻パスカルの共作ドローイング展示

会期:2017年10月14日(土)〜11月5日(日)
水〜土曜 14:00-20:00/日、月曜 11:00-18:00/火曜休

会場:アツコバルー arts drinks talk
東京都渋谷区松濤1-29-1 5F TEL.03-6427-8048
http://l-amusee.com/atsukobarouh/
料金:500円

◆第30回 東京国際映画祭 特別招待作品
『エンドレス・ポエトリー』上映後Q&Aに
主演で音楽も手掛けるホドロフスキーの息子アダン・ホドロフスキー登壇!
DSCF2379 adan 320.jpg
日時:2017年10月26日(木)11:35開場/12:05開映/14:45終了 
会場: EXシアター六本木

2016年/フランス・チリ・日本/128分/スペイン語/1:1.85/5.1ch/DCP
配給:アップリンク
公式サイト:http://www.uplink.co.jp/endless/
★2017年11月18日(土)より、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク渋谷ほか全国順次公開



posted by sakiko at 16:06| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

婚約者の友人    原題:FRANTZ

konnyaiusya.jpg
監督・脚本:フランソワ・オゾン(『彼は秘密の女ともだち』『8人の女たち』)
原案:エルンスト・ルビッチ
出演:ピエール・ニネ(『イヴ・サンローラン』)、パウラ・ベーア(『ルートヴィヒ』)

1919年、ドイツ、クヴェールドリンブルク。
毎朝、フランスとの戦いで亡くなった婚約者フランツの墓に通うアンナ。身寄りのないアンナは、亡きフランツの両親と暮らしていた。
ある朝、フランツの墓に花を手向け泣いている青年を見かける。フランスから来たアドリアンと名乗る青年。フランツの父ハンスは、フランスの男は皆、私の息子を殺した犯人だと追い返すが、母マグダは、戦前パリに留学していた時の友人ではないかという。
宿泊先を探し出し家に招き、フランツとの関係を矢継ぎ早に質問するマグダ。アドリアンは泣き出してしまうが、ようやくルーブル美術館でフランツお気に入りのマネの絵を一緒に観た思い出を語り始める。アドリアンに息子の面影を感じた両親は、夕食に招くようになる。アンナもアドリアンと町の舞踏会にいき、婚約者の友人以上の感情を持ち始める。だが、そんなある日、アドリアンが夕食への招待をすっぽかしてしまう。フランツの墓に佇むアドリアンを見つけたアンナは、衝撃の告白を受ける。正体を明かし、これ以上はいられないとフランスに帰ってしまうアドリアン。一方、アドリアンにほのかな気持ちを寄せるようになっていたアンナは手紙を出すが、宛先不明で戻ってきてしまう。真実を知らないフランツの両親は、アンナを後押しして、アドリアンを探しにフランスに行くことを勧める。はたして、アンナはアドリアンを見つけることはできるのか・・・

アドリアンとフランツの関係の衝撃の真実・・・ 戦前、パリでフランツと親しくしていたというので、もしや男どうしの愛?と、あ〜勘違い。どんな真実だったかは映画で確認を。

かつての戦争は、人と人とがまさに殺しあう戦いだったことを思い知りました。
今や、遠隔操作でボタンを押して、敵を殺す時代。例え相手がほんとに戦争の片棒をかついでいる兵士であろうと、誤認で殺してしまった一般人であろうと、罪悪感はほとんど感じないでしょう。
日本兵の遺品の日の丸を、長い間、手元に持っていた元アメリカ兵の話を時折聞きます。彼らは戦後、どんな思いでその日の丸を持ち続けたことでしょう。
加害者をも、いつまでも苦しめる戦争。権力者の匙加減一つで起こる戦争。皆が共存して平穏に暮らせる世界を実現してほしいものです。
そんなことをずっしり感じた本作ですが、それ以上に、人を許すことの大切さもずっしり。アンナの女心にも涙です。(咲)


2016年/フランス・ドイツ/113分/シネマスコープ/モノクロ・カラー/5.1ch
配給:ロングライド
提供:KADOKAWA、ロングライド
後援:在日フランス大使館 / アンスティチュ・フランセ日本
公式サイト:http://frantz-movie.com/
★2017年10月21日(土)シネスイッチ銀座ほか全国順次公開



posted by sakiko at 13:30| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

愛を綴る女(原題:Mal de pierres)

aiwo.jpg

監督・脚本:ニコール・ガルシア
原作:ミレーナ・アグス「祖母の手帖」
出演:マリオン・コティヤール(ガブリエル)、ルイ・ガレル(アンドレ)、アレックス・ブレンデミュール(ジョゼ)、ブリジット・ルアン、ビクトワール・デュボワ

南プロヴァンスの小さな村に住む若く美しいガブリエル。愛することを熱望するあまり既婚の教師に一方的な情熱を傾け、拒絶される。奔放な彼女は注目の的となり、持て余した母親は自分の農園で働くスペイン人のジョゼにガブリエルとの結婚を薦める。ガブリエルは「絶対に愛さない」ジョゼも「愛していない」と宣言して夫婦となるが、変則的な夫婦の営みはあった。流産したガブリエルに腎臓結石が見つかり、アルプス山麓の療養所に滞在することになる。そこでインドシナ戦争の帰還兵、アンドレと運命的な出会いをする。

情熱的な恋に身を焦がすエキセントリックなガブリエルが、だんだんと美しくなっていきます。元々綺麗な人が官能的に磨かれていくのが、生々しくなく品良く出ていると申しましょうか。私はルイ・ガレルのアンドレより、渋みの勝ったおじ様アレックス・ブレンデミュールのジョゼがいいです。ガブリエルは、なぜこの人の深い愛情に気づかないのか?たぶんタイプじゃないので、問題外のそとって感じなのね、ジョゼ可哀想すぎと一人納得。
ガブリエルの焦燥感、満ち足りていく様、なくしたものへの未練などなど、どの表情にも惹きつけられるでしょう。マリオンのファンは必見。プロヴァンスの美しい風景、美術や衣装も〇。(白)


2016年/フランス・ベルギー・カナダ合作/カラー/シネスコ/120分
配給:アルバトロス・フィルム
(C)(2016) Les Productions du Tresor - Studiocanal - France 3 Cinema - Lunanime - Pauline's Angel - My Unity Production
http://aiotsuzuru.com/
★2017年10月7日(土)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 19:49| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

スクランブル(原題:Overdrive)

scramble.jpg

監督:アントニオ・ネグレ
脚本:マイケル・ブラント、デレク・ハース
撮影:ローラン・バレ
出演:スコット・イーストウッド(アンドリュー・フォスター)、フレディ・ソープ(ギャレット・フォスター)、アナ・デ・アルマス(ステファニー)

兄のアンドリューは頭脳、弟のギャレットはメカニック、それぞれ得意分野を担って華麗に高級クラッシクカーのみを盗むフォスター兄弟。今日はオークションで落札された37年型ブガッティを移動中に横取りする計画だ。今回もうまくいくはずだったが失敗。しかもマフィアのモリエールが落札者だったために捕まってしまう。殺されないための条件は、モリエールと敵対するマフィアのクレンプの62年型フェラーリ250GTOを盗み出すこと。それも1週間以内に。兄弟は新しい仲間を集め、強奪作戦を練り始める。

車に詳しい人なら垂涎の超高級車ばかりが登場します。二人のマフィアがカーマニアという設定なので、ガレージに並ぶ車たちに目を見張ります。初めに登場するブガッティは本物の修復のための鋳型を借りて作ったレプリカ、62年型フェラーリ250GTOはリクリエーションモデルだそうですが、ほかは全てコレクターから撮影のために借りた本物だとか。世の中にはほんとにお金持ちがいるんですねー。
車ばかりでなく兄弟が知恵と仲間のチームワークで、マフィアの裏をかきながら繰り広げるカーアクションも見どころ。主演のスコット・イーストウッドは名前と見た目のとおり、クリント・イーストウッドの実の息子。いまや堂々たる巨匠の若き頃とそっくりです。七光りではないのは見てわかっていただけるはず。(白)


2017年/フランス/カラー/シネスコ/94分
配給:ギャガ
(C)2016 OVERDRIVE PRODUCTIONS - KINOLOGY - TF1 FILMS PRODUCTION - NEXUS FACTORY
http://gaga.ne.jp/scramble/
★2017年9月22日(金)TOHOシネマズみゆき座 他全国ロードショー
posted by shiraishi at 19:19| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする