2014年07月19日

ダバング 大胆不敵(原題:DABANGG)

dapan.jpg

監督:アビナフ・シン・カシュヤップ
出演:サルマーン・カーン(チュルブル・パンデー)、ソーナークシー・シンハー(ラッジョー)、ソーヌー・スード(チェーディー・スィン)、アルバーズ・カーン(弟マッキー)、ディンプル・カパーディヤー(母ナイヤー)

チュルブルは父が亡くなった後、暮らしていくために再婚した母と義父、再婚後に生まれた弟マッキーと暮らしている。義父は血の繋がった弟ばかり贔屓し、チュルブルは口惜しかったが母の愛情だけは変わらずそれが支えであった。
21年後、チュルブルはロビンフッドの異名を持つ警察官になっていた。悪人から金を巻き上げることもあるが、部下や庶民の味方の正義漢であった。弟マッキーは父親が甘いのをいいことに定職にもつかず、そのくせ結婚相手だけはちゃっかりと見つけていた。相手の親への持参金がないため、チュルブルのふところをあてにしている。チュルブルも美しい娘ラッジョーに出会って恋に落ち、猛アタックを開始するが、酒びたりの父の世話をしている親孝行なラッジョーはなかなか承知してくれない。
そのころ、権力の座を狙う野心家の若い政治家チェーディーは、なにかにつけ邪魔をするチュルブルを排除しようと画策していた。

インド映画界に君臨する「3カーン」(サルマーン・カーン、シャー・ルク・カーン、アミール・カーン)のうち、マッチョな身体とレット・バトラーのような髭が特徴のサルマーン・カーンがアクションに恋にと大活躍するエンターテイメント作品。来年50歳になりますが、若いです!
ソーナークシー・シンハーは両親とも俳優、モデルとして活躍していましたが、親子ほど年の違う大スターの相手役となったこの作品で大ブレイクしました。ちょっと悪女っぽい雰囲気の美女。弟マッキーのアルバーズ・カーンはサルマーンの実の弟なんだそうです。
「ダパン♪ダパン♪」と繰り返される呪文のようなテーマ曲がすっかり刷り込まれて、見終わった後頭の中でヘビロテしてしまいます。阿波踊りと同じで、一緒に踊ってしまえば楽しさ倍増。マサラ上映(映画と一緒に踊りまくる)で存分にお楽しみください。
シネスイッチ銀座で大ヒット上映中の『マダム・イン・ニューヨーク』とこの『ダバング 大胆不敵』を買い付けしたのが映画好きの個人の方で、映画上映のために脱サラして会社を立ち上げたというのに驚きました。
これも大ヒットして資金を回収し、またぜひ次に繋がりますように(白)。
◎詳しくは「ボリウッド映画を買ってみました」をご覧下さい。
http://obanaza.cocolog-nifty.com/blog/

「歌って!踊って!インド映画祭」では、ほかに『あなたがいてこそ』、『バードシャー テルグの皇帝』が初の劇場公開。
伝説の2作品のマサラ上映もあります。お見逃しなく!
『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』( 2007年/169分)
『ムトゥ踊るマハラジャ』 (1995年/166分)


2010/インド/カラー/126分/シネスコ
http://www.u-picc.com/Dabangg/
配給:太秦
★7月26日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開予定
posted by shiraishi at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

マダム・イン・ニューヨーク   英題:ENGLISH VINGLISH

監督・脚本:ガウリ・シンデー
出演:シュリデヴィ、アディル・フセイン、アミターブ・バッチャン、メーディ・ネブー、プリヤ・アーナンド

シャシは、お菓子づくりが得意で贈答用に売ったりもしているけれど、二人の子どもと忙しいビジネスマンの夫に尽くす平凡な主婦。家族の中で1人だけ英語ができず、娘からは、恥ずかしいから学校の面談に来ないでと言われる始末。そんなシャシが、姪の結婚式準備を手伝うため、家族と離れ、1ヵ月ニューヨークで過ごすことになった。見知らぬ町でコーヒーも頼めなくて途方に暮れていたら、「4週間で英語が話せる」という広告が目に入る。さっそく問い合わせて、英会話学校に通い始める。目標は、4週間後に英語でスピーチすること! フランス人、メキシコ人、韓国人、パキスタン人、タミル系インド人・・・ 様々な国の人たちと一緒に猛特訓が始まる・・・
madam.jpg

(C) Eros International Ltd

普通の主婦が外の世界に飛び込み、いつしか自信を持って輝いていく姿を描いた爽やかな物語。インド映画でヒロインが美女というのは定番ですが、女性自体が主役の映画は実は珍しいのです。監督も女性。1974年生まれのガウリ・シンデーによる初監督作品ですが、映画は大ヒット。インドの情報サイト、レディフ・ドットコムの「2012年版ボリウッドの監督ベスト5」にも選出されるという快挙です。

シャシを演じたシュリデヴィは、1963年生まれ。4歳で子役デビューして以来、出演作は265本以上というスーパースター。97年にプロデューサーのボニー・カプールと結婚し女優業は休業、今作が15年ぶりの映画復帰となりました。
そして、シャシがNYに向かう飛行機の隣の席に、なんとアミダーブ・バッチャン! 英語のわからないシャシの為に、映画を同時通訳。思わず感情がこもって、まわりは迷惑顔という楽しい場面です。
初監督にして、国民的俳優二人の並ぶ姿を撮ってしまったシンデー監督、凄いです。
sindli kantoku.jpg

ガウリ・シンデー監督

監督のお母様はピクルス作りの名人で商売にもしているのに、英会話が苦手。多言語社会のインドでは英語のできることがステイタス。なぜ英語ができないのと母を見下していた反省の思いが映画に反映されているそうです。

最初、NYでコーヒーも頼めなかったシャシ。教室に通ううち、クラスメートと自然に会話がはずむようになり、自分の意見もちゃんと言うようになります。パキスタン男性が偏見に満ちた発言をした時には英語でなくインドの言葉で注意するという配慮も。(シャシの話すヒンディー語と、パキスタン男性が話すウルドゥー語は、文字で書くと全く違って見えますが、文法は同じで、語彙は違うものもあるけれど、会話は成り立ちます。)

シャシがサリー姿でニューヨークの街を闊歩する姿に、伝統を大事にしながら、新しいことにも挑戦する自信に溢れた女性像を監督は描きたかったのだなぁと感じました。(咲)


スタッフ日記ブログ インドのトップ女優シュリデヴィ来日記者会見
http://cinemajournal.seesaa.net/article/398312187.html

P1030984.JPG

シュリデヴィ来日レポートは、特別記事でご覧ください。
http://www.cinemajournal.net/special/2014/madame/index.html

2012年/インド/ヒンディー語・英語/スコープサイズ/134分
後援: 駐日インド大使館
協賛: エアインディア
提供・配給: 彩プロ
公式サイト:http://madame.ayapro.ne.jp
★2014年6月28日より、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開
posted by sakiko at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1!  原題:Student Of the Year

監督:カラン・ジョーハル 

制作:シャー・ルク・カーン 

舞踏監督:ファラー・カーン 

音楽:ヴィシャール=シェーカル

出演:シド・マルホトラ、ヴァルン・ダワン、アーリアー・バット


インド北部の高原にある名門私立高校の聖テレーザ学園。生徒の半分はお金持ちの御曹司やお嬢様、もう半分は奨学金制度で入学してきた優秀な者たち。毎年、学園では校長の独自のアイディアで競うナンバーワンの生徒を決める大会が行われている。学業だけでなく、スポーツ、ダンス等々、すべてを制した者がナンバーワンに輝く。だが、25年続いた伝統の大会も、この年で終わりを告げることになり、校長は学園を去ることになった。 いったい、何が起こったのか・・・


物語は、10年後、校長の危篤を聞きつけた卒業生たちが病院に駆けつけるところから始まる。それぞれが10年前の大会を巡って失ったものを思い出しながら・・・

10年前の大会で優勝間違いなしと注目されていたロハン(ヴァルン・ダワン)。実業界の大物の次男だが、ロックスターを目指していることを父に反対され、兄からも軽蔑されていた。そこに転校してきたハンサムなアビ(シド・マルホトラ)。親を亡くし奨学金制度で入学したスポーツ万能でダンスも上手で頭も切れるアビは、ロハンの対抗馬に。何かとアビに意地悪をしていたロハンだが、サッカーでアビのパスでロハンがシュートした頃から友情が芽生え始める。しかし、ロハンの彼女シャナーヤ(アーリアー・バット)がアビと親しくなり、再び二人は対立するようになる・・・
メイン.jpg

2012 EROS INTERNATIONAL MEDIA LIMITED


シャー・ルク・カーン制作とあって、いち早く観たい!と、いそいそと試写に出かけました。今回は、シャー・ルク・カーン本人は出演していませんが、若い新人3人がきらきら輝いています。ロハン役のヴァルン・ダワンもアビ役のシド・マルホトラも映画初主演ですが、2人ともほんとにナイスガイ。 ちなみに私の好みはシド。 シャナーヤ役のアーリアー・バットもキュート。これからの活躍が楽しみな3人です。


ボリウッド流の歌って踊っての場面は実はあまり好きじゃないのですが、本作では、何度も歌と踊りの場面が出てくるのに、どれも自然に場面が移動して気になりませんでした。若さがはじけてて、あんな時代もあったなぁ〜と懐かしくなりました。(踊ってたわけじゃないけど、いろんなことを夢見ていたなぁ〜という意味で!)


昨年ヒットした『きっと、うまくいく』は、大学時代から15年後が描かれましたが、本作は、高校時代から10年後。皆、いろんな経験をして、様々な思いを抱えて大人になっていくのですねぇ。若い人にも、すでに青春をとっくに過ぎた人にもお奨めの1作です。そして、マサラ・ムービーに抵抗のある人も、ぜひご覧ください。(咲)


提供: メダリオン・メディア

配給: アンプラグド

公式サイト  http://www.student-no1.com

2012/インド/146/カラー/ヒンディー語

★2014年5月3日(土)よりシネマライズほか全国順次公開!



posted by sakiko at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

デリーに行こう  原題:Challo Dilli

監督:シャシャーント・シャー

出演:ラーラ・ダッタ、ヴィナイ・パタック

charo delhi2.jpg

ミヒカは美人で潔癖症、ムンバイで投資会社を営むキャリアウーマン。ハンサムでお金持ちの夫は首都デリーで別居生活。ある日、ミヒカは仕事を兼ねて夫に会いにデリーに向かうが、機体トラブルの為、ジャイプルで降ろされてしまう。タクシーでデリーに向かおうとするが、運転手不足で、機内で見かけた不躾な男マヌと同乗する羽目になる。だいぶん走って気がつくとデリーとは反対方向!おまけにタクシーは沙漠の真ん中で故障してしまう。「大丈夫! たいしたことじゃない!」と何があってもマヌはこの一言。らくだ車、ジープ、木賃宿での一泊、トラックの荷台・・・と、上品なミヒカには我慢ならない珍道中になってしまう・・・

 charo delhi.jpg

ミヒカは、下品極まりないマヌと出会ったのが運のつきと、あからさまに嫌な顔をマヌに向けるのですが、一緒に旅をするうち、少しずつ気持ちが変わっていきます。別れた後、オールドデリーで生地屋を営んでいると言っていたのを頼りに訪ねていって知るマヌの素顔・・・  ハチャメチャな旅のあとに知るマヌの秘密。ぜひ劇場でご確認を!

 

思えばインドで飛行機が思うように飛ばないというハプニング。インドに4回旅して、2回経験しています。一度は、デリーからジャイプル行きの飛行機が霧で飛ばなくて、バスで向かったら、3車線が5車線くらいになって車がひしめき身動きできない状況に。その合間を牛が悠々と歩いていたのを思い出します。もう一度は、ジョドプルからデリーに向かった飛行機がデリーまで飛べず、ジャイプルで泊まる羽目に。現地ガイドも聞いたことがないというホテル・・・なんと、宮殿ホテルでした! 西洋人より先に案内されて喜んでいたら、私たちは城壁下の部屋。西洋人は母屋(つまり宮殿)でした。旅にも人生にもハプニングはつき物。何があってもマヌじゃないけど、「大丈夫! たいしたことじゃない!」で乗り越えるのが一番♪ (咲)

 

2011年/インド/ヒンディー語/120

配給:Thati Media Corporation

(C) 2012 Thati Media K.K. All Rights Reserved.

公式サイト:http://www.bollywoodeiga.com

★2014年2月15日(土)より、オーディトリウム渋谷ほか全国順次公開



posted by sakiko at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神さまがくれた娘 原題:Deiva Thirumagal/英語題名:God's Own Child

監督:A.L.ヴィジャイ

出演:ヴィクラム、ベイビー・サーラー、アヌシュカー、アマラー・ポール、ナーセル、サンダーナム

 kamisama1.jpg

6歳児の心を持つ父親クリシュナと、5歳の娘ニラーの愛情物語。


南インドの大都市チェンナイまで30キロ。車が行き交う道路で「ニラー! ニラー!」と叫んで娘ニラーを探す男クリシュナ。警察署に行くが、知的障害があるのを察して、「弁護士を連れて来い。裁判所に行けば弁護士はいる」と追い払われてしまう。裁判所前でクリシュナが出会った若い女性弁護士のアヌ。クリシュナの叫ぶ「アヴァランチ」「チョコレート工場」という単語を頼りにチョコレート工場の社長ビクターと連絡を取ってくれる。クリシュナはバーヌという女性と結婚したが、娘ニラーを産んだ時にバーヌは他界。周りの人たちに助けられながら、一人で娘を育ててきたのだった。ニラーが6歳になり、小学校に通うようになった時、亡き妻バーヌの父親が孫の存在を知る。バーヌの家は金持ちで、社会奉仕に熱心だったバーヌが知的障害のある男と結婚したいと連れてきたが許さず、彼女は家族との連絡を絶っていたのだ。ニラーを妻の実家に連れていくと言われ、車で一緒に行く途中でクリシュナは道路に放り出されたのだった。妻の父親相手にニラーを取り戻すための裁判が始まる・・・

ラジニ・カーント人気で日本でも認知度の高いタミル語映画。同じインドでもヒンディー語映画とは一味違ったこってり感がありますが、この映画も浪花節的な人情物語。思わぬ結末にきっと納得がいくでしょう。

kamisama2.jpg
ニラーとは、お月様の意味。演じたベイビー・サーラーちゃんがとにかく愛くるしくて、しかもとても自然にニラーになりきっていて凄いです。音楽がこれでもかと泣かせようとするのがちょっとうるさく感じましたが、サーラーちゃんの可愛らしさにそんな文句も吹っ飛びました。(咲)


7回大阪アジアン映画祭で、グランプリ&ABC賞をダブル受賞

2011年/インド/タミル語/149

提供:マクザム 配給:太秦
(C) AP International All Rights Reserved.

公式サイト:公式サイト:http://www.u-picc.com/kamisama.com/

2014年2月15日(土)より、渋谷ユーロスペース、シネマート六本木にて、3月よりシネマート心斎橋にてロードショーほか全国順次公開



posted by sakiko at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。