2016年10月22日

PK ピーケイ  原題:PK

PK-2.jpg

監督:ラージクマール・ヒラーニ(『きっと、うまくいく』)
出演:アーミル・カーン(『きっと、うまくいく』)、アニュシュカ・シャルマ(『命ある限り』)、スシャント・シン・ラージプート、サンジャイ・ダット、ボーマン・イラーニー

ラージャスターンの沙漠に着陸した宇宙船から降り立った裸の男。黄色いターバンの男に首から下げたメダルを盗られてしまう。メダルは宇宙船を呼ぶリモコン。これがないと自分の星に戻れない。途方に暮れる裸の男。
同日、ベルギーの水の都ブルージュ。「俳優アミターブ、父の詩を詠む」の会場にやってきたインドの留学生の女の子ジャグー。チケットは売り切れ。ダフ屋が高値で売りつけようとする。そこにやって来たパキスタンの青年サルファラーズと半分ずつ出しあってシェアすることにするが、まんまとインドの老人にチケットを買われてしまう。意気投合し、たちまち恋に落ちた二人。ヒンドゥーとイスラームという宗教の違いから、親に打診すれば反対されること間違いなし。同意を得ないで教会で結婚式を挙げてしまおうとするが、約束した日、教会でサルファラーズを待つジャグーに「家族の問題があって結婚できない」とのメッセージが届く。失意のジャグーは帰国し、テレビ局で働き始める。
ある日、ジャグーは地下鉄の中で「神様を探しています」のビラを配る風変わりな男を見かける。いろいろな宗教のシンボルを身に着けている。黄色いヘルメットを被っているのは、神様が自分を見つけやすいようにと言う。身の上話を聞いたジャグーは、そのPKと呼ばれる男を手助けしてメダルを見つけてくれる神様を探しはじめる。
さて、神様は見つかるのか? そして、無事メダルを取り戻してPKは故郷の星に帰ることができるのか・・・

宗教によって、良しとするもの、禁じているものが違うことを、PKという純粋無垢な宇宙人の目を通して愉快に描き出していきます。また、外見でその人の宗教を判断してしまうことに警鐘を鳴らしてくれます。「偽の神様は金を要求する」と、宗教を利用してお金を稼ぐ人たちがいることに苦言も呈しています。どんな神様でも信じる心が大切とPKは教えてくれます。
地球で親切にしてくれたジャグーにどうやら恋してしまったらしいPK。恋は実るでしょうか・・・ そして、ブルージュで恋に落ちた二人のその後は?
あちこち伏線がはってあって、なるほど〜とお楽しみがいっぱい。
PKがインドの人たちと言葉を交わせるようになるプロセスにも、思わず唸ります。
ジャグーを演じたアニュシュカ・シャルマ、そしてサルファラーズを演じたスシャント・シン・ラージプート、どちらもとても爽やかで、素敵。濃いインドの俳優さんたちを見てきた目に新鮮です。(咲)


なぜ宇宙人の彼がPKと呼ばれるようになったかは、アジア映画巡礼の松岡環さんの解説をどうぞ!


◆『PK』の公開を前に、ラージクマール・ヒラーニ監督が初来日

2016年7月28日、インド大使館で監督を迎えて記者会見&試写会が開かれました。
日本で大ヒットした『きっと、うまくいく』の監督来日に、大勢のファンの声援が飛びました。

DSCF6636 pk.JPG
監督の言葉から:
インドの映画学校で日本の映画に出会いました。『7人の侍』をはじめとして、黒澤明監督作品は見逃したものはないはずです。製作会社を作って「デンフィルム」と名付けたのですが、『どですかでん』から取った名前です。黒澤と出会って25年、今、初めて家族と日本に来ることができました。

息子が、日本で電話に出たときに最初に「もしもし」というのを、ハローの意味と聞いていて、日本に着いて空港で皆に「もしもし」と言ったのですが、皆が笑顔で迎えてくれました。礼節の国ですね。

この映画は、大切なメッセージを込めています。
神や宗教の見方を示しています。我々が神を見守る必要はない。神は自分で守れます。
人が皆、共存していくことができれば、平和になります。

DSCF6704.JPG
山崎貴監督と女優の檀れいさんが、監督とスジャン・R・チノイ駐日インド大使への花束贈呈ゲストとして登壇。
上映前だったので、内容に触れないよう気を遣いながら、感動した思いを伝えてくださいました。

2014年/インド/153分/カラー/シネスコ
配給:REGENTS
公式サイト:http://pk-movie.jp
★2016年10月29日(土)新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開
posted by sakiko at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

聖なる呼吸 ヨガのルーツに出会う旅  原題:Breath of the Gods

seinaru kokyuu.jpg
監督:ヤン・シュミット=ガレ  
出演:T.クリシュナマチャリアの子供たち、K.パタビジョイス、B.K.S.アイアンガー

本作は、現代ヨガの源流T.クリシュナマチャリア(1888-1989)に興味を持ったドイツ人の監督が、南インドに赴き、直弟子や、子どもたちを訪ね、クリシュナマチャリアの生涯や教えに迫ったドキュメンタリー。

クリシュナマチャリアは、南インドでバラモン(司祭階級)の家の長男として生まれた。ヴェーダ聖典の有名な教師だった父からサンスクリット語とヨガを厳しく指導されるが、10歳の時、父は亡くなる。曽祖父の住むマイソールに引越し、高僧だった曽祖父から直々に学び、大学でヒンドゥーの六派哲学すべてで最高学位を取得。31歳の時、ヒマラヤのカイラス山麓に住むヨガの導師に弟子入りし、7年間修行する。マイソールに戻ると、彼の噂を聞いたマイソール君主クリシュナ・ラージャ4世に呼ばれ宮仕えすることになる。ヨガを一般に広めたいという君主の意向で、インド各地で講義と実演も行った。
ラージャ4世の死後、跡を継いだ王はヨガへの関心が薄く、1947年にインドが英国から独立するとマハラジャの権力も縮小。1950年、宮殿のヨガ学校は閉鎖される。62歳で失業するも、その後、101歳で亡くなるまで、一人一人の体調や能力に合わせたヨガの個人指導を続けた・・・

今年4月に公開された『永遠のヨギー ヨガをめぐる奇跡の旅』では、1920年代にヨガと瞑想の奥義を西洋に伝えたパラマハンサ・ヨガナンダの存在を知りました。 今回、本作を観て、実は、インドでもヨガは、20世紀初頭、少数の年配者や僧侶のものだったことを知り、意外でした。これほどまでに世界的に広く知られるようになったヨガ。その陰には、自分を磨き、地道に指導を続けてきた人たち、そして、その人たちを支えた君主がいたことを知りました。
その人にあった指導をしていたというクリシュナマチャリアですが、かなり厳しく指導された人物の証言も出てきて、そこまで厳しくしたのは、その人物を見抜いていたから?と思わず思ってしまいました。(咲)


2011年/ドイツ、インド/105分/カラー、モノクロ/英語、カンナダ語、テルグ語、タミル語/
字幕監修:ケン・ハラクマ  
配給・宣伝:アップリンク
公式サイト:http://www.uplink.co.jp/seinaru/
★2016年9月3日(土)YEBISU GARDEN CINEMA、9月10日(土)渋谷アップリンクほか全国順次公開
posted by sakiko at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

マルガリータで乾杯を!   原題:Margarita, with a Straw

margaritha.jpg

監督:ショナリ・ボース
主演:カルキ・ケクラン(カルキ・コーチリン)、レーヴァティ、サヤーニー・グプター

19歳のライラは作家になる夢を持つ大学生。生まれつきの障がいがあって電動車椅子生活だけど、家族や友達のサポートを受けて青春を謳歌している。大学の同級生たちのインディーズバンドにライラが提供した詩で、バンドはコンテストで優勝。でも、作詞者が障がい者だから優勝を決めたと司会者が発言し、落ち込んでしまう。優しく慰めてくれたバンドボーカルのニマに恋心を抱いたライラは告白するが、恋愛感情はないと軽くあしらわれてしまう。
落ち込んだライラを励まそうと、母親はニューヨークの大学への留学をさっさと決めて、一緒に渡米する。大学ではクラスメートのサポートも受け、クラブで初めてお酒も飲んだり、母親に内緒でiPadを買ったり、新しいことに挑戦していく。そんな中、盲目の女性活動家のハヌムと知り合い、いつしか恋に落ちる。一方で、クラスメートの男性ジャレットの部屋で勉強中に、トイレで手助けして貰ったのを機に初体験もしてしまう・・・

冒頭、肝っ玉母さん風の女性がバンを運転していて、隣にはターバン姿のシク教徒の男性。後ろの男の子が「お父さん」と声をかけるけれど、男の子は短髪。シク教徒なら髪を切らないはず。もう、頭の中にいっぱい????が渦を巻き続けました。
この疑問を解消してくれたのが、松岡環さんの解説。(本作の公式サイトほか、アジア映画巡礼でご覧ください) そういえば、お母さんは、ヒンドゥー教徒の既婚女性の証であるマンガルスートラというネックレスをしていました。(『めぐり逢わせのお弁当』で学んだことでした!)
また、食事の時に、「今日もまた茄子?」というお父さんに、息子が「パンジャーブの彼女(名前は失念しました)と結婚していれば、バターチキンが食べられたのにね」とからかっていました。宗教も故郷も違うお母さんとお父さんは色々なことを乗り越えて結婚したらしいことがわかる場面でした。それにしても、お父さんは、息子にシク教を強制していないのですね。

と、チャーミングなヒロインとは別のところに、まずは目がいってしまったのですが、この映画の魅力は、もちろん、障がいを持ちながらキラキラと生きるヒロインのライラ。演じたカルキ・ケクランさんは、インドで生まれ育ったフランス人。(以前に表記されていたコーチリンは、英語風の読み方で、ケクランはフランス語風の本来の読み方に近い表記だそうです。) 動作といい、喋り方といい、ほんとに障がい者にみえて、すごい演技力とびっくりでした。2013年のアジアフォーカス福岡国際映画祭で上映された『シャンハイ』に出演されているのですが、あの若い女性が???と、印象が全然違います。
NYでライラが恋する女性ハヌムを演じたサヤーニー・グプターさんも、ほんとに盲目の女性に見えて驚かされました。
そして、障がいを持つ娘を見守り、一家を切り盛りする気丈な母親を演じたレーヴァティさんからも、目が離せません。
3人の女性たちが生き生きとしている一方で、なんだか男性が情けなくさえ見えてしまうのですが、それは監督が女性だからこそ、女性をちゃんと一人一人描いているのだと感じます。同性愛というテーマや、セックスシーンというインドではなかなか描かないことにも挑戦しつつ、心をほっこりさせてくれる映画に仕上げたショナリ・ボース監督。今後も楽しみです。(咲)


配給:彩プロ
2014年/インド/英語、ヒンディー語/カラー/ヴィスタ/5.1ch/100分
公式サイト:http://www.margarita.ayapro.ne.jp
★2015年10月24日より、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開
posted by sakiko at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

「シーズン・オブ・レイ」サタジット・レイ監督デビュー60周年記念 『チャルラータ』&『ビッグ・シティ』デジタルリマスター版

seasonofray.jpg

インド映画界の巨匠サタジット・レイ。1921年インド・カルカッタ(現コルカタ)生まれ、1992年没。日本では、岩波ホールで公開された「オプー三部作」と言われるベンガルを舞台にしたリアリティ溢れる『大地のうた』(1966)『大河のうた』(1970)『大樹のうた』(1974)の3作が特に有名です。映画監督だけでなく、小説家、音楽家、グラフィックデザイナーなど、多才な才能をもつサタジット・レイ。映画も社会派作品だけでなく、ミュージカル、SFからドキュメンタリーは、まで幅広いジャンルを手がけています。
この度、サタジット・レイ監督デビュー60周年記念として、中期の代表作『チャルラータ』と『ビッグ・シティ』のデジタルリマスター版が同時上映されます。いずれも大女優マビド・ムカージーが主演。『チャルラータ』は、1975年の日本公開から40年ぶりのリバイバル上映。同時上映される『ビッグ・シティ』は、1976年に『大都会』のタイトルで日本公開された作品です。ベンガルを舞台にした魅力溢れる重厚な作品を是非スクリーンで味わってみてください。

◆『チャルラータ』 原題:CHARULATA
監督・脚色・音楽:サタジット・レイ
原作:ラビンドラナート・タゴール
出演:マドビ・ムカージー、ショウミットロ・チャタージほか
配給:ノーム、サンリス
1964年/インド/119分/B&W/ベンガル語/DCPリマスター

1880年、カルカッタの瀟洒な大邸宅。刺繍をして過ごすチャルラータ。夫ブパチは、新聞を発行して国家に尽くすと息巻いていて仕事に忙しく、妻をかまおうとしない。何不自由ない暮らしだが、なにか物足りない日々だ。そんなある日、夫の従弟のアマルが大学の休暇で訪ねてくる。詩を詠み、文学に詳しいアマルと過ごす至福の時。アマルもまた、チャルラータの文才に気付き、ほのかな思いを寄せるようになる。そんな折、新聞社の経理を任されていたチャルラータの兄が会社の金を持ち逃げしてしまう。夫はチャルラータには言えずにいる。このことを契機に夫とチャルラータとアマルの3人の関係に変化が訪れる・・・
charulata main.jpg

裕福だけど心が満たされない女性の思いを丁寧に描いた作品。一昔前は、女性に知識は不要と学ばせて貰えない時代がどこの社会にもあったことを教えてくれます。そんな中でも、詩や文学を学び、自分でもたしなむ試みをするチャルラータ。そして、その才能を引き伸ばしてあげようとするアマル。夫ブパチは、妻の文才を人から知らされたと呆然とします。「あなたに言う時間もなかったわ」というチャルラータ。夫婦の会話の時間もないほど、夫は仕事一筋だったのですね。この夫婦、この先どうなるのでしょう・・・
ベンガルの誇るタゴールの原作の詩的な世界をみごとに体現していて、うっとりさせられました。「オプー三部作」の、どちらかというと暗いイメージと違って、華麗な感じ。それは富裕層を舞台にしているからかもしれませんが、サタジット・レイ監督の力量を存分に感じさせてくれます。こんなに重厚な作品を観てしまったら、最近の映画がなんだか薄っぺらくみえてしまいました。もちろん、今も良質な作品は作られているのですが・・・ (咲)


◆『ビッグ・シティ』 原題:MAHANAGAR  
(1976年日本公開タイトル『大都会』
監督・脚色・音楽:サタジット・レイ
原作:ナレンドラナート・ミットラ
出演:マドビ・ムカージー、アニル・チャタージーほか
1963年/インド/131分/B&W/ベンガル語/DCPリマスター

1953年のカルカッタ。病気の父親を抱えながら、しがない稼ぎしかない銀行の係長であるシュブラトを夫に持つ妻アラチは、あまりにも苦しい家計をみかねて働きに出ようとする。まだ主婦が外で働くことが一般的でない時代。同居する夫の父の制止を振り切って、上流家庭に編み機を営業して回るようになる。はじめは苦労するものの、やがて営業の才能を発揮するアラチは、次第に自信を身につけていく。そんなアラチの姿を、夫である面目を保てず、内心気が気でなく見つめるシュブラト。
2人の関係にも次第に変化が生じてきていた。そんなある日、シュブラトの銀行が倒産してしまい...

配給:ノーム、サンリス
公式サイト: http://www.season-ray.com/
★2015年9月12日(土)シアター・イメージフォーラムほか全国ロードショー
posted by sakiko at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

フェラーリの運ぶ夢  原題:Ferrari ki Sawaari

ferari.jpg

監督: ラジェシュ・マプスカル
出演: シャルマン・ジョシ、ボーマン・イラニ、リトウィク・サホレ
フェラーリの運ぶ夢メイン画像_スクーター.jpg
ささやかな三世代父子家庭を切り盛りするルーシーは、交通局に勤める生真面目で善良な一市民。一人息子のカヨは、父の細やかな愛情に包まれてクリケットに熱中する12歳。キャプテンでチームのエースだが、家が裕福とは言えず、新しい用具を買うのにも一苦労。祖父は、クリケットに夢をかける二人に冷淡な態度をとる。それもそのはず、祖父にはある苦い過去があるからだった。そんな中、ロンドンにあるクリケットの聖地ローズ競技場での強化合宿選手セレクションのチャンスが訪れる。だが合格しても費用15万ルピーを払わねばならない。ルーシーの給料ではとても手が出ない金額だ。金策に走るルーシーに、儲け話が持ちかけられる。ある政治家のために、インド代表スター選手で国民的ヒーローの所有するフェラーリを借りてきたら、15万ルピーを払うというもの。一度は断るルーシーだが、なぜか次々ととんでもない事態に。手に汗握る展開、そして最後は…。
父と祖父.jpg

親の収入が低いと子供は可能性をあきらめなければならないのか?夢に向かう元気をもらえる、笑って泣ける爽やかハートフル・ムービー。

実は未見なのですが、観た友人より、「これはお奨め!」と太鼓判をいただいてます。
なんといっても、『きっと、うまくいく』チームによる製作!
助監督だったラジェシュ・マプスカルが初監督に挑戦。『きっと、うまくいく』の監督ラージクマール・ヒラニとプロデューサーのヴィドゥ・ヴィノード・チョプラは脚本に協力しています。
リトウィク・サホレ(カヨ).jpg
主役の男の子の可愛いこと!
ヴィディヤ・バラン(結婚式ダンスで登場).jpg
『女神は二度微笑む』のヒロイン役ヴィディヤー・バーランが結婚式のダンス場面に特別出演しています。

下記イオンシネマでの上映です。我が家からはちょっと遠いのですが、これはなんとしてでも観にいきます! (咲)


千葉県 イオンシネマユーカリが丘 2/21土〜
茨城県 イオンシネマ守谷 2/21土〜
愛知県 イオンシネマ豊川 2/21土〜
愛知県 イオンシネマ名古屋茶屋 2/21土〜
石川県 イオンシネマ金沢 2/21土〜
山形県 イオンシネマ米沢 2/28土〜
神奈川県 イオンシネマつきみ野2/21土〜

2012年/インド/139分/ヒンディー語
(C) Vinod Chopra Productions
配給宣伝: インド総合研究所/ニュー・シネマ・スタンダード
協力: 日本クリケット協会
公式サイト:http://new-cinema-standard.com/ferrari-ki-sawaari-jp/
★2015年2月21日(土)より、イオンシネマ 市川妙典ほかイオンシネマにてロードショー
posted by sakiko at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする