2018年08月03日

7号室   原題:Room No. 7

7gousitu.jpg

監督・脚本:イ・ヨンスン
出演:シン・ハギュン(『JSA』『マイ・ブラザー』)、D.O.( ディオ:ボーイズアイドルグループ「EXO」のメインボーカル)(『あの日、兄貴が灯した光』)

ドゥシク(シン・ハギュン)は10年前、離婚ですべてを失い、人生の再起をかけて個室DVD店を開き、街一番の品揃えを誇っていた。そんな店も時代遅れとなり客足はすっかり途絶え、家賃は滞納、従業員への給料も払えないでいた。一方、給料を貰えないでいるアルバイト店員のテジョン(D.O.)は、麻薬密売人からブツを預かるだけで多額の報酬を払うという話に乗り、預かったスーツケースを店の「7号室」に隠す。
なんとか店を売却したいドゥシクは、アルバイトをもう1名雇って、大繁盛を装う。お蔭で売買契約を希望する相手も現れるが、そんな最中、新人バイトが老朽化した店内で不慮の死を遂げてしまう。ドゥシクは死体を「7号室」に隠し、ドアの前には本棚を置き、誰にも開けられないようにしてしまう。密売人に渡すためブツを取りにきたテジョンは、封印されている「7号室」になんとしてでも入りたい。開けられては困る社長ドゥシクとの壮絶なバトルが繰り広げられる・・・

新入りバイトが死んでしまったのは、不慮の事故だから、警察に届ければ何の問題もないのですが、パニックに陥ったドゥシクは7号室に隠してしまいます。おまけに、そこには置いておけないと姉の店に死体の入ったスーツケースを苦労して移し、さらにまた戻さなくてはいけないという事態に・・・ 演技派シン・ハギュンと、アイドルグループ出身の若手ホープのD.O.との攻防戦が、真剣なだけに、もう笑うしかありません。でも、登場人物それぞれの人生の背景を思うと、笑っていられない社会の不公平を感じてしまいました。(咲)

2017年/韓国/100分
配給:ツイン
公式サイト:http://www.roomno7.com/
★2018年8月4日(土) シネマート新宿ほか全国公開





posted by sakiko at 21:28| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

スウィンダラーズ(原題:The Swindlers)

swind.jpg

監督・脚本:チャン・チャンウォン
撮影:イ・テユン
音楽:パン・ジュンソク
出演:ヒョンビン(ファン・ジソン)、ユ・ジテ(パク・ヒス)、ペ・ソンウ(コ・ソクトン)、パク・ソンウン(クァク・スンゴン)、アン・セハ(キム課長)、ナナ(チュンジャ)

韓国中を騒がせた詐欺師のチャン・ドゥチルが死亡したというニュースが流れるが、詐欺師のファン・ジソンは信じない。ドゥチルの事件を担当していたエリート検事のパク・ヒスに近づき、一緒に真相を暴こうと提案する。パク検事は自らの裏ルートの詐欺師メンバーをジソンと引き合わせる。演技力のコ・ソクトン、ハニー・トラップの仕掛け人チュンジャ、天才ハッカーのキム課長は同じ目標のために、協力する・・・はずだったが、それぞれに違う思惑があった。騙し騙されの攻防の末、勝つのは誰だ?

コンフィデンシャル 共助』が2月に公開されたヒョンビン、そちらでは殆ど笑顔を見せない北朝鮮の軍人役でしたが、こちらでは詐欺師を騙す頭の切れる詐欺師役。クールな検事のユ・ジテ(お久しぶり!)を相手に、いろいろな表情を見せてくれるのでファンは必見です。6人が魅力を最大限に発揮したこの作品、韓国では大ヒットしました。詐欺の手口がいろいろ出てきますが、よい子はマネしないように。これは大物詐欺師を炙り出すためです。みんなが着こなす衣装にもご注目ください。ナナさんが惜しげもなく見せる長い脚に男性はうっとりするでしょう。ペ・ソンウさん、アン・セハさんの衣装は個性が出ています。長身のヒョンビン(184cm)、ユ・ジテ(188)、パク・ソンウン(187)3人のスーツ姿が特に素敵!
観終わった後に、仕掛けや伏線を確かめにもう一度観たくなる作品でした。(白)


2017年/韓国/カラー/シネスコ/116分
配給:クロックワークス
(C)2017 showbox and DOODOONG PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.
http://klockworx-asia.com/swindlers/
★2018年7月7日(土)シネマート新宿ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 19:33| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

映画チーズ・イン・ザ・トラップ   原題:Cheese in the Trap

cheese trap.jpg

監督:キム・ジェヨン
出演:パク・ヘジン、オ・ヨンソ、パク・ギウン、ユ・イニョン、パク・サンダラ

バイトしながら大学に通う真面目で地味な女子大生ホン・ソル。そんな彼女が金持ちの息子でクールな美男子のユ・ジョン先輩と一緒に課題に取り組むことに。課題のために映画を観にいったり、食事をしたりするうち、「ソル、僕と付き合う?」というユ・ジョン先輩。
完璧すぎる彼が、なぜ私と? 何をたくらんでいるの?と、彼の本心がわからないソル。
一方、親を亡くし、姉イナと共にユ・ジョンの家で育ったイノという年下の男子もソルに近づいてくる・・・

韓国で累計再生回数11億ビューを記録した大人気ウェブ漫画「チーズ・イン・ザ・トラップ」。2016年に放映されたテレビドラマに続いて、映画化されました。
16回続いたドラマが、約2時間の映画に。 いろいろなエピソードは削られているし、結末も違うけれど、なかなかうまくまとまっていて、物語としてはどちらも好き♪
一番の違いは配役。ドラマと映画、どちらもユ・ジョン先輩を演じたのはパク・ヘジンですが、彼以外は演じた俳優さんが違います。
ドラマでホン・ソルを演じたキム・ゴウンは、目が一重で、ほんとに真面目な女子大生という雰囲気。どうして、こんなに地味な女の子が、素敵なユ・ジョン先輩と?と思わずにいられませんでした。その意外な組み合わせは、平凡な女の子に夢を持たせてあげるためかなとも思いました。
それに対して、映画でホン・ソルを演じたオ・ヨンソは、それなりに可愛くて綺麗。でも、あまり勉強が出来そうには見えない!(ヨンソさん、ごめんなさい!)  原作のウェブ漫画のホン・ソルは、映画版のオ・ヨンソの方がルックス的には近いです。
ユ・ジョンの家で育ったイノは、天才ピアニストの誉れが高かったのですが、挫折して、大学にも進学してない、ちょっと屈折した男の子。ドラマ版では、ホン・ソルが図書館で彼に丁寧に勉強を教える場面がよく出てきました。イノを演じたソ・ガンジュンがはまり役で、まさに子犬のようなイメージで可愛かったです。映画版では、イノとのエピソードはかなり削られて、イノの印象も薄いです。
そして、イノと一緒にユ・ジョン先輩の家で育った我が儘いっぱいの強烈な性格の姉イナも、映画版では出番も少なめ。ドラマと比べると、物足りない感じはしますが、映画は、ホン・ソルとユ・ジョン先輩の関係を中心に描いて、すっきりまとまっています。(咲)


テレビと映画の両方で、謎めいたクールなユ・ジョン先輩を演じたパク・ヘジンが公開を前に来日。プレミア上映で、舞台挨拶に登壇しました。
『映画チーズ・イン・ザ・トラップ』 主演パク・ヘジン舞台挨拶
http://cineja-film-report.seesaa.net/article/459913547.html

2018年/韓国/116分 .
配給:クロックワークス
公式サイト:http://klockworx-asia.com/cheese/
★2018年7月14日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋にてロードショー




posted by sakiko at 17:48| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレアのカメラ   英題:Claire's Camera

clares camera.jpg

監督・脚本:ホン・サンス
出演:キム・ミニ、イザベル・ユペール、チャン・ミヒ

映画会社に入社して5年、マニ(キム・ミニ)はカンヌ国際映画祭に出張中だ。まだ会期も終わってないのに、女社長(チャン・ミヒ)から突然解雇されてしまう。帰国便を変更することもできず、ゲストハウスで過ごすことにする。
カンヌ映画祭に初めてやってきた音楽教師のフランス人クレア(イザベル・ユペール)。趣味はカメラ。自分が撮った相手は別人になるという自説を持っている。
クレアは韓国のソ監督(チョン・ジニョン)と知り合い、映画会社の女社長と3人で食事する。クレアは二人を写真に収める。クレアが先に店を出ていくと、ソ監督は、女社長に男女の関係を精算したいと告げる。実は、女社長は、ソ監督にマニとの関係を責めたいのをぐっと我慢していたのだ。
一方、クレアと知り合ったマニは、クレアの撮った写真の中にソ監督と女社長のツーショットを見つけ、解雇の理由に思い当たる・・・

本作は、2016年のカンヌ映画祭開催中に撮影されたもの。イザベル・ユペールはポール・ヴァーホーヴェン監督作『エル ELLE』、キム・ミニはパク・チャヌク監督作『お嬢さん』がコンペティション部門に出品され、カンヌに来ていて、その機会を利用してわずか数日で撮影。
カンヌ映画祭開催中の映画人や映画ファンで賑わうカンヌの町の雰囲気が伝わってくる作品。ホン・サンス監督お気に入りの役者たちが揃ったのを、ちゃっかり利用しての撮影。
町を徘徊したり、男女の会話で物語が進むホン・サンスのスタイル。
カンヌ映画祭に集う人たちが、映画上映や映画祭イベント以外の場で、どんな風に過ごしているのかも垣間見せてくれて楽しい。(咲)


第70回カンヌ 国際映画祭 アウト・オブコンペティショ出品

2017年/韓国/69分/ビスタ/5.1ch/カラー
配給:クレストインターナショナル
公式サイト:http://crest-inter.co.jp/sorekara/crea/
★2018年7月14 日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国順次ロードショー





posted by sakiko at 17:26| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

正しい日 間違えた日   英題:Right Now, Wrong Then

tadasii hi.jpg

監督・脚本:ホン・サンス
出演:チョン・ジェヨン、キム・ミニ、コ・アソン、チェ・ファジョン、ソ・ヨンファ、キ・ジュボン、ユン・ヨジョン、ユ・ジュンサン

ちょっとした言葉やタイミングの違いが、二人の関係を大きく変える・・・

映画監督のハム・チュンス(チョン・ジェヨン) は特別講義のため水原(スウォン)を訪れる。スタッフの連絡ミスで一日早く到着してしまった彼は、ファソン(華城)を散策。とある伝統的建物で出会った魅力的な女性ヒジョン(キム・ミニ)をカフェに誘う。絵を描いていると知り、さっそく彼女のアトリエを訪れる。その後、2人は寿司屋で飲み、さらにヒジョンの先輩男性たちが集まるカフェに行く・・・

この同じシチュエーションで描かれる二つの物語。
【前半】あの時は正しく 今は間違い
【後半】今は正しく あの時は間違いだった

2015年の東京国際映画祭で、『今は正しくあの時は間違い』のタイトルで上映された折、予備知識なく鑑賞。ホン・サンス監督作品でお馴染みの俳優たちの確かな演技や、韓国の伝統的風情漂う舞台を楽しんでいるうちに、同じような話が繰り返されて、くらくら。でも、微妙にどこかが違って、そのちょっとしたことで二人の関係が大きく変わるのです。
前半と後半の物語、間違い探しをするような気持ちで、何が二人の関係を変えたのかご確認を!

2017年、カンヌ国際映画祭の公式記者会見で、「キム・ミニは僕の愛する人」と、二人の幸せな関係を公言したホン・サンス監督。『正しい日 間違えた日』は、監督が初めてキム・ミニを起用した記念すべき作品。(咲)


◆初日トークショー◆
ヒューマントラストシネマ有楽町
6月30日(土) 14:45上映回終了後 約20分間
辛酸なめ子さん&よしひろまさみちさん登壇!

あの時もしこうしていたら?ああしていれば…?
2018年下半期の運命を左右する、
“運命の分かれ道”についてのスペシャルトークショー!


2015年/韓国/121分/ビスタ/5.1ch/カラー/英題:Right Now, Wrong Then
配給:クレストインターナショナル
(c)2015 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.
公式サイト:crest-inter.co.jp/tadashiihi
★2018年6月30日(土) ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開




posted by sakiko at 18:56| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする