2016年07月23日

ラサへの歩き方〜祈りの2400km 原題 岡仁波斉

rasa.jpg

監督・脚本:張楊(チャン・ヤン) 
撮影:郭達明(グオ・ダーミン) 
出演:チベット巡礼の旅をする11人の村人たち

チベット自治区の東の端にあるプラ村から西に1200km先にある聖地ラサを経由して、さらに1200km西のカイラス山まで、2400kmを五体投地で巡礼に出る村人たち。ラサに巡礼したいと思っていたのに行けないまま亡くなった兄。弟のヤンベルは思い残すことなく自分は死ぬ前にラサに行きたいと思う。叔父の思いをかなえようと兄の長男ニマは考えた。それならば私もラサに行きたいと願い出た村人たち。老人、妊婦、そして幼い少女を含め総勢11人で巡礼に。五体投地とは、両手・両膝・額(五体)を地面に投げ伏して祈る、仏教でもっとも丁寧な礼拝の方法で、チベットでは五体投地で礼拝しながら、長い時間をかけて聖地巡礼する人々が今もいる。
プラ村の人たちも、テントやストーブ、寝具や食料を積んだトラクターと共に1年かけて巡礼を続ける。途中、妊婦の出産や、落石で怪我人が出たり、車に追突されてトラクターが壊れてしまうなどの出来事もあったが、そのたびに助け合いながら聖地を目指す。途中で出会う人々との交流、さりげない会話や行動の中から「他者のために祈る」というチベット仏教の考え方を知った。過酷な巡礼の道中、祈り、歩く、テントを張って眠るというシンプルな映像の繰り返しの中から、チベットの人たちの生き方が伝わってくる。実際の村人が自分自身の役を演じ、五体投地で巡礼するドキュドラマ。
『こころの湯』『胡同のひまわり』『帰郷』『グォさんの仮装大賞』の張楊監督が20年来のチベットへのあこがれを映画化した。
Lhasa_サブ1_R.jpg

Lhasa_サブ3_R.jpg

漢族である張楊監督が描いたチベット族の人たちのラサ巡礼。中国政府はチベット族の宗教や習慣、文化へ制約をしているが、一般の国民の中には、張楊監督のようにチベットの文化に興味を持つ人も多い。また、チベットの景色を撮って写真集を出している漢族の写真家もいる。56の民族があるという中国の多様性。
私もいつかラサに行ってみたい(暁)。


まさにドキュメンタリーのようなのに、本作は張楊監督が細部まで書き込んだフィクション。監督が思い描いていた登場人物を、老人から若者、さらに妊婦まで、奇跡的に一つの村の3家族で構成することができたそうです。だから、なおさらドキュメンタリーのように見えるのでしょう。
トラクターが事故で壊れて修理するために車で先のほうに移動した時には、また事故地点まで戻って五体投地を続けます。ズルをすることは、自分の中で許されないこと。
ラサにたどり着いたものの、事故があったりしてカイラスに行くお金がなくなってしまいます。それを知った宿の女主人が自分のかわりに10万回の五体投地をしてくれれば宿代はいらないと言ってくれます。
1991年にラサを訪れたことがあります。大勢の人が祈るチョカン寺で、見よう見真似で五体投地をしてみましたが、地面に身体を投げつけるという祈りの方法は生易しいものではないことを実感しました。それを他人の代わりに10万回! 
そういえば映画を観ていて気になったのが、夜、チョカン寺の正面の祈りを捧げる場が閉ざされていたことです。私が行った時には、広場に面してお寺はオープンで、門などなかったと記憶しています。
ポタラ宮の前も綺麗に整備され、立派なホテルも増え、私が見たラサとはまるで違った姿になっています。鉄道が通じて楽にラサに行けるようになったところで、信心深いチベットの人たちには、それはありがたいことではないでしょう。
大谷寿一監督の『天空の大巡礼を行く』(チベットの東の聖山アムニ・マチェンの12年に一度行われる大巡礼を追ったドキュメンタリー)で、巡礼路の3分の1位に沿うように高速道路を建設中で、チベットの人たちが五体投地で巡礼しているそばで工事が進んでいる様子が映し出されていました。
観光誘致はできるかもしれないけれど、チベットの人たちの心を踏みにじるような開発に胸が痛みます。(咲)

*2016年7月23日〜 シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

配給 ムヴィオラ
115分/中国/2015/COLOR/チベット語/DCP/16:9/ DOLBY 5.1 
 英語題 PATHS OF THE SOUL
公式サイト  www.moviola.jp/lhasa
posted by staff at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

僕たちの家(うち)に帰ろう   原題:家在水草豊茂的地方 英題:River Road

bokutachinoutini.jpg

監督・脚本・編集・美術:リー・ルイジュン(李睿珺)
出演:タン・ロン(湯龍)、グオ・ソンタオ(郭嵩濤)、バイ・ウェンシン(白文信)、グオ・ジェンミン(郭建民)、マ・シンチュン(馬興春)

中国北西部で暮らすユグル族の兄弟。両親は放牧できる土地を求めて奥地の草原に移住したため、兄バーテルは祖父のもとで暮らし、弟アディカーは学校の寮に住んでいる。夏休み、父親が迎えにこないため、二人は駱駝に乗って奥地の草原を目指す。兄は弟が母親の愛情を独占していると思い、弟はいつも兄のお下がりばかり着せられていると、お互い嫉妬心で仲が悪い。父から川に沿ってくればいいと教わっていたが、目印のはずの川が干上がってしまっている・・・・

2014年の東京国際映画祭で『遥かなる家』のタイトルで上映された作品。コンペティションの中で一番気に入った作品で、嬉しい公開となりました。
『家在水草豊茂的地方(我が家は水草茂るところにある)』という原題には、近代化で喪失した自然への思いを込めたそうです。
厳しい自然の中で、仲の悪かった兄弟が次第に分かち合えるようになる姿も見どころです。
記者会見で、監督にユグル族について伺ったところ、監督より「9世紀には河西回廊に強大なウィグル王国がありました。多くがイスラーム化した中、仏教を守った人たちがユグル族。今は、1万4千人しかいません。90%が自分たちの言葉である突厥語をしゃべれません。できるだけ言葉を入れようと私も勉強しました。私が言葉や駱駝の乗り方を教えないといけない状況でした。彼らの文化を映画に残したいと思いました」との説明がありました。
漢字で書いた場合、ユグルもウィグルも同じと聞きました。私にとっては、イスラーム化しないで仏教を守ってきた人たちが少数ながらいることを知り驚きました。
近代化や政権の都合で、自然も伝統文化もないがしろにされてきたことを憂うばかりです。
今からでも遅くない、わずかに残された伝統を守りつつ、近代化をはかってほしいものだと思います。(咲)


僕たちの家(うち)に帰ろうスタッフ_R.JPG

製作スタッフ 右から2番目リー・ルイジュン(李睿珺)監督、3番目ファン・リー(方励)プロデューサー(2010東京国際映画祭にて 撮影:宮崎暁美) 

2014年/中国/テュルク語、北京語/103分/カラ―
配給・宣伝:マジックアワー
公式サイト:http://www.magichour.co.jp/uchi/
★2015年8月29日(土) シアター・イメージフォーラム他全国順次ロードショー
posted by sakiko at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

20歳よ、もう一度   原題:重返20岁

20saiyo.jpg

監督:レスト・チェン(『花蓮の夏』)
出演:ヤン・ズーシャン(『So Young 〜過ぎ去りし青春に捧ぐ〜』)、グァ・アーレイ(『ウェディング・バンケット』)、チェン・ボーリン(『台北に舞う雪』)、ルハン

70歳になるモンジュン(グァ・アーレイ)は、大学教授の息子と、プロのミュージシャンを目指す孫のチェンチン(ルハン)には甘いが、ほかの家族には口うるさい頑固なおばあちゃん。そのせいで嫁が倒れて入院してしまう。困った家族がモンジュンを老人ホームに入れようと相談しているのを知って、家を飛び出す。通りがかった写真館に飾られている写真に惹きつけられて中に入り、「一番綺麗だった頃を思い出して」と言われ写真を撮ってもらうと、なんと、そこには20歳の頃の自分がいた。人生をやり直そうと、名前もテレサ(ヤン・ズーシャン)と変える。
ある日、老人の集う馴染みのカフェで熱唱していたら、居合わせた音楽プロデューサーの ズーミン(チェン・ボーリン)に見込まれ、ちょうどボーカルがいなくて困っていた孫のチェンチンのバンドに加わることになる・・・

おばあちゃんが、突然20歳に!  
記憶にも新しい韓国映画『怪しい彼女』(2014年)と同じシチュエーション。
中国テイストでリメイクした本作、グァ・アーレイ演じるおばあちゃんは、なかなか上品。『怪しい彼女』のナ・ムニ演じる、いかにもの意地悪ばあさんとは一味違います。
シム・ウンギョンが20歳なのに、実は70歳という役を、歩く後姿で見事に体現していましたが、本作のヤン・ズーシャンはいかに? 
つい『怪しい彼女』と比べてしまいますが、なにより嬉しかったのは、チェン・ボーリンの登壇でしょうか・・・ 若い人には、韓国と中国で活躍する男性グループ「EXO(エクソ)」の元メンバー、ルハンの方ですね。
さて、私が今、20歳に逆戻りしたら、まず一番に何をしようかな・・・ (咲)



配給:CJ Entertainment Japan 
2015年/中国/132分
公式サイト: 20again-movie.jp 
★2015年6月12日(金)よりTOHOシネマズ新宿にて先行公開、6月19日 (金)より TOHOシネマズ日本橋その他で全国ロードショー
posted by sakiko at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

唐山大地震  英題:Aftershock

toozan.jpg

監督:フォン・シャオガン(馮小剛)
出演: シュイ・ファン(徐帆)、チャン・チンチュー(張静初)、リー・チェン(李晨)、チェン・ダオミン(陳道明)

1976年7月28日、中国・唐山市を大地震が襲う。建物が倒壊し夫を失った母は、翌朝、瓦礫の下で双子の姉弟が生きているのを知る。どちらか一人しか助けられないと言われ、「息子を・・・」と苦渋の選択をする母。息絶え絶えの中でその声を聞いていた姉は奇跡的に生き延び救援隊の夫婦の養女となる。そして32年が経ち、四川大地震の現場に駆けつけた姉は弟と再会する・・・

当初、2011年3月26日(土)に日本での公開を予定していましたが、その直前、3月11日に東日本大震災が発生。公開が延期されました。
東日本大震災から、早や4年が経とうとしています。実際に被災され、家族を亡くされた方たちにとっては、大震災は今なお現実のものだと思います。
本作は、大地震で被災された人々のその後と家族の絆を見つめた「心の復興」を描いた映画。4年経った今、この映画が公開される意味は、2011年の3月11日が過去のことになっている私たちに、被災された方々の気持ちを思い起こさせてくれることにあるのではと思います。(咲)

4年たって、東日本大震災があった後、再度、この作品を観ると、地震のシーンがより怖く感じられ、救援シーンもよりリアルに感じました。そして、東日本大震災から4年目の3月11日が来ました。この数日の震災地の状況がTVで映し出されると、復興が進んでいるところと、変わらないところの差が大きいことをあらためて思いました。それでも道路や線路が開通されたというニュースを見ると、少しづつでも復興は進んでいるのだと感じます。大地震の記憶が遠くになってしまわないようにしたいと思います。(暁)


toozan 2.jpg

『唐山大地震』馮小剛(フォン・シャオガン)監督インタビュー 
2011年1月18日(火)
http://www.cinemajournal.net/special/2015/tozan/index.html

2010年/中国/35ミリ/135分
配給: 松竹メディア事業部
公式サイト:http://tozan-movie.com/
★2015年3月14日(土)より東劇、立川シネマシティほかで全国ロードショー
posted by sakiko at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

妻への家路(原題:帰来 Coming Home)

tumahenoieji.jpg

監督:チャン・イーモウ
脚本:ヅォウ・ジンジー
原作:ヤン・ゲリン
撮影:チャオ・シャオティン
音楽:チェン・キーガン
出演:コン・リー(馮婉玉フォン・ワンイー)、チェン・ダオミン(陸焉識ルー・イエンシー)、チャン・ホエウェン(丹丹タンタン)、チェン・シャオイー(コン・スーチン)、イエン・ニー(リ主任)

1977年、文化大革命が終結した。強制労働に従事していたルー・イエンシーは家族の元に戻ってくる。迎えに来たのは娘タンタンだけであった。一度脱走した折に危険を顧みず会いにきた妻フォン・ワンイーは家にいるという。ようやく再会した妻には20年前の夫の記憶しかなかった。イエンシーは夫として受け入れられず、他人として向かいの家に住み、妻に思い出してもらえるように心を砕く。

ものすごく稀有な夫婦愛の物語。チャン・イーモウ監督とコン・リーが久々に映画をときいたら観なくちゃ、チェン・ダオミンが夫!観なくちゃ、です。
毎日妻の元に通い、自分の書いた手紙を読み聞かせるイエンシー。何百通もの手紙の束に長い歳月と2人の思いの深さが読み取れます。それなのに、夫の顔がわからないということがあるのでしょうか?年取っても声はそう変化しないはず。夫とわかるものが何か残っているのでは?実際にこういうことが起こりうるのか?とそこだけが疑問です。仲たがいもせず一生恋しい妻のそばにいられるなら、それもまた良いのかもしれませんが。
中国最高の俳優2人に娘役で加わった新星のチャン・ホエウェン。彼女もまたイーモウ監督に見い出され、世界的な女優となったコン・リーやチャン・ツィイーの後に続くのでしょうか。この先がとても楽しみです。(白)

チェン・ダオミン演じる陸焉識が捕えられたのは、文化大革命(1966-1976)より前の反右派闘争。1957年に毛沢東が発動した中国共産党に反対する右派分子を摘発する闘争だ。自由主義的思想傾向のある知識層の多くが、辺地に送られ強制労働をさせられた。文化大革命の時代を経て、やっと解放された人々・・・ 待ち続けた妻が、夫を認識できなくなるほどの長い年月。国家権力によって人生をないがしろにされたことに涙が出る。
反右派闘争として、知識人が弾圧されたことを初めて知ったのは、今はなき千石の三百人劇場で開催された中国映画の全貌で観た映画だが、タイトルが思い出せない。
最近では、ワン・ビン監督の『無言歌』があるが、反右派闘争を真正面から描いた映画は少ない。文革が4人組の誤りとされ、間違いだったと公式に認められる一方で、反右派闘争は毛沢東自身の誤りである為、公式に誤りだと認められてないそうだ。チャン・イーモウ監督は、少年時代から無念な思いを味わってきたとのことで、『初恋のきた道』でも、憧れた先生が町に連れ戻されたのは右派とされたから。カレンダーの1958年という年号で文革ではないことがわかるとのこと。 (プレス資料 水野衛子さんの解説)
『HERO』や『王妃の紋章』で、チャン・イーモウ監督、どこへ行く?という思いだったけど、今回は回帰し過ぎ! でも、きっと、いつか反右派闘争を正面から描きたいのでしょうねぇ。(咲)


2014年/中国/カラー/シネスコ/110分
配給:ギャガ
(C)2014, Le Vision Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved
http://cominghome.gaga.ne.jp/

★2015年3月6日(金)TOHOシネマズシャンテほか全国順次公開
posted by shiraishi at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする