2017年07月21日

十年   英題:TEN YEARS

juunen.jpg

映画が製作された2015年から10年後の香港を、5人の若手監督が描いた5つの物語。 

第1話『エキストラ』監督:クォック・ジョン(郭臻)
第2話『冬のセミ』監督:ウォン・フェイパン(黄飛鵬)
第3話『方言』監督:ジェヴォンズ・アウ(歐文傑)
第4話『焼身自殺者』監督:キウィ・チョウ(周冠威)
第5話『地元産の卵』監督:ン・ガーリョン(伍嘉良)

毎秋、香港で開催される中規模映画祭「香港亞洲電影節/ホンコン・アジアン・フィルム・フェスティバル」でワールド・プレミア上映され、同映画祭で2回上映された後、香港アートムービーの発信基地「百老匯電影中心/ブロードウェイ・シネマテーク」で単館公開。
口コミで動員を伸ばし、連日満席。その後、上映館数を6館に増やし、旧正月を挟んだ2016年2月12日までの8週間、香港映画としては異例の長期興行となった。製作費50万香港ドル(約750万円)のインディーズ映画の最終興行収入は、なんと600万香港ドル(約9,200万円)に。ついには、2016年の香港電影金像奨で最優秀作品賞を受賞した。

今年の7月1日で、中国回帰から20年を迎えた香港。50年間は「高度の自治」を保障する一国二制度を摘要したはずだったのに、すでにあやしい雲行き。『十年』で描いた2025年には、さらに中国本土との同化が進んでいるのではないかと危惧します。

一番印象に残ったのが、3つ目の物語『方言』。香港の人たちが本来使っていた広東語がどんどん隅に追いやられる中、普通語(中国で使われる標準中国語)が出来ないタクシー運転手の悲哀を描いた痛烈な作品。大陸から来た客から言われた行先がわからなくて、若い子から広東語読みの地名を教えられる。やがて、空港や主要ターミナルのタクシー乗り場には普通語が出来ないと入れなくなってしまう。そんなことが現実になる日もありえるかもと思わせられた一作。ほかの4作も、それぞれに考えさせられる物語でした。(咲)


配給:スノーフレイク
2015年/香港/広東語/DCP/ステレオ/104分
公式サイト:http://www.tenyears-movie.com/
★2017年7月22日(土) よりK's cinemaほか全国順次公開
posted by sakiko at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

ホワイト・バレット(原題:三人行 Three)

white baret.jpg

監督:ジョニー・トー
脚本:ヤウ・ナイホイ
撮影:チェン・シュウキョン
音楽:ザビエル・ジャモー、ロー・タイユー
出演:ルイス・クー(チャン)、ビッキー・チャオ(トン)、ウォレス・チョン(シュン)、エディ・チョン(フォク)、ロー・ホイパン(チョン)

救急病院に銃創で運ばれていたのは、凶悪な強盗団のメンバーのシュン。銃撃戦の末逮捕したチャン警部ら多くの警察官が、シュンを見張りながら強盗団一味の情報を聞き出そうとしていた。女医のトンはすぐに銃弾の摘出手術をというが、シュンは暴れて手術を拒否。なんとか仲間へ連絡をつけようと画策する。チャン警部はわずかな手がかりから一味に迫ろうとする。

香港で一番稼ぐスター、ルイス・クーの映画公開が続きました。前は犯罪もの、アクションものの俳優としてイメージが強かったルイス・クーですが、コメディやホームドラマなどいろいろな役柄にもしっくりはまるようになっています。東京国際映画祭で『シェッドスキン・パパ』で来日したのが嬉しかったです。
共演は初監督作『So Young 〜過ぎ去りし青春に捧ぐ〜』が好評だった人気女優のビッキー・チャオ。中国で大人気だったテレビドラマ「還珠姫 〜プリンセスのつくりかた〜」(1997)からもう20年になるとは驚いてしまいます。犯人役のウォレス・チョンは香港で歌手として活躍していたのを覚えていますが、これも20年前とは、もうびっくり。ずっとテレビドラマ、映画にと活動しています。
そんな三人が、警部、女医、犯人として織りなすサスペンスアクション。ジョニー・トー監督らしい怒涛のラストシーンを、瞬きしないで観てくださいね。(白)


2016年/香港・中国合作/カラー/シネスコ/88分
配給:ハーク
(C)2016 Media Asia Film International Limited All Rights Reserved
予告編はこちら
★2017年1月7日(土)新宿武蔵野館ほか全国で順次公開
posted by shiraishi at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

疾風スプリンター(原題:破風 To the Fore)

sisso.jpg

監督:ダンテ・ラム
脚本:ダンテ・ラム、ラム・フォン、ハウ・ウィンハン
出演:エディ・ポン(チウ・ミン)、ショーン・ドウ(チウ・ティエン)、チェ・シウォン(チョン・ジウォン)、ワン・ルオダン(ホアン・シーヤオ)

ミンとティエンは自転車ロードレースチーム“レディエント”に、エースのチョン・ジウォンのアシストとして所属することになった。2人の活躍でチョン・ジウォンはエースとして勝利を重ね、ミンとティエンはエースを目指しながら友情を深めていく。レディエントはライバルチーム“ファントム”の妨害にも屈せず勝ち残るが、ついに資金難に陥ってしまう。3人は別のチームに移籍し、それぞれがエースとして対決することになった。

『激戦 ハート・オブ・ファイト』(2013)でも自転車で山道を走って登場したエディ・ポン。今度はプロのロードレーサーとして、鍛えぬいた足腰で最新の自転車を駆り全編走り抜きます。
台湾では『練習曲』(2007)が自転車での「環島」(一周)ブームに火をつけ今も続いています。日本でも高校生の自転車競技を描いた少年コミックの「弱虫ペダル」が大ヒットし、テレビアニメから映画にもなり、劇場版が2年連続で公開されています。自転車愛好者増加に一役も二役もかったのではないでしょうか。
ダンテ・ラム監督の作品は撮影中怪我人が続出する過酷な現場だそうですが、この作品は怪我人のカズで記録を塗り替えたそうです。しかし出演者たちの本気度も見事です。それが存分に発揮されたトップ争いのシーンは、観ているだけのこちらも力が入ってしまいました。ものすごいスピード感に耐えた後、観客も達成感が味わえる作品。第88回アカデミー賞外国語映画賞香港代表作品(受賞は『サウルの息子』でした)。空撮を多用したシーンに台湾の美しい風景も堪能できます。(白)


2015年/香港・中国合作/カラー/シネスコ/125分
配給: エスパース・サロウ
(C)2015 Emperor Film Production Company Limited All Rights Reserved
http://shippu-sprinter.espace-sarou.com/
★2017年1月7日(土)新宿武蔵野館ほか全国で順次公開
posted by shiraishi at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラゴン×マッハ!(原題:殺破狼II SPL 2: A Time for Consequences )

dragon.jpg

監督:ソイ・チェン
製作:ウィルソン・イップ、パコ・ウォン
アクション監督:ニッキー・リー
出演:トニー・ジャー(チャイ)、ウー・ジン(チーキット)、サイモン・ヤム(チャン)、ルイス・クー(ホン)、マックス・チャン(コー)

潜入捜査官のチーキットは、闇の臓器売買を手広く行っているホンを追っている。恐怖を押し殺し、仲間の信用を得るために薬物にも手を出してしまっていた。チーキットに一味を逮捕するチャンスが巡ってくるが、正体がばれ、ホンの息のかかったタイの刑務所に送られてしまう。彼の叔父でこの作戦の指揮官でもあるチャンは、任務を優先した自分を責め、規則を破っても甥を救い出そうとする。
刑務所の冷酷な所長は臓器売買の邪魔になるチーキットに執拗に暴行を加えていた。真面目で正義感が強い看守のチャイは冷酷な所長の非道ぶりに胸を痛めていたが、娘の入院費を借りている手前見て見ぬふりをするしかなかった。

原題が『殺破狼II/SPL2』です。まあ!『SPL/狼よ静かに死ね』(06)の続編ではありませんか!当時出演のサモ・ハン・キンポー、ドニー・イェン、ウー・ジンが宣伝のため来日して、嬉々として駆け付けた会見を思い出します。3人とも素敵でしたが、サモハンの貫禄のあることといったら! 思わずミーハーに戻りました。ウー・ジンがとても可愛かったです。
ウィルソン・イップ監督は今回は制作、アクションには定評のあるソイ・チェン監督が、ウー・ジン、マックス・チャン、トニー・ジャーの3人を存分に戦わせてくれます。演出とはいえ、『グランド・マスター』でも華麗な技を見せたマックス・チャン強すぎ!一撃必殺だったトニー・ジャーも苦戦しています。
アクションだけでなく、父の娘への愛情と、叔父と甥の絆の強さにもうたれます。本作と『人魚姫』、『ロスト・レジェンド 失われた棺の謎』(スー・チー、チェン・クン主演)も3本同時公開。(白)


2015年/香港・中国合作/カラー//120分
配給:ツイン
(C)2015 SUN ENTERTAINMENT CULTURE LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
http://asian-selection-movie.com/
★2017年1月7日(土)シネマート新宿ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

小さな園(その)の大きな奇跡(原題:五個小孩的校長 Little Big Master)

tiisana.jpg

監督・脚本:エイドリアン・クワン
脚本:ハンナ・チャン
製作:ベニー・チャン
撮影:アンソニー・プン
出演:ミリアム・ヨン(ルイ・ウェホン)、(ルイの夫ドン)、リチャード・ン(ホ)、フィリップ・キョン(カカの父)、スタンリー・フォン(幼稚園の理事長)、アンナ・ン(チュチュのおば)、レイン・ラウ(カカの母)、サミー・リョン(チン)

香港の有名幼稚園の園長ルイは、エリート教育にすっかり疲れ退職の決意をした。結婚10周年の夜に夫のドンに伝えるとおおいに賛成し、自分の仕事の区切りがついたら世界一周旅行に出ようと提案する。ルイは手に入れた自由時間を満喫しようとするが、何かものたりない。スポーツジムで閉園の危機にある幼稚園のニュースに目を止めた。5人の園児が行き場のないまま残され、新しい園長が来るのを待っているという。給料はわずか4500香港ドル(約6万円)、ほかの職員を雇う余裕はなく、全てが園長の仕事になる。

香港の2015年興行収入No.1の作品。喧噪の香港の郊外にある小さな幼稚園で実際にあった物語を元にしています。香港でアクションでもラブコメでもない映画がヒットするのは。とても珍しいと思います。素材と脚本の良さに加えてスタッフ・キャストたちの熱意が実ったのでしょう。
ポップス・スターで、ラブコメ女王のミリアム・ヨンが廃園寸前の幼稚園で奮闘する愛と情熱いっぱいのルイ園長。博物館に勤め、ルイを支える夫ドンを香港で一番稼ぐ俳優ルイス・クー。製作にもあたっています。銃もアクションもなし、の彼をひさしぶりに見ました。落ち着いて誠実な夫像に好感度があがったはず。
そしてスターをさしおいて目を奪われるのが、5人の可愛い園児たちです。それぞれの子どもたちの家庭には転園できない理由があり、この幼稚園だけを頼みにしています。事情も丁寧に描かれていて、健気な子どもたちを応援せずにいられません。
香港映画ファンには懐かしい『五福星』(1983)ほか多数出演のベテラン、リチャード・ンとスタンリー・フォンが元気な顔を見せていて嬉しい限り。2015年アジアフォーカス福岡映画祭で観客賞を受賞しました。


2015年/香港・中国合作/カラー/シネスコ/112分
配給:武蔵野エンタテインメント
(C)2015 Universe Entertainment Limited All Rights Reserved
http://little-big-movie.com/
★2016年11月5日(土)、新宿武蔵野館リニューアル・オープニング・ロードショー!

關信輝(エイドリアン・クワン)監督&脚本の張佩瓊(ハンナ・チャン)来日ティーチインの記事はこちら
posted by shiraishi at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする