2018年05月13日

『29歳問題』  原題『29+1』(香港)

2018年5月19日(土)、ロードショー! YEBISU GARDEN CINEMA他.

『29歳問題』キーアート.jpg
(c) 2017 China 3D Digital Entertainment Limited

監督・脚本 彭秀慧(キーレン・パン)
撮影ジェイソン・クワン
音楽アラン・ウォン、ジャネット・ユン
挿入歌:レスリー・チャン、レオン・ライ、ビヨンドほか
出演 
クリスティ役   周秀娜(クリッシー・チャウ)
ウォン・ティンロ 鄭欣宜(ジョイス・チェン) 
チョン・ホンミン  蔡瀚億(ベビージョン・チョイ)
ヨン・チーホウ   楊尚斌(ベン・ヨン)
エレイン   金燕玲 (エレイン・チン) 
家主   林海峰 (ジャン・ラム)
タクシー運転手  葛民輝 (エリック・コット)
レコード店店主 鄭丹瑞 (ローレンス・チェン)

『29歳問題』main.jpg
(c) 2017 China 3D Digital Entertainment Limited
 
1ヶ月後に30歳の誕生日を迎える女性の心の葛藤がテーマ。
1975年生まれのクリスティ(クリッシー・チャウ)は、おしゃれな一人暮らしを楽しんでいるように見えるけど、30歳の大台に乗ったら女は終わりと焦っていた。しかし、仕事は順調。突然の抜擢で責任ある仕事を任され、ストレスが増大する。長年付き合っていた彼とは、忙しさの中、歯車が噛み合わなくなってしまい別れてしまった。先行き不安な時に認知症の父親が急逝。更に会社を結局やめることに。そして、雨漏りのひどいアパートで文句を言ったら、突然アパートを追い出されるはめに。
さんざんな目にあったけど、大家の甥の友人であるティンロ(ジョイス・チェン)がパリ旅行で不在の間、彼女の家に1ヶ月住まわせてもらうことに。ティンロがパリに1ヶ月旅行する間「部屋代が旅行費の足しになれば」と貸してもらったのだ。彼女の部屋は、壁にエッフェル塔を形どりたくさんの写真を貼り、80年代のレコードがたくさんあった。レコード店に勤めるティンロが収集したものだった。この部屋で「自伝」と称された彼女の日記をみつけ読み始める。そして、ティンロが偶然、自分と同じ誕生日だとわかり、自分と彼女を重ね合わせていく。クリスティは短気で怒りんぼう。なんでもせかせかしないと気がすまない。ティンロはふんわかしたのんびり屋でマイペースな人柄。正反対な性格なのに、日記を読んで、彼女の思いに共鳴する。

『29歳問題』sub1.jpg
(c) 2017 China 3D Digital Entertainment Limited

監督のキーレン・パンは舞台女優で、脚本や演技指導までこなす。初脚本はパン・ホーチョン監督の『イサベラ』。
本作はもともとキーレン・パン監督が演じていた芝居。主人公をキーレン・パン監督自身が一人二役で演じていた一人芝居を自身の手により映画化したもの。映画版では2人の役者が演じた。時代は10年くらい前を設定。
クリスティを演じるのは、香港の若手人気No.1のクリッシー・チャウ。ティンロを演じるのは香港芸能界のサラブレッド、ジョイス・チェン(沈殿霞/リディア・サムと鄭少秋/アダム・チェンの娘)。舞台演劇的な作りと、映画だからこそできる映像のミックスを楽しめる。
去年(2017)3月に開催された「大阪アジアン映画祭」で観客賞を受賞。
2018年4月15日に行われた第37回香港電影金像獎で、最優秀新人監督賞を受賞。

1980年代から90年代の香港芸能界の出来事や、主人公のティンロがTVで放映されたレスリーの「日落巴黎(夕暮れのパリ?)」で夢見たパリへ行ったり、そして最後、エッフェル塔の下でクリスティとティンロが二人で歩いていくシーン(夢?)には、レスリー・チャンの「由零開始(0から始めよう)」がフルバージョンで流れる。また、亡くなった香港歌手へのオマージュがあったり(張国栄、陳百強、黄家駒の話題)と、香港芸能にハマっている人にとっては親しい話題が含まれていたのでシンパシーを感じると思います。地下鉄のシーンではBYONDの黄家駒が歌う「早班火車」が流れ、日本のTVのバラエティ番組内での事故で亡くなった彼をそっと偲びました。
友人の誕生日に送られた『花様年華』のポスターネタも伏線だったし、二人が知らぬ間に出会っていたというのがだんだんにわかってくるシーンの作りもうまいと思いました。
 レスリーの話題が多かったので、監督はレスリーのファンかと思ったのですが、大家さん(林海峰/ジャン・ラム)とタクシー運転手(葛民輝/エリック・コット)を演じていたラップコンビ軟硬天師のファンだそうです。エッフェル塔のシーンで「由零開始」がフルバージョンで流れるので、レスリーファンは感涙もの。また、監督は香港の映画界も、ミュージックシーンも一番輝いていた時代に育ったんだなと思います。 そういうところが香港芸能ファンには嬉しいところではありますが、30歳を目前にした女性の揺れる心というのは万国共通。それがうまく表現されていました。最近、日本でもTV(NHK「デイジー・ラック」)や映画(『見栄を張る』)で、30歳を目前にした女性たちの真情を描いた作品がありました(暁)。

5月11日に発行されたシネマジャーナル101号にキーレン・パン監督インタビュー記事が掲載されています。
またシネマジャーナルHPでもキーレン・パン監督インタビュー記事を見ることができます。
http://www.cinemajournal.net/special/2017/aichi/index03.html

●『29+1』キーレン・パン監督.jpg
キーレン・パン監督(大阪アジアン映画祭2017にて)
公式HP:29saimondai.com
2017年/香港/広東語/111分/字幕翻訳:鈴木真理子
配給 ザジフィルムズ、ポリゴンマジック
posted by akemi at 20:43| Comment(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

メイド・イン・ホンコン/香港製造[デジタル・リマスター版]

MADE IN HONG KONG [Digitally Remastered Version] [香港製造]
原題 香港製造 Made in Hong Kong
香港製造_R.jpg
(c)Teamwork Production House Ltd./Nicetop Independent Ltd.

3月10日よりYEBISU GARDEN CINEMA、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか順次公開!!

監督・脚本:陳果(フルーツ・チャン)
製作:楊紫明(ドリス・ヤン)
製作総指揮:劉徳華(アンディ・ラウ)
撮影:柯星沛(オー・シンプイ)
出  演
李璨琛(サム・リー):チャウ
嚴栩慈(ネイキー・イム):ペン
李棟全(ウェンダース・リー):ロン
譚嘉荃(エイミー・タム):サン

1997年|香港|108分 日本初公開 1999年6月12日
配給:ユナイテッドエンタテインメント
公式HP

20年の時を経て、4Kレストア・デジタルリマスター版で甦る!

中国返還に揺れる香港を舞台に、行き場を失った若者たちの激しくも眩しい青春を描いた、低予算&ノースター映画が新人監督フルーツ・チャンにより作られた。街角でスケボーをしていてスカウトされ、まったく演技経験のないサム・リーを主演に起用し、たった5人のスタッフ、知人から借りた8万ドルの製作費と、アンディ・ラウから譲り受けた4万フィートの期限切れのフィルムで製作された1997年製作の青春映画の名作が、4Kレストア・デジタルリマスター版で甦った!
その35mmフィルムに焼き付けられたのは、中国返還が間近になり、香港人が抱える不安や、社会の閉塞感。複雑な家庭環境で生まれ育った主人公や登場人物たちの感情が爆発する。
借金の取り立てをして日々の生活費を稼ぐ青年チャウと弟分のロンは取り立てにいった家庭で、少女ペンと出会う。ロンが飛び降り自殺した女子学生の遺書を偶然拾ったことで、3人の奇妙な関係が始まる。ペンに淡い恋心を抱き始めたチャウは、彼女が病に侵され余命わずかということを知る。
スタイリッシュな映像とポップな音楽で、香港映画の新しい表現として、公開当時センセーショナルな話題になり、異例のヒットを記録した。香港電影金像奨(アカデミー賞)でも、作品賞、監督賞、新人俳優賞の3冠を獲得。
フルーツ・チャン監督は、それまで数々の映画現場でスタッフとして働き、この作品が2作目の監督作。その後「香港返還三部作」として、『花火降る夏』(98年)、『リトル・チュン』(00年)を発表。その後も、『ドリアンドリアン』『ハリウッド★ホンコン』『美しい夜、残酷な朝』 などを監督。本作で主演デビューしたサム・リーは、その後香港映画界で活躍。40本以上の作品に出演している。ペンを演じたネイキー・イムは、映画出演はこの1本だけで、その後は服装関係の仕事をしているという。ロンを演じたウェンダース・リーは特撮マンとして映画業界に入り、美術アシスタントなどをしていたところをフルーツ・チャン監督に説得され、本作『メイド・イン・ホンコン/香港製造』ではスクリプターを務めると同時に、俳優デビュー。その後、数本の作品に出演するが、パン・ホーチョン監督との出会いを機に、すべてのパン・ホーチョン作で編集を務める。03年には『我的野蠻男友/My Sassy Boyfriend(日本未公開)』で監督デビューも。

20年ぶりに観たけど、何回も観ていたのに「あれ!こんなストーリーだったっけ?」と、すっかり忘れていた。部分、部分のシーンは覚えていたけど、全体の流れ、細かいところは覚えていなくて、観ながら少しづつ思い出した。印象に残っていたのは、香港のお墓の風景だった。また、ピークに上るトラムの道をサム・リーは登っていった思っていたけど、実際は降りていた。トラムに乗るたびにあのシーンを思い出していたのに勘違いだったとわかった(笑)。
MIHK_sub2_R.jpg
(c)Teamwork Production House Ltd./Nicetop Independent Ltd.
悲劇的な物語の中の輝く青春といった感じで、あのころの香港の街の雰囲気に、そうそうあんな感じだったと、すっかり変わってしまった香港のことを思った。期限切れのフィルムを使っていたので、少し色が変わっていて、青紫色の映像が不思議だったことも思い出した。なつかしいけど新鮮だった(暁)。





posted by akemi at 07:49| Comment(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

欲望の翼 原題 阿飛正傳 Days of Being Wild

ウォン・カーウァイ監督初期の傑作『欲望の翼』デジタルリマスター版が、13年ぶりにスクリーンによみがえる
ポスター縦:欲望の翼_R.jpg
(c)1990 East Asia Films Distribution Limited and eSun.com Limited. All Rights Reserved.
◆2/3(土)より渋谷のBunkamuraル・シネマ、3/17よりテアトル梅田で公開

監督・脚本:王家衛(ウォン・カーウァイ)
製作総指揮:アラン・タン
製作:ローヴァー・タン
撮影クリストファー・ドイル
編集:パトリック・タム
美術:ウィリアム・チョン
武術指導:董瑋(トン・ワイ)ほか
音楽:ザビア・クガート ロス・インディオス・タバハラス
キャスト
ヨディ:張國榮(レスリー・チャン)
スー:張曼玉(マギー・チャン)
ミミ:劉嘉玲(カリーナ・ラウ)
サブ:張学友(ジャッキー・チュン)
警官タイド:劉コ華(アンディ・ラウ)
ヨディの母:潘迪華(レベッカ・パン)
謎の人物:梁朝偉(トニー・レオン)

Yokubo_main_R.jpg
(c)1990 East Asia Films Distribution Limited and eSun.com Limited. All Rights Reserved.

  脚のない鳥がいるそうだ
   ひたすら飛び続けて
    疲れたら風に乗って眠る
     地上に降りるのは死ぬ時だけだ

「1960年4月16日3時1分前、君は僕といた。この1分を忘れない。君とは"1分の友達"だ。」と、ヨディ(レスリー・チャン)はサッカー場の売店の女性スー(マギー・チャン)にそう話しかける。「夢で会おう」、「この1分を忘れない」などとせまるヨディを煙たがるが、スーは彼のことを好きになっていく。結婚を望んだスーだが、ヨディにはそのつもりはなかった。傷心のスーはヨディの元を去る。ヨディはダンサーのミミ(カリーナ・ラウ)とつきあい始めたが、ヨディの親友サブ(ジャッキー・チュン)もミミに恋心を抱くようになる。そして、傷心のスーを慰めた警官のタイド(アンディ・ラウ)は彼女に惹かれていく。
やがて、ヨディは母親(レベッカ・パン)が実の親ではないことを知り、実の母親を探しにフィリピンへと向かう。ミミは姿を消したヨディを探しまわる。ミミに想いを寄せるサブは、ヨディからもらった車を売りミミにお金を届ける。警官をやめて船乗りになったタイドは航海に出る。スーはタイドに連絡しようとするが電話は繋がらない。
Yokubo_sub7_R.jpg

Yokubo_sub6_R.jpg
(c)1990 East Asia Films Distribution Limited and eSun.com Limited. All Rights Reserved.

60年代の香港を舞台に、ヨディの周りで交錯する若者たちの出会いと恋。夢と運命、若者たちのそれぞれの想いは満たされずすれ違う。
フィリピンでヨディとタイドは偶然知り合い、行動を共にすることになるが、二人の運命は…。香港での暗い色調の画面、フィリッピンの湿度の高さを感じさせる密林の青緑色の色調、そして明るさ。屋根の上を伝って逃げる二人や列車の中までの疾走感。もがきながら生きている若者たちの表現の仕方が当時新しかった。

『いますぐ抱きしめたい』『恋する惑星』『ブエノスアイレス』などで知られるウォン・カーウァイ監督の2作目。各国映画祭でセンセーションを巻き起こし、世界的な注目を浴びるきっかけとなった本作。それまでの香港映画と違う独特な浮遊感や疾走感が混じる語り口とクリストファー・ドイルによる映像美。豪華なトップスター6人を起用したキャスティング。数字やタイムスリップ的なや時へのこだわりや印象的な音楽が話題になり、ウォン・カーウァイ監督の独特なスタイルが確立されていった作品。
この作品がデジタル化され、13年ぶりの劇場公開とのこと。ぜひお見逃しなく。
Yokubo_sub4_R.jpg
(c)1990 East Asia Films Distribution Limited and eSun.com Limited. All Rights Reserved.
この作品を何回観たことだろう。最初に観た時は、なんだか物語はよくわからないけど、映像の斬新さや、舞台設定の面白さ、音楽の使い方とか、そういうところに興味がいった。また、当時はフィリピンの映像も観たことがなかったので、ものめずらしかった。展開が??で、どうなっているのと思いながら、色彩と若者の疾走感が興味深かった。その後、香港に行ったときには、アンディが巡回してチェックをしていたあの公衆電話があった場所にも行ってみた。実際は公衆電話はなくて、ただのトンネルが残っているだけだったが、そこに立つと、『欲望の翼』での、警官姿のアンディの姿が思い出された。それも、もう15年以上前になってしまった。もしかしたら、その場所はもうないかもしれないけど、今度香港に行ったら、そこにまた行ってみようと思った、再度の『欲望の翼』鑑賞だった。ちなみに去年、その公衆電話の場所を探しに行った友人は「みつけることができなかった」と言っていたので、やはり、もうないのかも…。
今回、見直してみて、ヨディはこんなにも実の母親にこだわっていたんだったっけ?と思った私。最後のトニーが突然出てきたシーンも謎のままで気になる。やっぱり続編作られないのか…(暁)

1990年/香港/95分/カラー/モノラル/字幕翻訳:寺尾次郎
配給:ハーク
オフィシャルサイト









posted by akemi at 21:09| Comment(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

十年   英題:TEN YEARS

juunen.jpg

映画が製作された2015年から10年後の香港を、5人の若手監督が描いた5つの物語。 

第1話『エキストラ』監督:クォック・ジョン(郭臻)
第2話『冬のセミ』監督:ウォン・フェイパン(黄飛鵬)
第3話『方言』監督:ジェヴォンズ・アウ(歐文傑)
第4話『焼身自殺者』監督:キウィ・チョウ(周冠威)
第5話『地元産の卵』監督:ン・ガーリョン(伍嘉良)

毎秋、香港で開催される中規模映画祭「香港亞洲電影節/ホンコン・アジアン・フィルム・フェスティバル」でワールド・プレミア上映され、同映画祭で2回上映された後、香港アートムービーの発信基地「百老匯電影中心/ブロードウェイ・シネマテーク」で単館公開。
口コミで動員を伸ばし、連日満席。その後、上映館数を6館に増やし、旧正月を挟んだ2016年2月12日までの8週間、香港映画としては異例の長期興行となった。製作費50万香港ドル(約750万円)のインディーズ映画の最終興行収入は、なんと600万香港ドル(約9,200万円)に。ついには、2016年の香港電影金像奨で最優秀作品賞を受賞した。

今年の7月1日で、中国回帰から20年を迎えた香港。50年間は「高度の自治」を保障する一国二制度を摘要したはずだったのに、すでにあやしい雲行き。『十年』で描いた2025年には、さらに中国本土との同化が進んでいるのではないかと危惧します。

一番印象に残ったのが、3つ目の物語『方言』。香港の人たちが本来使っていた広東語がどんどん隅に追いやられる中、普通語(中国で使われる標準中国語)が出来ないタクシー運転手の悲哀を描いた痛烈な作品。大陸から来た客から言われた行先がわからなくて、若い子から広東語読みの地名を教えられる。やがて、空港や主要ターミナルのタクシー乗り場には普通語が出来ないと入れなくなってしまう。そんなことが現実になる日もありえるかもと思わせられた一作。ほかの4作も、それぞれに考えさせられる物語でした。(咲)


配給:スノーフレイク
2015年/香港/広東語/DCP/ステレオ/104分
公式サイト:http://www.tenyears-movie.com/
★2017年7月22日(土) よりK's cinemaほか全国順次公開
posted by sakiko at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

ホワイト・バレット(原題:三人行 Three)

white baret.jpg

監督:ジョニー・トー
脚本:ヤウ・ナイホイ
撮影:チェン・シュウキョン
音楽:ザビエル・ジャモー、ロー・タイユー
出演:ルイス・クー(チャン)、ビッキー・チャオ(トン)、ウォレス・チョン(シュン)、エディ・チョン(フォク)、ロー・ホイパン(チョン)

救急病院に銃創で運ばれていたのは、凶悪な強盗団のメンバーのシュン。銃撃戦の末逮捕したチャン警部ら多くの警察官が、シュンを見張りながら強盗団一味の情報を聞き出そうとしていた。女医のトンはすぐに銃弾の摘出手術をというが、シュンは暴れて手術を拒否。なんとか仲間へ連絡をつけようと画策する。チャン警部はわずかな手がかりから一味に迫ろうとする。

香港で一番稼ぐスター、ルイス・クーの映画公開が続きました。前は犯罪もの、アクションものの俳優としてイメージが強かったルイス・クーですが、コメディやホームドラマなどいろいろな役柄にもしっくりはまるようになっています。東京国際映画祭で『シェッドスキン・パパ』で来日したのが嬉しかったです。
共演は初監督作『So Young 〜過ぎ去りし青春に捧ぐ〜』が好評だった人気女優のビッキー・チャオ。中国で大人気だったテレビドラマ「還珠姫 〜プリンセスのつくりかた〜」(1997)からもう20年になるとは驚いてしまいます。犯人役のウォレス・チョンは香港で歌手として活躍していたのを覚えていますが、これも20年前とは、もうびっくり。ずっとテレビドラマ、映画にと活動しています。
そんな三人が、警部、女医、犯人として織りなすサスペンスアクション。ジョニー・トー監督らしい怒涛のラストシーンを、瞬きしないで観てくださいね。(白)


2016年/香港・中国合作/カラー/シネスコ/88分
配給:ハーク
(C)2016 Media Asia Film International Limited All Rights Reserved
予告編はこちら
★2017年1月7日(土)新宿武蔵野館ほか全国で順次公開
posted by shiraishi at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする