2018年11月11日

生きてるだけで、愛。

ikiteru.jpg

監督・脚本:関根光才
原作:本谷有希子
撮影:重森豊太郎
音楽:世武裕子
出演:趣里(寧子)、菅田将暉(津奈木)、田中哲司(村田)、西田尚美(真紀)、松重豊(磯山)、石橋静河(美里)、織田梨沙(莉奈)、仲里依紗(安堂)

寧子と津奈木は同棲して3年になる。寧子はもともとメンタルに問題を抱えており、過眠症で引きこもり状態。週刊誌の編集部でゴシップ記事を書いている津奈木が会社帰りに2人分のお弁当を買って帰る。しかし、感情をコントロールできない寧子は津奈木に当たり散らしていた。
ある日突然、津奈木の元恋人・安堂が寧子を訪ねてくる。津奈木に未練を残す安堂は、寧子を自立させて津奈木の部屋から追い出そうと、強制的にカフェバーのアルバイトを決めてしまう。寧子は戸惑うものの、思いがけないチャンスを得て、今の生活から抜け出そうと次第に前向きになっていくが…。

鬱による過眠症で、自分自身をコントロールできない女。物静かで心を病む女に理解があるように振る舞うが、実はやり過ごしているだけの男。人との距離感がうまく取れない不器用な男女の歪な愛を描いた。原作は本谷有希子の同名小説で、芥川賞・三島賞候補作となった。
主人公の寧子を演じるのは趣里。ドラマ「ブラックペアン」で演じたミステリアスな看護婦・猫田麻里役が記憶に新しい。恋人の津奈木役には映画『あゝ、荒野』で第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞に輝いた菅田将暉。『銀魂2』『帝一の國』でのパワフルなキャラを封印して、受け身の演技に徹した。メガホンを取ったのは、CMやMVディレクターとしてキャリアを積んできた関根光才監督。劇場長編映画デビュー作である。フィルムで映すことで人の心が映ると考える監督は本作も16oフィルムで撮影。生きにくさの中でもがく若者たちを誤魔化すことなく冷静にとらえた脚本を自身で書き、それを柔らかく見つめて映し出した。
とにかく趣里が素晴らしい。他人を寄せ付けないネコのような冷めた目をしながら、内面には煮えたぎるマグマを感じさせる。例えば、バイト先の人と距離が近づいたと思ったのに、いきなり深い溝を感じた瞬間、エキセントリックに感情を爆発させた。心が切り裂かれる痛みへの悲鳴が聞こえてくる。そして、冬の夜に外へ飛び出し、走り出した。その様は火山が噴火したかのよう。趣里の華奢な体のどこにそんなエネルギーがあったのか。全身全霊で寧子を演じ切った趣里を見るには、こちらにも覚悟が必要だ。(堀)


趣里さんをちゃんと記憶したのは『勝手にふるえてろ』でした。金髪に赤と白のストライプの制服のウエィトレス役。印象は「くるくる回るオルゴールの人形みたい」。後で水谷豊・伊藤蘭夫妻の一人娘で、バレリーナを目指していたと知りました(怪我のため断念)。そういえば蘭ちゃんに面差しが似ています。細くてかよわそうなのに、芯がしっかりしてみえますが、本作では布団から出られない躁鬱女子。自分でどうしようもないイライラを同居人にぶつけて、ますます落ち込む悪循環。痛々しさ満点です。
こういう人が身近にいたらどうしたらいいんでしょ。ひたすら聴いてあげても怒りそう、あげるって何!?って言われそう。自分のしたいことしか見えない安堂が誰よりも無敵です。津奈木は戻らないだろうけど。
責める(攻める)趣里さんを受け(流す)菅田将暉くんが新鮮。自分なら重すぎてめんどうになって、逃げ出しそうです。でも諦めないで生きていれば、愛も見つかるかもしれないんだよね。寧子さん、津奈木くんがいてくれてよかったね。
「一瞬だけでもわかりあえたら」ってコピーには、あれ?一瞬だけでもわかりあえたから、一緒に暮らし始めたんじゃなかったの?と思う私はずれているのでしょうか?(白)


2018年/日本/カラー/シネスコ/110分
配給:クロックワークス
(C)2018「生きてるだけで、愛。」製作委員会
http://ikiai.jp/
★2018年11月9日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 01:34| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

ビリオネア・ボーイズ・クラブ   原題:Billionaire Boys Club

billionaire.jpg

監督: ジェームズ・コックス
出演:アンセル・エルゴート、ケビン・スペイシー、タロン・エガートン、エマ・ロバーツ

1983年、ロサンゼルス。上流階級が集う商談の場で、偶然再会する高校の同級生だったジョー(アンセル・エルゴート)とディーン(タロン・エガートン)。金融の専門家となったジョーは、金(ゴールド)の投資を、今や有名なテニスプレイヤーとなったディーンに一緒に組んで誘致して儲けようと持ちかける。
二人は、同級生のビバリーヒルズの金持ちたちから集めた1万ドルを元手に投資グループ「ビリオネア・ボーイズ・クラブ(BBC)」を立ち上げる。贅沢で派手な社交クラブとして名を馳せ、巧妙な手口で、ウォール街の敏腕トレーダーのロン(ケビン・スペイシー)からも融資金を騙し取り、2億5000万ドルの取引をするまでに成長するが・・・

本作は、ビバリーヒルズの富裕層を相手に詐欺を働き、ついには殺人まで犯してしまった実話に基づいた物語。すでにテレビ映画にもなっていた事件ですが、皆の記憶と違う一味に仕上げてあるそうです。
さて、なんと、殺されてしまったのが、イラン人! 加害者側から、「そもそも悪いのは彼の祖国」なんて言葉も出てきました。この事件が起こったのが、1980年代。1979年のイスラーム革命で、お金のあるイラン人の多くがアメリカに逃げたのですが、カリフォルニアは気候がイランに似ていると特に人気で、その数、百万人以上。ロサンゼルスはイランゼルスと言われるほど、イラン人移民が多いのです。ビバリーヒルズに住む金持ちイラン人も大勢います。彼らに騙されたイラン人も多くいたのかしら? (咲)


2018年/アメリカ/カラー/シネマスコープ/英語/108分
配給:プレシディオ
公式サイト:http://bbc-movie.jp/
★2018年11月10日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開

posted by sakiko at 10:21| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

走れ!T校バスケット部

走れ!T校バスケット部.jpg

監督:古澤健
原作:松崎洋「走れ!T校バスケット部」(幻冬舎文庫)
脚本:徳尾浩司
出演:志尊淳、佐野勇斗、早見あかり、戸塚純貴、佐藤寛太、鈴木勝大、 西銘駿、阿見201、竹内涼真(友情出演)、千葉雄大(友情出演)、真飛聖、YOU、竹中直人、椎名桔平

連戦連敗、向かうところ負けばかりの超弱小チーム「T校バスケット部」。
そんなT校に、バスケの強豪H校で1年生ながらエースとして活躍していたスタープレーヤー、田所陽一が編入してくる。
陽一は親友をイジメから救った事で自分自身が標的となり、H校を自主退学していた。
もう二度とバスケはしない――。
そう心に誓い、勉強に専念する陽一だったが、新たな仲間たちとの出会い、脳裏に焼き付いて離れないリングに引き寄せられるボールの軌道が、陽一を再びコートへと駆り立てる。
情熱と葛藤、仲間と家族、あきらめきれない夢 ―。
陽一を迎えた新生「T校バスケット部」が全国大会に向けて走り出す!

シュートが決まるとこちらまでハイな気分に。チームスポーツを楽しそうにする姿から仲間への信頼感が伝わってくる。勝つ楽しみを知り、強くなっていく彼らに引き込まれた。そして、勝つことよりもフェアプレーがカッコいいという母の教えがピンチの主人公を支える。これはバスケだけではなく、生きていく上での指標となる。

またYOUが演じる顧問の労わりも心に沁みる。上に立つものはこうあるべきか。決勝戦後、相手校の顧問との対比で明らかに。
志尊淳に心癒される至福の120分。爽やかさ満点の竹内涼真が登場するボーナスタイムまであり、心が躍る。戸塚純貴は菅田将暉っぽい良さが感じられた。(堀)


2018年/日本/カラー/115分
配給:東映
(C) 2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会
http://tkoubaske.jp/
★2018年11月3日(土)全国東映系にてロードショー
posted by shiraishi at 20:32| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

津軽のカマリ

tsugaru.jpg

監督・制作・撮影:大西功一
出演:初代高橋竹山、二代目高橋竹山、高橋哲子、西川洋子、八戸竹清、高橋栄山、須藤雲栄、高橋竹童

「カマリ」とは「匂い」のこと。生前、初代高橋竹山は「津軽のカマリが湧き出るような音を出したいものだ」と語っている。大西功一監督は、彼の足跡をたどり、残された映像や音声、竹山を知る人々の言葉を集めながら、彼の苦難に満ちた人生に光をあてていく。また津軽に残る風習や文化の背景をさぐり、つましく生き、死んでいった人びとに思いを馳せる。

『スケッチ・オブ・ミャーク』で、沖縄。宮古島に残る神歌にスポットを当てた大西監督。今度は東北で津軽三味線の名人とうたわれた初代高橋竹山の残した「津軽のカマリ」を探す旅をしました。若くして内弟子になった二代目高橋竹山さんが旅の道連れとなって、師匠とともに訪ねた懐かしい場所に足を運びます。ご縁あってお二人にお話を伺えましたので、映画の後でも先にでもご覧くださいませ。(白)

☆大西功一監督インタビューはこちら
☆二代目高橋竹山さんインタビューはこちら

2018年/日本/カラー/110分/ドキュメンタリー
配給:太秦
(c)2018 Koichi Onishi
http://www.tsugaru-kamari.com/
★2018年11月3日(土)より青森・青森松竹アムゼ、つがるシネマヴィレッジ8
11月10日(土)より東京・ユーロスペース他全国順次公開


IMG_7248.jpg

IMG_7283.jpg

上:11月11日舞台挨拶の前に控え室での大西監督と二代目高橋竹山さん
下:舞台挨拶終了後のサイン会で
posted by shiraishi at 18:22| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アジア三面鏡2018:Journey 

asia3.jpg

『海』(中国)監督:デグナー 出演:チェン・ジン、ゴン・チェ
父が亡くなり、大学生の娘と母親は海に向かう。日ごろ不和な親子が喧嘩を繰り返しながら車で移動するロードムービー。
ろくに口も聞かず不機嫌な娘、電話ばかりしている母親、二人が折り合うことはあるのか?

『碧朱(へきしゅ)』(日本)監督:松永大司 出演:長谷川博己、ナンダーミャッアウン
ミャンマーのなかでも発展著しいヤンゴンに赴任してきた鈴木は、市内を循環する鉄道事業に関わっている。循環線に乗る鈴木の目に人々の飾らない生活が見えてくる。たまたま話しかけてきた乗客の男性、市場で言葉を交わした縫い子の少女、彼らの暮らしにスピードは必要なのだろうか?

『第三の変数』(インドネシア)監督:エドウィン 出演:アグニ・プラティスタ、オカ・アンタラ、ニコラス・サプットゥラ
日本にやってきたインドネシア人夫婦の目的はマンネリ化からの脱出。指定された家を訪ね、謎の男から奇妙なアドバイスを受ける。

「アジア三面鏡」は国際交流基金アジアセンターと東京国際映画祭の共同プロジェクト。日本を含むアジアの気鋭監督3人が、ひとつのテーマをもとにオムニバス映画を共同製作する。シリーズ第2弾の今回、共通テーマは「旅」。
3作全てにニコラス・サプットゥラが出演している。

『碧朱』の松永監督にインタビューさせていただきました。こちらです。(白)

2018年/日本/カラー/シネスコ/110分
配給:マーメイド・フィルム
(C)2018 The Japan Foundation, All Rights Reserved.
http://asian3mirror.jfac.jp/2018_journey/ja/

第31回東京国際映画祭にてプレミア上映。
★2018年11月9日(金)〜11月15日(木)東京・新宿ピカデリー、大阪・なんばパークスシネマ、名古屋・ミッドランドスクエアシネマにて、一週間限定ロードショー
posted by shiraishi at 17:46| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。