2017年11月18日

まともな男(原題:Nichts passiert)

matomona.jpg

監督・脚本:ミヒャ・レヴィンスキー
撮影:ピエール・メネル
音楽:マルセル・ブラッティ
出演:デーヴィト・シュトリーゾフ(トーマス)、マレン・エッゲルト(マルティナ)、アニーナ・ヴァルト(ザラ)、ロッテ・ベッカー(ジェニー)、マックス・フーバッヒャー(セヴェリン)、シュテファヌ・メーダー(セヴェリンの父親)、ベアト・マルティ(ザラの父親)

平凡なサラリーマンのトーマスは、妻のマルティナ、15歳の一人娘ジェニーと恒例の家族旅行でスイスのスキー場に向かっている。上司の娘のザラも連れていくことにしぶしぶ同意してくれた妻と娘に肩身が狭い。到着した晩、旧知の青年セヴェリンとパーティに出かけた娘たちを迎えに行くと、ザラが見当たらない。ようやく見つけたザラのただならぬ様子に問いただすと「セヴェリンにレイプされた。誰にも言わないで」と告白された。ザラに良かれと妻にも打ち明けないトーマス。しかし嘘は嘘を呼んで、のっぴきならない事態に陥っていく。

matomona2.jpg

冒頭にセラピーを受けるトーマスの様子が出てきて、どうもお酒で失敗したらしいとわかります。人が良くて頼まれたら断れない平凡なサラリーマンが、上司の娘を預かったばかりに陥る悲劇のスパイラル。ところはスイスで主人公はドイツ人ですが、どこの国でもありそうな問題がちりばめられています。家族、仕事、レイプされた少女、ストレスと飲酒、暴力 etc,etc...。
初めにボタンを掛け違えたばかりに、次々と問題に直面する「まともな男」は自分であり、家族であるかもしれません。観終わってすっきりするのでなく、宿題をもらったような感じが残ります。一緒に観た人と、自分ならどうする?と話題が沸騰しそうです。スイスでヒットし、映画祭では数々の受賞を果たしています。
今回初来日したミヒャ・レヴィンスキー監督に本日お話を伺いました。絶賛まとめ中につき、しばしお待ちを。(白)


IMG_0495s.jpg

2015年/スイス/カラー//92分
配給:カルチュアルライフ
(C)Cultural Life & PLAN B FILM. All Rights Reserved.
http://www.culturallife.jp/matomonaotoko
★2017年11月18日(土)より 新宿K‘s cinemaほか全国公開中!
posted by shiraishi at 21:48| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

南瓜とマヨネーズ

kabocya.jpg

監督・脚本:冨永昌敬
原作:魚喃キリコ
撮影:月永雄太
音楽監修・劇中歌:やくしまるえつこ
出演:臼田あさ美(ツチダ)、太賀(せいいち)、浅香航大(寺尾)、若葉竜也(田中)、大友律(川内)、清水くるみ(可奈子)、岡田サリオ(尚美)、光石研(安原)、オダギリジョー(ハギオ)

ライブハウスで働くツチダはミュージシャンを夢見るせいいちと同棲中。スランプに陥っているせいいちは無収入で、作曲に専念してほしいツチダはこっそりキャバクラでも働くことにした。客の安原がもっと稼ぎたいならと、愛人契約を持ちかけてそれも承諾してしまう。せいいちはツチダが隠してあった現金を見つけてしまい、出どころを聞いて大喧嘩になった。配送の仕事を見つけたせいいちとギクシャクしながら、ライブハウスに戻ったツチダは初恋の相手だったハギオにばったり出会う。以前の恋心が蘇り、昔と同じくまとわりついてしまうツチダだったが。

せいいちの夢を叶えてやりたくて風俗で働くツチダ。そんな女心もつゆ知らず、せいいちが傷つくのは仲間からの一言。尽くす女は男をダメにするのかも。こういうカップルはあちこちにいそうです。同年代の人には刺さるはず。これは私だ、俺だと思うことでしょう。臼田あさ美さんと太賀くんはぴたりとはまっていました。いつでもどこにでもありそうな若いカップルのささやかな暮らしが、気恥ずかしくも愛おしいです。
二人の隙間にふわふわと入ってくるのは、元恋人のハギオ。オダギリジョーはこんな役がほんとによく似合います。あの笑顔で「お金」と言われたら使い道も聞かず、返してくれないと思っても渡してしまうよね。大概。
冨永昌敬監督は2006年の『パビリオン山椒魚』を観て、私にはわからんと思ってしまったのですが、そういえば、この作品で出会ったオダギリジョーさんと香椎由宇さんは後に結婚したんでした。(白)


2017年/日本/カラー/93分
配給:S・D・P
(C)魚喃キリコ/祥伝社・2017「南瓜とマヨネーズ」製作委員会
http://kabomayo.com/
★2017年11月11日(土】新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 16:43| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泥棒役者

dorobo yakusya.jpg

(C) 2017「泥棒役者」製作委員会

監督:西田征史
出演:丸山隆平、市村正親、石橋杏奈、宮川大輔、片桐仁、高畑充希、峯村リエ、ユースケ・サンタマリア

大貫はじめ(丸山隆平)は、泥棒稼業から足を洗って、今は可愛い恋人の藤岡美沙(高畑充希)と同棲しながら町工場で働いている。美沙の誕生日を外で祝おうと、駅前で待ち合わせていたところ、かつての泥棒仲間の畠山則男(宮川大輔)から声をかけられる。鍵開け名人のはじめと組んで、また盗みに入ろうというのだ。嫌なら彼女にばらすと脅され、しぶしぶ、とある豪邸に忍び込む。
そこへ、開いたままの玄関から、油絵の教材セットのセールスマン轟良介(ユースケ・サンタマリア)が入ってくる。はじめを豪邸の家主と勘違いして、売り込みを始める。何とか追い返し金庫を開けようとしていたところに、今度は本物の家主の絵本作家、前園俊太郎(市村正親)が部屋から出てくる。はじめのことを原稿の督促に来た新入り編集者と勘違いしたのをいいことに、編集者に成り切り、前園を部屋に戻すが、今度は本物の編集者の奥江里子(石橋杏奈)が訪ねてくる。新入りで前園の顔を知らない江里子は、はじめを前園と思って話すので、今度は絵本作家に成り切る。そんな中、はじめは、前園が小さい頃に大好きだった絵本「タマとミキ」の作者だと知る・・・

セールスマンの轟も、売り込み再挑戦に戻ってきて、豪邸のリビングで4人が鉢合わせ、カオス状態に。台詞の一つ一つが吟味されていて唸りました。それにしても、泥棒の相棒、畠山はずっとクローゼットに入ったまま! 
勘違いされる度に、家主や編集者に成り切るはじめを演じた「関ジャニ∞」の丸山隆平。
部屋から出てくる度に、奇抜な服装の絵本作家を演じた市村正親。
売り込みの下手なうだつのあがらないセールスマンをひょうひょうと演じたユースケ・サンタマリア。
3人のかもし出す、なんともいえない可笑しさ。
思いもかけない成り行きに、ほっこりさせられました。(咲)


2017年/日本/114分/カラー
配給:ショウゲート
公式サイト:http://dorobou-yakusha.jp/
★2017年11月18日(土)TOHOシネマズ 新宿ほかにて全国ロードショー



posted by sakiko at 11:23| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

写真甲子園 0.5秒の夏

syasin koosien.jpg

監督・脚本:菅原浩志
出演:笠菜月、白波瀬海来、中田青渚、甲斐翔真、萩原利久、中川梨花、河相我聞、緒形幹太、平祐奈、中西良太、金山一彦、小柳友貴美、宮崎秋人、北見敏之、立木義浩、竹田津実、千葉真一、秋野暢子
主題歌:大黒摩季
挿入歌:大黒摩季 with Booooze

高校写真部の日本一を決める「全国高等学校写真選手権大会」、通称「写真甲子園」。1994年の第1回大会に始まり、毎年夏、北海道東川町で本戦大会が開催されている。
出場できるのは、「ブロック別審査会」を勝ち抜いた18校のみ!
3人でひとチームを組み、本大会では、3日間、毎日別のテーマを与えられて、北海道の大自然の中で撮影。結果を競う。
そんな写真甲子園に挑んだ、大阪、東京、沖縄の3チームに焦点をあてた物語。

関西学園写真部では、顧問の久華英子先生(秋野暢子)のもと、大勢の女子高校生たちが写真に挑んでいる。その中で出場できるのは、3人のみ。
一方、東京の進学校 桜ヶ丘学園写真部の部員はたった一人。部室も与えられず、廊下の隅で頑張っている。出場するには、あと二人、部員を見つけなくてはならない。
沖縄では、市場や町で、生き生きとした写真を撮る3人組・・・
念願叶って、本大会に挑んだ結果は?

写真で町おこしした北海道東川町の一大イベント。悲願の映画化が実現しました。
全国から18校、54人しか参加できない本大会。監督は、応募したけど参加できなかった高校生たちにまず観てもらいたいと思ったそうです。実際の高校生に撮影に参加してほしいと募集したところ、本大会に出る夢を映画で実現したいという人たちも数多く集まってくれたとのこと。半年間、写真や方言の特訓をして撮影を敢行。立木義浩さんはじめ、本物の写真家の審査コメントも本大会さながら。
高校生たちのキラキラした姿が眩しいです。何かに打ち込めるっていいな。
3人のチームワークが大事だということも見せてくれます。一生の友だちになるでしょう! (咲)


配給:BS-TBS
製作:シネボイス
製作賛助:写真文化首都「写真の町」東川町 / 東川町写 真甲子園実行委員会 / 東川町 写真甲子園映画化 支援協議会
カラー/シネマスコープ/DCP
公式サイト:http://www.syakoumovie.jp
★2017年11月11日(土)北海道先行ロードショー 
11月18日(土)全国順次ロードショー


posted by sakiko at 11:25| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

こいのわ 婚活クルージング

koinowa.jpg

監督: 金子修介
出演:風間杜夫、片瀬那奈、八嶋智人、藤田朋子、町田啓太、小橋めぐみ、白石美帆、中山忍、山本浩二

門脇誠一郎(風間杜夫)は、歩きスマホの衝突を防ぐ電子機器の開発で大儲けし、順風満帆だったはずなのに、ある日突然、社長を解任されてしまう。独り身の寂しさも身にしみる。これからの人生をともに歩んでくれる女性を探そうと見合いすることに。最初の相手、山本ナギ(片瀬那奈)はなかなかの美人。けれども、彼女が実は編集者で婚活の実態についての取材が目的とわかり大喧嘩に。その後も誠一郎は、次々と見合いする。高齢出産をあきらめない女医、シングルマザー、トランスジェンダー、後妻業疑惑のある美魔女など、手ごわい相手ばかり。そんな折、役所の主催する「こいのわ 婚活クルージング」に参加することになる。そこには、取材も兼ねてナギも参加していた・・・

1泊2日の瀬戸内海クルーズの間に、独身の男女がお互いを知る機会をいろいろ与えられて、気の合う相手を見つけるという次第。
実際、広島県庁が少子化対策の一環で行なっている「みんなでおせっかい!『こいのわ』プロジェクト」にインスパイアされて出来上がった物語。
製作は、イランとの合作映画『風の絨毯』以来、映画作りにまい進している益田祐美子さん。益田さんから、「咲子さんのための映画を作ってる」と言われたのでした。なるほど! この年になると、行動半径も決まっているから、こんなイベントにでも参加しないと新しい出会いもないですね。ちょっと気恥ずかしいけれど、参加してみるのも悪くないかも。
それはともかく、風光明媚な瀬戸内海をたっぷり楽しめる映画でした。20代の頃に旅したところも出てきて、そういえば、あの旅で出会った人もいたなぁ〜と! (咲)


2017年/日本/105分/カラー
製作:「こいのわ」製作委員会
配給:KADOKAWA
特別協力:こいのわプロジェクト   後援:広島県
公式サイト:http://koinowa-movie.jp/
★2017年11月11日(土)より広島先行公開、11月18日(土)より角川シネマ新宿他 全国順次ロードショー



posted by sakiko at 20:36| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする