2017年07月15日

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(原題:Dancer)

dancer.jpg

監督:スティーブン・カンター
製作:ガブリエル・ターナ
「Take Me To Church」演出・撮影:デヴィッド・ラシャペル
出演:セルゲイ・ポルーニン、イーゴリ・ゼレンスキー、モニカ・メイソン

セルゲイ・ポルーニンは1989年ロシア ウクライナ生まれ。早くからバレエの才能を見出され、家族ぐるみの応援を受ける。一人息子にバレエを続けさせるために父も祖母も海外へ働きに出た。母は息子のために良き師と学校を探し、セルゲイもよく応えてバレエ一筋に精進してきた。キエフ・バレエ学校を経て、ついに英国の名門ロイヤル・バレエ団への留学を果たす。19歳でロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルに昇りつめながら、2年後、人気絶頂で電撃退団してしまう。体中に青いタトゥーを入れ、バレエ界きっての異端児と呼ばれた彼のバレエへの思い、迷い、失意のはてに再生するまでを紹介するドキュメンタリー。

映像はほぼ年代順。貴重なホームビデオの「ポーズを決めて得意そうな愛くるしい少年時代、家族との別れ、留学中の厳しい練習風景、友人との悪ふざけ」などなど。本人や関係者へのインタビューに加え、華やかな舞台映像、MV撮影の舞台裏、恩師や家族との再会のようすも盛り込まれています。2014年、ダンスと決別しようと踊ったホージアのMV「Take Me To Church」(演出・撮影:デヴィッド・ラシャペル)は、世界中で注目の的となりました。現在の視聴回数は2千万回を超えています。最後のつもりの映像が再起へ導くきっかけとなったとは、なんともドラマチックです。
本誌100号に来日時の会見、藝大奏楽堂プレミアイベントのレポート記事を掲載しています。(白)


2016年/イギリス,アメリカ/カラー/85分
配給:アップリンク、パルコ
http://www.uplink.co.jp/dancer/
(C)British Broadcasting Corporation and Polunin Ltd. / 2016
★2017年7月15日(土)より、Bunkamuraル・シネマ、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

☆マスコミ向けプレス(非売品)を抽選で3名様にプレゼント!
(配給・宣伝のアップリンクより提供)
ご希望の方はシネマジャーナルfacebookに「いいね!」を押して「プレスシート希望」とメッセージをお寄せください。facebookをご利用でない方は、右の封筒アイコン“メッセージを送る”から「プレスシート希望」とご連絡くださいませ。
7月31日締め切り。当選の方のみご連絡いたします。

◆セルゲイ・ポルーニン 写真展[ビギニング・オブ・ジャーニー]
写真/ハービー・山口
会場:GALLERY X BY PARCO(渋谷区宇田川町13-17)
会期:7月15日(土)〜7月23日(日)11:00〜20:00
入場料:無料
協力:イルフォード・ジャパン株式会社
IMG_3746s.jpg

お問い合わせ:03-6712-7505(GALLERY X BY PARCO)
公式サイト:http://www.parco-art.com/web/gallery-x/exhibition.php?id=1115
posted by shiraishi at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハローグッバイ

hallo goodbye.jpg

監督:菊地健雄
脚本:加藤綾子
撮影:佐々木靖之
音楽:渡辺シュンスケ
出演:萩原みのり(水野はづき)、久保田紗友(今村葵)、もたいまさこ(小林悦子)、渡辺シュンスケ(茅野耕介/茅野幸二郎)、渡辺真起子(小林早紀)

高校生の水野はづきと今村葵は同じクラスにいながら、殆ど交流がない。カレと別れたばかりのはづきの目下の心配は妊娠! まだ判明していないけれど仲間の一人がその元カレと交際中、とても打ち明けられずにいる。
目立つはづきと違って、まじめな委員長の葵。父は海外赴任中、母も仕事で忙しく顔を合わせることも少ない。食卓には現金がおいてある。いつしか万引きが癖になり、クラスメートのカバンからも小物を盗んでは隠すようになっていた。その中にはづきの妊娠検査薬があった。
たまたま帰り道で出くわしたはづきと葵は、迷子になっていた認知症らしいおばあさん小林悦子を交番へ送り届ける。葵は悦子さんがいつも同じ歌を口ずさみ、初恋の人あてらしい手紙を持ち歩いているのを知る。葵とはづきは悦子さんと一緒に、初恋の人を探すことにした。

昨年の東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ部門」でいちはやく紹介されました。短時間で撮り、応募締め切り直前に出来上がったとか。初監督作の『ディアーディアー』(2015)とは全く違うテイストの、みずみずしく、ほっこりする作品になりました。ベテランの俳優陣が若い二人を支えて、くりかえされる渡辺シュンスケさんの優しい音楽も心地良いです。
学校のトイレで仲間の本音を聞いてしまうシーンに、同じ経験を思い出しました。自分の足りないところがわかって良かったのですが、その相手にはとても言えませんでした。
はづきと葵は同じ経験をしたけれど、その後べたべた仲良くなったりはしません。程よい距離感のまま卒業してゆくのでしょう。3人が歩く坂道や石段などロケーションもぴったり。(白)


2016年/日本/カラー/ビスタ/80分
配給:アンプラグド
(C)2016 Sony Music Artists
http://hello-goodbye.jp/
★2017年7月15日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開
posted by shiraishi at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

ふたりの旅路   原題:MAGIC KIMONO

futgarino tabiji.jpg

監督・脚本・編集:マーリス・マルティンソーンス
出演:桃井かおり、イッセー尾形、アルトゥールス・スクラスティンス、マールティンシュ・シルマイス、アリセ・ポラチェンコ、木内みどり、石倉三郎

神戸に住むケイコ(桃井かおり)は、不慮の事故により娘を亡くし、さらに阪神・淡路大震災ですべてを失う。夫も行方不明だ。それ以来、自分の殻に閉じこもって1人淋しく暮らしてきた。いつしか20年の月日が流れ、ケイコは神戸の姉妹都市であるラトビアの首都リガで開催される着物ショーに出演することになる。1枚の黒留袖を携えて訪れたリガの町で、ケイコは震災で行方不明になっていた夫(イッセー尾形)と再会する・・・

神戸とリガの姉妹都市提携40周年を記念しての共同製作。
神戸の高架下商店街、元町駅山側付近、摩耶山中腹にある灘丸山公園から眺めた神戸港など、神戸の町の断片が出てきて、ちょっと懐かしい。(神戸の東端で育った私には、どちらかというとそれほど馴染みのない景色だけど!) リガの町並みも美しい。

行方不明になった夫との再会は現実なのか夢なのか・・・ 喪失感が幻想を生んだのでしょうか。愛する人を突然失った悲しみは、時がぬぐいさってくれるものでないことを、つくづく感じさせられました。(咲)


2015年/ラトビア・日本/89分/カラー
配給:エレファントハウス
公式サイト:http://www.futarimovie.com
★2017年6月24日(土)より、渋谷ユーロスペース、丸の内TOEI他全国順次公開
posted by sakiko at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

ラオス 竜の奇跡(原題:サーイ・ナームライ)

laos.jpg

監督:熊澤誓人
脚本:熊澤誓人、守口 悠介
撮影:金子正人
音楽:栗コーダーカルテット
出演:井上雄太(川井)、ティダー・シティサイ(ノイ)

1960年(昭和35年)ラオス。ダム建設の調査のため日本からやってきた青年・川井。調査中の事故で行方不明となったが、首都ビエンチャンは内戦が勃発。川井の捜索は打ち切られてしまう。
2015年のラオス。ノイは家族との軋轢で家を飛び出し、憧れていた都会生活を始めていた。友人に誘われ湖の観光に来たが、いつしか友人とはぐれてしまう。アイフォンも不通になり、困っているノイを村人が世話をしてくれた。話が食い違うのを怪訝に思っていたが、タイムスリップして1960年に来てしまったらしい。半信半疑のまま村で暮らすしかないノイは、ある日川のほとりに流れ着いた川井を見つける。

ラオスと日本、初の合作映画です。まず、ラオスってどこにあるの?というくらい馴染みのない国でした。インドシナ半島の内陸部にあり、5つの国(ミャンマー、中国、ベトナム、タイ、カンボジア)と国境を接しています。本州くらいの広さに約700万人が暮らしています。東南アジアで海に面していない唯一の国で、国の7割が山岳地帯と高原。都市部は急激に開発が進んでいます。
この映画にはまだ開発の波が来る前の、緩やかな川が恵みをもたらす農村の風景と、近隣との絆や風習を大切にする暮らしがありました。祭りのようすなどなんだか懐かしくほっこりします。
タイムスリップして、知らなかった時代の人や暮らしにふれ、これまでの自分を振り返る、少しだけいい方向に変わるというのはよくある設定ですが、全然知識のなかったラオスが舞台なのが新鮮でした。最初何かと文句の多いノイはほんとに今どきの女の子で、これはいずこも同じ。
川井役の井上雄太さんは、イケメン+長身でモデル経験もあり。大卒後サラリーマンだったのが俳優の道が諦められず、転身したのだそうです。これが初主演ということで注目しています。これからもぜひ精進してくださいね。(白)


2016年/日本・ラオス合作/カラー/シネスコ/112分
配給:アークエンタテインメント
http://saynamlai.movie/
★2017年6月24日(土)有楽町スバル座ほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いつまた、君と 何日君再来(ホーリージュンザイライ)

itumata.jpg

監督:深川栄洋
原作:芦村朋子
脚本:山本むつみ
撮影:石井浩一
音楽:平井真美子
主題歌:高畑充希「何日君再来」
出演:尾野真千子(芦村朋子)、向井理(芦村吾郎)、岸本加世子(芦村真美/現代)、駿河太郎(高杉幹夫)、イッセー尾形(芦村忠)、成田偉心(芦村理)、野際陽子(芦村朋子/現代)

昭和15年。3年文通を続けていた芦村吾郎と初めて会った朋子は、南京に戻る予定だという吾郎に「共に生きたい」という思いがわきあがる。結婚して子供を授かるも戦争は激化。上海で終戦を迎えた二人は、幼い子供たちを連れてようやく日本に引き揚げてきた。身を寄せた朋子の実家で、父に罵倒され慣れない農作業に苦労する吾郎に、朋子は実家を出て自分たちだけで暮らそうという。落ち着いた暮らしを求めて一家は茨城、福島、大阪へと移り住んでいく。まっすぐで誠実な吾郎をたびたび不運が襲うが、2男1女に恵まれ、朋子は弱音を吐かず明るく支えていく。

俳優の向井理さんが大学生のころ祖母の芦村朋子さんの手記をまとめ、家族や親せきと自費出版。7年かけて映画化にこぎつけたもの。手記には戦前の祖父母の出会いから終戦後の厳しい生活、夫を失って女手一つで三人の子を育てあげるまでが書かれていました。それはそのまま多くの日本人たちの暮らしや思いと重なります。街の風景やこまごました家の作り、調度品や衣服、子どもたちの遊ぶようすを懐かしく思い出す人も多いはずです。いかにも昭和の顔立ちの子どもをよく探し出されたこと!
向井さんが若き日の実直な祖父・吾郎を、いつも笑顔だった祖母・朋子を尾野真千子さんが演じています。つい先ごろ亡くなられた野際陽子さんが現代の朋子さん役で出演しています。タイトルの「何日君再来」は吾郎と朋子の思い出の歌で、上海で大ヒットし日本でも多くの歌手に歌われました。私にはテレサ・テンの歌ですが、この映画のエンドロールでは高畑充希さんが澄んだ歌声を聞かせてくれています。(白)


2017年/日本/カラー/ビスタ/115分
配給:ショウゲート
(C)2017「いつまた、君と 〜何日君再来〜」製作委員会
http://itsukimi.jp/
★2017年6月24日(土)より、TOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする