2017年05月21日

夜明け告げるルーのうた

yoake.jpg

監督:湯浅政明
脚本:吉田玲子、湯浅政明
音楽:村松崇継
主題歌:斉藤和義「歌うたいのバラッド」
出演:谷花音(ルー)、下田翔大(カイ)、篠原信一(ルーのパパ)、柄本明(カイのじいさん)、斉藤壮馬(国夫)、寿美菜子(遊歩)、千鳥(大悟、ノブ)

中学生の少年カイは両親の離婚により、東京から寂れた漁港の日無(ひなし)町に移ってきた。父と祖父と男ばかりの3人所帯で、自分の気持ちを口に出すこともなく暮らしていた。たった一つの楽しみは、自分で作った曲をネットにアップすること。匿名なので誰にも知られていない。同級生の国夫と遊歩のバンド“セイレーン”に誘われ、気乗りしないまま練習場所の人魚島に行く。演奏を始めると人魚の少女ルーが3人の前に現れて、楽しそうに歌い踊る。それからたびたび現れるルーに、カイの心がしだいにほぐれて行く。

『夜は短し歩けよ乙女』に続いて公開される湯浅監督の新作。人魚の女の子と人間の男の子の交流ということで、ジブリの『崖の上のポニョ』を思い出しました。海外作品だとディズニーアニメ、実写だと古くは『スプラッシュ』(1984)、中国の『ふたりの人魚』(2000)『人魚姫』(1月公開)など人魚モノは多いですね。
人魚は漁師にとっては不吉で災いをもたらすというのは世界共通なんでしょうか。この作品では、漁師からいやがられるだけでなく、人魚を金儲けに利用しようと企む大人も登場。愛らしいルーがどうなってしまうのか、カイが自分の心からの声を出すことができるのか?が見どころ。大人も子供も楽しめること請け合います。2017年アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門公式コンペティション作品(白)


音楽を聴くと、足が生えて踊りだす人魚のルー。苦手なのは、お日さま。活発に動くのは夜明け前まで。人魚伝説のある町の名前が「日無町」なのも納得です。
海に突き出た家屋の下から、小船がそのまま出せる構造の家がずらっと並んだ様に、あ、これは丹後半島の伊根の光景!と、かつて訪れた時の感動を思い出しました。
裏日本にある日無町は架空の町ですが、「伊根の舟屋」のほかにも、名古屋の島の港町、倉敷の商店街、尾道の旧泉屋別邸などを参考にして描いたそうです。町並みを眺めながら、これはどこかなと想像するのも楽しいです。(咲)


2017年/日本/カラー/107分
配給:東宝映像事業部
(C)2017ルー製作委員会
http://lunouta.com/
★2017年5月19日(金)より上映中
posted by shiraishi at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

メッセージ(原題:ARRIVAL)

message.jpg

監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
原作:テッド・チャン「あなたの人生の物語」ハヤカワ文庫刊
脚本:エリック・ハイセラー
撮影:ブラッドフォード・ヤング
音楽:ヨハン・ヨハンソン
出演:エイミー・アダムス(ルイーズ・バンクス)、ジェレミー・レナー(イアン・ドネリー)、フォレスト・ウィテカー(ウェバー大佐)、マイケル・スタールバーグ(ハルパーン捜査官)、マーク・オブライエン(マークス大尉)、ツィ・マー(シャン将軍)

ある日、地球上の12ヵ所に宇宙から来たと思われる飛行物体が現れた。巨大な楕円形をしたそれは、中空に静止し何の働きかけもない。目的も意図もわからず、各国は不安と混乱の中にあった。言語学者のルイーズ・バンクスのもとに、アメリカ軍のウェバー大佐が協力要請に訪れる。ルイーズはウェバー大佐が聞かせた異星人の発する音声に言語学者としての興味を惹かれる。その言語を解読することに力を注ぎ、ついに物理学者のイアンらと飛行物体の中の異星人との接触を試みる。

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品は『灼熱の魂』 (2010)、『プリズナーズ』『複製された男』(2013)、『ボーダーライン』 (2015)と公開されていて、いずれも強い印象を残しました。この作品もSFでありながら同時にルイーズのドラマも描いていて、思いがけないラストに観終わった後もう一度観直したくなりました。
原作は短編であっというまに読み終えてしまいましたが、脚本とプロダクションデザインで不安と期待が入り混じった「未知との遭遇」をスクリーンに繰り広げてくれます。異星人の言語(視覚されたのはまるで前衛書道みたいです)をこうやって理解することが本当に可能なのでしょうか??わくわくします。いやその前に人間同士もっとなんとかならんの?とも思うのですが。作中でも各国の様々な対応が観られます。
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督は SF映画の金字塔ともいえるあの作品の続編『ブレードランナー 2049』の監督にも抜擢、公開は10月末です。楽しみですね。その前にぜひこの作品をお見逃しなく。(白)


2016年/アメリカ/カラー/シネスコ/116分
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
http://www.message-movie.jp/
★2017年5月19日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

サクラダリセット 後篇

sakurada2.jpg

監督:脚本:深川栄洋
原作:河野裕「サクラダリセット」シリーズ
撮影:清久素延
出演:野村周平(浅井ケイ)、黒島結菜(春埼美空)、平祐奈(相麻菫)、健太郎(中野智樹)、玉城ティナ(村瀬陽香)、恒松祐里(岡絵里)、岡本玲(宇川紗々音)、岩井拳士朗(坂上央介)、矢野優花(皆実未来)、奥仲麻琴(若き日の魔女)、吉沢悠(津島信太郎)、丸山智己(加賀谷)、中島亜梨沙(索引さん)、八木亜希子(浅井陽子)、及川光博(浦地正宗)

特殊な能力を持った人間ばかりが住む咲良田(さくらだ)。高校の奉仕クラブに所属する浅井ケイは体験した全てを記憶する。春埼美空は最大3日分を巻き戻すリセットの能力を持っている。2年前に二人が行ったリセットの結果死んでしまった同級生・相麻菫を再生させようと様々な能力を持つ仲間を集めていた。特殊能力を厳重に見張っている管理局内では、対策室室長の浦地正宗が、ある計画を実行しようとしていた。

3月に公開した前編に続く完結編。相馬菫がリセットで死んでいたのを知った美空は一人ではリセットが使えなくなりました。いつもケイと行動を共にしなければならない自分の能力に疑問を感じています。さらに控えめになってしまった美空を支えつつ、管理局の計画を阻止しようとケイが仲間と奔走するのがこの後編。ケイの過去も語られます。相馬菫の想いが明かされて、前編での布石が全て回収されていきます。原作から入れ込めなかった小さなエピソードはたくさんありますが、あの長いシリーズがよくまとめられています。対策室室長・浦地正宗役のミッチーこと及川光博さんの悪人っぷりにもご注目ください。(白)

2016年/日本/カラー/ビスタ/125分
配給:ショウゲート
(C)2017 映画「サクラダリセット」製作委員会
http://sagrada-movie.jp/
★2017年5月13日(土)ついに完結!全国ロードショー
posted by shiraishi at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

八重子のハミング

2017年5月6日(土)より有楽町スバル座他全国ロードショー
posterS.jpg_R.jpg
(C):Team『八重子のハミング』
監督・脚本:佐々部清 原作:陽信孝
プロデューサー佐々部清,野村展代
キャスト
升毅:石崎誠吾 高橋洋子:石崎八重子
文音:石崎千鶴子 中村優一:石崎英二 安倍萌生:石崎百合子

癌手術から生還した夫とアルツハイマー病の妻。
壮絶な介護の日々を綴る


 癌の手術を4度受けた夫と、若年性アルツハイマー病を発症した妻。実話を元に二人の絆を描いた。
山口県萩市を舞台に、4000日にも及んだ妻八重子の介護を続けた石崎誠吾。夫の献身的な老老介護と家族の協力。友人たちや地域の人たちの協力、地元との関係も浮き出される。
二人は教員時代に巡り会い結婚。かつて音楽の教師だった八重子は徐々に記憶を無くして若年性アルツハイマー病を発症した。大好きな歌を口ずさむ時は明るい顔を取り戻すことも。八重子の好きだった歌のこと、アルツハイマーを発症してからの生活。家族のこと。
夫も癌を患いながらの介護で、二人の闘病生活はなかなか思い通りにいかない。
妻に寄り添い続ける誠吾の12年にもわたる日々が描かれる。なれない介護生活の中で夫は短歌を詠む。
「紙おむつ 上げ下げをする 度ごとに 妻は怒りで われをたたけり」
「幼な子に かえりし妻の まなざしは 想いで連れて 我にそそげり」
この短歌に、原作者 陽信孝(みなみ のぶたか)氏の妻への思いがこもる。
陽さんは、後に講演会で「妻を介護したのは12年。その12年間はただただ妻が記憶をなくしていく時間やからちょっと辛かったですいねぇ。でもある時こう思うたんです。妻は時間を掛けてゆっくりと僕にお別れをしよるんやと。やったら僕も妻が記憶を無くしていくことを、しっかりと僕の思い出にしようと」と、語っている。
『陽はまた昇る』『半落ち』の佐々部清監督が故郷山口県で撮影し、誠吾役を升毅、八重子役を高橋洋子が演じている。

この作品を撮っているのが、半年くらい前にTVで放映されていたのを見た。『陽はまた昇る』『半落ち』などを撮った佐々部清監督をして、こういう作品では大手からの出資は得られず、資金を集めるのに苦労したそうだけど、「市民の協力があって作り上げることができた」と語っていた。その番組を見たときから、いつこの映画を観ることができるかと思っていた。
隅さんは12年の介護と語っているが、これはかなり根気のいることだったことでしょう。
私も母の介護は10年くらいだったけど、実際、寝たきりになってからの家での介護は半年くらい。その後、くも膜下出血で倒れて病院に入院したので、病院への見舞いという形になったけど、家での介護はほんとうに大変だった。私の場合は4人姉妹で担ったけど、隅さんはほとんど一人で背負っていたようだった。その後、家族やまわりの人たちの協力も得られたようだったけど、介護というのは一人で背負ったら、自分も倒れる。しかも隅さんは癌も患っていた。そんな日々の介護模様が描かれる。ぜひ観にいってみてください。(暁)

『八重子のハミング』公式HP http://yaeko-humming.jp/
2016年/日本/112分 アークエンタテインメント

posted by akemi at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

ラストコップ THE MOVIE

last cop.jpg

監督:猪股隆一
脚本:佐藤友治
原作:「DER LETZTE BULLE」Red Arrow International 
撮影:迫信博
主題歌:BLUE ENCOUNT「さよなら」(キューンミュージック)
出演:唐沢寿明(京極浩介)、窪田正孝(望月亮太)、佐々木希(鈴木結衣)、藤木直人(松浦聡)、小日向文世(神野晴彦)、和久井映見(鈴木加奈子)、宮川一朗太(鈴木誠)、加藤雅也(西園寺春孝)、吉沢亮(藤崎誠吾)、升毅(町田昭仁)

熱血刑事(デカ)だった京極浩介は捜査中に爆発にまきこまれ、30年間昏睡状態にあった。奇跡的に目覚めるが、自分以外はすっかり変化しており、愛妻の加奈子は浩介の娘・結衣を連れて後輩の鈴木と再婚していた。平成生まれの望月亮太と相棒(バディ)を組んで仕事に復帰するも、なにしろ感覚は30年前のまま。亮太を振り回しながら事件解決にまい進する。そんな凸凹コンビの前に、最新鋭の人工知能が発端となった事件が勃発する。

2015年、2016年に放映されたテレビドラマの劇場版。新しいキャストを加えて、オリジナルのストーリーが繰り広げられます。アナログ刑事VS人工知能、不死身の浩介も限界か?元々はドイツの人気シリーズだったそうで、日本ばかりでなく各国でリメイク版が作られているようです。ドラマを見なかった人もついていけますのでご安心ください。
唐沢寿明さんは熱すぎる浩介にぴったり。得意のギャグが「コマネチ!」とは。30年くらい前のビートたけし(今や世界のキタノ監督)さんのネタでした。若い人は知らないんですねぇ。若い亮太との漫才のような掛け合い、浩介と世間とのズレ具合が笑いの素になり、コメディ度がかなり高いです。窪田正孝くんはコメディもイケます。映画では冒頭から「な、なんだ?!」というアクションシーン、ハイテンションなコメディから泣かせるドラマにもなり、幕の内弁当のようでした。おまけにエンディングが10種類用意されていて、各劇場で週替わりでランダムに上映されます。何が見られるかお楽しみに!(白)


2017年/日本/カラー/ビスタ/105分
配給:松竹
(C)2017映画「ラストコップ」製作委員会 
Based on the German TV series “DER LETZTE BULLE”, distributed by Red Arrow International
http://lastcop-movie.jp/
★2017年5月3日(水・祝)全国ロードショー
posted by shiraishi at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする