2018年09月18日

飢えたライオン

ueta.jpg

監督:緒方貴臣
脚本:緒方貴臣、池田芙樹
撮影:根岸憲一
音楽:田中マコト
出演:松林うらら(杉本瞳)、水石亜飛夢(藤川ヒロキ)、筒井真理子(杉本裕子)、菅井知美(木下美咲)、日高七海(尾田七海)

女子高生の瞳は、優しい彼氏や友だちグループとの学校生活を楽しんでいる。ある朝のホームルーム中、クラス担任が警察に連行された。未成年との淫行動画が出回ったと、またたくまに噂がひろまる。しかもその相手が瞳だというのだ。身に覚えのない瞳は、すぐに立ち消えになるだろうとほっておいたが、彼氏や妹からも疑われて愕然とする。ネットの噂はどこまでも拡がり、瞳は追い詰められて死を選んでしまう。
瞳が死んだことでネットでは瞳の虚像が形成され、報道はさらにエスカレートした。

緒方貴臣監督の作品では、若いシングルマザーのネグレクトを描いた『子宮に沈める』(2013)の衝撃を思い出します。あれから時間が経ちましたが、子どもを取り巻く環境は少しもよくなっていないのか、悲しいニュースが後を絶ちません。
これだけの情報社会なのに(だから?)、自分の好きなこと意外は無関心。強いものには抗えず(抗わず?)、たまったストレスを反撃しない弱いものにぶつける無慈悲。限りなく拡がっていくデマや言葉の暴力を新作は描いています。
子どものころは、テレビや新聞の報道を疑ったりしませんでした。友だちや学校の中での噂が、外にあっというまに流れていくこともなかったと思います。そんなネットワークがないかわり、思いやる想像力はありました。時間もゆっくりだったからでしょうか。
流れてくる報道やネットの噂を鵜呑みにしてはいけない、と最近は考えます。その量に溺れそうになります。便利だと取り入れたものが、逆に生活や人間を壊していくことがあります。怖くなるほどあります。
瞳にしても、一人でも丸ごと信じてくれる人がいたら、生きる支えになったでしょうに。映画を観て自分が誰かに重なったら、ちょっとだけ変える勇気を出してみませんか。(白)


2017年/日本/カラー/78分
配給:キャットパワー
(C)2017 The Hungry Lion.All Rights Reserved.
http://hungrylion.paranoidkitchen.com/
★2018年9月15日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 15:41| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

パパはわるものチャンピオン

papa warumono.jpg

監督・脚本:藤村享平
原作:「パパのしごとはわるものです」「パパはわるものチャンピオン」
 作:板橋雅弘 絵:吉田尚令(岩ア書店刊)
主題歌:高橋優「ありがとう」(ワーナーミュージックジャパン/unBORDE)
出演:棚橋弘至、木村佳乃、寺田心、仲里依紗、オカダ・カズチカ、田口隆祐、真壁刀義、バレッタ、天山広吉、小島聡、永田裕志、中西学、KUSHIDA、大泉洋(特別出演)、大谷亮平、寺脇康文、ほか

小学校3年生の翔太は、クラスでも小柄で、夢はパパのように大きくなること。大好きなパパだけど、何の仕事をしているか教えてくれない。ある日、翔太は出勤するパパの後をそっとつけていく。なんと、そこはプロレスの試合会場。同じクラスの人気者の女の子がお父さんと観に来ていて、一緒に観戦することに。試合が佳境に入り、強いチャンピオンをやっつけようとする悪者レスラー“ゴキブリマスク”が登場する。相棒のギンバエマスクと暴れまくって場を盛りたてるが、チャンピオンにあえなくやられてしまう。翔太は、悪者ゴキブリマスクがパパと気づいてショックを受ける・・・

翔太のパパ大村孝志は、10年前には実力もあって人気のレスラーだったけど、膝に大怪我を負って一線から退いていたのです。大好きなプロレスの世界が忘れられず、悪役として試合に復帰。でも、息子には自分の仕事を言えないでいるのです。
パパが悪役と知って、最初は恥ずかしくて、同級生の悪童たちにも、「僕のパパはチャンピオンのドラゴンジョージ」と嘘をついてしまいます。
そんな翔太が、パパのようになりたいと、絵にも描くようになるまでの物語。
実は、プロレスは好きじゃないけど、とっても心温まる家族の物語で、ほんわかした気分になりました。
ゴキブリマスクことパパ大村孝志を演じるのは、新日本プロレスの棚橋弘至。がっしりしたレスラー体型だけど、笑顔が素敵な優しい雰囲気の方。
プロレスの悪役で思い出したのが、韓国映画『反則王』でのソン・ガンホ。大いに笑った映画でした。試写が終わって、会場の外に藤村享平監督がいらしたので、そのことをお伝えしたら、監督ご自身、「プロレスのことをあまり知らなかったので、プロレスを描いた映画をいろいろ観ました。その中に、『反則王』も勿論入ってます」と笑っておっしゃってました。
プロレス嫌いな人にも、お薦めできる映画です。(咲)


2018年/日本/111分
配給:ショウゲート
公式サイト:http://papawaru.jp/
★2018年9月21日(金)、全国ロードショー!






posted by sakiko at 00:59| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

死霊館のシスター  原題:The Nun

sireikan sister.jpg

監督:コリン・ハーディ
脚本:ゲイリー・ドーベルマン
製作:ジェームズ・ワン
出演:タイッサ・ファーミガ、デミアン・ビチル、シャーロット・ホープ、リリー・ボーダン、ボニー・アーロンズ

1952年、ルーマニア・トランシルバニアの修道院で若い修道女が自ら命を絶つ。カトリック教会にとって究極の罪だ。修道院が悪魔によって汚されたのではないかとの疑惑から、ローマ教皇庁は、経験豊かなハーグ神父と誓願を控える修練中のシスターのアイリーンを修道院に派遣する。二人は事件を追うにつれ、修道院に隠された秘密を知る。そして、悪魔のシスター・ヴァラクと対峙することになる・・・

タイトルからして怖そうで、ホラーはミッキーさんにお任せと思ったのですが、ルーマニアで撮影したとわかり、これは怖いのを我慢して観なくては!と試写へ。受付でシスターの人形が迎えてくれて、恐怖は募ります。
中世の風情の残る本物の修道院に手を加えて、さらに怖い雰囲気を出しています。セットの部分との繋がりも自然。ミッキーさんお墨付きの“重厚な怖さが伝わってくる”ホラー映画。http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/article/461604287.html

ハーグ神父も、シスター見習いのアイリーンも、実は心に傷を抱えていて、その心理的なことからくる怖さも半端じゃありません。でも、怖がらずに観てほしい一作。(咲)


2018年/アメリカ/96分/スコープサイズ/2D,IMAX 2D/5.1chリニアPCM・ドルビーサラウンド7.1(一部劇場にて)
配給:ワーナー・ブラザーズ映画
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/shiryoukan-sister/
★2018年9月21日(金)新宿ピカデリーほか全国公開





posted by sakiko at 18:24| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

3D彼女 リアルガール

3D.jpg

監督:英勉
アニメーション監督:橋本満明
原作:那波マオ
脚本:高野水登、英勉
撮影:小松高志
主題歌:西野カナ『Bedtime Story』
出演:中条あやみ(五十嵐色葉)、佐野勇斗(筒井光)、清水尋也(高梨ミツヤ)、恒松祐里(石野ありさ)、上白石萌歌(綾戸純恵)、ゆうたろう(伊東悠人)、荒木飛羽(筒井薫)、三浦貴大(間淵慎吾)、濱田マリ(筒井紀江)、竹内力(筒井充)
声の出演:神田沙也加(えぞみち)

アニメとゲームおたくの光は、2次元の女の子が好き。”えぞみち”の声や姿を思い浮かべるだけで十分満足している。それが現実の美少女、色葉(いろは)に「私とつきあって」と迫られる。本屋で万引きを疑われた色葉の窮地を救ったのがきっかけなのだが、生身の女の子にはろくに口もきけず「新手のいじめか」と逃げ回っている。本人ばかりか、クラス中がこの異色の組み合わせと展開に唖然としているが、当の色葉は毎日彼女きどりで、光を振り回す。光のおたく趣味をこだわりなく受け入れ、回りから守ってくれさえする(?)色葉をだんだん好きになっている光だったが、彼女には秘密があった。

原作が少女マンガで高校生もの、が続くとさすがに世代的に私じゃ遠すぎ・・・と弱音を吐きたくなる今日この頃。しかーし、これはちょっと違いました。ぱっちりした目鼻に小顔、長い手足とモデル体型そのままの美少女の中条あやみさんと、佐野勇斗(さのはやと)君、それに同級生役(萌歌さんだけ後輩)の若手の俳優さん達がそれぞれぴったりのキャラで登場。佐野君って、近藤真彦さんの若いときと似てますね(年がわかるでしょ?)。猫耳姿のゆうたろう君、乙女で可愛いし、茶髪でチャライ清水尋也(ひろや)君もいい。みんな実は20歳前後ですが、高校生に戻って元気いっぱいです。今リアルにこの世代の方はもちろんのこと、幅広い年代の男女が見ても面白いです!声出して笑って、ちょっとホロリとして、あー楽しかった!と映画館を出られる作品です。(白)

2018年/日本/カラー/シネスコ/115分
配給:ワーナー
(C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会(C)那波マオ/講談社
http://wwws.warnerbros.co.jp/3Dkanojo/
★2018年9月14日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 17:36| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

泣き虫しょったんの奇跡

nakimusi.jpg
監督・脚本:豊田利晃
原作:瀬川晶司
撮影:笠松則通
音楽:照井利幸
出演:松田龍平(瀬川晶司)、野田洋次郎(鈴木悠野)、窪塚愛流(中学時代の晶司)、後藤奏祐人(中学時代の悠野)、永山絢斗(新藤和)、駒木根隆介(畑中良一)、染谷将太(村田康平)、新井浩文(清又)、渋川清彦(山川孝)、妻夫木聡(冬野渡)、早乙女太一(加東大介)、小林薫(藤田守)、松たか子(鹿島澤佳子)、イッセー尾形(工藤一男)、美保純(瀬川千香子)、國村隼(瀬川敏雄)、上白石萌音(真理子)、石橋静河(南咲子)、板尾創路(山口)、藤原竜也

小学5年生のしょったんこと瀬川晶司は、父に将棋を手ほどきされ、このごろは兄にも負けない。新しく担任になった鹿島澤先生に励まされてますますやる気が増す。同い年で隣家に住む鈴木悠野とは、毎日将棋をさすライバル。2人は谷川浩司棋士が中学生でプロになったことを知り、将来の目標ができる。多くの対局相手に出会って力をつけていき、中学3年で念願の奨励会に入会した。奨励会には、21歳までに初段、26歳までに四段になるという鉄則があった。しょったんは22歳で三段に昇段した後、伸び悩む。「三段リーグ」戦は年2回、上位二名に入ると四段に昇段してプロ棋士となれるが、チャンスは徐々に減っていく。悠野はプロ棋士を断念して進学、社会人となってアマチュア界で頭角を現していた。

9月8日.jpg

9月8日実施 公開記念舞台挨拶オフィシャル画像

これまでにも将棋の世界を描いた映画がありましたが、どれもが外から見たものでした。本作は瀬川晶司五段が自らの体験を書いた原作をもとにしたもの。対局した多くの棋士とのエピソードや、胸のうちが詳しく語られています。ご覧の通りの豪華スター共演に加え、実際にプロ編入試験で対局したプロ棋士たちも多数出演しています。ことに、9〜17歳まで奨励会に所属していた豊田利晃監督のこだわりが随所に見られ、動きの少ない画面が続くにも関わらず、将棋に詳しくない方でもハラハラしながら見守ることができます。エンドロール後に玉将をピシリと盤上にさすシーンは、豊田監督自身が出演しているもので「用意、スタート」と声をかけたのは、それまでしょったん役をつとめた松田龍平さんだそうです。どうぞ席を立たずに最後までご覧下さい。(白)

2018年/日本/カラー/シネスコ/127分
配給:東京テアトル
(C)2018「泣き虫しょったんの奇跡」製作委員会
(C)瀬川晶司/講談社
http://shottan-movie.jp/
★2018年9月7日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 22:55| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする