2022年02月07日

2021年(令和3年)全国映画概況

日本映画製作者連盟(映連)は、毎年1月に前年の映画産業に関するデータを発表。
コロナ禍が続いて、劇場の入場者数が大幅に減少。代わりにソフトの売り上げが伸びています。

興収10億円以上だったのは邦画32本、このうち13本がアニメーションで、上位を占めています。
1位 3月『シン・エヴァンゲリオン劇場版』102億円。
2020年は『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 』が404億円。ダントツの歴代1位です。子どもたちのマスクも鬼滅柄を見かけました。

洋画は5本でした。え?2020年は4本。コロナのせいですね。
2019年は25本もあったんです。
詳しくはこちらを

http://www.eiren.org/toukei/index.html


posted by shiraishi at 19:57| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: