2018年12月23日

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(原題: I Feel Pretty)

I feel.jpg

監督・脚本:アビー・コーン、マーク・シルヴァースタイン
撮影:フロリアン・バルハウス
音楽:マイケル・アンドリュース
出演:エイミー・シューマー(レネー・ベネット)、ミシェル・ウィリアムズ(エイヴリー・ルクレア)、ロリー・スコベル(イーサン)、エミリー・ラタコウスキー(マロリー)、エイディ・ブライアント(ヴィヴィアン)

レネーは日も当たらない職場で、通販会社の事務をしている。仕事も同僚も自分もぱっとせず、女友達と愚痴をこぼす日々。何度目かのダイエットに挑戦、ジム通いを開始した。必死でプログラムについていくレネーは転倒して頭を打ってしまう。ふらふら立ち上がって鏡を見るとなんと!美女に変貌しているではないかっ!! 頭を打ったせいだとはつゆほども疑わないレネーはすっかり超ポジティブになった。周囲の反応も善意に解釈して本社勤務も叶った。憧れのエイヴリーとも親しくなって、優しい彼氏もできる。これで万事順調かと思えたが・・・。

またもこじらせ女子を演じるエイミー・シューマー。なんだか前作『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』(2015/日本公開は2017)より横に大きくなったような気がしますが、サモハンみたいに動きのキレがいいんです。
勘違いが始まってから、見た目は前と変わらないのに、表情は明るく姿勢がよくなります。みるみる素敵な女性になっていくのが映画らしいとはいえ「輝きのもとは自信」ということに納得。下ばかり向いてないで、胸を張って歩くことから人生は変わっていくのかも。「舌たらずな喋り方にコンプレックスを持っている」と、レネーに打ち明けるCEOエイヴリー役のミシェル・ウィリアムズがとても可愛らしいです。(白)


2018年/アメリカ/カラー/シネスコ/110分
配給:REGENTS
(C)2018 TBV PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
http://ifeelpretty.jp/
★2018年12月28日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー


posted by shiraishi at 20:08| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: