2018年12月09日

輪違屋糸里 京女たちの幕末

watigaiya.jpg

監督:加島幹也
原作:浅田次郎
脚本:金子成人、門間宣裕、加島幹也
撮影:江原祥二
音楽:平原誠之
出演:藤野涼子(天神糸里)、溝端淳平(土方歳三)、松井玲奈(吉栄)、佐藤隆太(平山五郎)、田畑智子(お梅)、塚本高史(芹澤鴨)、石濱朗(隠居)、榎木孝明(松平容保)

幕末の京都島原。遊郭の輪違屋(わちがいや)で働く糸里(いとさと)。姉のように糸里を可愛がってくれた音羽太夫が新選組筆頭局長 芹澤鴨に無礼打ちされてしまった。理不尽な制裁に怒りがおさまらない糸里たちだったが、武士の力の前に屈するしかなかった。
その場を収めたのは切れ者の新選組副長・土方歳三。新選組には農民出身の近藤勇と、生まれながらの武士の芹澤鴨という二人の局長がいて両派は対立を深めていた。糸里は土方歳三を秘かに慕い、糸里と仲の良い芸妓吉栄は芹澤の腹心の部下、平山五郎と恋仲だった。そして芹澤鴨の愛人お梅。男たちの抗争に女たちも巻き込まれてゆく。

浅田次郎の同名小説が原作。これまで数多くの新選組のドラマが発表されてきましたが、男性中心のものが多かったですね。この原作は、彼らに関わった数人の女性の目線で書かれたもので、とても面白く読みました。主演の天神糸里を『ソロモンの偽証』(2015)で1万人の中から映画未体験ながらヒロインに選出された藤野涼子。役名をそのまま芸名にしています。花街で生きねばならない女の哀しさと強さを体現していて、すっかり大人の女優になられたんだなーと、またまた遠縁のおばちゃんのような思いで観ていました。(白)

2018年/日本/カラー/シネスコ/116分
配給:アークエンタテインメント
(C)2018 銀幕維新の会/「輪違屋糸里」製作委員会
http://wachigaiya.com/
★2018年12月15日(土)有楽町スバル座ほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 15:18| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: