2018年12月02日

へレディタリー 継承 (原題:Hereditary)

here.jpg

監督・脚本:アリ・アスター
撮影:パベウ・ポゴジェルスキ
美術:グレイス・ユン
音楽:コリン・ステットソン
出演:トニ・コレット、ガブリエル・バーン、アレックス・ウォルフ、ミリー・シャピロ、アン・ダウド

グラハム家の祖母・エレンが亡くなった。娘のアニー(トニ・コレット)は夫・スティーブン(ガブリエル・バーン)、高校生の息子・ピーター(アレックス・ウォルフ)、そして人付き合いが苦手な娘・チャーリー(ミリー・シャピロ)と共に家族を亡くした哀しみを乗り越えようとするが、奇妙な出来事がグラハム家に頻発。不思議な光が部屋を走る、誰かの話し声がする、暗闇に誰かの気配がする。そして最悪な出来事が起こり、一家は修復不能なまでに崩壊。そして想像を絶する恐怖が一家を襲う。

恐怖で顔が引き攣るとはこのことかもしれない。もう少し美しいトニ・コレットの写真はなかったのかと思ってしまう。こんな顔になるくらい怖い場面があるのかと見る前に覚悟を決めた。しかし、実際には目を覆うようなショッキングな場面はほとんどない。むしろ、直接的に描かず、状況をイメージさせる。ところが、これがかえって恐ろしい。目を閉じたところで、その場面から逃げることはできないのだ。
主人公の母が亡くなって以来、何かわからない違和感が不安とともに家族の心を侵食してくる。リアルすぎるドールハウス、作り物のような自宅のリビング。現実と妄想の境界が曖昧になり、見ている者の混乱を誘う。
全ての伏線が回収された先にあるのは希望か。それとも恐怖か。考え始めると止まらなくなり、作品の余韻が続く。(堀)


2018年/アメリカ/ビスタサイズ/127分
配給:ファントム・フィルム
(C) 2018 Hereditary Film Productions, LLC
http://hereditary-movie.jp/
★2018年11月30日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードジョー


posted by shiraishi at 20:51| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: