2018年11月24日

斬、

thumbnail_斬.jpg

監督・製作・脚本・撮影・編集:塚本晋也
音楽:石川忠
出演:池松壮亮、蒼井優、中村達也、前田隆成、塚本晋也ほか

250年にわたり平和が続いてきた国内が、開国するか否かで大きく揺れた江戸時代末期。貧窮して藩を離れ、農村で手伝いをしている浪人の杢之進(池松壮亮)は隣人のゆう(蒼井優)やその弟(前田隆成)たちと、迫り来る時代の変革を感じつつも穏やかに暮らしていた。
ある日、剣の達人である澤村(塚本晋也)が現れ、杢之進の腕を見込んで、京都の動乱に参戦しようと誘いかける。旅立つ日が近づくなか、無頼者(中村達也)たちが村に流れてきた。

人を斬る。この一線を超えられない、腕の立つ若い浪人が極限状態に追い込まれたとき、どうするのか。
江戸時代末期、農家の手伝いをしながら生活する主人公が時代の波に翻弄されながら模索し続ける。
主演の池松壮亮がいい。『散り椿』では頼りなさを感じる役だったが、今作はぐっと大人びた感がある。蒼井優が演じる農家の娘と気持ちは通じ合っていたが、ここでも一線が超えられない。古家の板壁の隙間から手を射し伸ばす。その指先から想いがほとばしる。蒼井優もそれに応える。
塚本晋也が監督・脚本・撮影・編集・出演を兼ねる。殺戮シーンはグロいと言えるかもしれないが、それを越えて訴えてくるものがある。(堀)


2018年/日本/アメリカンビスタ/5.1ch/80分
配給:新日本映画社
(C) SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER
http
★2018年11月24日(土)より渋谷・ユーロスペースほか全国公開


posted by shiraishi at 02:26| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: