2018年11月19日

A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー(原題:A GHOST STORY)

ア・ゴースト・ストーリー.jpg

監督:デヴィッド・ロウリー
出演:ケイシー・アフレック(C)、ルーニー・マーラ(M)

田舎町の小さな一軒家に住む若い夫婦のC(ケイシー・アフレック)とM(ルーニー・マーラ)は幸せな日々を送っていたが、ある日、夫Cが交通事故で突然の死を迎える。妻Mは病院でCの死体を確認し、遺体にシーツを被せ病院を去るが、死んだはずのCは突如シーツを被った状態で起き上がり、そのまま妻が待つ自宅まで戻ってきた。Mは彼の存在には気が付かない。それでも幽霊となったCは、悲しみに苦しむ妻を見守り続ける。しかしある日、Mは前に進むためある決断をし、残されたCは妻の残した最後の想いを求め、彷徨い始める。

2人で相談して前に進みたい妻。決めてしまうことに躊躇する夫。結論を出す前に気まずい空気になってしまう。夫婦やカップルでよくあること。主人公夫婦も似たような状況。痺れを切らせた妻が家を出る準備を始めると、夫が交通事故で亡くなり、ゴーストになってしまった。目の部分だけ穴を空けたシーツを被り、じっと佇む。妻を見つめるだけで何もできない。ケイシー・アフレックが届かぬ想いをシーツの中から微かな気配だけで表現する。
一方、妻はダブルベッドで夫がいつも寝ていた側で枕に顔を埋める。切ない。また、チョコレートパイを丸ごと、延々と食べる。長回しのカメラワークから苛立ちが伝わってきた。
ゴーストの夫は生きている妻とは時間の感覚が違い、時系列を超えて存在する。夫が生きていた頃の不可解な現象の意味が明らかになったとき、ゴーストのやり切れなさがさらに際立つ。
ラストは見る者によって感じ方が違うだろう。しかし、私はゴーストが昇天できたと思いたい。デヴィット・ロウリー監督の『セインツ -約束の果て-』でも共演したケイシー・アフレックとルーニー・マーラが本作でも息の合った演技を見せる。(堀)


2017年/アメリカ/英語・スペイン語/カラー/スタンダード/92分
配給:パルコ
(C) 2017 Scared Sheetless, LLC. All Rights Reserved.  
http://www.ags-movie.jp/
★2018年11月17日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 15:21| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: