2018年11月19日

おかえり、ブルゴーニュへ(原題:Ce qui nous lie)

おかえり、ブルゴーニュへ.jpg

監督:セドリック・クラピッシュ
脚本:セドリック・クラピッシュ、サンティアゴ・アミゴレーナ
撮影:アレクシ・カヴィルシーヌ
音楽:ロイク・デュリー
出演:ピオ・マルマイ(ジャン)、アナ・ジラルド(ジュリエット)、フランソワ・シヴィル(ジェレミー)ほか

フランス・ブルゴーニュで、自らブドウ畑を所有し、栽培・醸造・瓶詰を一貫してワイン作りを行うドメーヌの長男ジャン(ピオ・マルマイ)は、10年前、世界を旅するために故郷を飛び出し、家族のもとを去った。その間、家族とは音信不通だったが、父親が末期の状態であることを知り、10年ぶりに故郷ブルゴーニュへと戻ってくる。
家業を受け継ぐ妹のジュリエット(アナ・ジラルド)と、別のドメーヌの婿養子となった弟のジェレミー(フランソワ・シビル)との久々の再会もつかの間、父親は亡くなってしまう。残されたブドウ畑や自宅の相続をめぐってさまざまな課題が出てくるなか、父親が亡くなってから初めてのブドウの収穫時期を迎える。 3人は自分たちなりのワインを作り出そうと協力しあうが、一方で、それぞれが互いには打ち明けられない悩みや問題を抱えていた・・・。

放浪していた兄、ワイナリーを継いだ妹、婿養子に出た弟。それぞれが問題を抱える。それを互いにそっと見守る距離感が絶妙。向こうに見える妹の会話を兄と弟が想像してしゃべるシーンは心が和む。離れて暮らしていてもひとたび顔を合わせれば気持ちを共有できる。長年培ってきた家族の絆があればこそ。
父亡き後、初めての収穫を迎えた。収穫日の判断が味を左右する。繊細なワイン作りの苦労を知る。また、先を見据えた畑の維持管理も必要。ワイン作りは一朝一夕にはできない。人間関係と同じ。弟が舅に対してはっきり意見を述べるシーンは思わず応援してしまう。自分の意見を伝えてこそ、家族となっていくのだ。(堀)


2018年/フランス/カラー/スコープサイズ/113分
配給:キノフィルムズ=木下グループ
(C) 2016 - CE QUI ME MEUT - STUDIOCANAL - FRANCE 2 CINEMA
http://burgundy-movie.jp/
★2018年11月17日(土)ロードショー


posted by shiraishi at 15:15| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: