2018年11月18日

いろとりどりの親子(Far from the Tree)

irotoridori.jpg

監督:レイチェル・ドレッツィン
原作:アンドリュー・ソロモン「Far from the Tree Parents,Children and The Search for Identity」

ジェイソンと、母エミリー、タイピングを覚えるまで言葉を発することがなかった自閉症のジャックと、彼のためにあらゆる治療法を試したオルナット夫妻、ダウン症のジェイソンと母、身体障がいや発達障がい、LGBTなど「違い」を持つ子と親、夫婦など6組を紹介している。原作者のアンドリュー・ソロモンもその一人として出演し、現在の姿を見せている。

世界24カ国で翻訳されたベストセラーの映画化。アンドリュー・ソロモンは自らゲイであることを両親にうちあけましたが、受け入れてもらえませんでした。母親は彼を拒否したまま亡くなり、アンドリューは深刻な欝に苦しんだそうです。その後、同性愛は個性として認められるようになり、父親と和解します。アンドリューは自分の経験もふまえ、「治療すべきものと、祝福されるものの境目がどこにあるのか?」に注目します。以来10年間にわたって300以上の親子にインタビューを行い、900p にもなった著作を出版。
この本の書評を読んだレイチェル・ドレッツィン監督が映画化を申し入れました。アンドリューが多数の申し込みの中から彼女に決めたのは、最も明確にテーマを理解していたから。障がいを持つ子とその親が直面する困難、その経験がもたらす喜びへの過程を描き、お互いを受容していくことの大切さを知らせてくれます。(白)


2018年/アメリカ/カラー/ビスタ/93分
配給:ロングライド
(C)2017 FAR FROM THE TREE, LLC
http://longride.jp/irotoridori/
★2018年11月17日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 20:27| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: