2018年11月11日

母さんがどんなに僕を嫌いでも

hahaboku1.jpg

監督:御法川修
原作:歌川たいじ
脚本:大谷洋介
撮影:板倉陽子
音楽:YOSHIZUMI
主題歌:ゴスペラーズ
出演:太賀(タイジ)、吉田羊(光子)、森崎ウィン(キミツ)、白石隼也(大将)、秋月三佳(カナ)、小山春朋(タイジ(幼少期)、斉藤陽一郎(タイジの父親)、おかやまはじめ(婆ちゃんの弟)、木野花(婆ちゃん)

タイジの母の光子は、いつも美しくておしゃれで人に囲まれて輝いて見えた。けれど家での母はいつも情緒不安定で、何かというとタイジにあたり、タイジの身体には傷や痣が絶えなかった。それでも古くからの従業員の婆ちゃんが気にかけてくれたし、母の作る混ぜご飯は大好物だった。母は父と喧嘩が絶えず、ついには離婚で有利になるようにと、タイジを児童保護施設に入れてしまう。離婚が有利に成立してタイジは母に引き取られ、新しい生活を始めたが暴力は止まない。17歳のある日、身も心も深く傷ついたタイジは一人で生きる決心をして家を出る。
懐かしい婆ちゃんに再会して、これまでの母の呪縛から逃れたタイジは、人一倍努力して一流企業に就職、社会人劇団にも参加した。劇団で出会った毒舌家のキミツ、会社の同僚のカナ、カナの恋人の大将が、タイジを丸ごと受け止めてくれた。彼らに力づけられて、タイジはあきらめずに母と向き合おうとする。

映画化の前から歌川さんのブログのファンで、著書も何冊か読んでいました。映画化されると聞いて、誰がキャスティングされるのかと気にしていました。綺麗で不安定で見放せないお母さんは誰が演じるのか、タイジくんとお母さんの壮絶なやりとりはどうなるのか。完成した作品は期待に違わず、太賀くんと吉田羊さんの渾身の演技に辛くとも目が離せません。肩の力が抜けたのは婆ちゃんや周りの友人たちが現われてからでした。旧知の子どものように、いい人に出逢って良かったねぇと思いました。
誰かの人生を丸ごと背負うことは家族でも難しいことです。でももつれてしまったところを見つけるのにちょっと手伝うこと、黙ってそばにいることはできるんじゃないか、と、この映画は気づかせてくれます。
御法川修監督、原作者の歌川たいじさんにお話を伺えました。お二人とも作品に対する熱い思いを語ってくださっています。書き起こしたばかりの舞台挨拶記事もどうぞごらんください。(白)


☆御法川修(みのりかわおさむ)監督インタビューはこちら
☆歌川たいじさんインタビューはこちら
☆完成披露試写会舞台挨拶はこちら

2018年/日本/カラー/シネスコ/104分
配給:REGENTS
(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
http://hahaboku-movie.jp/
★2018年11月16日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 02:47| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: