2018年11月04日

十年 Ten Years Japan

10nen.jpg


『PLAN75』
監督・脚本:早川千絵
出演:川口覚、山田キヌヲ、牧口元美、美谷和枝

PLAN75とは、75歳以上の高齢者に安楽死を奨励することをうたった国の制度。公務員の伊丹は貧しい老人たちに勧誘を行っていた。

『いたずら同盟』
監督・脚本:木下雄介
出演:國村隼、川星哉、辻村羽来、中野龍 

IT特区の小学生たちはAIにより理想的な道徳を刷り込まれている。用務員の重田が日々世話をしている老馬に殺処分の決定が下った。クラスのはみ出しっ子たちが動き出す。

『DATA』
監督・脚本:津野愛
出演:杉咲花、田中哲司、前田旺志郎、三浦誠己
舞花の母が亡くなり、データが入った「デジタル遺産」を手に入れた。懐かしい母の映像を喜ぶ舞花だったが、知らなかった一面も見ることになってしまった。

『その空気は見えない』
監督・脚本:藤村明世
出演:池脇千鶴 三田りりや 田畑志真
地上は原発により大気が汚染され、人々は地下での暮らしを余儀なくされていた。
見たことのない世界に憧れを抱く少女ミズキは、母に禁じられるたびに上に行きたい気持ちが募ってくる。

『美しい国』
監督・脚本:石川慶
出演:太賀、木野花
自衛隊徴兵制が導入された日本。広告代理店に勤める渡邊は告知キャンペーンの担当になった。同僚がけむたがるベテランデザイナーの天達のもとへ報告に訪れる。

香港で2015年に製作された短編オムニバス作品『十年』(日本公開2017年)は、インデペンデント映画にも関わらず大ヒット。2016年の香港電影金像奨で最優秀作品賞を受賞しました。これを期にアジア地域および国際社会の相互理解のためにプロジェクトが2016年に始動、日本、タイ、台湾でそれぞれの十年後を見据えて新鋭監督たちが描きました。日本で製作されたこの5本の総合監修を是枝裕和監督がつとめています。日本版、タイ版はTIFF2018で上映されたばかり。

「十年後」は自分はいないかもしれないなぁと観ていました。身につまされたのは『PLAN75』
高齢者が医療費を圧迫している、と言われ続けていると「生きていてすみません」と刷り込まれそうになります。その前にムダな薬を山のように出すのをやめたらどうでしょう?>病院関係者&製薬会社さま
「PLAN75」制度は結果を要求され、良策であることを証明しなければなりません。当然金と力のある人はいろいろと逃れる術があるだろうから、身寄りのない(クレームをつけられない)老人たちをまずターゲットにするはず。未来版姥捨て山。
『いたずら同盟』『DATA』はありそうと思えます。ITの進化のスピードが越えてしまうかもしれません。予想があたってほしくないのは『その空気は見えない』、『美しい国』。じわじわと背後に近づいていて、気づいたときにはもう遅い・・・パターンは勘弁。みんな言い訳はやめて、せめて選挙に行って流れを変えて頂戴。

「まえだまえだ」の弟・前田旺志郎くんが『DATA』ではすっかり青年になっていて見違えました。『奇跡』(2011)の印象が強くて『海街diary』の風太くんだったのに、今調べて気づきました。あっというまに大きくなるんですね。『美しい国』の太賀さん、木野花さんは『母さんがどんなに僕を嫌いでも』のタイジくんとばあちゃんではありませんか。
こちらでも誠実さがにじみ出ています。(白)


新鋭監督5人が10年後の日本を描いたオムニバス形式の作品。高齢化、AI社会、死後のデジタルデータの管理、大気汚染、徴兵制について取り上げる。

「PLAN75」
75歳以上に安楽死を勧める制度を勧誘する公務員の葛藤はいかばかりか。政府のPR映像はつい本気で見てしまうほど出来栄え。すっかり引き込まれた。

「いたずら同盟」
AIによって管理された小学校が舞台。孫悟空の頭のリング的なものをつけ、非道徳的な行動を取ると頭痛が起こさせる。しかし、誰にとって道徳的であることを求めているのか。管理社会の怖さを見せつけられた。

「DATA」
亡くなった母親が残したデジタルデータを父親に内緒に再現した女子高生が母の不徳に悩む。しかし、SNSなどに残るものは前後やその時の状況を知らないと間違って解釈してしまうこともある。母の不徳の真偽はわからない。5作品の中でいちばんあり得る未来だろう。いや、すでに起きているかもしれない。自分のデータについては考えておかなければ。

「その空気は見えない」
母親の池脇千津はお母さん役がすっかり板についた感。

「美しい国」
戦争を体験した人が少なくなり、平和な日々に戦争の怖さがわからなくなっている。主人公もキャンペーンに関わりつつ、徴兵制は他人事。それをリアルに感じさせたラストに見ている者も背筋がヒヤリとするだろう。
『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の太賀と木野花が出演。木野花はあちらの作品では町工場のおばちゃんだが、こちらでは知的なデザイナー。役が違うと全く別人に見える。(堀)


2018/日本/カラー/ビスタ&シネスコサイズ/99
配給:フリーストーン
(C)2018 “Ten Years Japan” Film Partners
http://tenyearsjapan.com/
★2018年11月3日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 15:13| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: