2018年10月21日

恋のしずく

koinosizuku.jpg
監督:瀬木直貴
脚本:鴨義信
主題歌:和楽器バンド「細雪」
出演:川栄李奈、小野塚勇人、宮地真緒、中村優一、蕨野友也、西田篤史、東ちづる、津田寛治、小市慢太郎、大杉漣

東京の大学でワインソムリエを目指す“日本酒嫌い”のリケジョ・橘詩織(川栄李奈)の実習先は、意に反して東広島・西条の日本酒の酒蔵に決まる。この実習単位が取得できないとワインの本場フランスでの海外留学への道も閉ざされてしまう。渋々実習先の乃神酒造へ訪れた詩織だったが、今年は実習生の受け入れ予定はないと言われる。実は、蔵元(大杉漣)が受け入れを断ったにも関わらず、息子である莞爾(小野塚勇人)が父親への反抗心から勝手に進めていたのだった。どうしても単位が欲しい詩織は食い下がり、酒蔵で修行に近い「実習」が始まった。人々との出会いや日本酒造りを通じて、今までにない喜びを見出す詩織。そんな時、蔵元の体調が急変し、思わぬ転機が訪れる。詩織は好きになった日本酒、西条の街や人々、そして思いがけず抱いた莞爾へのほのかな思いをどう決断していくのかー。

主演は川栄李奈。2018年だけでも『嘘を愛する女』『プリンシパル 恋する私はヒロインですか?』『センセイ君主』とすでに3本の作品に出演し、この後も『人魚が眠る家』の公開が控えているなど最近の活躍が目覚ましいが、意外にも本作が初主演作だという。瀬木直貴監督は憑依型の女優と評し、全幅の信頼を寄せている。日本酒嫌いでワイン好きのリケジョが酒蔵へ実習に行き、日本酒の魅力に気づいていく姿を伸びやかに演じた。
日本酒は温度、合わせる料理により、その美味しさは何倍にもなる。フレンチにはワインというのも思い込み。銘柄を選べば、日本酒でも合う。作品の中で主人公が美味しさに驚いた「熱燗にトンカツ」の組み合わせは試したくなった。瀬木直貴監督はこれまでもラーメン、唐揚げといった生活に根差した食材をテーマに取り上げてきたが、今回も日本酒について綿密なリサーチが行われていたのを感じる。
ストーリーは蔵元の父と息子の確執にも焦点にあてている。反発する息子を陰で認める父に、本作が遺作となった大杉漣。(堀)


2018年/日本/カラー/100分
配給:ブロードメディア・スタジオ
(C) 2018「恋のしずく」製作委員会 http://koinoshizuku.com/
★2018年10月20日(土)全国ロードショー
posted by shiraishi at 02:27| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: