2018年10月21日

ウスケボーイズ

usuke.jpg

監督:柿崎ゆうじ
原作:河合香織『ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち』小学館
脚本:中村 雅
撮影:北 信康(J.S.C.)
照明:渡部 嘉
録音:小林圭一
美術:泉 人士
編集:神谷 朗
音楽:西村真吾
出演:渡辺 大、出合正幸、内野謙太、竹島由夏、金子 昇、寿大 聡、須田邦裕、上野なつひ、升 毅、萩尾みどり、清水章吾、岩本多代、柴 俊夫、田島令子、小田島 渚、大鶴義丹、 柳 憂怜、伊吹 剛、和泉元彌、伊藤つかさ、安達祐実、橋爪

岡村(渡辺大)、城山(出合正幸)、高山(内野謙太)、上村(竹島由夏)、伊藤(寿大聡)は「ワイン友の会」の仲間で、集っては世界中のワインを嗜んで蘊蓄を語り合っていた。
ある夜、日本のぶどうを使ったワインがフランスワインより美味しいはずがないと決めつけていた彼らは、仏vs日本ワインでブラインドのテイスティング会を開催する。予想は外れ、世界に通用する「桔梗ヶ原メルロー」の存在を知った彼らは、この世界レベルのワインを生んだ麻井宇介(橋爪功)に憧れ、ワイン用のぶどう栽培は困難と言われたこの日本の地で麻井の思想を受け継ぎながら常識を覆すワイン造りに没頭していく。しかし、ぶどう畑は大雨・雹・病害などに見舞われ・・・。果たして、日本のワインに革命を起こすことはできるのか? 実話をもとに描かれたウスケボーイズの物語。

世界に通用する日本ワインに出会った若者達が、そのワインを作った麻井宇介の思想を受け継ぎ、ワイン造りに打ち込んでいく。妥協を許さない者、家族の支えを受けるがゆえに責任が重くのしかかる者、道半ばで袂を分かつ者。ウスケボーイズと呼ばれる彼らには、それぞれの苦労が待っていた。しかし、ワインができ上がったときの喜びやおいしさは格別。また、ウスケボーイズを支える家族の存在も大きい。親が子を思う気持ちに思わず泣ける。
本作は「マドリード国際映画祭2018」にて最優秀作品賞、最優秀主演男優賞を受賞。
「アムステルダム国際フィルムメーカー映画祭2018」にて、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞を受賞し、見事4冠を獲得。同作品で国際映画祭の主演男優賞2冠は、“初”として、注目を集める。
「ミラン国際フィルムメーカー映画祭2018」にて外国語映画部門最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞、最優秀助演男優賞、最優秀編集賞の5部門がノミネートされている。(堀)


2018年/102分/シネスコ/5.1ch
配給:カートエンターテイメント
(C) 河合香織・小学館(C)2018 Kart Entertainment Co., Ltd. http://usukeboys.jp/
★2018年10月20日(土)より新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 02:16| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: