2018年10月20日

嘘はフィクサーのはじまり  原題: Norman: The Moderate Rise and Tragic Fall of a New York Fixer

usowa fixer.jpg

監督:ヨセフ・シダー
音楽:三宅純
出演:リチャード・ギア、リオル・アシュケナージ(『運命は踊る』)、Cマイケル・シーン、スティーヴ・ブシェミ、シャルロット・ゲンズブール、ダン・スティーヴンス

ニューヨークで暮らす初老のユダヤ人ノーマン・オッペンハイマー(リチャード・ギア) は、自称フィクサー。世界金融の一端を牛耳るユダヤ人上流社会に食い込もうと、小さな嘘を積み重ねて人脈を広げてきた。ある日、ニューヨーク訪問中のイスラエルの若きカリスマ政治家エシェル(リオル・アシュケナージ)に偶然を装って近づく。高級な革靴をプレゼントし、まんまと私用の電話番号を聞きだす。が、滞在中に再度会うことは叶わなかった。側近が怪しげなノーマンに会わないよう仕向けていたのだ。
3 年後、エシェルはイスラエル首相となり米国にやってくる。ノーマンは弁護士の甥フィリップ(マイケル・シーン)と共にワシントンD C で開催された支援者パーティに参加する。エシェルはノーマンを見るなり抱きしめ、「ニューヨークのユダヤ人名誉大使」と皆に紹介する。会場にいた人々からの羨望の眼差しに、ノーマンは鼻高々。パーティの帰り道、ノーマンはイスラエル法務省の女検察官アレックス(シャルロット・ゲンズブール)と知り合う。イスラエル首相のお墨付きを武器に得意げなノーマンに、彼女が疑惑を持ったとは気づくはずもなかった。やがて、ノーマンの行動は国際的な騒動を巻き起こす・・・

リチャード・ギアがダンディさを封印。ハンティング帽を深く被り、ちょっと猫背で歩き、しょっちゅうブツブツ言ってる、なんとも胡散臭いおっさん! それだけで、もう、どんな映画なのかワクワクしてしまいます。
ヨセフ・シダー監督は、1968 年ニューヨーク生まれ。6 歳でイスラエルに移住。大学在学中に脚本を書いたデビュー作「TIME OF FAVOR」(00)がイスラエル・アカデミー賞で作品賞と脚本賞を含む6冠に輝き、アカデミー賞外国語部門のイスラエル代表に選ばれています。
『CAMPFIRE』(04)『ボーフォート-レバノンからの撤退-』(07)『フットノート』(11)に次ぐ、5作目となる本作はシダー監督初の英語作品。タイトルもエンドロールも、英語とヘブライ語が仲良く並んでいます。
この物語の原点は、歴史の中で差別・迫害されてきたユダヤ人が、少ない職業選択肢の中から、貴族に資金運用や資金貸付を行う銀行家、金融業者、貿易商などとして生きた「宮廷ユダヤ人」の姿だと監督は語っています。現代版宮廷ユダヤ人としてたどり着いたのが、フィクサーという役どころ。「どうして、ユダヤ人は嫌われるのか?」も検証しての脚本づくりだったそうです。
遠く故国を離れていても、結婚式ではグラスを足で割り、ユダヤの音楽で踊り、エルサレムに思いを馳せる人たち。ニューヨークで金融業界を裏で牛耳るユダヤ社会も垣間見せてくれて興味津々。(咲)


「 嘘も方便」を超える嘘で人脈を広げ、イスラエルのカリスマ政治家と知り合い、彼の名前を利用して暗躍する。こう書くとかなりあくどい人物をイメージするだろう。しかし、リチャード・ギアが歩き方から耳の立ち方(?)まで、1年以上かけて役作りした主人公は多少の胡散臭さはあるものの、人は良さそう。なんだか憎めない。嘘はつくが悪気はないように思えてしまう。そんな主人公がユダヤ人同胞のために忖度したラストは衝撃的。人生の悲哀を感じさせる。(堀)


2016年/イスラエル・アメリカ/英語・ヘブライ語/118分/ビスタ/5.1chデジタル
後援:イスラエル大使館
配給: ハーク   配給協力:ショウゲート
公式サイト:http://www.hark3.com/fixer/
★2018年10月27日(土)シネスイッチ銀座、YEBISU GARDE CINEMAほか全国順次公開!






posted by sakiko at 21:55| Comment(0) | イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: