2018年10月15日

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(原題:Pitch Perfect 3)

pitch.jpg

監督:トリッシュ・シー
原作:ミッキー・ラプキン
原案・脚本:ケイ・キャノン
脚本:マイク・ホワイト
音楽:クリストファー・レナーツ
出演:アナ・ケンドリック(ベッカ)、レベル・ウィルソン(ファット・エイミー)、ヘイリー・スタインフェルド(エミリー)、ブリタニー・スノウ(クロエ)、アンナ・キャンプ(オーブリー)、ハナ・マエ・リー(リリー)、エスター・ディーン(シンシア・ローズ)、クリッシー・フィット(フロー)、ルビー・ローズ(カラミティ)

バーデン大学で結成された伝統あるアカペラグループ「バーデン・ベラーズ」。メンバーたちはこれまで歌うことの楽しさを分かち合い、数々のコンテストにも挑戦してきた。世界大会優勝で有終の美を飾り、大学を卒業して数年。輝かしい日々はいつのまにか遠のき、キャリア、恋、友情、家族と思い通りにならない現実の中にいる。そんな彼女たちにUSO(米軍慰問団)の海外ツアーでベラーズ再結成のチャンスが訪れる。しかもDJに認められれば、彼のツアーに前座として加わることができるのだ。すっかりその気で盛り上がるメンバーだったが、同じ目的のバンドが現われる。その実力ハンパなかった。

ずっと楽しみに観てきたこのシリーズ。相変わらず強気で元気なメンバーたち?かと思いきや、あちこちで挫折を経験していました。現実は甘くありません。エイミーはいつも騒ぎのネタを提供しますが、今回も期待どおり。うーん、しかしながら逮捕されるレベルですよ。
ライバルになるガールズバンドにかっこいいお姐さんが!『ジョン・ウィック:チャプター2』『トリプルX:再起動』などに顔を見せていたルビー・ローズでした。シリーズ最終ということで、海外ロケやら爆発やら派手ですが、やはり聞かせどころ、見せどころはアカペラのパフォーマンス。これだけ歌えたら、何も胸の谷間を見せる衣装でなくてもと思うのですが、男性ファンへサービス?
本作のメガホンをとったトリッシュ・シー監督は、元はプロのダンサーと振付師だったそうで、06年に実弟のロックバンドのMVの監督としてデビューしています。それが07年のグラミー賞で「ベスト・ショート・フォーム・ミュージックビデオ」賞を獲得。メジャーに躍り出ました。この作品にぴったりの女性監督さんですね。(白)


2017年/アメリカ/カラー/シネスコ/93分
配給:パルコ、シンカ
(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS
http://pitchperfect-last.jp/
★2018年10月19日(金)TOHoシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 20:48| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: