2018年10月14日

スカイライン 奪還(原題:Beyond Skyline)

skyline.jpg

監督・脚本:リアム・オドネル
撮影:クリストファー・プロブスト
出演:フランク・グリロ(マーク)、ボヤナ・ノヴァコヴィッチ(オードリー)、ジョニー・ウェストン(トレント)、カラン・マルヴェイ(ハーパー)、アントニオ・ファーガス(サージ)、イコ・ウワイス(スア)、ヤヤン・ルヒアン(チーフ)

突如未確認飛行物体が世界各地に現われた。上空に留まったまま人々が次々と吸い込まれ、たった3日間で謎の生命体に征服されたかと思われた。ロサンゼルスの刑事マークは息子を追って自らも吸い込まれていき、宇宙船内部を破壊していく。人類の反撃が始まった。迷走した宇宙船はラオスに不時着し、脱出したマークは内乱に巻き込まれる。反政府組織のスアに出会ったマークは、彼らのアジトでエイリアンを倒すヒントを掴む。わずかな武器とこの肉体だけで侵略者から地球を取り戻すことができるのか?

『スカイライン-征服-』(2010)の続編。このとき監督だったグレッグ・ストラウス&コリン・ストラウスのストラウス兄弟は製作に。この二人が設立したVFXスタジオ「ハイドラックス」が高い技術力でバックアップしています。
前作で製作と脚本を務めたリアム・オドネルが監督デビュー。2011年6月に公開されているのですが、観なかったのか紹介しそびれたのか、記憶がありません。今回は前回のSF巨編(エイリアン侵略)に加えて、なんと『ザ・レイド』(2011/インドネシア)のふたり、アクションファンを熱狂させたイコ・ウワイスとヤヤン・ルヒアンが登場しているのです。このコンビは『スター・ウォーズ フォースの覚醒』(2015)にも出演しています。これで格闘技アクションがぐっと前面に出てきました。エイリアンに有効かどうかは、その目でお確かめ下さい。副題が「奪還」ですからね。
主演は『パージ:アナーキー』(2014)『パージ:大統領令』 (2016)で頼れる男レオを演じたフランク・グリロ。シラット(東南アジアの伝統武術)に負けじと、新たな武器を装着してエイリアンと戦います。人間が次々吸い込まれていく内部がグロい×えぐいので、苦手な人はご用心。シラット好きなら大丈夫ですね。
昨年2月に『ザ・レイド』のハリウッドリメイク版を、フランク・グリロとジョー・カーナハン監督がタッグするというニュースを見ましたがその後進んでいるのかな?(白)


2017年/英・中・カナダ・インドネシア・シンガポール・米/カラー/シネスコ/106分
配給:REGENTS=ハピネット
(c)2016 DON'T LOOK UP SINGAPORE, PTE. LTD
https://skyline-dakkan.jp/
★2018年10月13日(土)ロードショー


posted by shiraishi at 14:43| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: