2018年10月14日

エンジェル、見えない恋人(原題:Mon ange)

ange.jpg

監督・脚本:ハリー・クレフェン
撮影:ジュリエット・バン・ドルマル
音楽:ジョージ・アレクサンダー・バン・ダム
出演:フルール・ジフリエ(マドレーヌ)
エリナ・レーベンソ(ルイーズ・エンジェルの母)
マヤ・ドリー(マドレーヌ/10代)
ハンナ・ブードロー(マドレーヌ/幼少期)
フランソワ・バンサンテッリ(エンジェルの父)
ゴーティエ・バトゥー(エンジェルの声/成人)
レオ・ロルレアック(エンジェルの声/10代)
ジュール・マイニー(エンジェルの声/幼少期)

ルイーズの恋人はマジシャン。ある日姿を消したまま、いくら待っても戻ってこなかった。ルイーズの心はすっかり弱ってしまい、施設で暮らすことになった。可愛い息子が授かったが、透明な体で生まれた彼は誰にも見えなかった。ルイーズはエンジェルと名づけて愛し、優しい少年に成長した。エンジェルは近所のお屋敷に住む目の見えない女の子マドレーヌと出会った。マドレーヌはエンジェルの声や匂いを敏感に感じとり、エンジェルには初めての友達ができる。そして恋人になった。マドレーヌは目の手術をしてあなたの顔が見たいという。エンジェルは本当のことを打ち明けられない。

“透明人間”というとH.G.ウエルズの小説に出てくる“帽子にコート、包帯を巻いて眼鏡をかけた姿”が浮かびます。この作品では、布に残る身体の輪郭、波紋、ぬれた足跡や相手の表情でエンジェルの存在がわかります。
この特殊効果は極力CGを少なくして、昔ながらの手法を工夫したのだとか。技術スタッフは全てCGにするより難しい“CGと実写との融合”に苦労したようです。エンジェルの視線からのカメラと引いたカメラの映像で、母と息子、大きくなったエンジェルとマドレーヌのロマンスが描かれていきます。光あふれる戸外の風景、遊び戯れるマドレーヌとエンジェルの幸せな日々が美しいです。
製作にあたったのは、『神様メール』(2015)監督のジャコ・ヴァン・ドルマル。そちらは神様の娘と少年が外界の危機を救うストーリーでした。意表をつくストーリーは、こちらの作品も同じ。以前来日したドルマル監督がおっしゃっていた通り、ベルギー人のユーモアは独特。で、そこが好き。(白)


2016年/ベルギー/カラー/ビスタ/79分
配給:アルバトロス・フィルム
(C)2016 Mon Ange, All Rights Reserved
http://angel-mienai.com/
★2018年10月13日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー


posted by shiraishi at 12:54| Comment(0) | ベルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: