2018年09月23日

食べる女

tabru.jpg

監督:生野慈朗
原作:筒井ともみ
脚本:筒井ともみ
撮影:柳島克己
音楽:富貴晴美
主題歌:「Kissing」Leola
出演:小泉今日子(敦子)、沢尻エリカ(圭子)、前田敦子(多実子)、広瀬アリス(あかり)、山田優(珠美)、壇蜜(ツヤコ)、シャーロット・ケイト・フォックス(マチルダ)、鈴木京香(美冬)

トン子こと敦子は古書店をのんびり商いながら雑文を書いて暮らしている。猫のシラタマと気楽な独り暮らし。近所でごはん屋を営んでいる美冬は幼馴染、こちらもお一人様で若い男の子をときどきつまみ食いするのが美の素になっているようだ。トン子の家には常連客のほか、井戸見学の小学生がやってくる。夜には原稿催促の編集者の圭子、制作会社のアシスタントで疲れている多実子が訪れ、トン子と美冬の手料理に舌鼓をうつ。お酒が入ればますます本音の女子トークで盛り上がる。辛い恋愛より美味しい生活、愛しいセックス(は一人じゃできない)、いつもうまくいくわけではないけど、美味しいご飯が食べられたら、今日もいい一日になる。

様々な事情を抱えた女性たちが登場します。主演クラスの女優さんがたくさん、それぞれの問題もいつしか少しずつ良い方向に。美味しいものは心と身体に力をくれるようです。一工夫したお料理はどれもおいしそうで、腹ペコ状態で見るのは危険です。静かな劇場でお腹が鳴るかもしれません。仕事バリバリだけど何か不足の圭子、燃えたい多実子、料理ベタで夫に捨てられたマチルダ、お手軽恋愛・ひき肉料理から抜け出せないあかり、出て行った夫に未練たち切れないツヤコ、ママが心配な小学生。などなど、誰かに共感して観て帰ったら、とりあえず卵かけご飯が食べたくなります。生卵はよその国では食べないようですね。卵にしろ、お刺身にしろ新鮮で安全な食材が手に入るって幸せなこと。一人でも二人でも美味しいご飯をありがたくいただいて、心も身体も元気にしましょう。(白)

食べることが何よりも好きな物書きと小料理屋の女将。2人を慕って集う独身女性。時々集って催される宴は女性の本音トーク。美味しい料理があれば会話も弾む。さまざまな年齢、立場の女性が登場し、幸せの形は人それぞれだと伝える。
年齢を重ねた小泉今日子の小じわが懐の大きさを感じさせる。そんな彼女に「やっちゃおうという小さな勇気があれば大抵のことは何とかなる」と言われると、がんばる元気がもらえちゃう。
条件バッチリの男性からプロポーズされた29歳。「ぬるま湯に浸かっているような状況が不満」という。「若いから言える言葉。後から後悔するわよ〜」とおばさんは思うけど。まっそれもいい経験か。とにかく美味しい料理が次々と出てきて、美味しそうに食べる。くれぐれも空腹で見ないように!(堀)


2018年/日本/カラー/シネスコ/111分
配給:東映
(C)2018「食べる女」倶楽部
http://www.taberuonna.jp/
★2018年9月21日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 15:15| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: