2018年08月12日

大人のためのグリム童話 手をなくした少女(原題:La jeune fille sans mains)

otona.jpg

監督・脚本・作画:セバスチャン・ロデンバック
出演:アナイス・ドゥムースティエ(少女)、ジェレミー・エルカイム(王子)

水車の回る貧しい家。父親が金貨と水車の後ろにあるものを引き換えると契約する。リンゴの木があるだけだった水車の裏には、一人娘が立っていた。父親を騙したのは悪魔で、契約を取り消すことができず、娘の両手は自分の命を惜しんだ父親に切り落とされてしまった。娘は1人で生きていこうと家を出るが、悪魔は執拗に追いかけていく。娘は精霊に導かれ、川の水を飲み、森の中で木の実を食べて命をつなぐ。そこに通りかかった王子が清らかな娘を不憫に思い、城に連れ帰った。娘のために金の手を作らせて大切にするが、戦争に出ることになった。悪魔はまたも娘の邪魔をする。娘は王子の子どもを産み、城を出て無人となった家で赤ん坊と2人で暮らしていく。戦から戻った王子は、娘を探して国中を訪ねまわる。
tenasimusume.jpg

元のお話はグリム童話に収録されている民話「手なしむすめ」。世界各地に似たような話が伝えられていて、日本の話で娘が両手をなくすのは、悪魔ではなく継母のせいとなっています。宗教の違いでしょうが、鬼ではないんですね。
セバスチャン・ローデンバック監督は、たった一人でこの作品を描き上げました。背景も人物もシンプルで、水墨画をみるようです。高畑勲監督の『かぐや姫の物語』の作画もシンプルですが、かけた時間と予算が段違い。ローデンバック監督は予算も少なく早く描くために工夫して、これまでにないアニメーションを作り出しています。
いろいろなものをなくしながらも、生き抜く力を身につけていく娘の物語は、2017年フランスのアヌシー国際アニメーション映画祭で、審査員賞と最優秀作品賞をダブル受賞しました。(白)


2016年/フランス/カラー/シネスコ/80分
配給:ニューディアー
(c)Les Films Sauvages - 2016
http://newdeer.net/girl/
★2018年8月18日(土)東京・ユーロスペースほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 19:33| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: