2018年07月29日

ヒトラーを欺いた黄色い星(原題:Die Unsichtbaren)

kiiro.jpg

監督:クラウス・レーフレ
脚本:クラウス・レーフレ、アレハンドラ・ロペス
撮影:イェルク・ヴィトマー
音楽:アレハンドラ・ロペス
出演:マックス・マウフ(ツィオマ・シェーンハウス)、アリス・ドワイヤー(ハンニ・レヴィ)、ルビー・O・フィー(ルート・アルント)、アーロン・アルタラス(オイゲン・フリーデ)

第2次大戦下のベルリン。両親と暮らしていたツィオマ・シェーンハウスは、移送命令を受けたが、咄嗟の機転で収容所行きを免れた。ドイツ兵になりすまし、転々と場所を変えながら身分証の偽造を始める。ユダヤ人を支援する男性と友人に助けられ、この闇仕事を続ける。
ルート・アルントは家族と懇意のゲール夫人宅に匿われる。戦争未亡人を装って友人と外出したルートは帰宅できなくなり、ドイツ国防軍の大佐のメイドとなって働くことになった。大佐はユダヤ人と気づきながらも追求せず、それとなく守ってくれた。
オイゲン・フリーデは、母親がドイツ人と再婚したため、家族の中で1人だけユダヤ人として黄色い星をつけなくてはいけない。1人潜伏するために家を出て、活動家の家に引き取られ、周囲に怪しまれないようヒトラー青少年団の制服を着るはめになった。収容所を脱走した男からナチスのユダヤ人虐殺の実態を聞き、反ナチスのビラ作りを手伝う。
孤児となったハンニ・レヴィは、金髪に染めて別人として暮らす。戦地行きを控えた男性と知り合い、その母親のもとで匿われた。

1943年6月19日、ナチスの宣伝相ゲッペルスはベルリンのユダヤ人を一掃したと正式に宣言。しかし、実際は約7000人のユダヤ人が各地に潜伏し、そのうちの1500人が終戦まで生き延びていました。クラウス・レーフレ監督は生存者の調査を行い、個々に取材し4つのサバイバルストーリーを選び、映画化しました。冷酷なドイツ兵ばかりではなかったこと、相互監視の中、自分が生き延びるために同胞を売ること、戦時中という特別なときだけでなく、起こり得ることでしょう。終戦までの2〜3年を過ごした彼らは、薄氷を踏むような日々であったはず。それぞれのストーリーを本人が語る場面があります。若き日の写真と交互に見ていますとさらに感慨深いです。(白)

2017年/ドイツ/カラー/シネスコ/110分
配給:アルバトロス・フィルム
(C)2016 LOOK! Filmproduktion / CINE PLUS Filmproduktion (C)Peter Hartwig
http://hittler-kiiroihoshi.com/
★2018年7月28日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 20:34| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: