2018年07月05日

ボリショイ・バレエ 2人のスワン(原題:Bolshoy)

Bolshoy.jpg

監督:バレーリー・トドロフスキー
脚本:アナスタシア・パルチコバ
音楽:パーベル・カルマノフ
出演:マルガリータ・シモノヴァ(ユリア・オルシャンスカヤ)、アンナ・イサエヴァ(カリーナ・クルニコヴァ)、アリーサ・フレインドリフ(ガリーナ・ミハローヴナ)、アレクサンドル・ドモガロフ(ウラジミール・ポトツキ)、ニコラ・ル・リッシュ(アントワーヌ・デュバル)

ロシアの名門、ボリショイのバレエ・アカデミーに入学したユリアとカリーナ。カリーナは富裕層の家に生まれて、何不自由なく育った。ユリアは貧しい炭鉱町の出身。酔いどれの元バレエダンサーに才能をかわれて、ここまでやってきたのだ。カリーナは講師の誰もが認める完璧な踊りと優雅さを身につけていたが、ユリアを認めたのは伝説のプリマだったガリーナただ1人。孤立無援のユリアにあれこれと援助する。ユリアとカリーナは過酷なレッスンに耐えてプリマの座を目指していく。

私たちが見るのは舞台上の優雅なプログラムですが、そこに立つまでの足跡が詳しく描かれています。子どものころから厳しい練習を積み、多くの競争相手の中から抜きん出ないと舞台に上がることができません。勝ち上がらねばならない点ではスポーツと変わりません。よほどの思いと才能が必要です。その他に財力も必須。この作品では全く違う環境で育った二人の少女が、バレエ学校という同じラインに立ったところから、熾烈な競争を重ね、プリマになるまでが描かれます。ユリア役のマルガリータ・シモノヴァは、30歳の現在もポーランド国立バレエ団在籍中の現役バレエ・ダンサー。カリーナ役のアンナ・イサエヴァは2013年までロシア・ナショナル・バレエ劇場で古典敵作品の全てに出演していましたが、現在は講師として活動中。
2人が憧れるエトワール、アントワーヌ・デュバル役はニコラ・ル・リッシュ。友人が大ファンでパリ・オペラ座の公演に行くのを楽しみに働いていたのを思い出します。『エトワール』(2000)で20代の彼の姿が観られます。
バレエというと思い出すのが昨年の7月に公開された『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』です。作品中で紹介される「Take Me To Church」を踊る彼を奏楽堂の舞台で見たのは宝物のような思い出です。(白)


2017年/ロシア/カラー/シネスコ/132分
配給:アットエンタテインメント
(C)Valery Todorovsky Production Company
http://bolshoi-ballet-movie.com/
★2018年7月7日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 15:28| Comment(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: