2018年06月28日

名前

namae.jpg

監督:戸田彬弘
原案:道尾秀介
脚本:守口悠介
撮影:根岸憲一
音楽:茂野雅道
出演:津田寛治(中村正男)、駒井蓮(葉山笑子)、勧修寺保都(榎本翔矢)、松本穂香(小幡理帆)、内田理央(高野結衣)、池田良(門孝一)、木嶋のりこ(亜未)、金澤美穂(河西遥香)、波岡一喜(森本)、川瀬陽太(野口)、田村泰二郎(槙田)、西山繭子(葉山眞由美)、筒井真理子(香苗)

中村正男は経営していた会社が倒産し、妻とも離婚。茨城のある街に移って来た。本名を隠し、周囲には偽名と嘘の経歴をでっちあげ、何の目的もない自堕落な暮らしを送っている。ある日勤め先で嘘がばれそうになったとき、正男を「お父さん」と呼ぶ女子高生が現われてことなきを得る。笑子と名乗るその女子高生は正男の家を煩雑に訪れ、いつしか正男もこの生活に心休まるものを感じ始めていた。笑子が正男を実の父だと思っていることに気づいた正男は、嘘だらけの自分の人生に向き合うことになる。

津田寛治さんは、小劇場の役者から北野武監督『ソナチネ』(1993)で映画初出演。以来数多くの作品に登場してきた、どんな役柄もはまる俳優さんです。この作品では、相手によっていろいろな名前と顔を使い分けている正体不明の男。演技について戸田彬弘監督に尋ねたところ、「演じないでください」との返答だったというのが面白いです。様々なシチュエーションでの相手役に反応していったということでしょうか。
ベテランの津田さんとW主演をつとめたのが、孤独な女子高生・笑子役の駒井蓮さん。まっすぐな眼差しが印象的で、自堕落に暮らしていた正男の部屋をてきぱきと片付け、こういう子が娘だったら父親は嬉しいだろうな、という雰囲気があります。笑子は父を知らずに育っていて、正男と出会ってから学校生活も少し変わります。たぶん少しだけ欠けていた心のどこかが埋まったのでは、と想像しました。
名前は自分を認証してもらうための記号であり、入れ物でもあります。東京ならまだしも、地方の小さな街で複数の名前を持つことに不安はなかったのかな、というのが少し疑問でした。主題歌「光」を歌うDENは、原案の道尾秀介さんと谷本腎一郎さんのユニットです。(白)


2018年/日本/カラー/ビスタ/114分
配給:アルゴ・ピクチャーズ
(C)2018 映画「名前」製作委員会
https://namae-movie.com/
★2018年6月30日(土)新宿シネマ・カリテほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 22:11| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: