2018年06月17日

V.I.P. 修羅の獣たち   英題:V.I.P.

syurano kemono.jpg

監督:パク・フンジョン(『新しき世界』)
出演:チャン・ドンゴン、キム・ミョンミン、パク・ヒスン、イ・ジョンソク、ピーター・ストーメア、パク・ソンウン

北のエリート高官の息子キム・グァンイル(イ・ジョンソク)は、韓国国家情報院と米CIAが合同で亡命させた「企画亡命者」。韓国国内でVIP待遇を受けている。そんな彼が連続殺人事件の有力容疑者として浮上する。警視のチェ・イド(キム・ミョンミン)はグァンイルを追うが、国家情報院の要員パク・ジェヒョク(チャン・ドンゴン)は巧みにキム・グァンイルを追手から逃れさせる。さらに保安省の要員リ・デボム(パク・ヒスン)とCIA要員のポール(ピーター・ストーメア)も、キム・グァンイルを巡って攻防戦を繰り広げる・・・

それぞれの立場の男たちの思惑が複雑に交錯する物語。
夜の香港に降り立つチャン・ドンゴン。街角のレストランのテラス席で外国人の男と対峙する。チャン・ドンゴンが演じる男は、相手から差し出されたステーキを食べずにナイフを突き刺し、古いビルへと向かっていく・・・。
美貌をあえて封印しているチャン・ドンゴン。夜の闇の中で、さらに誰だかよくわからない。やっぱりチャン・ドンゴンは、彼らしくカッコイイまま登場させたほうがいい。(私は格別のファンじゃないですが! 熱烈ファンなら、なおさらそう願うでしょう!)
本作では、キム・ミョンミンやパク・ヒスン、さらに、出番は少ないけれど、国家情報院の幹部役のパク・ソンウンなど渋い男たちの存在感が光っていて、韓国の俳優陣の幅広さに唸ります。(咲)


2017年/韓国/128分/シネスコ/51ch
配給:クロックワークス
公式サイト:http://klockworx-asia.com/vip/
★2018年6月16日(土)シネマート新宿ほか全国 ロードショー


posted by sakiko at 09:20| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: