2018年06月15日

ワンダー 君は太陽(原題:Wonder) 

wonder.jpg

監督・脚本:スティーブン・チョボスキー
原作:R・J・パラシオ
スティーブン・チョボスキー、スティーブ・コンラッド、ジャック・ソーン
音楽:マーセロ・ザーボス
出演:ジュリア・ロバーツ(イザベル)、ジェイコブ・トレンブレイ(オギー)、オーウェン・ウィルソン(ネート)、マンディ・パティンキン(トゥシュマン先生)、ダビード・ディグス(ブラウン先生)、イザベラ・ヴィドヴィッチ(ヴィア)、ダニエル・ローズ・ラッセル(ミランダ)、ナジ・ジーター(ジャスティン)、ノア・ジュプ(ジャック)、ミリー・デイヴィス(サマー)、ブライス・ガイザー(ジュリアン)、エル・マッキノン(シャーロット)

10歳のオーガスト・プルマンは、スタートレックが大好きで宇宙旅行に憧れている男の子。パパとママとお姉ちゃんのヴィアとの4人家族。オギーと呼ばれている。オギーは顔に障害を持って生まれてきて、今までに27回も手術を受けた。特別な顔なので、外に行くとみんながびっくりし、怖がったりじろじろ見たりする。パパとママはこれまで自宅でオギーに勉強を教えてきた。けれどママは、5年生になる日から他の子と同じように、学校に行かせようと決めた。夏休みのうちにママとオギーは校長先生を訪ねる。愉快な校長先生はオギーを歓迎し、同級生になるジュリアン、ジャック、シャーロットの3人に学校の中を案内させる。新学期が始まって、1人で校門をくぐるオギーを家族が心配そうに見つめている。クラスにとけこめないオギーはランチの時間も一人ぼっち。でもあるきっかけで、サマーという女の子とジャックと仲良くなれた。

オギーの病気は“トリーチャーコリンズ症候群”という遺伝子突然変異により、顔面やあごの骨が形成不全となるものです。ずいぶん前に同じ症状の男の子に会ったときは、なんの知識もなかったのでやっぱり驚いてしまいました。知ることは大事とつくづく思いました。
オギーは家族に恵まれ、持ち前の賢さや明るさもあって周りの人たちに受け入れられていきます。けなげなオギーや心を砕く両親に泣かされますが、姉のヴィアの心情にも光を当てています。オギーにかかりきりになってしまった両親に、ヴィアは「手のかからない子」と言われてきました。良い子でい続けたヴィアも高校生ですが、たまには甘えたいでしょう。そのへんもジーンとします。ハンカチ、ティッシュを忘れずに。
ジュリア・ロバーツとオーウェン・ウィルソンを食ってしまいそうなジェイコブ・トレンブレイくんすごい。『ルーム』(2016)で閉じ込められていた母から生まれた男の子役でした。大きくなってさらに上手くなっています。子どもたちの演技を引き出した監督、えらい。
ブラウン先生がいいことを言います。「正しいことをするか、親切なことをするか、 どちらかを選ぶときには、親切を選べ」って。親切のほうがわかりやすいですよね。これも忘れないようにしよっと。原作の「ワンダー」は2015年にほるぷ出版より刊行。続編は書かないと言っていた著者が、2017年にいじめっ子のジュリアン、優等生のシャーロットたちの側から「もうひとつのワンダー」を書きました。1作目で語られなかったジュリアンの思いがわかります。これを読んだときはティッシュの山ができました。2018年には絵本「みんな、ワンダー」も出ています。(白)


2017年/アメリカ/カラー/シネスコ/113分
配給:キノフィルムズ
(C)2017 Lions Gate Films Inc. and Participant Media, LLC and Walden Media, LLC. All Rights Reserved.
http://wonder-movie.jp/
★2018年6月15日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 20:45| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: