2018年06月10日

それから   英題:The Day After

sorekara.jpg

監督・脚本:ホン・サンス
出演:クォン・ヘヒョ、キム・ミニ(『お嬢さん』)、キム・セビョク、チョ・ユニ

アルム(キム・ミニ)は、大学教授の紹介で著名な評論家でもあるボンワン(クォン・ヘヒョ)が社長をつとめる小さな出版社“図書出版 カン”に勤めることになった。
ボンワンは、毎朝4時半に起きて出勤し夜遅くまで帰らない。妻は浮気を疑っている。
アルムが初出勤した日、浮気の証拠を見つけたボンワンの妻(チョ・ユニ)が事務所に乗り込んでくる。アルムは夫の愛人と勘違いされ、殴られてしまう。今日が初出勤だと言っても信じない妻に、ボンワンは、浮気相手は会社を辞めて外国に行ったと打ち明ける。
夜、ボンワンはお詫びにアルムを食事に誘う。アルムは仕事を辞めると言うが引き止められる。そこに、ボンワンの浮気相手のチャンスク(キム・セビョク)が前触れもなくやってくる。愛を確かめ合い、また一緒に仕事をしようと抱き合う二人。結局、出版社を辞めて欲しいと頼まれる。ボンワンから好きな本を持っていっていいと言われ、アルムは数冊の本を選んで出版社を後にする。
その後、ボンワンの評論が有名な賞を受賞する。アルムはお祝いを伝えるために、“図書出版 カン”を訪れる・・・

朝早く、台所に立つ男のシルエット。配役を見てなかったのですが、あ、クォン・ヘヒョだ!と、すぐにわかりました。男の哀愁漂う姿に、この男、どんな悩みを抱えているのかと思わせられました。
ホン・サンス監督が本作を撮ろうと思ったのは、この撮影に使った小さな出版社の社長が、家から逃げるために早朝4時に出勤し、深夜過ぎまで帰らないという生活を送っているということに衝撃を受けたから。想像を膨らませて、こんな話を作ってしまったのですね。
これまでの作品でも脇役に起用してきたクォン・ヘヒョを主役に物語を作りたかったとも。
『それから』というタイトルは、ホン・サンス監督が敬愛する夏目漱石の作品から取ったそうです。出版者の本棚に並んでいる本のタイトルがハングルで読めないのですが、夏目漱石作品がずらりと並んでいるのでしょう。
乗り込んでくるボンワンの妻を演じたのは、クォン・ヘヒョの実の妻である女優チョ・ユニ。そんな配役に、遊び心も見えます。
モノクロで描かれる雰囲気ある独特の世界。(咲)


第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品

2017年/韓国/91分/モノクロ/ビスタ/5.1ch
配給:クレストインターナショナル
公式サイト:http://crest-inter.co.jp/sorekara/
★2018年6月9日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国順次ロードショー






posted by sakiko at 21:28| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: